ティックトック 個人情報流出。 【ティックトック】個人情報流出の恐れ!セキュリティー上の欠陥発見!

ティックトックにセキュリティー上の欠陥、個人情報流出の恐れ(Bloomberg)(ブルームバーグ): サイバーセキュリティ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ティックトック 個人情報流出

TikTokが子供の個人情報違法収集で6. 3億円を支払う アメリカで13歳未満の子供の 個人情報を違法に収集していた問題で、TikTok(ティックトック)は米連邦取引委員会 FTC に和解金 6億3000万円を支払うことが決定しました。 アメリカでは13歳未満の子供の個人情報を集めるには保護者の同意が必要なのですが、子供たちが 親の同意を取らずにアプリを利用できる状況を放置していたことが発端となっています。 なぜ13歳未満のユーザーの利用が制限されているのかというと、公開されたプロフィールの情報を元によからぬ目的で近づいてくる大人から子供を守るためです。 保護者の知らないところで子供の個人情報が集められているというのは非常に危険なことですよね。 13歳未満のユーザーは使えなくなる? この件でTikTokはすでに対策を講じており、13歳未満のユーザーはフォローのみを可能とし、 ショート動画の作成やアップロードはできないようになります。 また、13歳未満のユーザーによってすでに投稿された動画についても削除していき、本来のTikTokアプリとは別に低年齢層向けのアプリも提供する予定です。 今の所この変更は アメリカとイギリスのみで適用されますが、今後日本など他の国でも導入される可能性は十分あるでしょう。 しかし13歳未満の子供の利用を厳格に制限することは難しく、例えば年齢を偽って登録することも可能です。 日本は大丈夫!? TikTokサービス規約によると「年齢制限本サービスは、13歳以上の方(中略)のみが利用できるものとします。 」とあり、そもそも13歳未満のユーザーの利用が認められていないため、 無断で個人情報を収集しているということはありません。 また日本で13歳以上20歳未満のユーザーがTikTokを利用するには親権者の同意を必要とします。 しかし、子供が勝手にTikTokを利用している場合はこの限りではなく、日本でのTikTok側の対策も十分でないため、 保護者は子供のスマホの利用状況に目を光らせておく必要があります。 抜き取られていたか確認する方法はある?全員? 今回アメリカで違法と見なされたのは、「 子供の個人情報を 保護者の同意なく」収集していたことで、TikTokがユーザーの同意のもと個人情報を集めるのは違法ではありません。 TikTokのプライバシーポリシーにも ユーザーの情報を収集すると明記されており、「お客様が本ポリシーの全部または一部について同意されない場合、本サービスを利用することはできません。 」とあります。 つまり、 個人情報を提供することに同意しない限りTikTokを使うことはできないということです。 アプリの利用規約やプライバシーポリシーを読み飛ばしてしまう方も多いかと思いますが、ユーザーはどんな情報を収集されているのでしょうか。 どんな情報が抜き取られてた? TikTokのプライバシーポリシーでは、「当社が収集するお客様の情報」として以下の項目が上げられています。 連絡先• 作成したコンテンツ• 位置情報• クレジットカード情報• SNSプロバイダーを通じて共有された情報• アプリの利用状況• アプリ内で送信したメッセージ• 電話帳内の連絡先(許可した場合に限る) 個人情報は何に使われるの? 様々な情報が収集されていることがわかりましたが、問題はなぜこれらの情報が必要なのかということです。 他の多くのサービスと同様、TikTokでは個人情報の利用は サービスの改善やユーザー体験の向上を目的としています。 今日では ネット上のあらゆる場面で個人情報が収集されており、注意すべきは不正に利用されていないかという点です。 これまでにTikTokが個人情報を不正に利用していたという話はありませんが、2019年の初めに少し気になる警告がアメリカより寄せられています。 個人情報が中国に送信されてる!? 2019年1月、ピーターソン国際経済研究所(米ワシントンDC)はTikTokが以前から ユーザーの個人情報を中国に送信していると警告しています。 そもそもTikTokの開発元であるBytedance社は中国企業なので、本国にデータが送られていたとしても不思議ではありませんが、中国と他の国では少し事情が違ってきます。 なぜなら中国当局による要請があれば、企業が保有しているデータは国の情報機関に簡単に渡ってしまうからです。 そのため TikTokが中国諜報機関のために個人情報を集めていると言われているんですね。 真相は不明ですが、華為技術(ファーウェイ)のようにTikTokが今後厳しく規制される日が来るかもしれません。 このように 個人情報は他国に送信される可能性もあるということを頭の片隅に置いて、ユーザーはTikTokを利用する必要があります。

次の

「TikTok」など中国製アプリ禁止検討 米国務長官、情報流出を懸念

ティックトック 個人情報流出

User data may be transferred to China and once information is beyond the Great Firewall, there is no telling what happens to it. By — Peterson Institute PIIE TikTokというアプリは中国のメディア企業Bytedanceが公開しているアプリです。 とても便利で楽しそうなアプリですよね。 しかし、TikTokは危険だと言われています。 何が危険か、というと、何よりも個人情報の流出です。 TikTokでは自身の顔を出し、音楽に合わせてダンスをする動画が流行っています。 本人が、気軽に動画に出演してしまうのです。 すると、まずは顔が不特定多数の人に見られてしまいます。 それ以外に、着ている洋服(制服など)、背景、話し方などの情報も流出し、 場合によっては動画を撮影した場所まで特定されます。 この情報は日本国内だけでなく、中国やその他の国に流出する可能性もあるのです。 NGT48の事件も記憶に新しいですが、TikTokの動画を見た人が自宅まで来てしまう、 何か事件が起きてしまう、ということも考えられるのです。 実際に、個人的なメッセージが届いたり、ストーカーが自宅に来たり、と事件も起きているそうです。 気軽で楽しいアプリですが危険も付きまといます。 TikTokは教育上どうなの? また、TikTokには教育上の問題があるとも言われています。 TikTokには子供には見せたくない動画も公開されています。 楽しい動画が多いので子供たちもたくさんの動画を見ているようですが、その流れで、 自傷行為をしている動画やアダルトな動画などを見てしまう恐れがあるのです。 そして、自身で動画をアップした際に、その動画を見知らぬ他人が保存して転載してしまったり、 それをきっかけにイジメにつながったりと予想もできない事態を招くこともあります。 TikTokの動画を集めて編集した動画をYoutubeなどにアップして視聴者とともに悪口コメントをつけあう、 ということも行われているようです。 日本や中国だけでなく、他の国に流出することもありここでも危険が伴います。 こういった事例が、教育上の問題だと言われているようです。 TikTokは中国のスパイツール? 中国製アプリ、TikTokは中国のスパイツールで、使うと危険なのではないか、という懸念も出ているようです。 というのも、アメリカのシンクタンク、ピーターソン国際経済研究所がした調査報告の中に、 TikTokを利用した人の個人情報や位置情報を中国にあるサーバーへと転送していると記されているそうです。

次の

ティックトックが米国の安全保障問題に-中国政府に個人情報渡るのか

ティックトック 個人情報流出

Table of Contents• TikTok ティックトック からいじめに発展した実例 ティックトックに動画を投稿したことが理由で、いじめに発展することは多くあるようです。 最近では、 PTAをも巻き込む大問題になっています。 学校で禁止しても、家庭では OKなのか、もし子供が使っていたらどのように指導すればいいのかなど問題は山積み状態になっています。 ティックトックからいじめに発展したケースも多くあります。 ここでは、何件かの実例を紹介します。 動画を投稿していることがクラスの子にバレて、中傷を受けた。 Yさん 15歳 は、ティックトックにダンス動画を投稿したことが友達にバレてしまい、いじめともとれる中傷を受けたといいます。 Yさんがティックトックに動画を投稿していることは、学校の誰にも話していなかったのに、クラスの子にバレてしまって、キモイと罵られ、クラスのみんなにその動画をばらまかれました。 結局、この問題は教師から指導され、動画を削除することで、大きくはならなかったそうです。 それからYさんは、スマホを使うことで親子げんかになったりして親子関係がギスギスする問題が、何カ月も続いたそうです。 他の子が写っている写真を許可をとらずに投稿してブーイングを受けた ティックトックに友達が、他の子たちが載っている卒業式の写真を投稿しました。 そのことで、その友達は皆からブーイングを受け、教師から指導を受け、心がずたずたに崩れました。 過去に出した動画がまとめ動画に乗せられ先輩からいじめられるようになった。 ティックトックに 2年前ぐらいは、顔出しで動画を投稿していました。 今は、ハンドメイドの動画を投稿していて、顔出しはしていません。 しかし、ティックトックの動画をまとめた動画に、「勘違いブス」というタイトルで、乗せられていました。 そのことがきっかけになって、友達にもバレ、先輩からもいじめを受けるようになりました。 ブス、死ね、キモなどと言われました。 ブスなのはわかっていますが、私は好きでティックトックをやっていただけで、こんな思いをすることになるとは想像もしていませんでした。 TikTok ティックトック で顔出しをする危険性とは? ティックトックだけではなく、 Twitterや Instagramなどの SNSで、ネット上に顔を出すことにはリスクがあります。 顔出しによって、すぐに個人が特定される危険性 ティックトックで流行りのダンス動画や口パク動画を投稿しようとすると、どうしても顔を出すことになります。 ティックトックは現実の友達と楽しむのはいいですが、不特定多数のユーザーから見られることになってしまいます。 そのため、自分の顔が全ユーザー全体にバレてしまう恐れがあります。 そのユーザーの中には、同じ学校の先輩や、あまり仲良くない友達もいるかも知れません。 個人情報の流出 の危険性 ティックトックを見ていると、学校で撮影している子がたくさんいます。 高校生にもなると、スマホの持ち込みを OKしている学校が多いため、授業中以外の時間に撮影する子が多いようです。 ここで問題になるのが、顔出しだけでなく、制服や体操服が写ることです。 学校名がわかれば、顔出しをしているのですぐにばれてしまいます。 また、私服でも撮影した背景や風景から、住んでいる場所を割り出すこともわりと簡単だっとりします。 これらは動画でも画像でも言えることですが、動画はその情報量が多くなるため、より危険性が増します。 友達を増やすいい機能ではありますが、同時にセキュリティをちゃんと考えないといけません。 ネット上の知らない大人や犯罪者を誘発する可能性が出てきます。 直接、会話をすることになるので、そこで LINEなどの個別 SNSに誘導して、言い寄られたり、脅されるという事件も多発しています。 深刻な問題になっていて、「自画撮り」被害も、ティックトックから発生していることもあるようです。 1度ネット上に上げた動画は消せないという危険性 こちらもティックトックに限りませんが、 1度動画をインタネット上に上げると、自分が削除しても残り続ける可能性があります。 他人が勝手に動画を違法にダウンロードし、保存して、拡散するかもしれません。 そのため、投稿者がいくら動画を削除しても、インターネット上から動画が消えることがありません。 自分の知らないところで、動画まとめなどにまとめられたり、悪意のあるコメントをつけられて再アップロードされてしまうと、中傷される可能性が高くなります。 逮捕や裁判沙汰につながる危険性 ティックトックの動画は多くの人の目に留まるので、十分に注意が必要です。 動画を撮影する時や動画を投稿する時は、他の人に迷惑をかけないようにしたり、不快にさせないようにしましょう。 たくさんの人に注目されたいからという理由で、わざと炎上する動画を投稿すれば目立ちます。 炎上するような過激な動画を投稿したり、撮影過程で他の人に迷惑をかけてしまうと、 ・警察に逮捕され、罰金を支払うことになる。 ・裁判沙汰になる。 ・観ている人からの通報で、アカウント停止処分を受ける。 ・学校や会社などから処分を受ける可能性がある。 などの、自分だけでは解決できないような大きな問題に発展してしまいます。 普通に動画を撮影するのはいいですが、他の人の迷惑も考えましょう。 TikTok ティックトック に顔出し動画を投稿する際は、よく考えて! ティックトックはやっている人も多く、楽しめるアプリです。 しかし、楽しいだけで危険性を知らずに利用しているととても危険です。 とくに未成年の小学生~高校生は、注意が必要です。 今回は危険性だけを紹介しましたが、ティックトックでは投稿した動画を見れるユーザーを自分だけだったり、友達だけと特定して楽しめる方法もあります。 それらを上手く利用して、ティックトックの危険性を理解した上で楽しむようにしましょう。

次の