リアル エスター 事件。 【続報】リアル「エスター」が今も“子ども”として暮らしていると判明! 8歳少女を養子に迎えたら、実は22歳のサイコパス…

[ソーシャル]リアル「エスター」事件発生!

リアル エスター 事件

ネットでアメリカのホラー映画「エスター」と 同じような内容が現実でも起こっていると話題になっています。 「エスター」は養子として迎えた9歳の少女が、 実は33歳の発育不全の大人であり、 里親の殺害を企てるという内容になっているようですが それとほぼ同じようなことが過去にアメリカでも起きていたようです。 ネットでは「リアルエスター事件」とさわわ そこでこの記事では 「リアルエスター事件の詳細など」 「リアルエスター事件に対するみんなの反応」 について紹介しています。 リアル「エスター」事件? 養女の名はナタリア・グレイス。 ウクライナ出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいた バーネット夫妻に迎え入れられた。 その時に聞かされた年齢は8歳だったという。 家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、 ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。 まず、ナタリアは人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さず、 10代の女の子と遊ぶことを好んだそうだ。 また使用する語彙も8歳のそれを遥かに上回るものだったという。 だが、この時からナタリアの行動が常軌を逸し始めたという。 赤ん坊を攻撃したり、子どもっぽいものを 嘲笑するような態度を取るようなになっていったそうだ。 2011年には、自分の血でバスルームの鏡にバーネット夫妻を 脅迫する文言を書くこともあったという。 他にも深夜に眠っているバーネット夫妻を気味悪く見下ろしていたこともあり、 身の危険を感じ家中の刃物を隠したそうだ。 さらに、クリスティンのコーヒーにナタリアが漂白剤を入れているのを見つけ、 問い質したところ、「毒殺してやる」と答えたというから恐ろしい。 さらに、ナタリアには大人しか発症しないいくつかの精神病が見られ、 2012年頃には精神病院に数日~数週間の治療入院をすることもあったそうだ。 html 8歳少女ナタリアの顔画像 画像引用: 時系列まとめ• 2010年:6歳のナタリアが養子で引き取られる• 2010年:骨密度検査でナタリア実年齢8歳と判定• 2012年:裁判所でナタリア実年齢22歳に認定• 2013年:保護者がカナダに移住• 2014年:ナタリアが警察に通報し保護者逮捕 引用: リアル「エスター」事件? こないだエスターみたばっかだからびっくりした。 マジであるとは思わなかった。

次の

【続報】リアル「エスター」が今も“子ども”として暮らしていると判明! 8歳少女を養子に迎えたら、実は22歳のサイコパス…

リアル エスター 事件

[ソーシャル]リアル「エスター」事件発生! 米ホラー映画「エスター」は、養子(Adoption)として迎えた9歳の少女が、実は33歳の発育不全の大人であり、里親の殺害を企てるという話だが、現実にも同様の事件が起こっていたことがこの度明らかになった。 養女の名はナタリア・グレイス。 ウクライナ(Ukraine)出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいたバーネット夫妻に迎え入れられた。 その時に聞かされた年齢は8歳だったという。 家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。 まず、ナタリアは人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さず、10代の女の子と遊ぶことを好んだそうだ。 また使用する語彙も8歳のそれを遥かに上回るものだったという。 ナタリアはウクライナ出身であるはずなのに、彼女の話す英語には外国語訛りがなく、おかしなことにウクライナ人の友人にナタリアにウクライナ語で話すよう仕向けたところ、彼女は自分の故郷のことすら上手く答えることができなかったそうだ。 奇妙なことに、マイケルを取り調べた警察官は2016年の裁判にいた人物だったという。 そうであれば、ナタリアが公式に22歳だということは承知していることになるが……。 随分ややこしい事件だが、警察の動きは最初からおかしなものだった。 ナタリアについて警察が初めて動いたのは2012年のこと。 移民詐欺の線で調査し、FBI(アメリカ連邦捜査局)やICE(アメリカ合衆国移民・関税執行局)にも捜査協力が要請したが、当時のことを知る地元の警察官によると、FBIはその後調査を続けた様子はなかったとのことだ。 警察、そしてFBIはなぜ2012年当時に徹底した調査を行わなかったのか? なぜ公式にナタリアが大人であると決定した後に、バーネット元夫妻に疑いの目を向けているのか? 現時点では全てが謎である。 すでにバーネット元夫妻は保釈金を払い釈放されているが、現地時間24日に開かれる裁判所での聴聞会に出席する予定だ。 この事件はどんな結末を迎えるのか、そしてナタリアの素性とは……? 今回の裁判で全てが明らかになることに期待したい。

次の

[ソーシャル]リアル「エスター」事件発生!

リアル エスター 事件

リアル「エスター」事件発生!?いま話題の事件が怖すぎる 皆さんは、ホラー映画「エスター」をご存じですか? 養子として9歳の少女をひきとったら、なんと本当は大人で恐ろしい本性を隠し持つサイコパスだった。 - という内容の映画なのですが、今回リアルエスター事件と呼ばれる事件が発生し、注目を集めています。 米ホラー映画「エスター」のネタバレあらすじ まずはここから!映画「エスター」あらすじ 【STORY】 かつて3人目の子供を流産したケイトとその夫のジョンの夫婦。 彼らはその苦しみを癒すため、エスターという9歳の少女を養子に迎える。 年齢の割にしっかりしていて、賢いエスター。 難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなり、家族に順応していっているように見えた。 しかし、入浴の際は必ずカギを締めて入るなど、謎のこだわりや行動から、ケイトは奇妙な違和感を感じ始める。 そして、エスターは徐々に恐ろしい本性を見せ始める…。 というストーリー! エスターは養子になってから9歳とは思えない行動をとり始めます。 エスターの異常行動まとめてみた ・ 前の里親が放火による謎の死を遂げている ・ からかってきた同級生の女の子を滑り台から突き落とす ・ 弱った鳩を躊躇なく殺す ・ 孤児院のシスターをハンマーで撲殺 ・ 人がいると知りながら、小屋を燃やして殺そうとする ・ 病院に運ばれた義兄ダニエルの人工呼吸器を外す ・ 自分を傷つけてケイトに虐待を受けていると主張する ・ 義妹マックスを殺そうとする ・ マックスの事故をケイトのせいにする ・ 父親ジョンを誘惑 エスターを見たい方にはU-NEXTの 31日間無料体験がおススメ ! 映画「エスター」そっくりの事件が実際に起きた!? リアル「エスター」事件?気になる事件内容あらまし 報道によると、映画「エスター」そっくりの事件がアメリカで発生しました。 養女を育児放棄した罪に問われているクリスティン・バーネットさんが、養女は子どもではなく実際には22歳の成人女性だと主張しているというのです! 2010年 クリスティン・バーネットさんは、ウクライナ生まれの少女ナタリア・グレースちゃん(当時6歳?)を養子として引き取った。 2013年 里親となったクリスティン・バーネットさんは、ナタリアちゃんを米・インディアナ州のアパートに置き去りにし、カナダへ移住する。 育児放棄をした罪に問われるわけだが、その理由としてバーネットさんは「ナタリアは9歳ではなく、22歳であり、身の危険を感じた」という主張をしたのです! ナタリアちゃん(9歳?) 2010年の骨密度検査では、ナタリアちゃんは実年齢8歳という結果がでています。 しかし、2012年に裁判所では実年齢22歳と認定。 いったいどういうことなのでしょう…。 もう少し詳しく調べてみました。 詳しい事件内容!調べれば調べるほどリアル「エスター」 2010年、バーネットさんはウクライナ出身のナタリアちゃんを養子として迎えます。 この時、ナタリアちゃんの年齢は6歳とされていました。 さらに、極端に背の低くなる小人症で身長90cmほどしかなく、歩くのに障害があったそうです。 英国新聞 Daily mailなどによれば、ともに生活し始めると、バーネットさんは、ナタリアちゃんが見せる年齢にマッチしない行動や体の特徴に驚かされたそうです。 メンタルヘルスの専門家に診てもらったところ、主に大人が発症する精神障害がみられたことなどにより、娘は成人女性であると告げられます。 2010年の骨密度検査では、ナタリアちゃんは実年齢8歳という結果がでていましたが、2012年に裁判所で1989年生まれに誕生日を訂正する判決がでています。 骨密度検査は、成長障害による影響が疑われたようで、陰毛の発達や生理の状況などから母親のかかりつけ医師も「明らかに不正確な誕生日。 少女のふりをしている。 」と手紙を書いています。 バーネットさんは、ナタリアちゃんは殺意むき出しだったと話しています!こわい!! 「電気柵に押し付けられそうになったり、コーヒーに漂白剤を注がれたり、寝ているところを刺すと脅された」 身の危険を感じたバーネットさんは、ナタリアちゃんを置き去りにして、隣国カナダへ逃亡します。 2014年にナタリアちゃんは警察に「置き去りにされた」と通報し、バーネットさんは育児放棄の疑いで逮捕された。 そして、2019年9月27日にバーネットさんは出廷し、最大で5年半の懲役に問われています。 リアルエスター事件、時系列でまとめてみた。 2010年:ナタリアちゃんが養子で引き取られる(6歳・小人症で身長90㎝・歩行困難) 2010年:骨密度検査でナタリアちゃん実年齢8歳と判定 ・ナタリアちゃんの大人びた行動・驚きの身体的特徴に疑惑を持つ ・メンタルヘルスの専門家を受診 精神障害発覚 大人にみられる精神障害診断などにより疑惑は加速 ・バーネットさんかかりつけの医師から「誕生日は明らかに不正確。 少女のふりをしている。 時系列まとめにも書きましたが、ナタリアちゃんは現在別の家族の下で子どもとして生活しています。 今回の里親家族は、裁判所が下したナタリアちゃんは22歳だという判決にも「ありえない話だ」と異議を唱え、裁判を起こすも、棄却されているそうです。 現在は、新しい里親家庭で「なんの問題もなく」幸せに暮らしているそうです。 「エスター大勝利」というコメントをいっぱい見ましたが、怖いですよね。 これがすべて事実であれば、小人症で子どもに見えるサイコパスの女が養子になっているという状況も怖いですし、さらに脅迫によって命の危険を感じる日々。 そりゃ、全力で逃げますよねと思います。 さらに、新しい家では本当に問題なくやってるの? 問題なく生活できるその家族は何者? 強すぎない? など好奇心はつきません。 「事実は小説よりも奇なり」とはいいますが、なかなかの怪事件でした。 引き続き、続報に期待したいと思います。

次の