ウンハイル。 武器/ウン・ハイル (SSR)

グラブルハデス編成を組みたいのですが、終末5凸作ればフォールン2本...

ウンハイル

もくじ• 闇パで編成しているオススメ武器【ハデス編】 実際に僕が 「使った・使っている」おすすめ武器を中心に紹介します。 ここにない武器が使えないというわけではいので、そこは注意です。 僕の編成でいまだに「3本」入ってるレベルです。 少し前に「支配の天秤」が実装され、いわゆるハイランダー編成が流行ってるので、今はもう3本もある必要はないですけどね... それでも1本は最低でもあると、闇パの火力を大きく上げてくれます。 僕はまだハイランダー編成が出来ないので、グラシが火力源になってる感じですね。 よくも悪くも外せない武器になってます。 その中でも、麒麟弓は「暴君」がついてて、スキルLVを20まで上げられるようになったのはデカイです。 HPが減るというデメリットはありますが、前よりはHPも盛りやすくなりましたからね。 イベント武器で取れる武器としてはかなり優秀なほうかと。 何気に「ダメー上限UP」があるのも嬉しいところ。 背水は特にダメージが減衰にいきやすいので、どの層が取っても困らない武器です。 ただのEX攻刃の武器ですが、僕はゼノ武器よりもコッチを編成にいれてます。 第2スキルにある「TA時、3回目の攻撃に追撃がつく」これがなかなか強いからですね。 今はもうアビや武器でTAは当たり前のように出るので、難易度も低めです。 個人的に、強さを実感したのは「黄龍&黒麒麟HL」でした。 闇パは最近、追撃を付与できるキャラも増えてるので複数のボスだと貢献度がかなり稼ぎやすくなります。 ウォーロックを使ってると特に追撃の便利さが実感できると思いますよ。 昔と違って今はもう、輝きで作れるので選択肢には入ってくると思います。 4凸のスキルLV15を2本ほど入れておくと、TAが目に見えて上がりますよ。 キャラや武器の連撃バフにあまり頼れない人ほどオススメの武器かと。 地味に「背水」が付いてるのも評価高いです。 デバフの成功率を上げつつ、デバフ数に応じて「剣&短剣キャラのダメ上限がUP」します。 最近はやたらデバフの種類が増えてるので、条件はそこまで厳しくないかと。 リミキャラの「シャレム」あたりがいれば、デバフ数を一気に増やせるのでオススメですよ。 闇は強力な「剣&短剣得意キャラ」も多いので、編成自体も組みやすいのが利点です。 奥義効果がどちら 刀&槍 も便利• ゼノ武器に5凸が実装され、スキル変更&効果量UP というメリットがあるから。 闇のEX武器に関しては、状況によって使い分けするためにも、3本とも作るのがベストです。 幸い武器種が「刀・槍・拳」なので、ジョブ的にも使いやすいと思います。 イベント武器ですが、編成の優先度はかなり高めの武器ですよ。 5凸のハードルが高いですが、4凸まではなんとか目指したいところ。 闇パはどちらかというと、オメガ武器はあまり使わなくなります。 編成に使える武器が多いので、自然と枠が埋まってくるからです。 とはいえ、スキル追加できる武器は貴重なので、オメガ武器よりも終末武器が採用される感じですね。 僕もダマスカスを使うべきか迷いましたが... いざ作って使ってみた結果、思った以上に使うようになりました。 一般的なリミ武器と違って「攻刃」こそ付いてませんが、それ以上に恩恵がある武器ですよ。 メイン武器としてはもちろん、サブに編成しても損がありません。 より詳しい ウンハイルに関する評価や、使った感想についてはコチラでまとめてます。 ダマスカスを使おうか迷ってる人は必見です。 普段はあまり編成に入りませんが、高難易度マルチや古戦場ではかなり便利です。 堅守という「HPが低いほど防御力UP」というスキルがあるので、オート適正も高め。 6周年の武器チケットでも交換できるので、必要になればサクッと交換できるのもメリットです。 被ダメが痛いボスと戦うときは、1本はあると嬉しいですよ。 闇パのリミ武器は当たりが多すぎる いまの闇パをみて感じるのは 「闇のリミ武器は当たりが多すぎる」ことです。 メリット・デメリットとも取れますが... それぞれの武器についてまとめるとこんな感じに。 パラゾニウム:メイン武器として優秀、4凸は1本あればOK• リボン:背水持ち、何だかんだ最終の性能は気になる• ブルトガング:W攻刃付き、キャラ含めて1本はほしい• ウンハイル:奥義含め、スキル効果が多すぎる武器• シューニャ:マウント&回復付き、オート適正が高め これに加えて、今はすべて違う武器で組む「ハイランダー編成」が注目されてます。 なので捉え方によっては「同じ武器をいくつも用意しなくて済む」ようになりました。 また武器の幅が広いので、ジョブの選択肢が昔より増えたのもデカイです。 僕も一時期、ずっとパラゾニウムを握ってウォーロックばかりやってましたが... ここ最近は、クリュサオルやライジングフォース、ランバージャックを使う機会が増えてますね。 いまの闇パのトレンドは「背水編成」な件 闇パは「背水」と「渾身」で編成を組むとき悩むと思います。 ですが、今の環境だと闇パは「背水編成がトレンド」になってますね。 いろいろ理由はありますが、一言でいうと 「背水を後押しする環境が露骨」だから。 ハデス編成を使ってると、特にそれを感じますね。 最近の「闇パの事情」や、「背水・渾身どっちにするべきか?」については下の記事を参考にどうぞ。 渾身についてはもう少し様子をみて作るかどうか考える状況だと思います。 ガチャ武器ばかり多いと思いがちですが、実際は「イベント~マルチ武器」だけでも数はかなりあります。 特にリミ武器に関しては、1本あればもうそれでOKみたいなところはあるかと思います。 先ほどもいったように、よくも悪くも武器の種類が増えてるので... 編成枠に関してはわりと埋めやすい属性なのかなと思います。 あとダマスカスを使う武器もバラけさせやすいので、後悔しづらくなったのも利点だと思いますよ。

次の

【グラブル】ウン・ハイル(フェリ琴)の評価/最終性能|リミフェリ解放武器【グランブルーファンタジー】

ウンハイル

関連コンテンツ ヘルマニビスは何本必要?理想本数は? ~ヘルマニビスの性能~ ヘルマニビスは攻撃とHPを 両方上げることができるスキル神威中と 奥義ダメの上限を上げられる イクシードスキルの2つを所持しています。 奥義ダメの上限を上げるために 編成に入りそうな武器ですが 闇属性にはウンハイルや アビススパイン、黒麒麟弓があるので ヘルマニビスを使用してまで 奥義ダメ上限を上げることは少ないです。 弱い武器では無いですが 装備枠を確保するのが難しいです。 ~ヘルマニビスの役割~ メイン武器として使用するのが 主な役割になっています。 4凸にすると奥義倍率が高くなり 奥義の追加効果で連撃率も上げられるので 斧がメイン武器のジョブを 闇属性で運用する場合は 4凸を1本作っておきましょう。 4凸を2本揃えるとイクシードの 上限値まで奥義ダメ上限を上げられますが これを2本使用する編成を 使用する機会はまず無いので 4凸1本が理想本数と考えておきましょう。 ヘルマニビスの入手方法 ・アヌビスからのドロップ。 自発赤箱、貢献度赤箱、青箱。 全部で3種類からドロップします。 金箱回転ではドロップしないので ヘルマニビス狙いであれば トレハンの必要はありません。 少しでも貢献度を稼いで 青箱を狙って行きましょう。 ・トレジャー交換で入手。 月1本制限ですがアヌビスのアニマを 100個使用してトレジャー交換できます。 ドロップ率はあまり良くないので なかなか出ない時はトレジャー交換も 視野に入れておきましょう。 ・栄誉交換で入手。 栄誉でも月1本制限で入手できますが 栄誉は他の武器やアイテムと交換したいので ヘルマニビスの入手に 使用するのはおすすめしません。

次の

【グラブル】ウン・ハイル(フェリ琴)の評価/最終性能|リミフェリ解放武器【グランブルーファンタジー】

ウンハイル

第一に絶対否定を5凸して、渾身を付与できたら編成を組み始めましょう。 できないと中途半端です。 なくても防御倍率の低い敵には十分機能するようですが(絶対否定が5凸なので検証不可)基本的にはハイランダー編成はその属性の終末武器を5凸する必要があります。 以下終末5凸を前提とした編成内容について オメガ短剣を作ることはOKですがメイン運用はなしですね。 短剣縛りならリミフェリを使用すると思います。 リミフェリの奥義効果は完全にオメガ武器と内容が同じなため、短剣縛りをするにしてもウォーロックであればメイン武器は天秤でいいでしょう(DATA30%アップ)DAは被りますが、天秤は4凸で奥義倍率6倍と優秀な武器なので。 少し編成内容が微妙かなとウンハイルとケル銃、セレ拳を共存させるとあまりにもダメージが落ちすぎます。 基本的に終末は渾身とするとフォールンソードと合わせて渾身型でHPが減ってもある程度背水で補えるというコンセプトの編成かなと思うのですが、火力スキルを奥義以外に対して持たないウンハイルと背水小以外に火力スキルを持たないケル銃、攻刃値が中のセレ拳と火力面が弱すぎてせっかくのハイランダー編成の利点であるダメージ上限アップを生かし切れなそうという印象を受けます。 EX武器が天秤だけでは少し効果量がさみしいと思いますのでケル銃を虚空剣に変えてはいかがでしょう。 どのみち短剣縛りをするようなので火力面からみても、編成面からみても無理のない変更かなと。 オメガ短剣、フォールン、絶対否定渾身、ブルトガング、ウンハイル、麒麟弓、天司、天秤、虚空、アビススパイン としてはいかがでしょう。 通常背水を抜いたのでハイブリット路線は捨て、セレ拳の代わりにアビススパインを採用してHP、必殺の確保、虚空で与ダメージ上限の確保を行う路線に切り替えています。 いくら背水の補正量が大きくとも通常小、方陣小ではハイブリットとして機能しません。 また、現状のボスに一気に背水ラインまで追い込まれる状況はほとんどないためこちらの方が使いやすいと思います。 ハイブリット路線をするにしてもグラーシーザーがないと厳しいので確保してから切り替えればいいのではと思います。 ハイランダー編成は生かせるかどうかが割とシビアです。 通常のハデス編成と異なり、強いリミ武器で無理やり火力を補うという力業が使えないためしっかりダメージ上限を生かせる編成をする必要があります。 終末の5凸、リミ武器の確保などがしっかりとできてから切り替えましょう。 焦ってダマスカスを消費して微妙な火力だと悲しいですしね。 天秤ハイランダー編成って 天秤自体が火力に直結してるわけではなく (どうもココが勘違いされている気がする)、 上限叩いて無視されていた余剰ダメージを有効にする っていう編成なので、そもそも上限叩けないと意味がありません。 ハイランダー編成だと個々の武器の攻撃性能に頼ることになり、 強力なスキル持ち武器も1本制限なので 強力なバフをかける終末5凸渾身があってこそ、 みたいな部分があります。 終末5凸無しだと、 リミ武器数本からはじめるハデス入門編!とか そんな程度に終始するだろうな、という感じ。 オメガ短剣自体は使い回せますがフェリの奥義と被ります。 渾身ハデスだとフォールンは2〜3本、 ウンハイルは1本くらいでいい(最大でも2本)模様なので ウンハイルにはダマ突っ込んでもいいと思われますが フォールンは2本くらいからスタートしないとあんまり効果ない。 再考した方がいいかな、という感じですね。

次の