ミナミ a アシュタール ブログ。 破・常識 あつしの歴史ブログ「アシュタール:楽をするのと楽になる・・・の違い」

ミナミAアシュタールさんのブログから

ミナミ a アシュタール ブログ

こんにちはミヨです。 ミナミAアシュタールさんのブログから今日はこちらをご紹介します。 〈ここから〉 引きこもりについて・・ 2019-06-28 17:00:59 テーマ:フツーの世界の・・ホント?? 最近、引きこもりのことについてのご質問をいただくことが 多くなってきました。 引きこもりについて教えてアシュタールぅ~~^0^ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 引きこもる原因は、逃げるためです。 コンのエネルギーから逃げたいと思うから 引きこもるのです。 自分の意見ではなく、まわりの人たちの言うとおりにしなければ いけないと思うと 辛くてしかたがなくなります。 従順に従うことが良しとされていること、 親やまわ りの人たちが持っている常識を守らなければいけな いこと、 を強制され、そこに大きな期待が かけられると自分がつぶれてしまいそうに 感じ、どうしたら いいのかわからなくなります。 コンのエネルギーに耐えられなくなった時に使う手段が三つあ ります。 ひとつは、思考を停止して、何も考えず、何も感じず、言われたように 従順に従うことです。 コンのエネルギーを自ら受け入れるのです。 これが多数の方たちが選ぶ手段です。 これを選べば、楽に社会に順応できると思うのです。 もうひとつは、引きこもる(誰とも交流しない ことでコンのエネルギー を感じないようにす る)という手段。 そして、もう一つは力に訴える ということです。 と言うものです。 は、力が必要となります。 力で何とかしようとすると、またもっと大きな力で 押さえつけられるように なります。 力が強くないと 出来ないことです。 そして、暴力はいけないと教えられていると、それも出来なくなります。 だから、力 で何とか出来ない 人は、引きこもるしか手段はなくなるのです。 引きこもって、コンのエネルギ ーから遮断 され、自分のエネルギーを 取り戻そうとするのです。 たとえば、親が子どもの将来のために良い学校にいれようとかと思うのは、 子どもを自分の思いでコン しているのです。 子どもに自分の思いを押し付け、期待を押し付け、それを受け入れるように 諭すことは、子どもにとってとてもツラいコンのエネルギーなのです。 そこから逃げたいと思う子どもは、そのエネルギーを跳ね返すために 暴力を使ったり、それが出来ない 子は引きこもったりするのです。 そして、出てきてほしい(子どもの将来や自分の将 来が不安だったりす るから)と 思って、いろんな手を使うことが、またコンのエネルギーを子 どもに 送ることにな ります。 そして、また、子どもはもっと引きこもり、殻に閉 じこもってしまうことになります。 ですから、放っておいてあげてください。 もう、子どもをどうにかしようと思わないで、子どもが自分 でどうするかを 見守ってあげていてくださ い。 理由はそれぞれ違うと思いますが、もし家族の誰かが引 きこもってしまったら、 放っておいてあげてください。 心配や不安や動揺のエネルギーをその人に向け てし まうと、 またその人は殻に閉じこもってしまいます。 心配や不安、動揺、怒り(引きこもっている ん じゃない、など)は、 言葉に出さなくても、エネルギーで分かります。 その心配などのエネルギーもまたコンのエネルギーなのです。 だから、そのエネルギーを感じ るとまた(もっと、ますます)そのエネルギー から逃げたくて、引きこもる(殻に閉じこもる)と いうことになります。 放っておいてほしいのです。 重い、ツライと感じるコンのエネルギーを 感じたくないのです。 一生懸命そのエネルギーに応えようとしたけれど、もうムリだと思って 引きこも ってしまっているのですから、放っておいてもらうのが一番楽なのです。 家族の人は、その人のことは放っておいてあげて、自分たちの好きなこと、 楽しいことをしていてくだ さい。 コンのエネルギーを感じて枯渇してしまったその人のエネルギーが 補充されればまた何 かをはじめたいと思い、自分で行動を起こすようになります。 それまで、その人自身の力を信じて放っ ておいてあげてください。 そして、疲れ果てて引きこもるという選択をした方にもお伝えしたいと思い ます。 あなたが自分のエネルギーを充分に充電できるまで、そのままじっとして いてください。 大丈夫です・・あなたには自分で生きていく力があります。 ただ、社会に蔓延しているコンのエネルギーで、 自分のエネルギーが枯渇してしまって疲れ果 てているだけです。 ですから、積極的に引きこもってください。 繭(殻)に入っていてください。 積極的に・・とお伝えしたのは、繭に入ることに罪悪感を 持たないでくださいということです。 こんなことをしていていいのでしょうか? 社会に出られない私はダメな人ですね? みんなが出来ていること(働いているなど)が出来ない私はダメです。 などと思う必要はありません。 そんなことを思ってしまうと、繭の中に入ってせっかくチャージしようと しているエネルギーが放電さ れてしまい、エネルギーが戻ってきません。 いまはエネルギーをチャージするために積極的に休 みますと思ってください。 罪悪感はエネルギーを大量に使ってしまいます。 そして、もう一つお伝えしたいことがありますが・・ 引きこもるということを、リベンジに使わな いでくださいね。 誰それが、自分をコンしようとしたから、 自分はこんな風になってしまっ た。 だから、あなたもツライ思いをすればいい・・と その人に突きつける手段にしないでください。 そんなことをしても、お互いにツラい現実が続くだけです。 言っている意味が伝わっていますでしょう か? 社会がコンのエネルギーでまわっているのですから、 みんなエネルギーが枯渇してしまっ ています。 感受性が高く、そのエネルギーに敏感で、耐えられなくなって来ている人が 増えていま す。 登校拒否()も同じです。 引きこもりの原因はコンのエネルギーなのです。 原因がわかれば解決することが出来ます。 誰からのコンのエネルギーを受けて、あな たのエネルギーが 枯渇してしまったのかがわかれば、あなたがどうしたらいいのかも 分かります。 その人と話をすることで、分かってもらえることもあります。 もし、話しをしてもお互いの意見が違うのであれば、そっと離れてください。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。 」 ありがとう、アシュタール!感謝します。 〈ここまで〉 M-O-M11 から転載させていただきました。 ミナミAアシュタールさん、ありがとうございました。 感謝します。 〝引きこもり〟という言葉のもつニュアンスにとても違和感を感じます。 そこには引きこまざるを得ない状況にいる人への思いやりが感じられないから。 そこまでに至るには、それぞれの理由が必ずある。 〝心に蓋をして自分を守る〟その為にこもる。 それは自分自身を大切にしている証だと思う。 外が安全だったら、とうの昔に出ていっている。 繊細な心には、繊細な気持ちで居られる場所じゃなきゃダメなんだ。 外の世界が合わなければ、自分の居心地のいい場所を作ればいい。 そのためには、常識的な生活から離れて、どんなに小さなことでも、自分にとっての楽しいことに夢中になる。 そしてそれが僅かでも、人の役にたてるようになれたら、そこが私の安全な場所になる。 引きこもりの私は、今その道を歩いています!! 「この記事はミナミAアシュタールさんより承認を得て転載しており、この記事からの他への転載は禁止になっております。 記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。 M-O-M11」 miyo1968.

次の

『日本列島から日本人が消える日』ミナミAアシュタール-真実かSFか興味しんしん(新版も発売2019年)

ミナミ a アシュタール ブログ

こんにちはミヨです ピラミッド社会から出て、好きなことをしてくらすぞ〜〜って決めたら、自分の好きなことを仕事として形作るために一歩一歩、準備することが大切だ。 今の生活をいきなり変えることには無理があるので、少しずつ、少しずつシフトチェンジしていく。 その過程で生まれる自信がさらに目的地到達への確信に変わっていく。 行動することが要なんですね。 それではミナミAアシュタールさんのブログからご紹介します 〈ここから〉 準備は大切です。 2018-01-13 17:00:51 テーマ:アシュタールからのメッセー 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 私は、ピラミッド社会からでてそっと離れてください・・とお伝えしています。 そっと離れてください、であって・・ムリして急に飛び出してくださいと お伝えしているつもりはありません。 好きなことを仕事にしてください・・ともお伝えしています。 でも、準備をすることなくすぐにそうしてくださいとお伝えしているわけでは ありません。 そっと離れるにも、好きなことを仕事にするにも、準備は必要なのです。 分かりますか? 準備もせず飛び出してしまうと、不安が先にたってしまいます。 不安が先にたってしまうと、好きなことも好きではなくなってしまう可能性が たかくなります。 そして、いつも不安の思考になりますから、もちろん現実も不安いっぱいのものと なってしまいます。 大丈夫、私には出来る・・と自分で一生懸命思い込ませようとしている時は、 まだ準備が出来ていない時だと思ってください。 自分に言い聞かせていなければ不安で仕方がないということですので、不安を 現実化させてしまいます。 準備は大切です。 特に思考の準備は大切なのです。 準備とはどういうことでしょうか? ピラミッド組織から抜けるんだぁ~と思って、自分で独立したいと思います。 好きなことを仕事にして独立するんだと決めます。 たとえば、そばを打つことが好きだからそば屋をはじめたいと思います。 ここですぐに会社というピラミッド組織からでるんだと思って会社を辞めてもムリですね。 あなた達の社会では、まだお金というものが必要だからです。 急に収入がなくなると大きな不安を抱えてしまうことになります。 ならばどうすればいいのでしょうか? 先ずは、そばをうってください。 どんどんそばをうって技術を高めてください。 それがまず一番しなければいけないことです。 そして、もし可能ならば休日などにいろんなそば屋に行って食べてみてください。 自分ならこれはこうやってうつな、などとたくさんの情報を集め、それを自分なりの オリジナルなものにしていくのです。 そして、気にいったおそば屋さんがあればそこで手伝わしてもらってください。 手伝わせてもらって(もちろん手伝うことによる報酬はいただいてくださいね、無償は 良くないです)そこでいろんなノウハウを教えてもらうのです。 そばをうつ技術はもちろんですが、経営的なことや、れのことなどもそうです。 自分が店をやるときにはどうするか・・という視点ですべて考えておけば、具体的に シュミレーションすることが出来るようになります。 そして、その合間に経済的なことも考えておきます。 店を持つためにかかる初期費用と維持するのに必要な費用、そしてあなたが生活する ために必要な費用・・そのためにはどうすればいいかを考えていくのです。 それが出来れば、少しずつシフトチェンジしていきます。 会社に行く日にちを少しずつ減らして、そば屋での日にちを増やしていくとか、 会社の勤務日数を減らすことが出来ないなら、会社を辞めても生活できるくらいの 他の収入減を確保しておくとか、シフトチェンジの方法はいくらでもあると思います。 これは余談ですが、収入源を確保するために他の仕事をするにしても、 そばとはまったく関係ない仕事は選ばないでくださいね。 そば屋をするのに何か情報を得ることが出来るような関係した仕事を 選ぶようにしてください。 そうしているうちにいろんなところに自信、確信が出来てきます。 そうなると、自分に無理に言い聞かせなくても大丈夫だと思えるようになってきます。 不安が出て来ても、前のような漠然とした不安ではなく、対処できる不安になって 来るのです。 対処できる不安になれば、それは不安ではなくただの壁となります。 壁となったら、それを取り除くアイディアはいくらでも出て来るのです。 楽しんで乗り越えられるものとなります。 急がないでください。 準備もなしに海に飛び込んでも溺れてしまうだけです。 少しずつ環境に身体をならし、泳ぎ方を覚えて、泳げる自信が出来てから飛び込んでも 決して遅くはありません。 その方が安全です。 飛び込むぞ(そっと離れるぞ)という意図さえしっかりとしていれば、必ず現実は そちらに流れていきます。 思考が先、現実があと・・です。 これは蛇足になりますが・・ 少しずつゆっくりとは言っても、行動はしてくださいね。 いくら思考が先と言っても、まだあなた達の世界は行動しなければ 現実は動かないのです。 少しずつでいいですので、行動することは忘れないでくださいね。 いつかそのうち・・はありません。 分かりますね。 しっかりと緻密に計画する必要はありません。 反対に緻密に計画は立てないでください。 ただ、こうしたいとオーダーするだけでいいです。 でも、しっかりと具体的にオーダーしてください。 言葉だけで表現すると、私はいまとても矛盾したことをお伝えしているように 見えますね(笑) とても微妙なところですので、エネルギーで感じ、ニュアンスを受け取って いただけるとうれしいです。 今日、一番お伝えしたかったのはムリはしないでくださいということです。 漠然とした不安を抱えたままでムリヤリ自分を鼓舞しながら飛び出しても、 それはうまく行きません。 不安を抱えて飛び込んでも、不安を現実化してしまうだけです。 急ぐ必要はありません。 ゆっくりと少しずつそっと離れてください。 漠然とした不安ではなく、不安がただの壁と感じられるようになるまで、ゆっくりと すすんでいってください。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。 」 ありがとう、アシュタール!感謝します。 〈ここまで〉 M-O-M11 ミナミAアシュタールさんありがとうございました。 感謝します。 から転載させていただきました 「この記事はミナミAアシュタールさんより承認を得て転載しており、この記事からの他への転載は禁止になっております。 記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。 M-O-M11」 miyo1968.

次の

アシュタールとは?チャネラーが伝える愛のメッセージ

ミナミ a アシュタール ブログ

こんにちはミヨです。 ミナミAアシュタールさんのブログから、今日はこちらをご紹介します。 〈ここから〉 任せきってくださいbyアシュタール 今日の破・常識! 任せる、OKするならば、信頼しきって。 信頼しきることが出来ないなら 最初から任せることはしない方がいい。 好きにしていいよ・・とは言わない方がいい・・・らしい(笑) 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 人に何か任せるなら、任せきってください。 OKを出したなら、何も干渉せず そのままOKしていてください。 ・・・アシュタールは何が言いたいのでしょうか? あなた達は、OKです、好きにしてください、良いですよ・・といいながら 干渉してしまうくせがあります。 たとえば、子どもに好きなだけゲームをしてもいいですよ ・・と言ったとしても、どうでしょうか? 子どもがそれを受けて本当に好きなだけ ゲームをしていたらどうでしょうか? 言葉に出さなくても、イライラしたり、 ゲームをやめなさいとは言わないけど、 ご飯どうするの? お風呂は入らないの? 宿題は? 早く寝ないと明日起きられないわよ・・ と、言いませんか?(笑) それは、好きなだけしてもいいですよ・・といってるのとは違います。 やめなさい・・と言葉に出していないだけで エネルギーでは思いっきり制限をかけているのと同じなのです。 子どもはそれを感じます。 親がイライラしていることも、止めさせたくて仕方がないことも すべてエネルギーで分かっているのです。 だから、いくらやっても欲求不満状態になって いつまでも満足することが出来ないのです。 そして、親がコンのエネルギーを出せば出すほど 子どもは反抗?対立?するのです。 だから、よけいにゲームを続けるということになります。 好きにしていい・・といったら、とにかく干渉しないことです。 好きにしていいよ・・といいながら、心配したり、イライラしたり 不安に思ったりするのは、それは試しているのと同じです。 好きにしていいよ・・といいながら どこまで自分の意図を汲んでくれるか?・・ 試しているのと同じことなのです。 好きにしていいよ・・と言ったけど、自分を律して ご飯もお風呂も宿題も、何も言わなくても自分で出来るよね ・・と考えるのは子どもを試しているのと同じことです。 テストをしているのです・・ それは、好きにしていいよということとまったく反対のことです。 好きなだけやってもいいよ・・と言うなら、一切干渉しないでください。 ご飯を食べなかろうが、お風呂に入らなかろうが、 宿題をしなかろうが、徹夜しようが放っておいてあげてください。 それが、好きなだけやっていいよ・・ということです。 やっていいよ・・というなら、気持ちよくやらせてあげてください。 そうすれば、満足します。 満足すれば、自分で自分を制御することが出来るようになるのです。 自分で決めることが出来るようになります。 子どもだけではありません。 大人もそうです。 任せるよ・・といったら、任せきってください。 それが信頼です。 任せるよ・・といっておきながら 干渉するのは任せたことにはならないのです。 すべて任せることが出来ないなら、任せない方がいいのです。 信頼できないなら、任せることをやめた方がいいのです。 分かりますか? それが、信頼なのです。 あなたが許可する範囲?容認できる範囲?の中だけでOKする 任せるのは、それはOKでもありませんし 任せることでもないのです。 それは、自分のコン下においておくのと同じことなのです。 それでは、いい関係は築けません。 OKしておきながら、任せると言っておきながら、 心配したり、不安に思ったりするのは、 その人に対して信頼を持っていない 信じていないということになりますので とても失礼な事なのです。 そしてOKされた方も、それを感じますので あなたに絶対の信頼を置くことが出来ません。 だから、いい関係が築けないのです。 人に対してだけではなく、それはあなた自身にも やっていることではありませんか?(笑) 今日はダイエットのことや身体のことを考えずに 何を食べてもいい・・って、自分にOkを出しながら どこかでストップをかけたり罪悪感や後悔を感じていませんか? こころのそこから気持ちよく、何も考えずに食べる ・・それがOKを出すということです。 ダラダラすることも同じです。 今日はダラダラしようと思い、ダラダラしていても こんなことしてていいのかな? 時間を無駄にしてるんじゃないかな? あれもしといた方がいいんじゃないかな?・・ など考えたりしていることありませんか? 決めたら、さっぱりと決めてください(笑) ゴチャゴチャ言うのは、干渉するのは、不安に思うのは 心配するのは・・OKしていないのと同じことです。 食べる・・と決めたら、気持ちよく食べてください(笑) 食べることを楽しみ、そのことだけにフォーカスしてください。 任せると言ったら、任せきってください。 いいよ、OKといったら、すべてにおいて (それがあなたにとって不愉快?イライラする? 疑問を持つ?容認できない?)ことであっても 任せ切ってください。 任せる、OKするならば、信頼しきってください。 信頼しきることが出来ないなら 最初から任せることはしない方がいいです。 好きにしていいよ・・とは言わない方がいいのです。 人を試すことをしてしまうと、関係を悪くしてしまいます。 いいよ、OK、任せるよ・・ということは、 あなたの手から離れることだということを お伝えしたいと思います。 あなたに愛を込めてお伝えいたします」 ありがとう、アシュタール! 〈ここまで〉 M-O-M11 から転載させていただきました。 ミナミAアシュタールさんありがとうございました。 感謝します。 これはよくやってしまっています。 口とは裏腹に心では信頼してないこと。 確かに言われる方も相手の態度で本心を感じちゃいますよね。 自分の事もよく制限かけていました(汗) こんなことしてれば自分で自分を苦しめてしまいますよね。 自分にごめんなさいです。 記事使用ご希望の方は直接、ミナミAアシュタールさんより承認を得ていただければと思います。 M-O-M11」 miyo1968.

次の