スプレッドシート 改行 ipad。 【 iPad × スプレッドシート 】GoogleスプレッドシートをiPadで使う方法解説します

Excelの「セル内改行」は使う機器によってやり方が違う?

スプレッドシート 改行 ipad

Googleスプレッドシートを使って感じたこと まず使い方を解説する前に、使ってみた感想です。 率直な感想はアプリ版は 使いにくいということです。 1番ネックだったのが、外付けキーボードを使っているにも関わらず、 ショートカットキーが使えなかったということです。 追記: ショートカットキーが使えるようになりました! さらにオブジェクトが使えないのはなかなかのデメリットです。 オブジェクトを使いたい場合は iPadOSをインストールしたiPadのSafariからGoogleスプレッドシートを使うことをオススメします。 あと、エクセルにも言えることですが、印刷が不自由です。 この2点が特に気になりました。 では、今回はアプリのGoogleスプレッドシートを使ってみた流れを解説したいます。 Googleスプレッドシート使ってみた 1番最初の画面はこれ。  見た目はエクセルに近いので、親近感があります。 セルをタップすると登場する項目はこんな感じ。  一切文字がなくシンプルでわかりやすいタブになっています。 例えば、枠の線を入れるときもこんな感じ。 エクセルを使っている人にとっては抵抗が少ないと思います。  テキストについても配置やサイズ、色も思った通りに変更が可能です。  セルのサイズも、セルの端をタッチした状態でスライドさせれば自由にサイズを変えることができます。  オートフィル使用方法 良く使われるオートフィルについても可能です。 方法が特殊なので確認をお願いします。  こんな形でできます。 オートフィルとしての機能はありますが、実際使ってみると若干使いにくさを感じました。  数式の入力も問題なくできます。  表の数字を完成させました。  グラフ作成 表計算といえばグラフ。 ということで、この表をもとにグラフを作成します。  今回はこんな感じのグラフにしました。 Googleスプレッドシートはとにかくグラフが作りやすかったです。  全体のレイアウトを整えました。  印刷 最終的に印刷も必要になることもあると思います。 ただ、Googleスプレッドシートでの印刷、あきらめてください。 とにかくレイアウトが修正できません。 一応使い方をお伝えします。 右上の・・・をタップ。  「共有とエクスポート」をタップ。  その中に「印刷」があります。  GoogleのアプリではGoogleクラウドプリントがあるのですが、スプレッドシートの場合はどちらを使ってもそれほど違いはありません。  ちなみにGoogleクラウドプリントの画面です。 特別細かく設定はできなかったです。  結果的に横の設定もできず、印刷用のレイアウト設定はうまくできませんでした。

次の

Googleスプレッドシートの使い方【iPhone編】

スプレッドシート 改行 ipad

Contents• 感覚的に調整を行いたい時は早くて便利ですが、 ピクセル単位で変更したいときには不向きです。 綺麗で見やすい表をつくりたい場合は、 サイズ変更画面から調整するようにしましょう。 出所:smatu. net Googleスプレッドシートのスクリーンショット。 行や列の番号(アルファベット)から間隔の調整ができます。 サイズ変更のポップアップ画面が表示されるので、 変更したいピクセルを数字で入力します。 OK、またはエンターキーで変更が適用されます。 以上の操作で調整は完了です。 出所:smatu. net Googleスプレッドシートのスクリーンショット。 列の調整を行うもう一つの方法 列をピクセル単位で調整する方法がもう一つあります。 ここをクリックするとメニューが表示されるので、さっきと同じ手順で列を調整することができます。 出所:smatu. net Googleスプレッドシートのスクリーンショット。 列の入力内容に自動で調整する「データに合わせる」の使い方 スプレッドシートでは、 入力されたデータ(文字数)に応じて自動で列幅を合わせることもできます。 サイズ変更の ポップアップ画面で「データに合わせる」にチェックマークを入れると、セルに入力されている文字や数字に応じた幅へ自動調整してくれます。 出所:smatu. net Googleスプレッドシートのスクリーンショット。 ポップアップ画面で「データを合わせる」にチェックを入れると、入力した文字に合わせた調整を自動で行ってくれます。 デフォルトに戻す方法• 行…21ピクセル• 行や列を最初の高さや幅に戻したいときは、サイズ変更画面でこの数値を入力すればOKです。 行や列に 十分な余白をとることで、表全体が格段に見やすくなります。 スプレッドシートは文字のサイズに応じて、自動で高さや幅を調整してくれます。 さほど窮屈な感じはしませんが、余白が十分とはいえません。 余白を十分に確保すると、表全体にゆとりが生まれ見やさが向上します。 目安は、フォントサイズの「2. 5倍」程度です。 デフォルトではフォントが10に設定されているので、 文字サイズを変更していない行は高さは「25」に設定します。 文字の上下に 適切な余白が生まれ、表がすっきりとした印象になります。 5倍はあくまで目安なので、「もうちょっとスッキリさせたい」と感じる場合は 高さを27〜28くらいに変えてみても良いと思います。 出所:smatu. net Googleスプレッドシートのスクリーンショット。 上…余白の調整は行わず、スプレッドシートのデフォルト値や自動調整のみで作成した表。 5倍に行の高さを設定した表。 SourceNote•

次の

Googleスプレッドシートとは? Excelとは何が違う? [Google スプレッドシートの使い方] All About

スプレッドシート 改行 ipad

Googleドキュメントの文字起こしをiPhoneではどれくらいできるの? なぜiPhoneのドキュメントは音声入力が早いのか MacでGoogleドキュメントを編集する場合はキーボードを使って入力すると思います。 Macでも音声入力は可能ですが音声入力に限って言えばiPhoneの方が快適です。 iPhoneで入力する場合はフリック入力でも早いのですが、音声入力ならもっと早く入力できます。 フリック入力に慣れている人なら早いと思いますが慣れてない方はiPhoneで文字入力するのに時間がかかると思います。 そんな時はキーボードよりも音声で入力した方が早く文字を入力できます。 iOS13では音声認識も向上しGoogleドキュメントを開いて音声入力するのがお勧めです。 Googleドキュメントの音声入力をするのにiPhoneでのやり方はどうする? iPhoneでGoogleドキュメントに文書を入力するのはスクショ画像の右下のペンアイコンをタップすれば編集を始める事ができます。 編集モードになってから音声入力をする場合は右下のマイクアイコンをタップすれば音声入力できます。 音声入力モードになってからは、一字一句間違えないように声に出して入力しましょう。 音声入力はこれだけで出来ます。 ある程度の長文でも音声入力は出来ます。 音声入力できるような場所であればiPhoneに向かって話しかければそのまま文書として文字起こしされてドキュメントに反映されます。 音声入力の認識は早くてスムーズです。 iPhoneでこの機能に慣れれば便利ですよね。 GoogleドキュメントをiPhoneで使うメリットとデメリットは? GoogleドキュメントをiPhoneで使うメリットとは iPhoneでGoogleドキュメントを使う上でメリットになる部分は、いつでもどこでも編集できると言う事です。 スプレッドシートと違い文書入力が主な使い方なので文字を入力するのはiPhoneでもあまり支障はありません。 キーボードじゃなくても音声入力ができるため仕事が捗ります。 GoogleドキュメントをiPhoneで使うデメリットとは GoogleドキュメントをiPhoneで使う場合はMacと比べて機能が限定されている点がデメリットです。 これは仕方ない部分でもありますが画面が小さいので限界があります。 またフリック入力が苦手な方やiPhoneのキーボードが打ちにくいと思う方にはかなりのデメリットではないでしょうか? このブログも冒頭部分はドキュメントで音声入力してペースト このブログの冒頭部分は全てiPhoneの音声入力で入力しました。 やり方はiPhoneでGoogleドキュメントを開いて音声入力をしてブログに貼り付けるだけです。 これはiPhoneのメモでもできます。 他のアプリで音声を使って文書を入力してブログにペーストすればちゃんとした文書が完成します。 なぜ、冒頭文を音声入力したのかと言うと時間がなく短時間でiPhoneのGoogleドキュメントを開いて音声入力を試してみました。 ちなみにiPhoneのブラウザでWordPressを開いてブログ更新をする場合はiPhoneのマイクアイコンをタップすれば直接ブログに音声入力もできるためGoogleドキュメントは使わなくても大丈夫なのですがやってみました。 まとめ このようにGoogleドキュメントで文字を入力するのにMacやパソコンだと出来ないような事がiPhoneでは出来ます。 またiPhoneでは出来ない事がMacやパソコンでは出来ます。 どちらもメリットとデメリットがあります。

次の