フリーソフト pdf。 PDF作成・編集のおすすめフリーソフト(無料ツール)比較と使い方(Word変換方法など)+Adobe acrobat

【2020】PDFをJPG/JPEGに変換するフリーソフトTOP3

フリーソフト pdf

PDFページの編集機能は、ページ組み合わせ、削除、回転などを含みます。 PDFページを編集してから、新たなPDFファイルとして保存できます。 編集されたPDFを保存する前に、著者・タイトル・表題・キーワード情報も編集できます。 また、PDF印刷、サイズ圧縮、パスワード付け、PDF署名なども備えています。 PDF編集機能があるだけでなく、Word、Excel、text、jpg画像などのファイルをドラッグ&ドロップしすぐにPDFに変換できます。 OCR機能も備えていますので、スキャンしたPDFも編集可能です。 文字の検索置換機能でPDFの一括修正が便利になります。 PDF編集する時、ハイライト、アンダーラインやキャレットなどの注釈も追加可能です。 PDFおよびそれ以外の形式のファイルをPDFファイルに添付できます。 PDF編集機能があるだけでなく、word、Excel、Powerpointなど多様な形式に変換する、バッチ処理、ページ処理、フォーム入力、PDFサイズ圧縮するのに対応します。 Adobe社のPDF編集ソフトとほぼ同等な編集機能があって、それ以上に簡単です。 ソフトの性能とコスパから見ると、PDFelementが一番優秀だと思う。 無料体験版はあるので、このPDF編集ソフトが永久使用できます。 以下の動画で、PDF編集ソフトPDFelement を詳しく紹介します。 さらに、OCRプラグインにより、画像化のPDF(スキャンされたPDFファイル)を編集することができます。 注釈機能で、PDFにコメントを追加したり、図形を追加等ができます。 また、複数のPDFを一つのファイルに結合できます。 PDFテキストが編集できますが、挿入された画像が編集できません。 PDFフォームからデータ抽出、フォームフィールド認識機能も備えていません。 PDFページ編集機能というと、ページ挿入・削除・抽出・回転・順序変更ということです。 PDFファイルのプロパティ情報の編集、パスワード付け、PDF編集許可設定など、様々なPDF編集操作が行えます。 PDFにテキスト・文字を編集・入力できません。 無料体験版があるので、フリーのPDF編集ソフトとして利用できます。 PDFに注釈を追加・編集、パスワード追加に対応します。 PDF編集する時に、スタンプが追加できるが、英語版しかないで、日本語に対応しません。 このPDF編集ソフトをインストール時に、日本語を選択してPDF編集ソフトの日本語版で利用できます。 この編集ソフトの公式サイトは英語で、日本語対応しませんが、インストールすると日本語で使用できます。 「PDF-XChange Viewer」の後継版で、ほぼ同等のPDF編集機能を使うことができます。 PDFにテキスト追加・編集、QRコード作成、図形や音声の追加など簡易的なPDF編集機能を行うことができます。 PDFのテキストを編集したい場合は、このPDF編集ソフトのライセンスを購入するのが必要です。 PDFページ編集、たとえば、ページ回転、拡大・縮小、表示画面サイズ調整などもできます。 使い勝手がいいが、たまには「強制終了」の問題が発生します。 プロフェッショナルなPDF編集ソフトといえます。 画像化のPDFファイルがOCR機能で編集可能になれますが、OCR実行後にテキスト編集し難いのが足りないところです。 このPDF編集ソフトは14日間評価版として無料試用可能です。 PDF文書を編集してから、PDFのタイトルや作者も編集できます。 また、基本的なPDF編集機能があるだけではなく、htmlをPDFに変換、画像をPDFに変換、PDF結合・分割という機能も備えています。

次の

Adobe Acrobat Reader DC Install for all versions

フリーソフト pdf

PDF作成・編集ソフト選びのポイントは? いまやPDFファイルは、さまざまなところで使用されています。 もともとはアメリカのアドビシステムズ社が開発した文書ファイルのフォーマットですが、Adobe Acrobat Reader DCという無料ソフトをインストールすれば、WindowsやMacintosh、スマートフォンなどのさまざまなOS・機器で表示できるため広く普及し、いまでは文書をやりとりする際の標準的なフォーマットとなっています。 PDFファイルの作成も年々簡単になり、現在では無料ソフトだけでも多くのことが可能になっています。 ただし、PDFの文字そのものを編集したり、入力用のフォームを持つPDFファイルを作ったりする場合は、有料ソフトが必要になります。 また、しっかりとしたサポートが必要な場合も、有料ソフトの方が安心です。 そこで本記事では、大きく無料ソフトと有料ソフトに分けて、主なPDF作成・編集ソフトをご紹介したいと思います。 取り上げるソフトは次のとおりです。 したがって、OfficeファイルからPDFファイルを作るなら、わざわざ新しいソフトを購入する必要はありません(そのため、無料ソフトに含めました。 Officeそのものは無料ではないので念のため)。 PDFファイルを作るには、ファイルを保存するとき、ファイルの種類で「PDF」を選ぶだけです。 また、ワードでは、PDFファイルを読み込むこともできます。 この場合は、PDFファイルがワードの形式に変換されて読み込まれます。 保存するときにファイル形式で「PDF」を選択すれば、OfficeファイルをPDFファイルとして保存できます 2.Adobe Acrobat Reader DC(無料) PDFの作成はできないが、コメントやマーカーは追加できる 本家のアドビシステムズ社から無料で提供されるのが、Adobe Acrobat Reader DCです。 基本的にはPDFファイルを表示するソフトですが、コメントやマーカーを追加することも可能です。 本家のソフトだけに、安心して利用できるのもメリットです。 PDFファイルを扱うなら、まずは入れておきたいソフトといえます。 ただし、PDFファイルを作る機能はありません。 PDFファイルの本家であるアドビシステムズ社から無料提供されているソフトです。 PDFファイルの表示だけでなく、コメントやマーカーも追加できます。 Adobe Acrobat Reader DCのホームページ 3.Cube PDF(無料) 機能ごとに多様なフリーソフトを用意 Cube PDF(キューブ ピーディーエフ)は、定評のある無料のPDFファイル作成ソフトです。 印刷と同じ手順でPDFファイルを作成できるので、あらゆるデータをPDFファイルに変換することができます。 Cube PDFの特徴は、機能ごとにさまざまな無料ソフトが用意されていることです。 PDFをページごとに分割したり、複数のPDFファイルを1つにまとめたりする「Cube PDF Page」、PDFファイルから画像だけを抜き出す「Cube PDF ImagePicker」など、複数のソフトを使い分けることで、さまざまな処理ができます。 どれも無料なので、無料でいろいろ試したい方にはおすすめです。 機能ごとにいろいろな無料ソフトが用意されています。 下の画面は、PDFファイルを作成する「Cube PDF」です。 Cube PDFのホームページ 4.Foxit Reader(無料) 表示・作成から簡単な編集までできる総合PDFツール Foxit Reader(フォックスイット リーダー)も、無料で利用できるPDFソフトとして、よく知られた存在です。 PDFファイルを表示する独自のエンジン(表示するためのプログラム)を持ち、本家のAdobe Acrobat Reader DCよりもPDFファイルを高速に表示できると評価されています。 機能も豊富で、PDFファイルの表示やコメント・マーカーの追加だけでなく、PDFファイルの作成もできます。 また、Officeのようなリボンを採用しているので、Officeユーザーにも使いやすいでしょう。 PDFファイルを作成できるのは、本家のAdobe Acrobat Reader DCにないメリットで、PDFファイルの表示用としても優れています。 Adobe Acrobat Reader DCが使いづらいようなら、Foxit Readerをメインで利用してもよいと思います。 無料で利用できる多機能なPDFソフト。 PDFファイルの表示・作成から簡単な編集までできます。 PDFの表示・作成ができるのはもちろんですが、PDFの文字や画像を直接編集したり、入力用のフォーム付きPDFファイルを作成したりできます。 本家のPDF編集ソフトですので、仕事でPDFを編集する必要があるなら、ぜひ用意しておきたいソフトです。 なお、マイクロソフトのOfficeと同様に、月額で支払うサブスクリプション版とパッケージ版があるので注意が必要です。 サブスクリプション版は、以下の2つがあります。 こちらは、購入したら永続的に使用できますが、サブスクリプション版のように機能が強化されることはありません。 なお、いずれも「Pro」の方が「Standard」より機能が多くなっています。 個人向けと法人向けの製品ラインナップを持ち、シンプルな単機能版から高度な編集が可能な上位版まで用意されているのも特徴です。 高度な編集機能を持つ上位版では、PDFの文字・画像を直接編集できるのはもちろん、フォームの作成、レイヤー機能、暗号化などの機能も用意されています。 ジャストシステムが提供していることから、しっかりとした日本語でのサポートが利用できるPDF作成・編集ソフトを利用したい方にも、おすすめできる製品です。 これは、以下の5つの製品が1つにまとめられた製品となります。 瞬簡PDF 作成 8……PDF作成• 瞬簡PDF 編集 7……PDF直接編集• 瞬簡PDF OCR……スキャナ取込データをOCRでOfficeファイルやPDFファイルに変換• 瞬簡PDF 書けまっせ 7……PDFに文字追加 それぞれを単体で購入することもできますので、必要な機能が明確な場合は、特定の製品を選択してもよいでしょう。 開発元のアンテナハウスは、PDF関連のソフト開発では歴史・実績のある企業なので、個人はもちろん、法人でも安心して利用できると思います。

次の

フリーソフトでPDFに電子印鑑を捺印しよう

フリーソフト pdf

PDFの作成・編集を、初めておこなう方というのは、私もそうでしたが、悩みどころが多々出てきます。 そこで今回、私が、本格的に「PDFドキュメント」を作ってきた過程の中で、培った知識を体系的にまとめて、 同じように、PDFの作成・編集で困っている方や、これから行おうと思っている方を対象に、当記事を通して、公開しようと思います。 ではまず、、、 PDFの作成・編集といっても、人によって解釈は様々で、定義が広いです。 そこで、下記8つの項目で、定義します。 テキスト・画像の新規追加• 既存の、テキスト・画像の編集• PDFページの削除と順番変更、ファイルの分割と結合• PDFのセキュリティ設定(ファイルを開く際のパスワード設定と、テキスト・画像のコピー禁止設定)• 指定場所での、改ページの設定• ページの、背景色やヘッダー・フッターの設定 今回の記事では、これら8つの機能(用途)ごとに、オススメのPDF作成・編集ツールを、順に紹介していきます。 また、なるべく有料ではなく「無料」のツールに絞って、紹介していきます。 以下、目次になります。 テキスト(文字)と画像の新規追加ができる、PDF作成・編集ツール比較• PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility• PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選• PDFファイルの、改ページ設定方法• PDF作成に必須の、「既存テキスト・画像の編集」や「PDFページのヘッダー・フッター設定」ができる、有料ツール比較• 【かんたんPDF EDIT】 かんたんPDF EDIT は、無料のPDF作成・編集ツールで、 「テキストと画像の新規追加」をおこなう事ができます。 ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 【PDF-XChange Viewer】 PDF-XChange Viewer は、無料のPDF閲覧・作成ツールです。 具体的には、下記の事を、おこなうことができます。 ・テキストの新規追加(画像は追加できません) ・ハイパーリンクの設定 ・セキュリティ設定(PDFを開く際の、パスワード設定など) ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 ・ 以上、テキスト・画像の新規追加が可能なツール3選でした。 PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility CubePDF Utility は、PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)が、無料で出来るツールになります。 また、他にも、PDFのセキュリティ設定もおこなえます(PDFを開く際のパスワード設定や、テキスト・画像のコピー禁止設定など) ページ編集したい方は、フリーなので、ぜひ「ダウンロード」しておくと良いでしょう。 ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 【Googleクロム の印刷機能】 ブラウザの「Googleクロム」に、デフォルトで付いている印刷機能です。 クロムで、WebページをPDF化した特徴は、下記になります。 ・画像の解像度 : 中(感覚値) ・ハイパーリンク : 有効(下線あり) ・フォント : bold 設定が有効 以上が、Webページから、PDF へ変換するツール3選になります。 個人的には、この中でも、特に「firefox の印刷機能 + Adobe アクロバット」がオススメです。 理由は、画像の解像度が最も高いと、感覚値ですが思ったからです。 ただ、それでも、「画像の画質劣化」は、最も大きな懸念点でした。 そこで、Adobe で、PDF出力する際の、画像圧縮率を抑える設定をおこないました。 設定手順については、下記の記事にて解説されています。 上記を参考に、今回、私がおこなった設定は、下図になります。 ・ ただ、、、 設定をおこないましたが、結果、変化が(感覚値で)分かりませんでした。 なので結局、画像自体を、多少劣化しても良いように、編集することで解決しました。 以上です。 以下が、今回紹介していくツールになります。 「PDF to Excel Converter」• 「iSkysoft PDF変換」• 「Soda PDF Professional」 では、順に解説していきましょう。 PDF to Excel Converter の使い方と変換結果 PDF to Excel Converter は、Web上で「変換」がおこなえるサービスになります(下記) ・ 上記にアクセスすると、下図のような画面が開くので、変換元のPDFファイルや、メールアドレスを入力して、「Convert Now」をクリックしてください。 変換が成功すると、下図のように「Success」と表記された画面が開きます。 ちなみに、失敗すると、下図のように「Sorry」と表示されます。 Successページが開くと、同時に「Nitro」からメールが届くので、確認して「Get Your file」をクリックしてください(下図参考) 下図が、変換結果の例になります。 上図から、いくつかオカシイ部分がある事が分かります。 ちなみに、Excelへの変換は失敗に終わりました。 また、「PDF to Excel Converter」は、無料で使えるサービスですが、月に5回までしか変換ができない制限があるので、注意してください。 iSkysoft PDF変換 の使い方と変換結果 iSkysoft PDF変換 は、PDFを、Word・Excelや画像データ(. jpg、. pngなど に変換するツールになります。 ダウンロードは、下記ページからおこなってください。 下図が、「iSkysoft PDF変換」のトップ画面になります。 変換したいPDFファイルと、出力フォーマット・フォルダを選択し、「変換開始」ボタンをクリックしてください。 下図が、変換結果の例になります。 【Word】• 【Excel】 以上です。 無料体験版では、「透かし」が入っていたり、5ページまでしか変換されなかったりと、正直使い物になりません。 Soda PDF Professional の使い方と変換結果 Soda PDF Professional は、PDFを作成・編集する上で、必要な機能は、ほぼ備わっている、プロフェッショナル向けのツールになります。 ダウンロードは、下記ページからおこなってください。 【Word】• 【Excel】 以上です。 また、「Soda PDF Professional」では、他にも、以下のような事を、おこなうことができます。 また、「Soda PDF」には、「Professional」の他にも、「Standard」といったエディションがあります。 機能差異については、下記ページに分かりやすくまとめられているので、参考にしてください。 ・ 個人的には、「Professional」がオススメですが、 セキュリティ設定(PDFを開く際のパスワード設定など)が必要ない方は、「Standard」でも良いでしょう。 以上、PDFから、Word・Excel へ変換するツール3選でした。 実際に、3つとも利用してみて、ゆいつ使い物になりそうなのが、「Soda PDF Professional」のWord変換ぐらいですかね。 PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選 当章では、PDFのセキュリティ設定がおこなえるフリーツールについて、まとめています。 具体的には、以下の事がおこなえるツールです。 ファイルを開く際の、パスワード設定• テキスト・画像のコピー禁止設定 では、ツールの紹介ですが、以下の2つになります。 【PDF-XChange Viewer】• PDFファイルの、改ページ設定方法 今回、任意の場所にて、明示的に改ページを設定できる「PDF作成・編集ツール」について、色々とググったのですが、見つかりませんでした、、、 それと同時に、「CSS」にて、PDFの改ページ位置を指定できるモノがあると知ったので、その方法を、以下にまとめます。 手順は簡単で、以下のタグを、改ページを指定したい場所に、挿入するだけです。 「Adobe Acrobat」 Adobe が提供している、王道のPDF作成・編集ツールです。 「Soda PDF Professional」 上述でも紹介しているツールですが、こちらでも、既存のテキスト・画像の編集が可能です。 ただ、PDFページの、ヘッダー・フッターや背景色の設定はおこなえません、、、• 「Foxit PhantomPDF」 Foxit社が提供する有料版:「PhantomPDF」になります。 上記に挙げている項目は、全て利用可能です。 個人的には、値段は高いが、やはり王道のツールである「Adobe Acrobat」が、もっともオススメです。 Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)の無料体験版ダウンロードと使い方 Adobe Acrobatとは・・・PDFの作成・編集ツールのなかで、最も王道のモノになります。 製品価格は、他と比べたら高いですが、PDFの作成・編集を本格的にやりたいと思っている場合は、必須と言ってイイでしょう。 上述してきた機能も、全て組み込まれていて、 操作性も直感的で分かりやすく、個人的にも、オススメのツールです。 これから利用を検討している方は、無料の体験版(30日間限定)もあるので、まずは、そちらで利用を試してみると良いでしょう。 具体的な、ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 ・ 以上です。 有料でも良い。 といった方は、私のように、結局は「Adobe Acrobat」に行き着くと思います。 ただ、「お金は払いたくない、、、」とこだわる方は、当記事を参考に、用途にあったフリーツールを利用してみてください。

次の