ゼラニウム 切り 戻し。 プランターで次から次へとゼラニウムの花を咲かせる上手な育て方

プランターで次から次へとゼラニウムの花を咲かせる上手な育て方

ゼラニウム 切り 戻し

ゼラニウムは、鉢植えやプランターで育てている家庭も多く、 色とりどりのゼラニウムでお庭が華やかになります。 園芸初心者の方でも、 比較的むずかしくなく育てられるので、 「何から育てようかな?」という方には、 ゼラニウムから始める方も多いようです。 ゼラニウムの育て方について ご紹介します。 ゼラニウムの魅力とは ゼラニウムは、花の種類がとても多く、 一重咲きから八重咲きまで 幅広くあります。 品種が多いので、 飽きることなく育てられますから、 園芸用の植物として定番になっています。 花の形や色合いもそれぞれに魅力があります。 しかも、 四季咲き性 の植物なので、 温度さえ適していれば、一年を通じて花を楽しめるのです。 そして、ゼラニウムの魅力は、 花だけではありません。 とても 香りが良い のです。 花と香りを欲張りに楽しめるので、 初心者から上級者まで人気が高いのですね。 ゼラニウムの育て方のポイント ゼラニウムは 日当たりが良く、風通しの良いところ で 育てるのが基本です。 季節によっては少し注意する点があります。 真夏の強い日差しのある時は、 西日が当たらない場所に移動させます。 また、梅雨の時など、 雨が続くときも、花や茎が腐る恐れがあるので、 雨が直接当たらない場所へ 移動させましょう。 冬の寒さにはそんなに弱くないですが、 関東よりも北で、 冬の寒さが厳しい地域 では、 凍るような季節は屋内で育てた方が良いでしょう。 ゼラニウムの増やし方 ゼラニウムは、苗で流通しています。 植え付けは、真夏と冬以外ならいつでもできます。 増やし方は、 種で増やす方法 と 挿し木(さし芽)で増やす方法 があります。 挿し木の適している季節としては、 真夏と真冬を避ければ、基本的にはほぼ一年中行えます。 sponserd link ゼラニウムの挿し木の方法 挿し木のための挿し穂には、 8センチから15センチくらいの茎 を使います。 太くて新しいものを選びます。 花がついている茎でもOKです。 花がついているものは、 根元から花を取ります。 葉は二枚か三枚残しておきます。 そして、 挿し穂は一日から二日ほど乾燥させます。 芽が出てくるまで、 乾燥気味にしておくことが大切です。 2週間以上すると根が出てきます が、 鉢上げできるのは、一か月以上はかかります。 ゼラニウムの日常のお手入れ ゼラニウムのお手入れとして必要なのは、 成長が盛んな時期の 花がら摘み です。 花が咲き終わっていたら摘み取ります。 葉も黄色くなってきたら摘みましょう。 切り戻しは、特に必要はないのですが、 成長して詰まってきたら、 切り戻しをしてバランスを整えます。 Sponsord Link.

次の

ゼラニウムの切り戻し方法と時期 / ゼラニウムの育て方.com

ゼラニウム 切り 戻し

摘心(摘芯)とは? 摘心(てきしん)とは、野菜や草花などの植物の生長を促すための手入れ作業の1つです。 「ピンチ」「芯止め」とも呼ばれ、「芯」と呼ばれる芽の先端を摘み取ります。 植物の多くは、茎の先端にある芽(頂芽:チョウガ)の方が、茎の側面についている芽(側芽:ソクガ)よりも優先的に育てる「頂芽優勢(チョウガユウセイ)」という性質を持っています。 放っておくと、優先的な茎だけが伸びてしまい、茎の生長に養分を使うため、その先にしか花を咲かせなくなってしまいます。 苗のうちに摘心を繰り返すことで、縦ではなく横への生長を促して草丈がコンパクトになり、側芽が発達してたくさんの花がつく、果実の収穫量が増えるといった効果が期待されます。 また、繰り返し摘心をすることで、株が横に広がってこんもりとした草姿に仕立てることができます。 摘心(摘芯)の時期と方法は? 育てる植物によって、春・夏・秋など適した時期は異なりますが、主に発育のよい生育期に行います。 長く伸びた茎の先端にある芽を、手でひねって摘み取るか、ハサミでカットしていきましょう。 頂芽が伸びすぎたと感じたときは、1節ほど切ってしまってもかまいません。 また、植物によっては複数回行うこともあれば、1回だけの場合もあります。 ただし、ベルゴニウムなど冬を越すことで花芽をつける植物や、菊など日に当たる時間が短くなると花芽をつける植物は、摘心後にある程度株が大きく生長しないと、次の摘心ができず、過度の摘心は植物を弱らせるだけなので注意してください。

次の

ゼラニウムの挿し木、失敗しない増やし方のポイント、挿し木用の枝はどうやって用意する?

ゼラニウム 切り 戻し

スポンサーリンク ペラルゴニウムの育て方 日当たりが良く風通しの良い場所がよいです。 水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。 花に水がかからないように気をつけてあげてください。 肥料は植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせ後は3月~6月と9月~11月に液体肥料を2週間に1回ほど与えます。 用土 弱アルカリ性の土壌を好みます。 市販の 草花用の培養土がお勧めです。 自分で作る場合は赤玉土小粒5、腐葉土3、パーライト2を混ぜ合わせます。 植え付け 苗の植え付けに適した時期は 6月~7月頃です。 植え替え 適した時期は 9月~10月頃です。 毎年植え替えてあげます。 鉢から株を取り出して土を半分ほど落とし一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。 花がら摘み 花が枯れてきたらこまめに摘み取り全部の花が咲き終わったら花茎の付け根から摘み取りましょう。 スポンサーリンク 切り戻し 花が咲き終わったら3分の1から2分の1ぐらいの高さで切り戻します。 初秋 9月頃にも伸びすぎた枝を切り落とし形を整えます。 増やし方・挿し木 適した時期は 5月~6月頃か9月~10月頃です。 茎を5~7㎝ほどの長さで切り取り上の葉を3~4枚ほど残して下の葉を落とし30分ほど水につけてから用土に挿します。 病気や害虫 オンシツコナジラミが発生することがあります。 オンシツコナジラミが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。 ペラルゴニウムの花言葉 ペラルゴニウムの花言葉は「尊敬」「君ありて幸福」「信頼」「真の友情」です。 ペラルゴニウムは 高温多湿に弱いので梅雨時期は雨が当たらない風通しの良い涼しい場所に置いてあげると良いです。 雨に弱いので地植えで育てるのは難しいと思います。

次の