基礎 化粧品 おすすめ。 基礎化粧品のおすすめ人気ランキング25選【2020年最新版】

スキンケアの基本!順番・方法~基礎化粧品のおすすめまで!メンズも必見

基礎 化粧品 おすすめ

今回は基礎化粧品について特集。 基礎化粧品には洗顔料、クレンジングなどの汚れを落とすものと化粧水、乳液、美容液などの保湿をするものがあります。 それではどのように使うと効果的なのでしょうか。 ・やっぱりライン使いしたほうがいいの? 出典:mamagirl2018秋号 多くの化粧品ブランドがライン使いできるアイテムをそろえています。 ライン使いすることを念頭に開発されているので、同じシリーズのものを使うとより高い肌効果が期待できますが、ライン使いしなければダメというわけでもありません。 ワンアイテムだけでもちろんOK。 でも、同じシリーズをそろえて使うことで、そのシリーズ特有の有効成分をより多く肌に浸透させることができるようですよ。 ・ライン使いしない場合のポイントは? デパコスブランドのものは全部そろえるとけっこうな金額になるものも。 ライン使いしないのなら、使う化粧品の相性を見極めることがポイントに。 肌を整えるためには水分と油分のバランスが大事です。 その後は化粧水、乳液で保湿します。 シンプルケアで充分なら人はここまででもOK。 さらに手厚いケアがしたいのなら美容液やアイクリームなどを使います。 化粧水の浸透をもっと高めたい人は、化粧水の前に導入液を使いましょう。 選び方のポイントを説明します。 ・乾燥肌?脂性肌?まずは自分の肌質を知ろう 出典:photoAC 化粧品を選びには、まずは自分の肌質を知ることから。 普通肌、乾燥肌、敏感肌、脂性肌のどれに当てはまるのかを調べましょう。 わからなければ化粧品カウンターで相談してみると良いですよ。 ・季節の変わり目ごとに見直すのがベスト 出典:photoAC お肌の状態は季節によって変わることも。 季節の変わり目ごとに肌をチェックして、必要があれば化粧品を変えてみると良いでしょう。 ブランドは変えなくても、乾燥しがちな時期は保湿ケアアイテムをプラスする、夏場はさっぱりタイプを使うなどで対応してもOK。 ・効果や効能、肌の悩みが解決できそうなものを選ぼう 化粧品を選ぶときには、どんな目的で使うのか、どんな肌になりたいかで選ぶと良いでしょう。 乾燥肌が悩みなら保湿効果が高いもの、ニキビがある人はアクネケアができるものなど、肌の悩みが解決できそうなものを選びましょう。 美白、アンチエイジング対策ができるなど、効果効能で選んでもOK。 美白に効果的とされるハイドロキノンが配合されている『基礎化粧品研究所』の「ハイドロクリーム」はシミに悩む人におすすめの化粧品です。 ・トライアルセットでお試しすると失敗ナシ! 出典: さん ミニサイズ、トライアルセットなどを販売しているブランドも。 使い心地、肌に合うかどうかを確認してから購入できるので安心です。 特にデパコスなどの高級な化粧品はサンプルなどで試してから購入することをおすすめします。 ・ナチュラルサイエンスで肌機能を高めるエトヴォス 出典: さん 皮膚科学に基づいた肌に優しい化粧品を開発している『ETOVOS(エトヴォス)』。 肌が本来持っている力を高めて肌機能アップを目指す化粧品です。 20代から始められるファーストエイジングケアにぴったりなのがルフレのシリーズ。 アンチエイジング対策なら、効果がより期待できるライン使いがおすすめです。 ・お肌に優しいアイテムでそろえたいなら植物性のスリー 出典: さん 天然由来成分で作られた、肌に優しいアイテムがそろう『THREE(スリー)』。 ベーシックなスキンケアができるTHREEライン、水分と油分を整えるバランシングライン、エイジングケアができるエミングラインなど肌の悩み別にライン使いできるように展開されています。 ・美白ケアに効果的なエクサージュホワイト 出典: さん 口コミランキングでも上位に入る『ALBION(アルビオン)』の乳液。 その中でも美白ケアができる「エクサージュホワイト」はアルビオンの中でも人気のシリーズ。 美白も保湿もしっかりケアしたい30代の女性に注目されています。 そんなエスケーツーでは、化粧水の「フェイシャル トリートメント エッセンス」が大人気。 単品でも充分潤いますが、ラインで使うとよりキメが整い、ハリのある肌に。 お肌のたるみが気になる40代の女性にもおすすめ。 高価なものをそろえるのは大変ですが、プチプラでも良質な化粧品はたくさんありますよ。 自分の肌に合うもの、悩みが解決できそうな基礎化粧品を使ってもっとキレイなお肌になりましょう!.

次の

敏感肌基礎化粧品おすすめランキング|肌にやさしいスキンケアアイテム|ブティーマガジン

基礎 化粧品 おすすめ

メイク・コスメの記事ランキング 昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事• プチプラアイシャドウ人気ランキング2020【パーソナルカラー別】 ARINE カタログ• リップティント|おすすめ人気ランキング20選!上位検証・使い方も ARINE カタログ• 【イエべ春・秋さん必見】似合うアイシャドウを<色別>に徹底解説! rabbit055• 【眉マスカラのおすすめ人気ランキング20選】アカ抜け眉の作り方も paty• 【イエベ春・秋】あなたに似合うメイク・髪色・ファッションは? ARINE カタログ• フローフシ「UZU」のアイライナーがおすすめ!人気色・選び方とは Cmegu• 【ブルーベース肌メイク】で透明感を。 下地からリップまで徹底研究! miretan• ファンデーションブラシ人気おすすめランキング21選! ARINE カタログ• 【最新版】マジョリカマジョルカの人気アイシャドウを全色レビュー Mio•

次の

60代母に化粧品をプレゼント♡おすすめ基礎化粧品ブランド&コスメ40選

基礎 化粧品 おすすめ

アラフィフにおすすめの基礎化粧品でトライアルセット選ぶ アラフィフ、50代になって今、使っている基礎化粧品がなんだか物足りなくなった 新しい基礎化粧品にチャレンジしたいけど、種類がたくさんありすぎて、一体どれが自分に合う化粧品なのかわからない そういう人、多いですよね。 基礎化粧品は、ラインで毎日使うものなのに、成分などをチェックしている人は、あまりいませんよね(私のような成分ばかり見ている人はマイナーな存在かも)。 人によっては、同じシリーズで化粧水から、乳液、クリームとそろえるのに、です。 そのため、アラフィフ、50代くらいにはどのような基礎化粧品がいいのか、いざ調べようと思っても、ネットをながめているだけで化粧品が山盛りでてきてそれだけでアップアップです。 一体どれが良いのか、さらにわからなくなるという状態になります。 50代なら、チラシも見るでしょう。 基礎化粧品の広告は、ネットの情報以外にも美容雑誌、テレビ広告、新聞広告とありとあらゆる機会に目にします。 しかし、一体、どれがいいのだろう? そこで、私がおすすめするのは、 まずは「トライアルセット」から、です。 お試しセットがあるのなら、まずは、それを使ってみよう!ということです。 あれこれ悩むくらいなら、3セットほど注文してみて、 ピン!と来たものに決めてしまうことをおすすめします。 今回は、アラフィフ50代を代表して私がトライアルセットを15種類ほど試してみた私が、その中で、おすすめできるものを7種まで(これでも絞った)絞ってみました。 成分が気になると基礎化粧品のトライアルセットをコツコツと買っていた私です。 そこで、おすすめの理由も紹介いたします。 気になるものがありましたら、基礎化粧品の本製品前の「トライアル」なのですから、この機会にまずは、気軽にお試しを。 この下に紹介して詳しく書いてます! 本文に入る前に、 「お口の健康」歯磨き粉で有名なサンスターで販売している化粧品です。 今、美白化粧品のモニターを募集しているそうです。 トライアルを使ってみてから、アンケートに答える必要がありますが、かなり安いお値段でお試し、できますよ。 アラフィフ向け基礎化粧品お試しセットの口コミ 今回の口コミまとめの記事は、このような人におすすめです。 使っているスキンケアがマンネリ化してあまり変化がない• 現在使っている手元の基礎化粧品に飽きてきた• 化粧品の成分について調べるのも面倒くさい• 年齢とともに、自分に合う化粧品がわからなくなっている このような人に、まずはトライしてみたらいいとおすすめできる基礎化粧品のお試しセットを絞って紹介しています。 まずは、 これから!というのを 3点絞ってみますよ。 50代は、 シワやたるみなどエイジングケアを考慮しないといけませんから、エイジングケアに必要な成分が入っている基礎化粧品からスタートします。 その後に、特色あるトライアルセットへと移りますよ。 化粧水の評価が高かったアテニアのドレスリフトがさらに成分を加えてリニューアル新発売 使う順序は、この通り。 これがアテニア(ファンケルグループ)のドレスリフトのお試しセットです。 使い続けると、 キメが整うとのうわさになっていたアテニアの「ドレスリフト」を使ってみました。 とにかく使ってみて、驚きました。 やはりウワサ通りのドレスリフトだわと。 他の方々の口コミでも、「これはいい」と(特に、化粧水)聞いていたけれど。 トライアルセットをはじめて使った段階で、「これは違う」と感じたのですから。 まずは、アテニアのドレスリフトをおすすめします。 ドレスリフトのすべてのラインに、「サーチュライザーS6」が配合されているという「新」ドレスリフトです。 こちらが口コミで 高評価の化粧水です。 テクスチャーがとろっとしたとろみがあるのに、スッと肌になじんで、浸透は早いし、よくうるおいます。 肌がもちもち感アップして、肌自体がするするしてきます。 なんせとろみがありますと、化粧水の持ちがいい。 大量にバシャバシャ使わなくていいからです。 肌がよくうるおうと透明感がアップするのですよね。 特に乾燥する季節には使ってほしい化粧水です。 これは洗顔後、 最初に肌に触れる化粧水にこそ、こだわりがある!とのことで 高浸透処方になっているのです。 とろみがあるのに、スッと浸透するのは、このおかげなのです。 ずっと同じ基礎化粧品を使っていると、どうも物足りなさを感じることがありませんか? 肌の状況が変わってきているから、そのように感じるのです。 誰しも一生、同じ肌状態ではありませんからね。 アテニアのドレスリフトというと「時計美容」と言われますが、今回のリニューアルで、時計、すなわち1日単位で肌を考えるだけではなく、女性の一生の肌状態の変化に着目です。 これぞ、エイジングケアです。 「ブドウの新芽」から抽出した独自原料が「サーチュライザーS6」なのですよ。 だから、成分名をみるとどれにも「ブドウ芽エキス」の文字が入っていました。 独自成分は、ブドウ芽エキスの「サーチュライザーS6」だけでなく、「発酵コラーゲン」も配合です。 これら成分がふっくらとした肌、ハリや弾力をもたらし、キメを整え、ツヤを出す役割を担います。 成分もこだわりがありますが、とろみという使い心地もいいという点が押しポイントです。 化粧水の次には、昼は乳液を使用しまして、やはり乾燥する肌には乳液は必要です。 ドレスリフトのラインすべてに入っていますが、特に乳液で感じたのがバラの香りです。 ダマスクローズの香りがします。 乳液にありがちなベタつきもなく、肌がふっくらとして乾燥が気になりません。 肌なじみがいいので、化粧水と乳液だけでもいいかなと思うくらいです。 しかし、1日の最後のシメは、やはりクリーム。 ナイトクリームですね。 やはり夜は、クリームでフタをしないとどうにも落ち着きません。 このナイトクリームにも、 「ブドウ芽エキス」が入っています。 ブドウを実らせるパワーを抱え込んだ「ブドウの新芽 」そのエキスです。 アテニアのエイジングケアラインの「ドレスリフト」を試してみてください。 アテニアは高品質を低価格で、一流ブランドの3分の1価格にチャレンジする、をモットーにしているので、コスパが非常によいのがメリットです。 アテニアが 初めての人限定ですが、14日間のトライアルセットです。 洗顔料• 化粧水• 日中用乳液• 夜用クリーム それに、くすみをオフする、といわれている(私も使っています) +クレンジングオイル付きです。 送料無料でラインで使えて、税抜き価格で1,389円です。 アヤナスは、安全性など、細部までこだわりぬいた一品というのがわかります。 ほうれい線や目元のしわが目立つようになったらスキンケアは、エイジングケア用のものにしましょう。 現に、私の友人はみな、使ってみたら良かったわと、言ってくれたのが、どういうわけか、これでした。 それだけ、年齢を重ねると、自分ではわからなくても、肌の細胞がスカスカになっていて、刺激を受けやすくなっているのでしょう。 私の場合は、刺激がホントになくて、安心して使えるなと思いました。 敏感肌を研究しているディセンシアならでは、です。 敏感肌、乾燥肌でも使えると言われていますが、いつも乾燥肌だとか、いつも敏感肌だという人だけでなく、 季節によって(花粉の時期だけ、ゆらぎ肌になるなど)、肌の調子がよくなくて、使えるスキンケアが限られる、というような場合にも、おすすめです。 徹底保湿することで、肌のバリア機能がアップするというコンセプトで作られています。 アヤナスはヒト型セラミドを保湿成分で包み込んだというセラミドナノスフィア配合なのですが、ストレスによるバリア機能の乱れをカバーする成分も配合されています。 だから、敏感肌ケア、肌のストレスケア、そしてエイジングケアにもなるというスグレモノです。 シワ、たるみ、ほうれい線が気になる• 仕事の疲れ、睡眠不足でストレスがたまり、時々、敏感肌に• 最近、肌の乾燥や肌あれが気になる そう思っていた人には、アヤナスがおすすめですね。 今までの基礎化粧品が満足できなかった人こそ、このアヤナスを。 10日間も試せるトライアルセットは、初回限定、おひとりさま1セットのみ、となっています。 (今はアイクリームのお試し付きになっていますね)。 最近は、セラミドが美容によいとかなりの人に知られるようになりました。 そのなかでも、保水力約3倍のヒト型セラミドを使っているのが小林製薬のヒフミドです。 肌本来のうるおいをおぎなってくれます。 私が思うヒフミドのおすすめポイントは、 セラミドがトライアル全品に配合されているからです。 それも、ヒト型セラミド、セラミド1,セラミド2,セラミド3配合です。 クリームにいたっては、4%というかなり、高濃度に配合です。 肌の水分をおぎなうには、水や化粧水をつければどうにかなるわけではありません。 肌内部からの水分、肌のうるおいが必要です。 内側から考えよう、なのです。 角層の水分をしっかりつなぎとめてくれるのが セラミドです。 セラミドは水分の蒸発を防ぐだけでなく、 肌のバリア機能も持っていますから、セラミドが不足すると、紫外線ダメージや空気の乾燥によるダメージを受けやすくなります。 セラミドと言えば保水力で知られていますが、ヒフミドに配合されているヒト型セラミドの場合、合成セラミドに比べて約3倍の保水力があります。 単にセラミドと言っても種類がありますが、おすすめできるのは、ヒト型です。 ヒト型セラミドは、人間の肌にあるセラミドと同じカタチですから、しっかり補ってくれます。 地味なパッケージですが、このヒフミド、すごいです。 さすが、高濃度のクリームだわ。 私も、使ってみて、これほどとは思いもよらず(小林製薬さん、すいません)。 唯一、欠点といえば、トライアルセットに送料がかかることです。 それでもヒト型セラミドが入っていることを考えれば、十分、お買い得価格なのですけどね(ヒト型セラミドは、原料が高価なことで知られています)。 クレンジングにも、洗顔石けんにも、保湿化粧水にも、保湿クリームにも、UVプロテクトベース(化粧下地・日焼け止め)にも、 この5つすべてに セラミドが入っていますから。 次は、特色あるトライアルセットに移ります。 その前に、 サンスターの美白化粧品、モニター募集についてです。 サンスターの美白3点体験セット(お試し用)モニター 今の時期だけになると思うのですが、、、 お口の健康で有名なサンスターで、美白化粧品を出しています。 今なら、美白化粧品が500円でお試しできる(送料無料)というモニター募集をしています。 その美白3点セットが上の写真の、美白化粧水、美白美容液、美白クリームの3点です。 この3点の中でも人気ナンバー1は、美白美容液、ホワイトロジーエッセンスなのです。 美白美容液には、話題の成分、リノレックSと、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムと3つの有効成分が配合されています。 私は使い心地の良さと、ほのかな清々しい香りが気にいりました。 美白は通年でやらないといけないのですが、日差しが強くなってくる時期は、美白が気になるものです。 まずは体験してみるのが一番ではないかと。 化粧水と美容液とクリームの3点がお試しできます。 7日間の体験セット、モニター募集ということなので、体験してみたい人は、500円でお試しできる今のうちに、どうぞ。 >>> 低刺激や美白など成分にも特長ある基礎化粧品のトライアルセット 次に乾燥肌向け、敏感肌向け、ライスパワーなど得意なものをもっている特色あるトライアルセットを紹介します。 どれも有名企業、老舗の企業ですよ。 コーセーは、ライスパワーNo11• 三省製薬のデルメッドは、シミに強み のように、それぞれの基礎化粧品には特徴があります。 それらの特長は、実際に体験してみるといいですよ。 アラフィフの肌の水分保持にライスパワーNo11で自らうるおうコーセーの米肌でスキンケア 乾燥肌の人は一度試してほしいのがコーセーの米肌です。 その秘密がライスパワーNo11です。 ライスパワーについて知っている人なら、ライスパワーの中でもNo11をご指名ですからね。 肌のつっぱり、粉ふきに悩んでいる、 ライスパワーNo11を使いたい、 セラミドをふやしたい、 そのような悩みや希望に応えてくれます。 ライスパワーNo. 11を試してみたいなら、中でも、コーセー米肌肌潤改善エッセンスがおすすめです。 日本の大手有名化粧品ブランドといえば、KOSEですよ。 私は小林コーセーの社名の頃から使っていました。 肌荒れやくすみには肌のうるおいが欠かせません。 今では知る人も多くなりましたが、実は、コーセーの米肌には ライスパワーNo. 11が配合されています。 ライスパワーNo. 11がなぜ肌にいいかというと、肌の「水分保持能を改善できる」という 効果が認められているからです(役所に認めてもらうのは大変なのです)。 この 水分保持改善が認められているのは唯一ライスパワーNo. 11だけなのです。 米肌の肌潤の魅力は、保湿力といわれますが、単なる保湿成分とは違うのが、このライスパワーNo. 11です。 うるおいを保つのに重要なセラミドを「つくり出す力を高める」ことができるからですね。 最初に気づくのが、メイクのノリの違いです。 ただ、欠点としてはライスパワーNo. 11は、 継続することで水分保持力が高まる点にあります。 やめてしまうと元に戻ってしまうので、そこには注意です。 上記の写真でもわかるように、ライスパワーNo. 11は、美容液に高濃度に含まれていますよ。 石けん、化粧水、エッセンス、クリームは無香料、無着色、鉱物油フリーの低刺激処方です。 他の低刺激化粧品を使って刺激はないものの、保湿の面で、うるおいの面で、最近、どうもイマイチだなぁと感じていたような人には、米肌の肌潤にトライしてみるのもおすすめです。 今なら、トライアルセットにプラスして、非売品の肌潤化粧水マスクもついてきます。 老舗の三省製薬です。 紫外線による肌悩みに強いのが三省製薬のデルメッドです。 成分開発メーカーである三省製薬の 基礎化粧品のブランドがデルメッドです。 中高年向けの製品を多く出しています。 三省製薬自身も創業から50年以上続いている老舗会社ですが、デルメッドというブランドも25周年と長いです。 特に、 シミに対する基礎化粧品は長いです。 長いのに、あまり知られていないような気がします。 掘り出し物って感じでしょうか。 最近できたばかりの会社とは違います。 化粧品に配合する成分の研究から開発、ならびに製造・販売を行っているので、開発力が違います。 開発した有用成分は100種類以上です。 デルメッドのトライアルセットは シミ、ならびに、ハリ(肌弾力)の悩みに対し、シャクヤクエキスが シミを徹底予防のうえ、複合成分のピュールブランWがシミのもとになる メラニンの生成を、効率よく防ぎます。 化粧水、乳液状美容液、化粧下地(UVベイス)の3つ入ったトライアルセットです。 香りも化粧水、乳液状美容液が清々しい香りの印象で、化粧下地が柑橘系ぽい香りがします。 誰もが好きな香りです。 私は、香りでおすすめしたいくらい。 特に人気があるのが、乳液状美容液です。 つけるとしっとりモチモチで、美肌と美白の2大成分配合だからです。 また、デルメッドは中高年向けですから、若い時とは違う肌のことをよくわかっているなと印象を持つでしょう。 「シミ、もう増やさない!」なのです。 7日間しっかり試すことが出来るうえ、送料無料で、 1,100円(税込)のお手頃価格でお試しできます。 このデルメッドのトライアルセットについては公式サイトにて確認 >>>> アラフィフの基礎化粧品の選び方のコツ 私が今まで使ってみたもののなかで、 トライアルセットが比較的 手頃なお値段のものをピックアップしました。 もちろん、50代の私ですから、エイジングケア中心で選びました。 いくつか試してもいいようにと「 コスパ良しのトライアルセット」です。 コスパがいいのですから、少なくとも比較できるように2点は、使ってみてほしいです。 そうすれば、どちらが自分にはいいのか、わかります。 そのほか、選ぶ時の参考になるように、 私なりのポイントという個人的な観点を言わせていただきますと、、、 ・アテニアの ドレスリフトは、実は、私自身ウワサを聞きながらも、なかなか試す機会がなったブランドです。 今回、美肌の寿命を司るといわれる「長寿遺伝子サーチュイン6」に着目して開発されたという独自原料である「サーチュライザーS6」について知ったので、やっぱり試してみようと思いました。 またハリ成分の「発酵コラーゲン」を配合してあることも魅力的です。 ほどよいとろみがありますから、肌に密着しやすいです。 ・小林製薬の ヒフミドは、どの製品にもセラミドが入っているので選びました。 肌の透明感にも、肌のコンディションにも 「保湿」は大事です。 保湿は水をおぎなうのではなく、セラミドをおぎなうことで、保水力約3倍のヒト型セラミドを使っている点がおすすめです。 コラーゲンを生み出す線維芽細胞を活性化させることで 自らコラーゲンを生み出すことのできる肌へ導くのは魅力です。 私の母や友人にも、 高い評価でした。 ・ 米肌はコーセーだから信頼できる高品質ということもありますが、美肌のカギといわれうるおいを保つ力を改善する ライスパワーNo. 11が配合されている点でポイント高し、で選びました。 ライスパワーNo. 11はセラミドを産生でき、「日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分」として認められています。 セラミドが肌に重要なことは、書籍でも書かれていますからね。 ・ デルメッドは、 中高年に人気で、老舗メーカー三省製薬のブランドです。 中高年の肌をよく研究していて「成分開発型」エイジングケアで知られています。 トータルエイジングケアですが、特に、 シミ対策に強みがあって選びました。 どれを重視して選ぶかは、あなた次第です。 トライアルセットですから、 まずは自分の肌で試してみる、が大事なポイントですね。 お値段がリーズナブルなトライアルセットなので、 いくつか試してみることをおすすめします。 50代でも使える基礎化粧品「お試しセット」おすすめだけどデメリットや気をつける点もあり まずは「 お試し」からスタートするということで、50代に おすすめの基礎化粧品を紹介しました。 今回は50歳代を念頭において選んだスキンケア商品を比較してピックアップしました。 おすすめのポイントとしては、保湿力があることが一番大事ですが、人によって敏感肌だったり、乾燥肌だったりさまざまです。 気になる悩みの解決も何を重視するかによってもおすすめの製品は違ってきます。 そこで、まずは使ってみる、トライアルセットを試してみる、です。 自分の肌で体験するのが一番ですからね。 お値段がリーズナブルなトライアルセットに限定してあります。 購入する前に気をつけることとしては、値段だけでなく、お試しできる期間にも注目してください。 1日あたりで考えてみると、それほど違いがないのですね。 お試し期間が長いほうが値段も高くなってしまうので、値段だけに注目しないことです。 ただし、デメリットというか、気をつけることもあります。 どれも オールインワンタイプではありません。 あくまでもラインで使う基礎化粧品です。 洗顔から化粧水、そして美容液や乳液などを使うタイプの「トライアルセット」です。 オールインワンタイプがいい場合は、オールインワンゲルやオールインワン美容液などの中から選んだほうがいいです。 が、しかし、オールインワンもいいのだけど、 エイジングケアには、どうもそれだけでは物足りない。 そういう人もいるはずです。 オールインワンを使いながらも、、、化粧水だけは足している、という人いますよね。 オールインワンタイプを選びたい人は、こちらの記事も参考に >> それと、注意することとして、ここに書いたトライアルセットですが、プレゼント付きのものもあります。 このプレゼントの内容が、変わることがけっこうあります。 もし、このプレゼントがついているなら、買いたい(雑誌の付録のように無いと悲しいですものね)という人は、早めに買っておきましょう。 トライアルセットですから、まずは気軽にお試ししてみることがいいですね。 その中で知ったのですが、「美肌県グランプリ」というものがありました。 参考: ポーラが膨大な肌のデータをもっていまして、エリア的傾向を出しています。 2018年の場合、島根県が1位でした。 2位が秋田県、3位が石川県です。 これは、さまざまなポイント、観点から評価された「美肌偏差値」なるものを発表しています。 島根県は、すべてのポイントで1位にはなっていないのですが、総合すると1位なのですね。 最初、東京など都心部に比べて空気がきれいなところだからかなとか、日照時間が少なめだからかな、思ったのですが、島根県の肌の情報をみていると、「肌がうるおっている」という部分が1位になっています。 「マイクロダストに強い」も1位です。 肌のうるおいとバリア機能がしっかりしていることがわかります。 ほかの評価ポイントを見ると、例えば、シワができにくい、キメが整っている、くすみがないの部分では10位以内にも入っていません。 くすみがないは、24位ですよ。 カギをにぎるのが、意外なことに、 肌のうるおいなのでした。 この点からも美肌には、 肌のうるおいを保つこと、 保湿が重要なことがわかります。 しかし、化粧水は浴びるほどつかっても、その場で蒸発してしまうものです。 肌の角層に浸透するのは限りがあるからです。 コットンを使うのがいいと思われがちですが、コットンを使うことで、肌に均一に化粧水を塗ることができます。 その一方で、かえって肌の表面しか潤っていないことにもなりがちなので、注意が必要です。 意外なのがハンドプレスです。 肌を温める効果もありますし、手の平で抑えることで、肌の奥まで押し込み、なじませることができます。 それには、肌の角層が十分に水分をためていることが重要です。 人間はもともと角質層内に水分を貯め込む力があります。 それには、「細胞間脂質」「皮脂膜」がカギをにぎります。 最近、 セラミドが重要ということを聞く人が多いかと思います。 セラミドは脂質なのですが、水分が逃げないようにつなぎとめています。 皮脂膜が表皮細胞を守り、セラミドの環境を整えます。 皮脂が水分が蒸発するのを防ぐ「フタ」のような役割をします。 皮脂は天然の保湿成分と言えるでしょう。 ただ、皮脂は年齢を重ねるにつれ減っていきます。 皮脂膜の機能を助けるためにも、乳液やクリームが必要なのです。 乳液は、クリームに比べて水分が多いため、細胞間脂質になじみやすいです。 反対にクリームは油分が多いため、肌に浸透するのには時間がかかりますが、その分、しっかりと膜をつくります。 皮脂が多く出ているなと感じたら、乳液を多くつかったり、乾燥を強く感じるときは、クリームを重点的に使うなど、時期によって使い分けたり、肌の状態によって使い分けをしたりするのがポイントです。 これらを頭において、自分に合った基礎化粧品を選びましょう。 rumimarusr.

次の