東京三菱。 三菱UFJ銀行

田辺三菱製薬株式会社

東京三菱

6月23日 2016年6月20日 2016年6月20日 2016年6月17日 2016年6月16日 2016年6月16日 2016年6月15日 2016年6月6日 2016年5月30日 2016年5月26日 2016年5月25日 2016年5月20日 2016年5月17日 2016年5月13日 2016年5月13日 2016年5月12日 2016年5月11日 2016年5月11日 2016年4月28日 2016年4月27日 2016年4月18日 2016年4月4日 2016年3月29日 2016年3月28日 2016年3月22日 2016年3月22日 2016年3月17日 2016年3月11日 2016年3月10日 2016年3月8日 2016年3月8日 2016年3月7日 2016年3月1日 2016年3月1日 2016年2月23日 2016年2月15日 2016年2月9日 2016年2月4日 2016年2月4日 2016年2月4日 2016年2月4日 2016年2月3日 2016年2月3日 2016年2月3日 2016年1月12日 2015年12月21日 2015年12月21日 2015年12月15日 2015年12月14日 2015年12月10日 2015年12月9日 2015年12月1日 2015年12月1日 2015年12月1日 2015年11月30日 2015年11月30日 2015年11月30日 2015年11月25日 2015年11月20日 2015年11月18日 2015年11月9日 2015年11月9日 2015年10月30日 2015年10月30日 2015年10月30日 2015年10月30日 2015年10月2日 2015年9月30日 2015年9月28日 2015年9月24日 2015年9月18日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 6月23日 2015年6月18日 2015年6月11日 2015年6月3日 2015年5月26日 2015年5月22日 2015年5月21日 2015年5月21日 2015年5月21日 2015年5月15日 2015年5月11日 2015年5月8日 2015年5月8日 2015年5月8日 2015年4月27日 2015年4月27日 2015年4月1日 2015年3月31日 2015年3月27日 2015年3月16日 2015年3月11日 2015年3月2日 2015年3月2日 2015年3月2日 2015年3月1日 2015年2月25日 2015年2月25日 2015年2月16日 2015年2月13日 2015年2月9日 2015年2月6日 2015年2月6日 2015年2月2日 2015年2月2日 2015年2月2日 2015年2月2日 2015年2月2日 2015年2月2日 2015年1月29日 2015年1月15日 2015年1月15日 2015年1月9日 2014年12月25日 2014年12月24日 2014年12月18日 2014年12月11日 2014年12月1日 2014年11月28日 2014年11月28日 2014年11月20日 2014年11月17日 2014年11月13日 2014年11月13日 2014年11月6日 2014年11月4日 2014年10月30日 2014年10月30日 2014年10月29日 2014年10月29日 2014年10月21日 2014年9月30日 2014年9月25日 2014年9月25日 2014年9月19日 2014年9月19日 2014年9月12日 2014年9月5日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2014年9月5日 2014年9月2日 2014年9月1日 2014年9月1日 2014年8月20日 2014年8月18日 2014年8月4日 2014年8月1日 2014年8月1日 2014年7月31日 2014年7月29日 2014年7月29日 2014年7月22日 2014年7月8日 2014年7月4日 2014年6月30日 2014年6月30日 2014年6月24日 2014年6月23日 2014年6月23日 2014年6月20日 2014年6月20日 2014年6月20日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2014年6月20日 2014年6月20日 2014年6月16日 2014年6月11日 2014年6月2日 2014年5月30日 2014年5月29日 2014年5月29日 2014年5月28日 2014年5月27日 2014年5月20日 2014年5月20日 2014年5月13日 2014年5月9日 2014年5月8日 2014年4月23日 2014年4月23日 2014年4月23日 2014年4月21日 2014年4月1日 2014年4月1日 2014年3月31日 2014年3月28日 2014年3月27日 2014年3月24日 2014年3月14日 2014年3月10日 2014年3月6日 2014年3月5日 2014年2月25日 2014年2月25日 2014年2月25日 2014年2月25日 2014年2月17日 2014年2月14日 2014年2月7日 2014年2月7日 2014年2月6日 2014年2月5日 2014年2月3日 2014年2月3日 2014年2月3日 2014年1月20日 2014年1月20日 2014年1月16日 2014年1月15日 2014年1月14日 2014年1月8日 2014年1月8日 2013年12月20日 2013年12月13日 2013年12月2日 2013年12月2日 2013年12月1日 2013年11月27日 2013年11月21日 2013年11月18日 2013年11月5日 2013年11月1日 2013年10月30日 2013年10月30日 2013年10月21日 2013年10月7日 2013年9月30日 2013年9月30日 2013年9月27日 2013年9月25日 2013年9月20日 2013年9月19日 2013年9月19日 2013年9月12日 2013年9月10日 2013年9月9日 2013年9月9日 2013年9月4日 信頼回復に向けて・再発防止に向けた取り組みに、を掲載しました。 2013年8月30日 2013年8月9日 2013年8月8日 2013年8月6日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年8月6日 2013年8月5日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年8月1日 2013年8月1日 2013年7月31日 2013年7月31日 2013年7月23日 2013年7月16日 信頼回復に向けて・再発防止に向けた取り組みに、を掲載しました。 2013年7月12日 2013年7月3日 2013年6月27日 2013年6月25日 2013年6月24日 2013年6月24日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年6月21日 【適時開示情報】 2013年6月21日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年6月21日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 6月24日 2013年6月21日 2013年6月14日 2013年5月30日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年5月27日 2013年5月20日 2013年5月9日 2013年5月8日 2013年4月30日 2013年4月30日 2013年4月30日 2013年4月30日 2013年4月22日 2013年4月3日 2013年4月2日 2013年4月1日 2013年4月1日 2013年3月29日 2013年3月25日 2013年3月15日 2013年2月28日 2013年2月26日 2013年2月21日 2013年2月21日 2013年2月12日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2013年2月7日 信頼回復に向けて・再発防止に向けた取り組みに、を掲載しました。 2013年2月5日 2013年2月5日 2013年2月5日 2013年2月5日 2013年2月1日 2013年2月1日 2013年2月1日 2013年1月31日 2013年1月29日 2012年12月27日 2012年12月13日 2012年12月1日 2012年11月30日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2012年11月15日 CSR・環境安全活動に新規情報を掲載しました。 2012年11月1日 2012年10月29日 2012年10月29日 2012年10月26日 2012年10月19日 2012年10月15日 2012年10月10日 2012年10月1日 2012年10月1日 2012年9月28日 2012年9月28日 2012年9月20日 2012年9月13日 2012年9月3日 2012年9月3日 2012年8月31日 2012年8月31日 2012年8月30日 2012年8月30日 CSR情報に、を掲載しました。 2012年8月28日 2012年8月21日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2012年8月8日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2012年8月7日 研究開発活動・研究倫理審査委員会に、を掲載しました。 2012年8月1日 2012年7月31日 2012年7月31日 2012年7月23日 2012年7月6日 2012年7月2日 2012年6月29日 2012年6月28日 2012年6月25日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2012年6月25日 2012年6月25日 2012年6月22日 【適時開示情報】 2012年6月22日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 を掲載 6月25日 2012年6月22日 株主・投資家情報に、新コンテンツを掲載しました。 2012年6月22日 2012年6月6日 2012年6月4日 信頼回復に向けて・再発防止に向けた取り組みに、を掲載しました。 2012年6月1日 2012年6月1日 2012年5月29日 2012年5月23日 2012年5月15日 2012年5月10日 2012年5月11日 2012年5月9日 2012年5月8日 2012年5月8日 2012年5月8日 2012年5月8日 2012年5月8日 2012年5月7日 2012年5月7日 2012年4月18日 2012年3月29日 2012年3月26日 2012年3月21日 2012年3月9日 2012年3月7日 2012年3月6日 2012年3月5日 2012年2月27日 2012年2月27日 2012年2月27日 2012年2月27日 2012年2月27日 2012年2月15日 2012年2月8日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2012年2月2日 研究開発活動・研究倫理審査委員会に、を掲載しました。 2012年1月31日 2012年1月31日 2012年1月16日 2012年1月13日 2012年1月6日 2011年12月1日 2011年11月28日 2011年11月25日 2011年11月25日 2011年11月25日 2011年11月22日 2011年11月22日 CSR・環境安全活動に新規情報を掲載しました。 2011年11月21日 会社情報に、を掲載しました。 2011年11月18日 2011年11月16日 研究開発活動・研究倫理審査委員会に、を掲載しました。 2011年11月11日 2011年11月8日 株主・投資家情報に、を掲載しました。 2011年10月31日 2011年10月31日.

次の

2019年東京モーターショー

東京三菱

1977年4月 大蔵省入省• 1997年7月 同 関税局国際調査課長• 1999年4月 東京大学先端科学技術研究センター助教授• 2001年3月 東京大学先端経済工学研究センター教授• 2004年4月 国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センター教授• 2014年6月 電源開発株式会社社外取締役• 2015年10月 国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センター教授退職 電源開発株式会社社外取締役退任 ラトビア国駐箚特命全権大使• 2016年6月 東京大学名誉教授(現職)• 2019年1月 ラトビア国駐箚特命全権大使 退官• 2019年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ社外取締役(現職) 当社社外取締役(現職)• 1984年4月 ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド入社• 1986年5月 シェアソン・リーマン・ブラザーズ証券株式会社入社• 1989年7月 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・日本支社入社• 1999年7月 同社パートナー• 2007年7月 同社ディレクター(シニアパートナー)• 2013年7月 世界銀行グループ 多数国間投資保証機関長官CEO• 2019年10月 同退任• 2020年1月 コロンビア大学国際公共政策大学院 Adjunct Professor and Adjunct Senior Research Scholar(現職)• 2020年3月 AGC株式会社社外取締役(現職)• 2020年6月 当社社外取締役(現職)• 1977年9月 米国カリフォルニア州およびニューヨーク州弁護士登録• 1983年6月 同所パートナー• Inc. マネージング・ディレクター• 2014年6月 MUFGユニオンバンク社外取締役(現職)• 2017年2月 米州MUFGホールディングスコーポレーション社外取締役(現職)• 2017年6月 当社社外取締役(現職)• 2019年1月 TRU(UK)Asia Limited 社外取締役• 1980年4月 日本専売公社入社• 2001年7月 日本たばこ産業株式会社財務企画部長• 2004年6月 同社執行役員財務グループリーダー• 2004年7月 同社執行役員財務責任者• 2005年6月 同社取締役執行役員財務責任者• 2006年6月 同社取締役 JT International S. Executive Vice President and Deputy CEO• 2011年6月 日本たばこ産業株式会社代表取締役副社長• 2014年6月 株式会社リクルートホールディングス社外取締役• 2018年1月 日本たばこ産業株式会社取締役• 2018年3月 アサヒグループホールディングス株式会社社外取締役(現職)• 2018年6月 当社社外取締役(現職)• 2019年6月 第一生命ホールディングス株式会社社外取締役(現職)• 1977年11月 プライスウオーターハウス会計事務所入所• 1983年3月 公認会計士登録• 1991年7月 青山監査法人代表社員 PriceWaterhouseパートナー• 2000年4月 中央青山監査法人代表社員 PricewaterhouseCoopersパートナー• 2006年9月 あらた監査法人代表社員• 2013年6月 あらた監査法人退職 野村不動産ホールディングス株式会社社外監査役 野村不動産株式会社社外監査役• 2015年6月 当社社外取締役(現職) 野村不動産ホールディングス株式会社社外取締役 プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社社外監査役(現職)• 2019年6月 野村不動産株式会社社外取締役(現職)• 1986年4月 株式会社三和銀行入行• 2012年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 オペレーションサービス企画部長 当社執行役員 事務・システム企画部部付部長• 2014年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 リテール企画部長 当社執行役員 リテール企画部長• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 リテール部門副部門長並びに国際部門長補佐(海外リテール事業担当) 当社執行役員 リテール事業担当並びに国際事業本部長補佐(海外リテール事業)担当• 2017年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 CDO(経営情報統括部担当) 当社常務執行役員 グループCDO• 2019年4月 当社執行役常務 グループCAO兼監査部長• 2020年6月 当社取締役(現職)• 1974年4月 株式会社三菱銀行入行• 2001年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 営業第一本部営業第二部長• 2004年5月 同行執行役員 総合企画室長• 2004年7月 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2005年5月 株式会社東京三菱銀行常務執行役員 総合企画室長• 2005年6月 当社取締役• 2006年1月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 総務部・企画部・広報部の担当• 2008年10月 同行専務取締役• 2009年6月 当社常務執行役員 アライアンス戦略室担当• 2010年6月 当社取締役• 2010年10月 当社取締役副社長• 2012年4月 株式会社三菱UFJ銀行頭取 当社取締役• 2013年4月 当社取締役社長• 2015年6月 当社取締役 代表執行役社長 グループCEO• 2016年4月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役会長• 2019年4月 当社取締役 執行役会長(現職)• 1979年4月 株式会社三菱銀行入行• 2005年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 総合企画室長 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2005年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 総合企画室長 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2007年11月 株式会社東京三菱銀行執行役員 システム統合推進部長兼企画部部長• 2009年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 公共法人部・金融法人部担当• 2011年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 コーポレートサービス長• 2013年5月 同行専務執行役員 国際部門副部門長• 2014年1月 株式会社三菱東京UFJ銀行専務執行役員 国際部門副部門長 当社常務執行役員 国際企画部(主にアユタヤプロジェクト)担当• 2015年10月 米州MUFGホールディングスコーポレーション会長 MUFGユニオンバンク会長• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行副頭取執行役員 国際部門共同部門長(主に米州本部の担当)兼米州本部長 当社執行役専務 国際事業本部長並びに米州担当• 2016年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役副頭取• 2017年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行(現・株式会社三菱UFJ銀行)取締役頭取執行役員(現職) 当社取締役 代表執行役副会長• 2019年4月 当社取締役 代表執行役社長• 2020年4月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1981年4月 株式会社三菱銀行入行• 2007年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 人事部長• 2009年5月 同行執行役員 企画部長 当社執行役員 経営企画部部付部長• 2011年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 営業第一本部長 当社常務執行役員 法人事業本部副本部長• 2012年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 総務部・広報部・企画部の担当 当社取締役• 2014年6月 当社常務執行役員 企画担当• 2015年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行 専務取締役• 2015年6月 当社執行役専務 グループCHRO• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役副頭取 法人部門長 当社執行役専務 法人事業本部長• 2018年4月 三菱UFJ証券ホールディングス株式会社取締役社長兼最高経営責任者(現職) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社取締役社長兼最高経営責任者(現職) 当社代表執行役副会長• 2018年6月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1985年4月 三菱信託銀行株式会社入社• 2011年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社執行役員 証券投資部長• 2013年6月 同社常務執行役員 経営企画部長 当社執行役員 経営企画部部付部長• 2015年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社常務取締役 当社常務執行役員 グループDeputy CSO兼グループDeputy CFO• 2016年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社取締役専務執行役員 市場国際部門長 当社常務執行役員 国際事業本部副本部長• 2018年7月 当社常務執行役員 市場事業本部副本部長並びにグループDeputy COO-I• 2019年4月 三菱UFJ信託銀行株式会社 取締役副社長執行役員 当社執行役専務 グループCHRO兼グループDeputy CDTO• 2020年4月 三菱UFJ信託銀行株式会社 取締役社長(現職) 当社代表執行役副会長• 2020年6月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1986年4月 株式会社三菱銀行入行• 2010年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 融資企画部長 当社執行役員 投融資企画部長• 2012年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 市場企画部長 当社執行役員 経営企画部部長• 2014年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 米州本部副本部長 当社常務執行役員 米州副担当• 2015年3月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 米州本部副本部長兼ニューヨーク支店長• 2016年5月 同行常務執行役員 CDO(経営情報室の担当) 当社常務執行役員 グループCDO並びに事務・システム企画部副担当• 2017年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行 常務執行役員 CIO(システム本部の担当)兼CDTO(デジタル企画部の担当) 当社執行役常務 グループCIO兼グループCDTO• 2017年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行 取締役常務執行役員• 2018年5月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役専務執行役員 当社執行役専務• 2018年12月 Global Open Network株式会社代表取締役最高経営責任者• 2019年4月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役副頭取執行役員 CDTO(デジタル企画部担当) 当社代表執行役副社長 グループCOO兼グループCDTO• 2019年6月 当社取締役 代表執行役副社長 グループCOO兼グループCDTO• 2020年4月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役(現職) 当社取締役 代表執行役社長(現職) Global Open Network株式会社取締役会長(現職).

次の

Rapport(ラポート)

東京三菱

1919年(大正8年)設立。 岩崎彌太郎によって創設された九十九商会を発祥とする 「三菱合資会社銀行部」が前身。 「社会への貢献、フェアプレー、グローバルな視野」 岩崎彌太郎によって創設された九十九商会を経て、1880年に三菱為替店が誕生。 これが三菱銀行の始まりである。 その後、三菱合資会社 銀行部などを経て、1919年(大正8年)、三菱銀行設立。 日本の産業、近代化を支え続けた。 「企業の私的利益に甘んずることなく外国資本と対等に競争し、国民の期待に応える」という岩崎彌太郎の気概は、「三綱領」として、現在まで受け継がれている。 貿易の進行と取引の円滑化のため、世界各国に拠点を 持っていた「横浜正金銀行」が前身。 「国際金融のパイオニア」 1880年(明治13年)、貿易の振興と取引の円滑化をめざして、横浜正金銀行が設立。 1884年(明治17年)に開設したロンドン支店を皮切りに、サンフランシスコ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、シアトル、パリ、ベルリンなど、世界各国に拠点を拡大しつづけた。 結果、イギリスのチャータード・マーカンタイル銀行、香港上海銀行と並ぶ、世界三大貿易銀行と称される。 その後も海外ネットワークの開拓に懸命な努力を重ね、グローバルビジネスの先導者でありつづけた。 その実績と使命を受け継ぎ、戦後日本の国際金融を牽引するため、1946年(昭和21年)に設立されたのが、東京銀行である。 国際金融市場における卓越した金融機能とノウハウは、現在の三菱UFJ銀行に脈々と受け継がれている。 大阪を中心として、関西圏の商業・生活に深く根付いた 「三十四銀行」「山口銀行」「鴻池銀行」の 合併により誕生。 「ピープルズ・バンクを貫く」 1933年(昭和8年)、三十四銀行・山口銀行・鴻池銀行の合併により、三和銀行が誕生。 この三銀行は、いずれも明治初期に設立され、大阪を中心とした関西圏に深く長く根付き、商業だけでなく、個人のお客さまにも高い実績があった。 そこには、公共的な立場から幅広い取引層を持ち、国民大衆とともに歩み、ともに発展する銀行、「ピープルズ・バンク」という理念がある。 高度経済成長期の重化学工業化や国際化においても、関連の中小企業をも含めた、裾野の広い取引に努めるとともに、「世界の人々のお役に立つ銀行」をめざした国際業務を展開。 またリテール分野において、ネットサービス預金や暮らしのローンサービスなど、当時としては非常に斬新なサービスを開発・提供していた。 「あらゆる人々のお役に立つ銀行でありたい」という三菱UFJ銀行の姿勢は、ピープルズ・バンクから生まれている。 愛知県内で高い実績を残してきた 「愛知銀行」「名古屋銀行」「伊藤銀行」の 合併により誕生。 「愛され、親しまれ、頼りにされる場所へ」 1941年(昭和16年)、愛知県内で明治時代から高い実績を残してきた愛知銀行、名古屋銀行、伊藤銀行の3行が合併し、東海銀行が創設。 創設当初から、愛知県下唯一の本店都市銀行として、地域の産業と人々の暮らしを支えるために、なくてはならない使命を担っていた。 また東海銀行は、経済・社会がどう変わろうとも、お客さまのお役に立ち信頼を得ていくことを第一義とする、ピープルズ・バンクを標榜。 しかし、設立半年後に第2次世界大戦が勃発。 戦後の復興期をようやく乗り越えた昭和34年には、死者・行方不明者4,400人余りという伊勢湾台風に襲われるが、大災害にも地元の復興に尽力し、未来を切り開くことができた。 そこには、地域の人々から愛され、親しまれ、頼りにされる銀行をめざす、強い信念があった。 その信念を引継ぎ、三菱UFJ銀行は、人のため、地域のために信頼される銀行をめざしつづけていく。

次の