クリストバル ブエナ 2020。 クロップ監督のウイイレ(2020)情報!本の出版が話題に!年棒・身長・フォーメーションを大公開!

【ウイイレアプリ2020最強監督:クリスト・バルブエナ監督(シメオネ)使用感】攻撃しやすい監督ナンバー1!やっぱり安定してるよこの監督!

クリストバル ブエナ 2020

ディエゴシメオネ (写真はウィキペディアより) アルゼンチン国籍、1970年生まれ 現役時代はアトレティコマドリードなどで活躍したミッドフィールダーでした。 現在は アトレティコマドリードの監督を務めています。 また、息子のジョバンニシメオネもサッカー選手として活動しています。 ウイイレでは「 クリストバルブエナ」という偽名で登録されていますね。 今作ではより中央に人数を置いた4-3-1-2で登場しました。 2トップの下にトップ下(OMF)が置ける形です。 さらに中盤もCMF(またはDMF)が3枚となりました。 配置の変化により、守備に重きを置いたウイイレ2019のクリストバルブエナと比べると、攻撃がしやすくなっています。 また、守りやすさも相変わらず抜群の監督なので良いと感じた点を書いていきます。 フォーメーションとしては4-3-1-2ですが、 ディフェンス時は下の写真のように、4-4-2で コンパクトに守ります。 というのもトップ下(OMF)の選手がCMFの位置まで下がってくれるので 守備の時だけこのフォーメーションになります。 中盤にこれだけ人数をかけているので、守備はしやすいと感じました。 まず、守備タイプがリトリートなので裏をとられることはほとんどありません。 そしてプレッシングはアグレッシブ。 ウイイレではリトリート型の監督だとミドルシュートを打たれてしまうことも多いのですが、 中盤からしっかりプレスをかけられるのでケアできます。 ワンツーパスでの強引な突破もできますし、相手キーパーとの1対1になったとき、2トップなので あえて横パスにしてもう一人が確実に決めるということもできます。 さらに今作のクリストバルブエナ監督はOMFを配置できるフォーメーションです。 OMFにチャンスメイクが得意な選手を置くことでさらに攻撃の幅を広げてくれます。 自分の好きな選手をマネジメント能力を気にせずにつかえるかと思います。 欠点は? 守備での問題はなかったのですが、攻撃面で気になったことを書いていきます。 4-3-1-2というフォーメーションではなかなかサイドに人数をかけることができません。 サイドを起点として攻撃したい方にはお勧めできないフォーメーションです。 (ただ、状況によっては両端のCMFがサイドに開いてくれることもあります。 ) もう一つの欠点は2トップが攻略されたら攻撃が停滞してしまうということです。 これは2トップの監督全体に言えることなのですが、 対戦相手との相性が悪くて 2トップ同士の連携がうまくいかないことがあります。 特にクリストバルブエナ監督の場合は中央に人数をかけているので 2トップで崩せなかったらサイドに渡すということができません。 中盤にチャンスメイクが得意な選手を置いたりと、周りの選手の攻撃参加が大切になってきますね。 おすすめの起用法 欠点にも書いた通り2トップのフォーメーションなので 2トップが塞がれてしまい上手く崩せないことがあります。 そういった時には中盤の選手が攻撃に参加することが必要になります。 CMF(DMF)のプレースタイルは「 2列目からの飛び出し」、「 ボックストゥボックス」がおすすめです。 また、4-3-1-2というフォーメーションはサイドにあまり人数をかけられません。 サイドを有効的につかうならサイドバックの攻撃参加も大切になってきます。 そのためサイドバックのプレースタイルは「 攻撃的サイドバック」をおすすめします。 クリストバルブエナの使い方 ここからは簡単に使い方を見ていきます 攻撃 しっかり守ってから、2トップを基本としたカウンターが強みです。 フォワードの前にスペースがあるときには果敢に仕掛けていきましょう。 中盤、サイドバックの選手の攻撃参加も大切にしながら仕掛けていくと効果的です。 守備 守備では陣形を整えることが大切です。 クリストバルブエナ監督はゴール前に人数をかける監督なので、守備陣が 定位置に戻れば守りやすくなります。 陣形を整えるためには相手の攻撃を遅らせることを意識しましょう。 ボールをもった相手に近づきすぎず、パスコースを消すことを意識して守備をすることでカウンターを防ぐことができます。 陣形が整ってきたら、守備ブロックが崩れない程度にプレスをかけると、 ミドルシュートを打たれることを防ぐことができます。 ぜひ、クリストバルブエナ監督を使って失点を少なくしていきましょう。 最後に いかがだったでしょうか。 今回はウイイレ2020でのクリストバルブエナ(本名;ディエゴシメオネ)監督を紹介しました。

次の

【オススメ監督紹介】クリストバルブエナ(シメオネ)【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

クリストバル ブエナ 2020

やっぱり最強はシメオネ(クリスト・バルブエナ監督)か!? やっぱりウイイレアプリといったらシメオネです。 (クリスト・バルブエナ監督) シメオネのフォーメーションは、常にウイイレアプリにおける最も使いやすい形なのです。 なので、まだわずかですが、やっぱりシメオネだと思うのでまずは第1段として、シメオネ監督をおすすめします!!! クリスト・バルブエナ監督(シメオネ):4-3-1-2 マネジメント能力は870の大容量!(というか ウイイレアプリ2020はみんな大容量ですね。 これは本当にありがたい!) 適応力も87なので高い方ですね。 ウイイレアプリ2020でもシメオネ監督は猛威をふるいますよ!! すでにPS4では害悪扱いですから!!! オフェンシブ戦術(クリスト・バルブエナ):4-3-1-2 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング フォーメーション重視 守備タイプ リトリート 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ シメオネは安定の 「リトリート・中央・アグレッシブ」セットです。 これのおかげで安心して守備ができます。 ディフェンシブ戦術(クリスト・バルブエナ):4-3-1-2 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ロングパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング フォーメーション重視 守備タイプ リトリート 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンシブ戦術もシメオネは安定の 「リトリート・中央・アグレッシブ」セットです。 ビルドアップが「ロングパス」なので、ボールを保持してから一気に仲間が上がっていくのもかなり攻撃がしやすいので、ディフェンシブの方が向いてる人も多いと思います。 ただし、今回はOMFがトップ下にいて、すぐにFW含めて3人でカウンターできるので 一気にカウンターで仕留めたい人は、オフェンシブの方がおすすめです。 クリスト・バルブエナのフォーメーション配置 いつもなら自分でいろいろな選手配置を考えるんですが、今回はあえて「自動配置」でどんなフォーメーションになるか試してみました! そうしてみるとさすがウイイレアプリ2020のAIですね。 かなり良い配置を考えてくれたので、まずは配置から紹介していきます。 <フォーメーションその1>自動配置が導き出した最強シメオネ! <スタメン> CF(右) ムバッペ CF(左) アグエロ OMF ロナウジーニョ CMF(右) スコールズ CMF(左) ヴェラッティ DMF ヴィエラ RSB キミッヒ LSB ロバートソン CB(右) デリフト CB(左) ファンダイク GK テア・シュテーゲン <ベンチメンバー> GK エデルソン CB シュクリニアル CB ピケ OMF ジーコ RWG メッシ ST クライフ ST マラドーナ これってかなりいいセレクションですが、よくよく見ると総合値で判断してるっぽいですね。 あとは、プレースタイルなども考慮してる感じですね。 ベンチメンバーも考えると、 トップ下は「ナンバー10」がAI的にはおすすめな感じでしょうかね。 ( ジーコが控えに選ばれてますしね。 ) 中盤はプレーメイカー2人にハードプレスみたいですね。 ベンチメンバーに メッシが入っていますが、どこに入れるべきで入ったのか興味深いですね。 僕としては ムバッペのところでCFで出したいところですね。 そして、控えには クライフとマラドーナの最強コンビがいます。 個人的には マラドーナはどこでもできますが、 クライフはトップ下で「2列目からの飛び出し」を使わせたいですね。 <フォーメーションその2>:やっぱりOMFには「2列目からの飛び出し」! <スタメン> CF(右) アグエロ CF(左) レヴァンドフスキ OMF ハフェルツ CMF(右) フランキー・デ・ヨング CMF(左) ポグバ DMF ヴィエラ RSB キミッヒ LSB ダヴィド・アラバ CB(右) クリバリ CB(左) ファンダイク GK エデルソン <ベンチメンバー> GK テアシュテーゲン CB シュクリニアル CB ピケ DMF カンテ ST クライフ LWG ネイマール CF チャロフ やっぱりOMFには 「2列目からの飛び出し」を置きたいですね。 個人的には カイ・ハフェルツが好きなのでスタメンで、調子が悪かったら、 クライフ師匠に頼みます。 あとは、みんな好き好きでいいと思います。 DMFは代えが1人欲しいので僕は入れます。 カンテを置いておけば問題ないでしょうし、 ヴィダルも入れておけば問題なし! 中場は、プレーメイカー2人はいらないので1人は 「ボックストゥボックス」で十分。 これの方が厚みのある攻撃ができそうです。 CFのベンチには、やっぱりウイイレアプリ2020では チャロフでしょう! あとは、やっぱり ネイマールは今年も使いたいなー、ヒールはやっぱりいいよね! CBは クリバリとファンダイクにしました! 「ビルドアップ」と「ハードプレス」という異なるプレースタイルが相性良しです! <フォーメーションその3>:アトレティコマドリーの選手だといきなりチームスピリット94! やっぱりすごいですね。 ちゃんとアトレティコマドリーの選手を配置したら、いきなりチームスピリット94までいきました! 左サイドバックを右サイドバック適性のヴルサリコに無理やりしてなければもっと高かったと思いますね。 チームスピリットが大事なので皆さんも最初はアトレティコマドリーの布陣でやる方が断然操作しやすいと思います! おすすめです! まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 メンテナンスが繰り返されるでの終わり次第、またフォーメーションは公開します。 ウイイレアプリ2020は動きがゆっくりになったり、操作性が向上するのでしっかりとフォーメーションや監督を選びたいですね!.

次の

オフェンス全般|鬼の知恵袋

クリストバル ブエナ 2020

とあるウイイレプレイヤーさんの クリストバルブエナ監督を使用した114試合のデータを分析してみました。 (使用期間:2019年11月〜2020年1月初旬) 使用選手別戦績 114試合の中で、 「自分がどの選手を使った時が勝率が良いか?」を集計してみました。 (10試合以上出場した選手のみ並べています。 ) 「winrate」が0. 50以上の選手は出場した試合の半分以上、勝てているということになります。 (出場数は少なめですが) クライフ(J. CRUIJFF)と マルディーニ(P. MALDINI)使用時の勝率が特に高いですね。 対して メッシ(L. MESSI)、 カンテ(N. KANTE)使用時の勝率は低めです。 こういった数字は選手と監督、もしくは選手とプレイヤーの相性を表しているのかもしれません。 相手の使用選手別戦績 今度は 「相手がどの選手を使ってきた時に勝率が良いか?」を集計してみました。 (10試合以上出場した選手のみ並べています。 ) このデータを信じるとすると、 相手が ネイマール(NEYMAR)や アーノルド(T. ALEXANDER-ARNOLD)を使ってきた時は 「よっしゃ!相性いいぞ!」と思えることになります。 逆に バリオス(W. BARRIOS)、 クライフ(J. CRUIJFF)、クリロナ(C. RONALD)を使ってきた時は 「うわ、相性悪いんだよなー!」と思えることになります。 クリストバルブエナ監督は相手にクリバリがいると弱い? 先ほどの表で 赤太字になっているところに注目してみます。 ファンダイク(V. VAN DIJK)や クリバリ(K. KOULIBALY)と対戦する頻度が、他の選手と比べて多いことが分かります。 これは多くのプレイヤーがこの2選手を使用していることを意味します。 なので、 この2選手が出てくる時の勝率が高いと、多くのプレイヤーに対して、有利に戦えると言えます。 ただ、上の表を見ると、相手がファンダイクを使用している時の勝率は悪くないですが、相手がクリバリを使用している時の勝率があまり良くありません。 ファンダイクもクリバリもCBの選手なので、もしかしたら相手にクリバリを使われると得点力が落ちてしまうのでしょうか? ちょっと分析してみます。 相手にクリバリがいると、(なぜか)失点が増える? 「相手にファンダイクがいるかいないか?」 「相手にクリバリがいるかいないか?」 この2軸で114試合を切り分けて、それぞれの平均得失点を見てみます。 面白い結果が出ました。 まず得点を見ると、 相手にファンダイクだけがいるときが一番平均得点が高くなります。 そして、失点を見ると、 相手にクリバリだけがいるときが一番平均失点が高くなっています。 CBなので、失点の変化にそこまで関わってこなさそうなのに面白いですよね。 更にいうと、ファンダイクもクリバリもいない試合と、ファンダイクとクリバリがいる試合では、平均の得失点がほとんど変わりません。 なんか不思議ですよね。 クリバリとファンダイク、人気だけど果たして仕事しているのかな?笑 もっといっぱいデータが集まれば、もっと面白そう 今回は、限られた数のデータで考察しました。 ウイイレはいろんな条件が含まれるゲームなので、今回の考察が正しいとは一概には言えません。 ただ、 もっと多くのデータを集めれば、もっと面白い分析ができるようになるかもしれません。 なんか、ワクワクしませんか?笑 今回は以上です!.

次の