バハムート オセロ ニア。 エロ魔物娘図鑑・SS投稿所−小説検索

FFXについて

バハムート オセロ ニア

この記事のもくじ• オセロニア ムーニア 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 ムーニア [進化] 5点/5点[闘化] 5点/5点 特徴・使い方 カップ戦報酬キャラで一部のプレイヤーしか手に入れることができませんでしたが、バトルコインとの交換も可能になりました。 さらに、闘化版も追加され、ますます注目されるキャラに! 【進化】[秘宝探求]ムーニアの特徴・使い方 オセロニアで一番使われていると言っても過言ではない最強A駒「蘭陵王」とスキルやステータスが全て同じのキャラクターです。 蘭陵王と全く同じ性能を持ったキャラなので、当たり前ですが最強レベルです。 ただ、逆転コインでも交換できる蘭陵王と全く同じ性能だけに、限定キャラとしても価値があまりなかったですよね。 強いて言えば、見た目がかわいいくらいでしょうか 笑 【闘化】[天廟を開きし者]ムーニアの特徴・使い方 闘化版はニューイヤー・蘭陵王 正月ガチャ限定キャラ と全く同じ性能のスキルを持ったキャラです。 ただ、注意したいのが、ステータスが異なる点です。 HP ATK 闘化ムーニア 1248 796 ニューイヤー・蘭陵王 1282 848 闘化ムーニアの方がATKが52低いです。 最高クラスの性能を持ったニューイヤー・蘭陵王の最大の弱点は、他の神A駒と比べてATKが低いために、相手にルキアを置かれた場合、強制的にこちらのニューイヤー・蘭陵王を盤面に出さざるを得ない展開が多くなることでした。 闘化ムーニアは、そのニューイヤー・蘭陵王よりもさらにATKが低いので、さらにルキアに弱いキャラということになってしまいます。 対策としては、ATKを調整した駒をデッキに編成することです。 B駒やATKの高さが重要ではないA駒をいくつかデッキに編成することで、ルキアを出されたとしても絶対に出したくない闘化ムーニアを盤面に置かなくてもよくなります。 B駒2枚だけだと不安なので、レベルを調整することで、A駒のATKを調整しているプレイヤーも多いようです。 ニューイヤー・蘭陵王をゲットできなくて、涙を流した方も多いでしょう 笑 ニューイヤー・蘭陵王を持っていない方には是非ゲットしてほしいキャラですね。 2倍になる。 効果:Lv2 [リーダー]オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の神駒の基本ATKが1. 3倍になる。 効果:Lv3 [リーダー]オーラ:この駒がリーダーで手駒にある間発動し、自分の神駒の基本ATKが1. 4倍になる。 コンボスキル スキル サーチオブトレジャー 【闘化】最大Lv 2 効果:Lv1 攻撃力アップ:自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で1. 3倍になる。 効果:Lv2 攻撃力アップ:自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で1. 4倍になる。

次の

【オセロニア】コンバートデッキのレシピと使い方|ゲームエイト

バハムート オセロ ニア

Tier4 コンセプトデッキ デッキ名 属性 評価点 順位変動 神 8. 0点 DOWN 魔 8. 0点 - 魔 7. 5点 - 神 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 竜 7. スキルがバフ系の竜駒とコンボで追加特殊ダメージを与える駒を組み合わせて大きなダメージを狙う戦い方となります。 デッキのバランスが良く組みやすいのが特徴で、初心者の方にもおすすめです。 デバフで「神単デッキ」や「暗黒デッキ」を抑えつつ、「魔フェリヤ」の強力な毒を中心に相手のHPを削っていきます。 「魔フェリヤ」の毒で安定してダメージを与えていけるので事故が少なく、 どんな補正でも勝率が高いデッキです。 神駒も多めに編成することでHPを高く保ち、毒や呪いでライフアドバンテージを取っていく戦い方となります。 特に 無補正やHPダウンで活躍できる強力なデッキと言えるでしょう。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした攻撃型の神単デッキです。 バフと囁きでATKを上げ、大きな特殊ダメージを与えていきます。 HPも高いので使いやすく、特に 神アップやHPダウンの補正で活躍してくれるデッキとなります。 神駒を増やし続け、中盤以降から強力な特殊ダメージを与えていくことができます。 特に 神HPアップの補正で活躍できるデッキです。 デバフで相手の高火力攻撃を抑えつつ、毒や吸収で攻撃していくのが基本的な戦い方となります。 ATK依存の攻撃をしてくるデッキに対して有利に立ち回れるデッキです。 発動条件が緩い罠を編成することで、相手に大ダメージを与えられます。 高火力アタッカーが多く編成された「」相手に有利に戦えるのが特徴です。 手駒竜鱗の登場によって安定感が増し、多くのデッキに対して優位に立てるデッキとなっています。 ただし、捕食・竜鱗・暗黒のスキルを持つキャラを揃えなければならないため、編成難易度は高くなっています。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした竜単デッキです。 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 竜のHPやATKが上昇する竜アップの補正やコロシアム等で活躍できるデッキです。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 終盤はアタッカー駒でバフコンボと繋げて大ダメージを叩き出せるデッキです。 雷撃ダメージは罠や防御に妨害されないため、 中盤以降に安定したダメージを出すことができます。 固定特殊やライフバーストのキャラも共に編成しておくことで、より安定感が増すデッキです。 「ヨシノ」でライフアドバンテージを取り、毒・呪い・吸収といった強力な魔駒で攻めていきます。 また、 神駒を編成できることもメリットで、通常の魔単よりも高HPで戦うことができます。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。 吸収効果がアップしているウィークリーコロシアムでは無類の強さを発揮するデッキとなります。 罠スキルや、デバフなどを駆使しながら バフで殴っていく特殊な立ち回りが可能です。 「」や「」といった高火力バフアタッカーが必須になるので編成難易度は少し高いです。 「」「」がコレクション限定なので編成難易度は高めですが、 HPアップの補正の時は無類の強さを発揮します。 相手のキャラ駒数に応じて火力が上昇するので 定石とは違った立ち回りが必要となる玄人向けのデッキです。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 オセロで盤面を制圧し相手とのHP差で勝利します。 相手のデッキによって勝率が左右するデッキとなっている上、充分なオセロ力も必要とされるのが特徴です。 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 耐久デッキにも強くHPアップや魔補正で活躍できるデッキです。 そのため、「ベルゼブブ」などので「」と非常に相性がよく、強力な魔駒を生かしやすいデッキです。 先攻の際は「」をすることで「夜行」を最大限生かすことができます。 バフと囁きでATKを上げ、大きな物理ダメージを与えていきます。 HPが高いので使いやすいですが、Tier2で紹介した神単デッキと比べるとデッキパワーが落ちてしまいます。 デッキパワーでは、「ヨシノデッキ」や「魔フェリヤデッキ」に劣りますがキャラが揃っていると非常に面白い立ち回りができます。 竜鱗や捕食スキルも編成して長期戦に持ち込み、大量の呪いを移す戦い方になります。 関連リンク シーズンマッチ関連記事 シーズンマッチ関連記事 デッキ一覧に戻る 最強デッキランキング.

次の

【オペラオムニア】最強キャラランキング【ディシディア/DFFOO】

バハムート オセロ ニア

総合最強キャラランキング 順位 キャラ 特徴 1 位• ・ブレイク時に連続行動可能• ・強制ブレイク解除可能 2位• ・BRV供給力が高い• ・カウンターが可能• ・HP回復時の超過分をBRVに加算• ・HP回復能力が高い• ・味方全体を強化 4位• ・「新月の神秘」でHPダメージアップ• ・吹き飛ばしと供給を同時に行う• ・「闇耐性ダウン」で弱点を突く 5位• ・「シフトムーブ」で割り込み可能• ・追撃でACTあたりの火力が高い• ・確定吹き飛ばしが可能 6位• ・「ねむり」で敵の行動を制限• ・敵のBRV加算を防ぐ• ・敵全体を弱体化 7位• ・確定吹き飛ばしを8回使用可能• ・アビリティのHP攻撃の回数が多い• ・ギミック対処能力が高い 8位• ・6種類のデバフで敵を弱体• ・デバフにフレーム付与可能 9位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「雷耐性ダウン」で弱点を生み出す• ・「弱点属性ダメージアップ」で火力アップ 10位• ・「命の旋律」で聖耐性を下げる• ・「エンチャント・聖」で火力アップ• ・LDアビの火力が高い 総合キャラランキングは、難易度LUFENIAでの採用率や編成優先度を考慮したうえで評価し、順位をつけています。 役割別最強キャラ早見表 役割別最強キャラランキング 近距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「雷耐性ダウン」を付与可能• ・ブレイク時連続行動可能• ・与えるダメージ量をアップさせる 2位• ・割り込み行動で連続攻撃• ・追撃で1行動で大ダメージ• ・追撃で火力が高い• ・ブレイクで追加行動• ・BRVリジェネ量が多い 4位• ・2種類のカウンターで反撃• ・防御力無視で攻撃可能• ・氷耐性ダウンで火力を出す• ・「アイスピラー」による追撃が強力• また、「絶影」使用後でもアクション加算無しで行動ができ、1アクションあたりの火力が高いです。 与えるダメージに直接倍率がかかるので、敵のステータスに大きく左右されることなく高いダメージを出せる特徴も持ちます。 遠距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・バースト効果で追撃可能• ・アクション数加算無しで攻撃• ・強制吹き飛ばしが可能 2位• ・確定吹き飛ばしを8回使用可能• ・アビリティのHP攻撃の回数が多い• ・EXの回転が早い 3位• ・吹き飛ばしと供給を同時に行う• ・「闇耐性ダウン」で弱点を突く• ・EXで「ヴァリアントブロウ」の回数回復 4位• ・「降り注ぐ矢」で行動のたびにダメージ• ・「ダイナマイト」で時間差攻撃• ・BRV超過量上限が高い• ・対象外ダメージが高い• ・全体攻撃で複数に効率よくダメージ 遠距離物理最強:ノクティス 追加行動やACT数加算無しで攻撃するアタッカー ノクティスは、バースト効果で味方全員が敵をターゲットとして行動した後、そのターゲットに追加行動を行ったり、アクション数加算無しで攻撃したりするアタッカーです。 自身のターン以外でも攻撃する他、割り込み攻撃で敵にターンを渡さずに連続で行動するなど攻撃頻度が高く、敵に高ブレイブを持たれた際の対策としても活躍できます。 魔法攻撃アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・闇」で火力アップ• ・対象外ダメージが高い• ・EXの火力が高い 2位• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ• ・「エンチャント・聖」で火力アップ• ・LDアビの火力が高い 3位• ・等倍攻撃で対複数に特化• ・BRV漏れを割合で削る• ・ACT加算無しで行動可能 4位• ・アビ連続発動でACTあたりの火力が高い• ・LDアビと通常アビで等倍攻撃が可能• ・確定ブレイクと強制ブレイク解除可能 5位• ・「スケッチ」による割り込み行動が強力• ・ヒット数の多いEXアビの火力が高い• ・「スケッチ召喚」で各属性攻撃が可能 魔法攻撃最強:ザンデ 2属性で攻撃する高火力な魔法アタッカー ザンデは、すべてのアビリティが2属性を持つため、属性耐性にかかりづらい魔法アタッカーです。 敵に「弱点掌握」を付与して弱点を生み出し、「クエイガ」や「メテオ」の高い火力をさらに上昇させます。 加えて、エンチャントは、味方全員に効果があるので、味方全員の火力も底上げされ、パーティの総合ダメージも引き上げられる強みを持ちます。 バッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・最大BRV70%アップ• ・攻撃力40%アップ• ・BRVダメージ軽減 3位• ・「BRVリジェネ」で火力アップ• ・初期BRVアップ• ・味方全員のBRV超過量アップ• ・クリティカルダメージアップ 5位• ・防御力100%アップ• ・BRVダメージ30%軽減 バッファー最強:グラディオラス 攻撃防御両面に優れたバッファー グラディオラスは、攻撃と防御両面で味方を強化できる優秀なバッファーです。 攻撃面では、BRV超過量を大きく引き上げられるため、BRVを溢れさせずにHP攻撃として吐き出せるようになります。 エンチャンター 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「属性弱点ダメージアップ」で火力アップ• ・敵のターンでBRV供給が可能 2位• ・「エンチャント・聖」を付与• ・高回転の等倍EXを使用可能• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ 3位• ・「エンチャント・土」を付与• ・味方全員の行動後にBRV加算 4位• ・「エンチャント・闇」を付与• ・「弱点掌握」で火・土・闇耐性ダウン• ・特殊効果が解除されづらい• ・不可視バフで味方を強化• ・BRV分配ができる エンチャンター最強:クルル 属性弱点ダメージを引き上げる雷属性エンチャンター クルルは、味方全員で敵の弱点を突けるようにする雷エンチャンターです。 他のエンチャンターと違い「属性弱点ダメージアップ」を味方全員に付与できるため、エンチャントで弱点を突いた際のダメージをさらに引き上げられます。 デバッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・素早さダウン 2位• ・「カーズ」でHPダメージ• ・「霧散の渦」でHPダメージ• ・「暗黒の芽」でスリップ効果• ・「ねむり」で敵の行動を制限• ・「新月の神秘」でHPダメージアップ• ・スリップ効果• ・闇耐性ダウン 5位• ・「氷牢」でHPダメージアップ• ・素早さダウン• ・氷属性耐性ダウン デバッファー最強:ケフカ 複数デバフで敵を弱体化させるデバッファー ケフカは、6種のデバフにより敵を弱体化させ、味方を有利に立ち回らせるデバッファーです。 さらに、LDアビリティ「ハイパードライブ」で、自身が付与したデバフをフレーム化させ、敵の強化効果の付与を防ぐといった立ち回りも可能です。 ヒーラー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「クラッシュハンマー」で回復• ・「マテリアタクティクス」で回復• ・「地走り」で回復• ・「コンビネーションアーツ」で回復 2位• ・「ブラッドウェポン」で回復• ・「アブソーブソード」で回復• ・「ルーラーオブアームズ」で回復• ・「ドレインウェポン」で回復 3位• ・「鎧袖一触」で最大HPを超過して回復• ・「ラストリゾート」で回復 4位• ・HPリジェネで回復• ・「生殺与奪」で回復 5位• ・「アンジェロキャノン」で回復• ・「愛犬のぬくもり」でHPリジェネ ヒーラー最強:ルード Aアビ以外の全ての行動でHP回復可能 ルードは、Aアビ以外の全ての行動で味方全体を回復できます。 回復を行う機会が多いため、パーティに安定感が生まれて攻略を安定させます。 BRV供給 順位 キャラ 特徴 1位• ・「カウンター」で供給• ・「アップヒーバル」で供給• ・「テンペスト」で供給• ・「ドーンブレイカー」で供給• ・「ライジングインパルス」で供給• ・最大HPを超えて回復した時に供給• ・「マテリアタクティクス」で供給• ・「うたう」で供給• ・「かくれる」で供給• ・「ミスティックワルツ」で供給• ・「子守歌」で供給• ・Aアビリティで供給 4位• ・「生殺与奪」で供給• ・「雲散霧消」で供給• ・「ヘイストルンバ」で供給• ・「リジェネワルツ」で供給 5位• ・「BRVリジェネ」で供給• ・「おうえん」で供給 BRV分配最強:グラディオラス Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給可能 グラディオラスは、Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給できるため、攻守両面で味方をサポートします。 供給するBRV量は、与えたダメージ量に依存するので、EXアビリティ使用時はパーティのBRVを上限近くまで供給できます。 加えて、「ジャストガード」で行うカウンターは、アクション数を加算させずにBRV供給できるので、パーティの火力アップと同時にアクション数の短縮にも貢献できます。 壁役 順位 キャラ 特徴 1位• ・シールドで味方全員を守る• ・シールド耐久値分のHPダメージカット• ・味方全員のHP回復が可能 2位• ・味方をかばって攻撃を受ける• ・HPリジェネで回復が可能• ・カウンターで反撃 3位• ・味方全員に行動後にBRV加算• ・「ターゲット固定」で味方を守る• ・味方全員のHPダメージ軽減• ・味方全員のHP回復が可能 4位• ・全体のHPダメージを1人で受ける• ・HPダメージ軽減で耐久が高い• ・HPリーブで戦闘不能になりづらい• ・自身でHP回復が可能 5位• ・シールドで味方全員を守る• ・LDアビでHPダメを0にできる• ・味方全員のHP回復が可能 壁役最強:ウォーリアオブライト BRVダメージとHPダメージの両方を防げる壁役 ウォーリアオブライトは、シールドによってBRVダメージを防ぐ壁役です。 さらに、EXアビ「シャンニングウェーブ」でHP回復もこなすため、ウォーリアオブライトを編成することで、パーティの生存率を大きく上げられます。 最強ランキングの評価基準 役割別最強ランキング• 難易度LUFENIAなど現環境基準で評価をしています。 役割 評価基準 アタッカー• ・アビの使用回数やEXアビのリキャストの早さ• 1アクションで稼げるダメージ量も評価に含む バッファー• ・パッシブ効果を含む強化効果の数や効果量• ・効果量が同じ場合効果範囲や期間で順位決定• ・クエスト攻略における貢献度を評価 エンチャンター• ・味方のサポート能力や自身の処理能力を評価• ・エンチャントや耐性ダウンの維持のしやすさ デバフ• ・弱体効果による攻略への貢献度を評価• ・似た効果の場合効果範囲や効果期間で順位決定 ヒーラー• ・HP回復量や回復できるタイミングを評価• ・HPリジェネによるHP回復も評価対象 BRV供給• ・供給できるBRV量を基準に評価• ・アビとBRVリジェネによるBRV加算も評価対象 壁役 タンク• ・敵視を自身に向け味方を守る期間も評価対象 完全体で評価 評価は、完全体での評価で統一しています。 完全体とは、レベルと覚醒を最大まで強化、相性武器は全てパッシブ化し、BT武器があるキャラはBT武器を、それ以外のキャラは真化完凸武器を装備しているキャラを指します。 さらにAFの厳選や幻獣ボードのパッシブ、強化ボードも全て習得した状態を指します。

次の