ごぼう サラダ レンジ。 ごぼうサラダのレシピ・作り方一覧(49件)

『レンジで簡単!ごぼうサラダ~胡麻マヨ味~』つくれぽ100人☆感謝です♪

ごぼう サラダ レンジ

薄切りにし、水にさらしアク抜きをします。 にんじんは、皮をむき、薄切りにします。 耐熱ボールに、ごぼう・にんじんを入れラップをし、電子レンジ1000wで3分かけます。 少し歯ごたえが残る程度で取り出します。 取り出したらボールに白ごま・レモン汁・マヨネーズ・塩を加え和えていきます。 冷蔵庫で冷まして出来上がりです。 細切りにし、水にさらしてアク抜きをします。 水菜はお好みの長さに切ります。 耐熱皿にごぼうを入れ、電子レンジで3分程加熱します。 別のボールを用意し、ツナ・マヨネーズ・しょうゆ・お酢・砂糖を入れ混ぜ合わせます。 ごぼうは歯ごたえが残る程度加熱したら、電子レンジから取り出し、ドレッシングを混ぜ合わせたボールに移し、水菜を加え和えていきます。 粗熱が取れたら、七味唐辛子をふって完成です。 5cm程の長さに切ります。 耐熱皿に並べ、電子レンジで3〜5分程加熱します。 少し歯ごたえが残る程度で取り出します。 鍋に、すりごま・酒・砂糖・白味噌・塩・水大さじ2程度を入れ弱火にかけます。 水分が半分になるまで煮詰めます。 タレを煮詰めたら、レンジで加熱したごぼうを加え、絡めていきます。 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして完成です。 お好みで、茹でたほうれん草を添えても美味しいですよ。 おわりに 電子レンジで作るごぼうサラダのレシピをご紹介しました。 いかがでしたか? 調理時間は10分程で終わるレシピばかりですね。 忙しい皆さんに是非お試しいただきたいと思います。 余談です。 先日友人と「ワイン」の話題になり、赤ワインと白ワインの違いについて話しました。 皆さん、この違い知ってましたか? 著者は「赤ぶどう」「白ぶどう」と品種の違いだと思っていたのですが、実は・・・同じぶどうなんですね(笑) 白ワインは皮や種を取り除いて搾り取った果汁だけで作っているものです。 そして赤ワインは皮と種を果汁と一緒にそのまま漬け込むのです。 飲みやすさから「白ワイン」のほうが初心者向きといわれているそうですよ。 なるほど!なんでも、勉強になりますね!.

次の

ごぼうサラダの簡単レシピ!茹で時間とレンジの調理法も紹介

ごぼう サラダ レンジ

薄切りにし、水にさらしアク抜きをします。 にんじんは、皮をむき、薄切りにします。 耐熱ボールに、ごぼう・にんじんを入れラップをし、電子レンジ1000wで3分かけます。 少し歯ごたえが残る程度で取り出します。 取り出したらボールに白ごま・レモン汁・マヨネーズ・塩を加え和えていきます。 冷蔵庫で冷まして出来上がりです。 細切りにし、水にさらしてアク抜きをします。 水菜はお好みの長さに切ります。 耐熱皿にごぼうを入れ、電子レンジで3分程加熱します。 別のボールを用意し、ツナ・マヨネーズ・しょうゆ・お酢・砂糖を入れ混ぜ合わせます。 ごぼうは歯ごたえが残る程度加熱したら、電子レンジから取り出し、ドレッシングを混ぜ合わせたボールに移し、水菜を加え和えていきます。 粗熱が取れたら、七味唐辛子をふって完成です。 5cm程の長さに切ります。 耐熱皿に並べ、電子レンジで3〜5分程加熱します。 少し歯ごたえが残る程度で取り出します。 鍋に、すりごま・酒・砂糖・白味噌・塩・水大さじ2程度を入れ弱火にかけます。 水分が半分になるまで煮詰めます。 タレを煮詰めたら、レンジで加熱したごぼうを加え、絡めていきます。 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして完成です。 お好みで、茹でたほうれん草を添えても美味しいですよ。 おわりに 電子レンジで作るごぼうサラダのレシピをご紹介しました。 いかがでしたか? 調理時間は10分程で終わるレシピばかりですね。 忙しい皆さんに是非お試しいただきたいと思います。 余談です。 先日友人と「ワイン」の話題になり、赤ワインと白ワインの違いについて話しました。 皆さん、この違い知ってましたか? 著者は「赤ぶどう」「白ぶどう」と品種の違いだと思っていたのですが、実は・・・同じぶどうなんですね(笑) 白ワインは皮や種を取り除いて搾り取った果汁だけで作っているものです。 そして赤ワインは皮と種を果汁と一緒にそのまま漬け込むのです。 飲みやすさから「白ワイン」のほうが初心者向きといわれているそうですよ。 なるほど!なんでも、勉強になりますね!.

次の

レンジで楽チン!ごぼうサラダ

ごぼう サラダ レンジ

レンジでごぼうの下処理にチャレンジ! 用意するもの ・ごぼう1本 ・調理用温度計 まず先に 500Wで40秒加熱してみました。 ごぼうの土を洗い流して、皮はむかずに切ります。 ラップをせずに500Wで40秒加熱。 調理用温度計で計測すると 最高温度は49. さすがに2分も加熱すると水分が飛ぶのでは、と思いますよね。 調理用温度計で計測すると 最高温度は69. 以上で2通りのレンジでの加熱処理は終了です。 500Wで40秒加熱すると、ごぼうの最高温度は49. 切った断面を見てみると どちらも水分はそんなに抜けてませんでした。 うーん、見た目ではどちらも変わりがありません。 結局どっちで下処理すればいいの?と自分でも思いましたが、実はそれぞれ違いがあったんです! レンジでの下処理温度はごぼうの調理方法による! 調理用温度計をさしてみた時点で分かったのですが・・・ 500Wで40秒加熱したごぼうのほうが柔らかくなってました。 しっかりとした歯ごたえがあって美味しかったですよ! 家のレンジ仕様によるところが大きいですが、もし自宅のレンジが温度設定ができる機種であれば、ごぼうの下処理を色々お試しください。 食感は下処理する・しないでだいぶ変化があります。 ぜひ美味しいごぼうを食べてくださいね^^ ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

次の