郵便 配達。 郵便物の配達数の推移をグラフ化してみる(最新)

配達記録郵便 書留郵便 配達証明郵便と 簡易書留

郵便 配達

配達証明とは? 配達証明とは「郵便法第47条」で配達したことを証明してくれる制度 配達証明とは郵便事業に関することの基本的事項を定めた法律の「郵便法第47条」で配達したことを証明してくれる制度です。 配達証明は相手が手紙をいつ受け取ったかという、配達した事実を証明してくれるもので、何年何月何日かの証明書ということになります。 配達証明は差出人に証明してくれるもの 配達証明は差出人に証明してくれるものになります。 書留などを配達した際に受け取った相手はハンコやサインをするために証明になるのではないかと思いますが、差出人には相手が受け取った事実はわかりません。 その相手が受け取ったということを差出人に証拠として証明してくれるものです。 書留には一般書留・簡易書留・現金書留がありますが、配達証明を依頼できるのは一般書留だけです。 手紙などを発送するときに配達証明と依頼すると必ず一般書留になります。 一般書留にした配達証明の郵便は、引受けから経由された郵便局、配達までの過程を記録されてインターネット上の郵便追跡サービスから確認できます。 万が一郵便物が壊れたり届かなかったりした場合に実損額が賠償されます。 また配達証明の郵便は受取人に手渡しされます。 配達証明は配達したことを証明されるものなので、きちんと配達された証拠として郵便受箱ではなく、受取人に手渡しされてサインやハンコをもらい、何年何月何日に配達が完了した証明になります。 郵便物では「手紙・はがき・雑誌など定期刊行物・学術刊行物」などで、荷物では「ゆうメール・心身障がい者用ゆうメール」などです。 「速達・配達日指定・代金引換・引受時刻証明・内容証明・本人限定受取」などが配達証明と一緒にオプションとして利用できるサービスです。 内容証明を依頼するときには配達証明も一緒に依頼する出し方が多くなります。 配達証明が配達されたことを証明するのに対して、内容証明は手紙などを出したことや差し出した日付、手紙の内容などを証明するものです。 配達証明とは別に内容証明に「430円」が加算されます。 配達証明のはがきが差出人に送られてくるため、必ず住所と名前を記入するのを忘れないようにしましょう。 差出人の住所が2つ以上記載されているときにはそのうち1つの住所に送付されます。 受取人に配達された後に、受取人の名前・届けた日・引受番号・日付印が押されて差出人に送られてくるそのはがきが配達証明書になります。 配達証明は手紙などを発送したときだけではなく、差し出した後からでも請求できます。 この場合発送した郵便物は一般書留として出したものに限られます。 配達証明を請求できるのは、手紙などを差し出してから1年以内であることと、発送したときにもらう書留郵便物受領証の提示が必要になりますので、きちんと保管しておきましょう。 配達証明にかかる料金は? 配達証明にかかる料金は「310円」が加算される 配達証明にかかる料金は「310円」が加算されます。 手紙などの「基本料金・運賃」と「一般書留の加算料金」と「配達証明の加算料金310円」を合計した金額が配達証明を依頼したときにかかる料金になります。 例えば25gまでの定型郵便物に配達証明を依頼したときは、郵便82円と一般書留430円と配達証310円を足して、合計822円です。 配達証明を差出後に請求するときの料金は「430円」が加算される 配達証明を差出後に請求するときの料金は「430円」が加算されます。 一般書留として出したものに限られますので、「基本料金・運賃」と「一般書留の加算料金」を先に支払っています。 その後に配達証明を請求する料金「430円」が必要になります。 実際にかかる料金は送る郵便物によって変わります。 また一般書留の料金も損害要償額が10万円を超えた5万円ごとに21円加算されます。 詳しい料金について知りたい場合は、郵便局のサイトで国内料金の計算ができます。 特定記録は手紙などの郵便物・ゆうメールなどの引受けを記録するサービスで、配達証明や内容証明などの違いとして配達は受取人の郵便受箱に配達されることです。 引受けを記録されるので郵便局の窓口で郵便物を差し出したという記録を残したいときに利用するサービスで受領証がもらえます。 またインターネット上の配達状況を確認できる郵便追跡サービスや配達完了のメール通知サービスが利用できます。 注意することは引受けと郵便受箱までの記録と追跡確認は取れますが、経由された郵便局は残りません。 また普通郵便と同じ扱いになり日曜日と祝日に配達はされず(速達を付けた場合を除く)、補償などもありません。 料金は基本料金に「160円」が加算されます。 一般書籍と同じように引受けと受取人に配達された記録が残り郵便追跡サービスが利用できますが、経由された郵便局の記録は残りません。 実損額で5万円まで賠償されます。 料金は基本料金に「310円」が加算されます。 受け取る相手を指定できるサービスで、一般書留のオプションとして付けられます。 受け取る相手は郵便物に記載された宛名の本人だけになります。 基本料金と一般書留料金「430円」に「100円」が加算されます。 郵便物や荷物を配達するときに、代金を受取人から預かって送金してもらうサービスです。 代金引換ラベル・代金引換ゆうパックラベルに記入して郵便窓口から送ります。 ラベルに書かれた番号で追跡サービスが利用できます。 差し出すときには本人確認資料や通帳、振替口座などの資料が必要になります。 代金引換は着払いではないので差出人が郵便料を支払います。 郵便料や手数料を受取人持ちにしたいときには、受取人との合意の上であれば代金引換の金額に上乗せをして請求します。 窓口では郵便物や荷物の基本料金に代金引換の料金「260円」が加算されます。 受取人から預かった代金を送金してもらうにはゆうちょ銀行か他の金融機関の口座に振り込んでもらう際の振り込み手数料もかかります。 補償を付けたいときは書留扱いにしましょう。 ゆうパックには30万円までの補償が付いています。 全国一律料金で送れて郵便追跡サービスも利用できます。 A4サイズの4kgまででポストに投函できます。 レターパックプラスは受取人のサインかハンコが必要ですが、レターパックライトは厚さが3cmまでで郵便受箱までの配達記録になります。 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することは出来る?したらどうなる? 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することは出来る 配達証明で送られてきた郵便物を拒否することはできます。 不在だった場合や対応をしなかったときには不在票が入り、連絡して再配達の手続きをすれば再度配達に来てもらえます。 しかし配達証明で送られてきたものを受け取らずに拒否することもできます。 配達証明のように不在票が入り再配達の手続きをする郵便物としてレターパックプラスがあります。 レターパックライトは郵便受箱に届けられますが、レターパックプラスは対面して手渡しに限られますので、不在のときの受取方法を紹介した記事を参考にしてください。

次の

郵便局の配達の仕事って女性でもできる?体力的に大丈夫なの?

郵便 配達

「 平日に時間が取れず、郵便物の差し出しが明日の土曜日になってしまう。 」 「 しかも明日から三連休…。 」 そんな時に普通郵便を利用すると、 土日・祝日の配達状況が気になるところ。 もし、平日しか配達されていないのなら、送った郵便物が受取人の元へ届くまでに、かなりの日数がかかってしまいます。 友人にちょっとした手紙を送るのならまだしも、 取引先に書類を送る場合や、ネットオークションで商品を発送する場合などには、土日・祝日の配達状況はかなり重要な問題ですよね。 そこで、普通郵便は土日・祝日でも配達されているのか、徹底調査しました。 併せて、土日・祝日でも配達される郵便サービスも詳しくご紹介します。 郵便物の配達状況をマスターすれば、相手に届くまでの目安もつけやすくなりますよ。 ぜひ、参考にしてください。 普通郵便は土曜日のみ配達される!日・祝日は配達なし 早速、手紙やはがきといった普通郵便の土日・祝日の配達状況を確認していきましょう。 まず、総務省の定める『 郵便法施行規則第32条 第3項』には、配達について次のように記載されています。 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日及び一月二日を除き、月曜日から土曜日までの六日間において、一日に一回以上郵便物の配達を行うこと。 祝日に手紙・はがき・荷物(ゆうパック)等の配達は行われますか? 祝日における普通郵便物等の配達は、1月1日を除き、原則として休止しています。 なお、祝日においても、速達、書留、ゆうパック等、次の郵便物等は配達を行います。 出典: 上記の記述から分かる通り、基本的に日本郵政では、月曜日から土曜日までは全ての郵便物が配達されており、日・祝日、及び1月2日には速達や書留など一部の郵便サービスのみが配達されています。 つまり、普通郵便に関しては、土曜日までは配達されますが、 日曜日と祝日は配達が休止されているのです。 月~土:配達あり• 尚、速達や他の郵便サービスについては、後ほど詳しくご説明しますね。 土曜日の配達は今後廃止される可能性も 既にお話した通り、普通郵便を含む全ての郵便物は、月曜日から土曜日まで配達されています。 しかし、それは2019年2月現在での話。 実は、 総務省により、郵便制度が見直され、普通扱い郵便物の土曜日の配達中止が検討されているのです。 それによって制度が改正された場合、配達は月曜日から金曜日までと、平日に限定されることになります。 どうして、土曜日の休配が検討されるようになったのでしょうか。 2018年11月16日に総務省から発表された『』に記載されている理由を下記に引用しました。 週休2日制の定着や働き方改革を進めている社会状況を踏まえ、普通扱いの郵便物の配達頻度 週6日以上 を週5日以上に見直し。 私信、ビジネス郵便ともに、従来の郵便に求められていたニーズが変化しており、また、週休2日制の定着などもあり、土曜日の配達は相対的な重要度が低下しているものと考えられる。 働き方改革の観点からは、配達要員の確保が困難となっている中、配達物数が減少してきている土曜日を休配として、浮いたリソースを他の曜日や荷物等への対応に再配置することが必要。 出典: 土曜日休配が検討されるようになった背景には、インターネットやメールなどの普及によって、従来郵便に求められていたニーズが変化していること、さらに、 人手不足によって配達員の負担が増えていることがあります。 今後も安定した郵便サービスを提供するため、需要の減っている土曜日の配達を取り止め、その分の工数を他の曜日や業務に回すことで、日本郵政の負担を減らす狙いがあるのです。 現在は土曜日まで配達されている普通郵便ですが、 今後は平日のみの配達と変わる可能性があることを頭に入れておきましょう。 代金引換 『』は、配達の際、郵便物や荷物と引き換えに、差出人が指定した代金を受取人から預り、ゆうちょ銀行を含む日本全国の金融機関の口座へ振り込んでくれるサービスです。 代金引換を利用した場合の送料は、通常の郵便料金に下記の代金引換料をプラスして算出されます。 口座への振込手数料• セキュリティサービス料• ゆうメールの着払いについては『』の記事で詳しく紹介しています。 配達日指定郵便 『』は、日・祝日を含め、差出人が指定した日に郵便物を配達してもらえるサービスです。 配達日指定を利用した際の送料は、通常の郵便料金に下記の配達日指定料をプラスして算出されます。 レタックス 電子郵便 『』とは、日本郵政で扱っている電報のことで、 当日15:30までにWEBやFAX、郵便窓口で注文すれば、祝電やお悔やみの弔電を即日配送してもらえるサービスです。 レタックスの料金は、注文する台紙の種類や印刷方法 カラー・白黒 によって異なります。 詳細は、日本郵政公式ホームページの『』をご確認ください。 レターパックプラス・レターパックライト 『』は、A4サイズ・4kgまで全国一律料金で、信書も送れるサービスです。 レターパックには次の2種類がありますよ。 また、ゆうゆう窓口は、 基本的に都市部の郵便局にしか設けられていませんので注意してください。 ゆうゆう窓口:一部の郵便局にのみ設置 尚、『』から、ゆうゆう窓口が設置されている郵便局や、利用するゆうゆう窓口の営業時間を調べることができます。 「 近くの郵便局にゆうゆう窓口はある?」、「 夜間でもゆうゆう窓口は営業してる?」そんな時に、ぜひ検索してみてくださいね。 ゆうゆう窓口でも急ぎの郵便物は速達に 平日は忙しくてなかなか郵便局へ行けない時、ゆうゆう窓口があるのはとても便利ですよね。 ただし、ゆうゆう窓口で土日・祝日に郵便物を差し出すことはできても、やはり、 普通郵便は日・祝日には配達されませんので注意してください。 ちなみに、日本郵政公式ホームページの『』に記載の通り、ゆうゆう窓口でも速達や書留のオプションを付けることが可能です。 まとめ 郵便配達をしているバイクって、いつも街中を走っているイメージがありますよね。 しかし、日・祝日にそのバイクが届けているのは、速達などのオプションが付いた急ぎの郵便物のみ。 普通郵便で差し出した郵便物は、平日と土曜日までしか配達されていません。 「 土曜日にしか郵便局へ行けないけど、急いで送り届けたい…。 」 そんな時には、速達や書留などのオプションを付けたり、その他、日・祝日にも配達される郵便送サービスを利用しましょう。 また、その際は、通常の郵便窓口が閉まっている時間帯でも営業している、ゆうゆう窓口を活用してくださいね。 土日・祝日でも大丈夫。 郵便局のサービスを上手に使って、大切な郵便物をしっかり送り届けましょう!.

次の

郵便の配達時間は朝何時から何時まで?土日や配達時間の変更方法まで徹底解説

郵便 配達

スポンサードリンク 配達数のピークは1997年度 検証する値は引受郵便などの件数。 要は郵便局で配達のための引受を行った件数。 事故などによる喪失事例もゼロでは無いが、ほぼ配達数と同じとなる。 また、内国 国内向け に加え、海外向けへの郵便物となる国際 差立=郵便物などの発送 を合算したものが、引受郵便物の総数となる。 もっとも件数はけた違いで内国の方が多いため、総数の動向はほぼ内国と同じとなる。 各種データの取得元は日本郵政グループのウェブサイトに収録されている旧日本郵政公社 統計データベース、および日本郵政グループが毎年発行しているディスクロージャー誌やその関連資料。 現時点では2018年度 2018年4月から2019年3月まで の値が最新値となっている。 データベース上では1871年度からの値 戦中から戦後一時期は未収録 が収録されているため、全期間、および戦後に限った総数の動向を確認する。 また、同一グラフに収めるとほぼ底辺をはう形となる国際 差立 に関し、戦後の値を確認する 戦前分は収録されていない。 戦後に入ると当初は戦前の半数程度にまで落ちていたがその後は利用件数が急速に増え続け、前世紀末でやや上昇度合いがゆるやかになるものの、2001年度にはピークとなる263. 1億件となる。 その後は緩やかな下り坂を見せていく。 タイミング的に民営化が一因の可能性はあるが、むしろインターネットの普及に伴う情報伝達手段としての立ち位置の相対的な下落が、大きく影響していると考えた方が道理は通る。 直近の2018年度は167. 8億件。 ピーク時の6割強の件数にまで減っている。 選挙や年賀、そして荷物は? よい機会でもあるので、特殊な郵便物の動向も確認する。 まずは選挙用の郵便物、そして年賀郵便。 それぞれ内国に含まれる値だが、内訳として別途公開されており、その動向を見ることができる。 戦前の値も一部収録されているが、きりのよい戦後に限り精査を行う。 直近の2018年度は0. 3億件。 他方年賀郵便は1997年度がピークで37. 1億件、直近の2018年度は19. 1億件で、ほぼ半減。 年賀葉書の発行枚数のピークは2003年であることから、配達件数の方が先に減少の動きに転じていたことが分かる。 最後は郵便物とは別勘定の小包、荷物。 現在の制度ならばゆうパックやゆうメールが該当する。 2003年度あたりから急激に上昇を見せ、2002年度では4. 4億件しかなかったが、直近の2018年度では45. 5億件と10倍以上に成長している。 2017年6月1日からの料金改定のリリースでも人件費上昇以外に「大型の郵便物などの増加により、持戻り・再配達を行うことによるコストが増加」との言及があり、通販やネットオークションなどによる利用が加速化している実情がうかがい知れるが、今件グラフからもそれを裏付けることができよう。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の