毎日 放送 コロナ。 コロナ 毎日放送の取締役死亡|BIGLOBEニュース

コロナ危機打開 政権交代語る/田村衆院議員 ラジオ出演/RKB毎日放送

毎日 放送 コロナ

毎日放送取締役でコロナで死亡について 毎日放送取締役でコロナで死亡についてです。 毎日放送(大阪市)は9日、新型コロナウイルスに感染して入院していた60代の取締役の男性が同日、 兵庫県西宮市内の病院で死去したと発表した。 亡くなった取締役は3月26日午後からせきの症状を訴え、微熱が出た27日に休養。 熱、せきとも治まった28日には出社したが、4月1日から再び発熱して自宅静養を続け、 4日にPCR検査を受けて肺炎と診断されたため同日から入院していた。 週明けの7日に陽性と確認されたばかりだった。 陽性から死亡までが本当に早いですね。 志村けんさんのようです。 本当に恐ろしいですね。 毎日放送にも出社していたという事で他に感染者がいないかも心配ですね。 スポンサードリンク 毎日放送取締役でコロナで死亡したのは60代男性は誰? 毎日放送取締役でコロナで死亡したのは60代男性は誰なんでしょうか。 現在の所お名前は公表されていません。 現在わかっている情報をまとめます。 ・毎日放送取締役 ・60代男性 ・アナウンサー室および制作局を担当 毎日放送の取締役をしらべたら下記6名がいました。 この中でアナウンサー室および制作局を担当は岡田公伸さんとなっています。 可能性は高そうですね。 スポンサードリンク 毎日放送取締役でコロナで死亡の感染経路は? 毎日放送取締役でコロナで死亡の感染経路が気になります。 現在、感染経路はわかっていません。 海外渡航歴もないという事です。 取締役と同居する80歳代の男女2人も感染がわかっているそうです。 ご両親でしょうか。 そちらも心配ですね。 取締役は3月26日午後からせきの症状を訴え、微熱が出た27日に休養して、 熱、せきとも治まった28日には出社したという事です。 テレビ局にもということで、芸能人なども多く出入りします。 他に感染が拡大しないか心配です。 スポンサードリンク まとめ 今回、毎日放送取締役でコロナでお亡くなりなった60代男性についてまとめました。 名前などの公表は現在ありませんが、テレビ関係者で地位がある方という事で本当に残念ですね。 急激に悪くなって死亡してしまったようなので改めてコロナの怖さを感じました。 本当に誰が感染してもおかしくない状況になっています。 皆さんご注意ください。

次の

RKB News

毎日 放送 コロナ

毎日放送:60代の取締役が西宮市の病院で死去 新型コロナウイルスで死去された取締役について「スポニチアネックス」は次のように報じています。 毎日放送(MBS、大阪市北区)は9日、 今月7日に新型コロナウイルス感染が確認され、 肺炎と診断されて入院していた 60代の取締役の 男性が同日、 兵庫県西宮市内の病院で死亡したと発表した。 3月26日午後から咳と微熱の症状があり、 いったん症状は収まったものの、再度発熱。 3月31日午後から自宅で休養していた。 4月4日に西宮市内の病院でPCR検査を受けるとともに、 肺炎と診断されて入院した。 亡くなった男性は アナウンサー室、 制作局、 東京制作局を担当する取締役。 同社は7日、感染を公表。 「症状が収まっていた間、 数日にわたり出社して社内外の関係者と接触していたことから、 本人の行動について詳しく調査し、 接触があった方々には個別に連絡を取っています」 「保健所の指導にしたがって、 専門業者による消毒を実施します。 これに先立ち、 本人への聞き取りを基に立ち入り箇所については消毒を行いました」 としていた。 (2020年4月9日配信) 上記の通り、現在の時点では死去された取締役の 名前は公表されていませんでした。 ただ、この人物は「アナウンサー室」や「制作局」を担当していたようです。 一体、亡くなられた取締役は誰なのでしょうか? 世間の反応 良くなったと思っても やっぱりあとからまた悪くなることがあるんですね。 それはニュースでも聞いていたのですが つい最近、 ある日本人の著名人の方(現在、海外在住)が 一度、コロナにかかれば抗体ができるから次はもうかからない と何度も繰り返し仰ってましたが(TVでの放送ではありません) やはり医師やウイルスに詳しい著名人でもない限り 簡単に断言して発信してほしくないですね。 8割は軽症だから、、って 国民がパニック起こさないための方便でしょ 都庁の会見で出てた医師が 『悪化がとにかく早い。 絶対に罹っちゃいけないウィルス』 っていっていたけどこれが真実でしょ? 発症しない人と、 重症化が急速に進む人の違いがありすぎる。 遺伝的なものなのか何か違いがあるんだろうけど、 研究者の人に頑張って突き止めてもらいたい。 それが分かれば 「あなたは重症化しないので 軽症者専用の収容施設に2週間なりいてください」 って言えるし。 あと、 全国にウイルスがばらまかれてしまっているのに、 いまだクラスターを追いかけているのを止めてほしい。 もう意味ない。 男性の感染者が6割で 中年の感染率が増えているって、 それ通勤電車の比率だよ。 確かに、この役員名簿には岡田さんの担当部署として 「アナウンサー室」および 「制作局」と記されています。 岡田さんの画像がこちらです。 岡田さんは取締役という重役ですが、浜田雅功さんとは 旧知の仲なのです。 過去に番組で共演した際には、岡田さんに詰め寄るなど周囲が冷や汗をかく一幕もありました。 浜田は岡田取締役とは「4時ですよ~だ」(1987~89年放送)の頃からの付き合い。 アポがないことでスタッフが慌てだすと 「誰のおかげでエラなったと思ってんねん! 岡田ー!アホか!」 と激高し、 スタッフの制止も振り切りMBSに突入した。 亡くなられた取締役については新しい情報が入り次第、追記します。

次の

毎日放送(MBS)の役員が新型コロナで死亡、3月の連休前に局アナが「自粛は意味不明」と “挑発” していた事実は消えない

毎日 放送 コロナ

毎日放送(大阪市)は9日、新型コロナウイルスに感染していた同社取締役の岡田公伸氏が同日、心筋症のため、兵庫県西宮市内の病院で死去したと発表した。 60歳だった。 岡田氏は同市在住。 同社によると、3月26日午後からせきが出て、翌27日は自宅で休養。 一時症状が収まって出社したものの、31日午後に念のため早退して保健所に連絡した。 4月1日に発熱。 4日に西宮市内の病院で肺炎と診断されて入院し、検査も受けた結果、7日に陽性と判明した。 同氏は早稲田大学を卒業後、1983年に入社して制作局の次長や局長などを歴任し、昨年6月から現職。 アナウンサー室や制作局、東京制作局を担当していたという。 (伊丹昭史) 【記事特集リンク】.

次の