マイクラ ゴミ箱。 【マインクラフト#142】ゴミ箱を回路で作り、自動仕分け装置に繋げる!

【マイクラ】便利装置、便利施設一覧まとめ!

マイクラ ゴミ箱

ガラスブロック:19• 建築用ブロック:18• チェスト:2• 水バケツ:1• レッドストーン:3• レッドストーンのたいまつ:4• レバー:1• ボタン:2• レッドストーン反復装置:1• ホッパー:1• ピストン:1• 吸着ピストン:1• 砂:3• 収穫したい作物:1 作物によって必要ブロックが少し異なりますが、どの作物にも対応できる個数を掲載しております。 作り方 ブロックを刺激する機構 どの作物の収穫機にも共通する、ブロックを刺激する機構から作ります。 建築用ブロックに反復装置とレッドストーンのたいまつを設置して、クロック回路。 レバーはオンオフスイッチで、レバーをオンにすると装置がオフとなります。 ひとまずレバーをオンにしておきましょう。 レッドストーンで信号を伸ばし、吸着ピストンと砂を置いて、吸着ピストンが砂を押している状態に。 吸着ピストンの棒部分の上に砂ブロックを2段積みあげ、中段の砂の前後に建築用ブロックを設置。 これでブロックを刺激する機構の完成。 レバーをオフにするとクロック回路が作動し、下段の砂が動くたびに中段の砂ブロックが少しだけ動いているのが分かるかと思います。 どうやらこれでブロックアップデートが起き、作物が成長するらしい。。。 作物収穫用ピストン 作物を収穫するためのピストンを作ります。 装置の反対側にまわり、ピストンにレッドストーンのたいまつ。 それを3段上に。 レッドストーンのたいまつの隣にピストンを置けば完成。 あとはこれを土台にして、作物に応じて少しずつアレンジすればOKです。 サボテン回収機構 たとえばサボテンを植えて装置を稼働させてみると・・・ 数秒に1個のペースで収穫できています。 驚異的。 アイテム化したサボテンが飛び散らないよう囲って道を作ってあげればうまく回収できます。 サボテンはとなりにブロックを置くことができないので注意。 アイテム化したサボテンが隙間から飛びでないようしっかり囲うとなお良し。 竹回収機構 竹はサボテンと同じように作ればOK。 こちらもしっかり囲んであげましょう。 サボテンは上段にブロックを置かないとガラスの隙間からはみ出ることがありましたが、竹はそうならないようです。 サトウキビ回収機構 サトウキビは砂ブロックのとなりに水が必要。 囲んで道を作って回収。 昆布回収機構 昆布は水中にしか植えられないので少し特殊。 広めに囲んで側面にボタンを設置し、ピストンの斜め上に水源。 閉じるとこんな感じになります。 砂の上に昆布を設置。 (水がこぼれないよう、上のブロックを壊して上から設置することをオススメします) 装置を稼働させて、ホッパーに回収されていればOK。 横に並べて収穫量アップ 収穫機を横に並べると収穫量がアップします。 単純に2台なら2倍、3台なら3倍。 クロック回路の信号を伸ばして下段の吸着ピストンにつなげるのと、 クロック回路の信号をレッドストーンのたいまつ3本で上に伸ばして、 上段のピストンにつなげればOK。 横並びにすると収穫した昆布が水源上部にとどまる現象が見られたので、下付きハーフブロックと水源を同じブロックに共存させて解決してみました。 横に並べるタイプは昆布でしか検証していませんが、論理的には他の作物でも動くはずです。 ただしサボテンはとなりにブロックを置くことができないので、間隔をあけて設置する必要があります。 仕組みの解説 噛み砕いて解説すると、作物には「成長度」のような隠しパラメータがあって、成長度が一定値に達したら1段階成長する、という仕組みになっています。 で、マイクラは時間が流れるなかで「ココに作物があったら成長度を1つ増加させるよ」という抽選が常におこなわれています。 運良くたくさん当選した作物は早く成長するし、抽選に漏れ続けた作物はなかなか成長しません。 ゼロティック収穫機は、 本来当選しなければ増加しない成長度がブロックの刺激により増加する仕様を利用したもので、いわば 作物を強制的に何度も当選させる装置なのです。 吸着ピストン動作時に中段の砂がガクガク動くと思いますが、おそらくそれがブロックの刺激となり、作物の成長度を増加させているようです。 なぜそんな現象が起きるのかと聞かれると私も細かいことは分からず、とにかくそういう仕様らしい・・・。 「周囲のブロックに変化があると、作物の成長度が1つ増加する」くらいの認識で問題ないので、難しいことは考えず見よう見まねで作って利用しちゃいましょう。 アップデートで使えなくなったらそれはその時、ということで。 以上、ゼロティック収穫機のご紹介でした。

次の

Minecraftプレイ日記: ディスペンサー式完全自動アイテム焼却炉(ゴミ箱)の作り方

マイクラ ゴミ箱

ゴミ箱作成に必要なアイテム トラップチェスト チェストとトリップワイヤーフックをクラフトすることで作成できます。 ホッパー チェストと鉄の延べ棒5個をクラフトすることで作成できます。 ドロッパー 丸石7個とレッドストーンをクラフトすることで作成できます。 レッドストーン レッドストーン鉱石を採掘することで入手できます。 レッドストーン反復装置 石3個・レッドストーントーチ2個・レッドストーンをクラフトすることで作成できます。 レッドストーンコンパレーター 石3個・レッドストーントーチ3個・闇のクォーツをクラフトすることで作成できます。 マグマ 地下やネザーなどに生成されているマグマをバケツで汲むことで入手できます。 今回使用する材料は7種類です。 本来はサボテンでアイテムを浄化する仕組みを作成するつもりでしたが、試したところ サボテンではアイテムが消えない現象が起こったためマグマを使用しています。 手前の右から2番目だけはマグマを入れる穴を開けておきましょう。 1段目の回路を作成 先ほどの穴にマグマを入れます。 このあと右から1番目と3番目にブロックを設置し、両端にレッドストーンを設置していきます。 次にマグマの横に反復装置(リピーター)とこの横にコンパレーターを 互いに背を向けた状態で設置しましょう。 2段目の回路を作成 反復装置の上にドロッパーの顔がマグマに向くように設置します。 このあとコンパレーターの先にブロックを設置しましょう。 これでドロッパーにアイテムが入った時に信号が出る回路は完成です。 トラップチェストを設置 ドロッパーに接続させる形でホッパーを設置し、このホッパーの上にトラップチェストを設置します。 これでトラップチェストにアイテムを入れると、ドロッパーに流れマグマで浄化する仕組みができました。 アイテムがマグマにしっかり向かうように、マグマの両側にガイドとしてブロックを設置しておきましょう。 ガイドで設置するブロックは燃えないブロックであればなんでも大丈夫ですので、好きなブロックを使用して下さい。 蓋をして完成 仕上げに床を設置していきます。 周囲に合わせた床でもいいですし、今回のように別の材料を使用するのもわかりやすくていいです。 床さえ閉じてしまえばマグマの危険がなくなり自由に装飾できますので、自分なりにアレンジしてみて下さい。 これでゴミ箱は完成です。 ゴミ箱の使い方 ゴミ箱は基本的には 設置したトラップチェストにアイテムを入れるだけです。 ただしここに設置しているのがトラップチェストのため、チェストを閉めないとアイテムがホッパーに吸い取られません。 (これは間違えて捨てるのを防ぐためなので、アイテムを確認してチェストを閉めましょう。 ) 仕組みとしてはドロッパーに入ったアイテムによりコンパレーターに信号が伝わり、下の回路を1周回ってドロッパーに返ってきた信号によりアイテムを吐き出す形です。 マグマに吐き出されたアイテムは取り返すことができないので、いらないアイテムのみを入れるようにして下さい。 便利になったトラップタワー 今回はゴミ箱のついでに以前に作成した「自動かまど」もトラップタワーに設置しておきました。 これで不要なアイテムはゴミ箱へ、精錬できるアイテム(金や鉄装備など)は自動かまどへ入れる事のできる状態が出来上がりました。 トラップタワーでは経験値が大量に入手できる分、モンスターがドロップするアイテムも大量です。 これを処理していくためには「ゴミ箱」や「自動かまど」は便利な仕組みなので、効率よく作業するためにもぜひ参考に作成してみて下さい。 以上、『簡単でコンパクトなゴミ箱の作り方』でした!.

次の

【マイクラ】サボテン・竹・サトウキビ・昆布なんでもござれのゼロティック収穫機【統合版】

マイクラ ゴミ箱

当記事はJava版について記載しております。 統合版については以下のページをご覧ください。 どうも、私です。 本日はマイクラにおける ゴミ箱の作り方について。 「アイテムなんてポイ捨てしとけば勝手に消えるじゃん!」という意見は最もです。 その作業を楽にするのが チェストにアイテムを入れると自動的に消去されるゴミ箱というわけ! 目次• 些細なことのように思えますが意外と大きな違いで、 ポイ捨てするよりチェストに入れる方が楽だからチェストの中身がグチャグチャになって整頓されないんです。 労力が同等であれば面倒くさがりな人でもちゃんとゴミ捨てできるはず!!これがゴミ箱の唯一にして最大のメリット。 チェスト付きゴミ箱の作り方 ではチェスト付きゴミ箱の作り方を紹介。 今更ながら正確には「ゴミ箱機能付きチェスト」な気がする(白目) 正面から見た図 レッドストーン回路は後述するのでまずはそれ以外の部分から。 上から順にチェスト・ホッパー・ドロッパー・空白・サボテン・砂の順に配置します。 (砂はサボテンを設置するために必要で、地面に埋まってます) それぞれのブロックの役割は上から順に• アイテムを格納するチェスト• アイテムをチェストからドロッパーに流すホッパー• アイテムを射出するドロッパー• アイテムを消滅させるサボテン となっています。 シンプルな構造ですが理解しておくべきことを強いてあげるなら• ドロッパーはレッドストーン信号を受け取ると1つアイテムを射出する• サボテンは触れたアイテムを消滅させる の2点でしょうか。 上記装置はチェストにアイテムを入れた段階で自動的にホッパーを通じドロッパーまでアイテムが流れるため、あとはドロッパーに信号を送りまくってアイテムを連射させることで完成となります。 そのドロッパーを制御するのが次のレッドストーン回路。 レッドストーン回路でドロッパー制御 こんな感じで配置します。 目指したのは理解しやすい回路! ドロッパーにアイテムが格納されるとコンパレーターが検知して信号を出力。 リピーターで信号が増幅され、• ドロッパーが信号を受け取りアイテム射出• コンパレーターに横から信号強度12の入力 がほぼ同時に行われます。 この時、コンパレーター後ろ入力の信号強度が12より小さければ出力信号が途絶える訳ですが、ホッパーがアイテムを流す速度が速くないためドロッパー内のアイテムは常に1つになり、アイテム1つで生み出せる信号強度はせいぜい2程度なので 基本的に出力信号は途絶えます。 コンパレーターの出力信号が途絶えると横からの入力も無くなるので、この状態に戻るわけですね。 このあとはコンパレーターが出力する・しないを繰り返すことで、ドロッパーがカチカチカチカチと信号を受け取りアイテムの連続射出が実現します。 この回路は上記のシンプルなクロック回路と同じ原理で、配置がやや変則的になったバージョンと言えますね。 ちょっとした補強・アレンジ 残念ながらドロッパーは必ずしも真下に射出するわけではなく1マス程度左右にズレる可能性があるため、何かしらのブロックで逃げ道を防いであげると100発100中でサボテンにヒットします。 アイテム消滅はサボテンに限らず、溶岩なんかももちろんイケます。 (このあと羊毛に燃え移って羊毛の方が消滅してしまいました。 溶岩使うなら周囲は絶対に燃えないブロックで!!) 極端な話、自然に消滅するから何も置かなくても構いません。 「近くに砂漠のない残念なマップなんやで」という人はアレンジしてみましょう! まとめ チェストを用いた便利なゴミ箱を紹介しました。 これでアイテムを捨てるのも楽チンです。 欠点は うるさいことで、ドロッパーが信号を受け取るたびにカチカチ言うのがかな~り耳障り。 どうしても気になるならホッパーをたくさん繋げて、音が聞こえないレベルまでドロッパーを遠ざけてしまいましょう。 ゴミ箱使って私もあなたも整頓名人だ!.

次の