バリア フリー デザイン 例。 ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いとは?身近な例について

配色のバリアフリー

バリア フリー デザイン 例

バリアフリー住宅とは 一般的にバリアフリー住宅とは、小さな子どもから高齢者まで、幅広い世代の方が安心・安全で、快適に生活できることを前提とした住まいのことです。 段差をなくし、廊下に手すりをつけるなど、生活するうえで支障となるものを取り除くとともに生活動作の補助となる設備を整えることで、日常生活が無理なく、スムーズに行えるようになります。 一見、高齢者や障害者の方に特化した住まいづくりのように思えますが、妊婦の方がつまずかずに済んだり、若者であってもケガや病気で車いすを使わざるを得ない状況が発生した際に移動しやすかったりなど、その利用価値は幅広く、使いやすいと感じるメリットがたくさんあります。 バリアフリーとユニバーサルデザインの違い 最近ではバリアフリー以外にも、ユニバーサルデザインと呼ばれる住宅も増えてきていますが、その違いがわからないという方も多いでしょう。 国土交通省によると、バリアフリーとは高齢者や障害者などが社会生活をしていくうえで障壁(バリア)となるものを除去(フリー)することを指しているのに対し、ユニバーサルデザインとは、障害の有無、年齢、性別、人種などにかかわらず、多様な人々が利用しやすいよう、あらかじめ都市や生活環境をデザインする考え方であるということです。 つまり、バリアフリーもユニバーサルデザインも多くの人にとって使いやすく、安全性の高いものを目指しているという点に関しては同じですが、ユニバーサルデザインのほうがより対象範囲が広いということがわかります。 バリアフリーな住まい選びのポイント バリアフリーは住む方の身体的な特徴によっても配慮すべき点が異なります。 あくまで一例として、住宅の場所ごとに気をつけたいポイントについて紹介します。 浴室 浴室は転倒しやすい場所なので、バスタブや床は滑りにくい素材を選び、つまずき防止のために手すりを設置したり、出入り口の段差をなくしたりするなど配慮しましょう。 浴槽は40cm以下の高さだとまたぎやすく、スムーズに入浴できるとされています。 また、特に冬季は室内と浴室、浴室内の洗い場と浴槽などの温度差によりヒートショックを起こす可能性もあります。 ヒートショックの症状とは、血圧の急激な変動がもたらすめまいや失神、不整脈、心筋梗塞などです。 浴室暖房を利用すれば、浴室が暖かくなり、ヒートショックの予防にも効果的なので、体が弱い方や高齢者のいらっしゃる家庭は検討してもいいでしょう。 また、車いす生活になったときのためにも、車いすで直接入れるように間口を広くとっておくことをおすすめします。 トイレ トイレは高齢者になったり、体が思うように動かなくなったりしたときも使いやすいよう、なるべく寝室のそばに配置して、スペースを広めにとるようにしましょう。 立位と座位の動作が楽な洋式トイレを採用し、トイレ内には動作がしやすいよう手すりを設置するのもおすすめです。 また、トイレが1ヶ所しかつくれない場合は、寝室から直接入れるよう配置し、他の面の壁にもドアを設けて洗面所や脱衣室からも入れるよう2ドアにすると、水回りの移動が容易になります。 洗面台 洗面台の高さには注意が必要です。 健康な方が立って使用するのにちょうどいい高さと、車いすの方が座った状態で使いやすい高さは異なります。 将来のことを見越して、車いすでの使用を想定した高さでつくっておくのもいいでしょう。 さらに、車いすのまま洗面台に近づけるよう、洗面台下部の収納スペースを取り払うと、車いすの方でもより使いやすくなります。 また、足が不自由だったり、体力がなかったりする方にとっては、洗面台の前で立っていることがつらいと感じることもあるので、洗面台のそばにベンチやイスを設置しておくと安心です。 リビング 家族が最も長く過ごすスペースであるリビングは、段差をなくすことを徹底しましょう。 そのほとんどが床で滑る、段差や出っ張りにつまずく、置いてあるものに引っかかるといった転倒によるものです。 このため、リビングは段差のないフラットな床にすることで、転倒などの事故のリスクを軽減することができます。 また、車いすを使用する方がいれば、テーブルの高さにも配慮しましょう。 テーブルに車いすのまま入れる高さは約70cmが目安とされています。 しかし、車いすのサイズによっては入れないこともあるので、車いすに合わせて高さの調節ができるテーブルを選ぶと柔軟な対応が可能です。 そのため、使いやすいキッチンの高さとともに、座ったまま調理ができるようにイスを用意しておくなどの配慮が必要です。 さらに廊下で人とすれ違えて、方向転換のために回転できる寸法となると150cm以上は必要となるので、生活動線を考慮し、廊下の幅を決めるようにしましょう。 廊下の電気スイッチも車いすから届きやすいよう低めに設置し、照明の点灯・消灯がしやすいワイドスイッチを採用すると車いすを動かしながらでも、スムーズに動作ができます。 車いす移動の場合は、へこみや傷がつきにくい強度を高めた床材を使用すると、床を傷つけずに済みます。 上がり框(かまち)の段差を低めに設定し、移動だけでなく靴を履いたり脱いだりできる十分なスペースを用意することも大切です。 また、どうしても段差が生じてしまう場合は、玄関スロープをつけるのもおすすめです。 玄関スロープをつけると、高齢の方のみならず、妊婦の方や子どもの移動にも安心です。 しかし、玄関スロープの取りつけには一定のスペースが必要なので、家づくりに着手した段階から組み込んでおくか、玄関ポーチに後づけできる広さをあらかじめ確保しておくようにしましょう。 建物 室内だけでなく、建物全体のチェックも忘れずに行いましょう。 例えば、2階建て以上の場合は階段の踏み板に滑り止めはあるのか、また駐車場から住宅までの段差がないことや距離の短さはもちろん、車いすを使用した場合にも通り抜けできる幅やスペースが確保されているのかなども確認が必要です。

次の

どう違う!? 「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」の異なる思想

バリア フリー デザイン 例

ではユニバーサルデザインとバリアフリーの違いを見ていきましょう。 結論から言ってしまうとユニバーサルデザインとバリアフリーの大きな違いは、 誰が使いやすいように設計されたものなのかです。 どちらも使いやすいように設計されているという点では同じですが、 上記のように誰を対象として設計されているかが違います。 なのでバリアフリーよりもユニバーサルデザインの方が、 誰を対象としているものなのか、その範囲が広いということですね。 さてユニバーサルデザインとバリアフリーそれぞれについて解説していきます。 ユニバーサルデザインとは? ユニバーサルデザインとは、すべての人に使いやすいように設計されたものを言います。 すべての人に使いやすいように共通して設計されているから、ユニバーサルデザインと言うんですね。 ただすべての人といっても意味合い的には、 ほとんどの人と言った方が合っているかもしれません。 ユニバーサルデザインとして設計されているものでも、 特定の障害を持った人には役に立たないデザインのものも存在します。 ですのでユニバーサルデザインが対象としているのはすべての人ではなく、 ほとんどの人・多くの人という意味合いで認識していてください。 またユニバーサルデザインには7つの原則が存在していて、それは下記の通りです。 バリアフリーとは? バリアフリーとは、高齢者・障害者に使いやすいように設計されたものやその考え方を言います。 つまり障壁を取り除いて自由に生活するという意味から、 バリアフリーという言葉が使用されているんですね。 ちなみにバリアフリーは先に障害となるものがすでに存在していて、 その障害を取り除いて生活を良くするために様々なものが設計されています。 なので ユニバーサルデザインは最初からすべての人に使いやすいように設計されていますが、 バリアフリーは後から高齢者・障害者に使いやすいように設計されているという違いもあります。 さて次の章では実際に身近な例としてどのようなものが ユニバーサルデザインやバリアフリーとされているのか解説していきます。 スポンサーリンク ではユニバーサルデザインとバリアフリーの身近な例ではどんなものがあるのか見ていきましょう。 ユニバーサルデザインの例 バリアフリーの例 自動ドア 点字ブロック センサー式の蛇口 駐車場のスペース シャンプー容器の凸凹 ノンステップバス 様々なマーク スロープ 段差を設けない まずそれぞれの身近な例を挙げると上記のようなものがありますが、 聞いただけでは分からないという人もいると思うので簡単に見ていきましょう。 ユニバーサルデザインの例 自動ドア 自動ドアは人の出入りを感知して、自動で開閉する扉のことです。 普通の扉であれば両手に荷物を持っている状態で開けるのは大変ですが、 自動ドアの場合は荷物を持っていようと自動で開閉してくれます。 このように誰にでも使用しやすいように設計されているので、 自動ドアはユニバーサルデザインの例として分かりやすいでしょう。 センサー式の蛇口 センサー式の蛇口もユニバーサルデザインの良い例です。 センサー式の蛇口でなければハンドルをひねったりすると水が出てきますが、 ときには固く閉められているときもあります。 これによって手の力が弱い人や手に障害を持っている人は、 固く閉められた蛇口のハンドルをひねることができません。 ですが センサー式の蛇口であれば誰でも簡単に水を出すことが可能です。 さらにセンサー式の蛇口はどこにも汚れた手で触れることなく、 自動で水が出て手を洗うことができるのでとても衛生的です。 シャンプー容器のギザギザ シャンプーの容器にギザギザが付けられているのはご存知でしょうか。 髪を洗っているときはシャンプーなどが目に入って来るかもしれないので、 目を閉じたままシャンプーやリンスのボトルのポンプを押すことも多いですよね。 目が見えていない状態だと「どっちがシャンプー?どっちがリンス?」と、 分からなくなってしまうことも多いと思います。 ですが シャンプーの容器にギザギザが付いていることで、 「ボトルにギザギザが付いている方がシャンプー!」と判断することができます。 (ボトルにギザギザがないものはリンスかコンディショナーになります) これも数多くあるユニバーサルデザインのひとつで、 簡単にシャンプーかどうかを判断できるようにするために考えられたものです。 また容器によってはボトルの側面以外に付いている場合も多いので、 自分が使用しているシャンプーはどこにギザギザが付いているのか確認してみてくださいね。 様々なマーク よく街中や施設の中で上のようなマークを見ることってありますよね。 この様々なマークもユニバーサルデザインのひとつです。 例えば外国人が日本に遊びに来ているときに、 トイレに行きたくなったら周囲にトイレがないか探しますよね。 ですが 上のようなマークではなく日本語で「トイレはあっち!」と示されていても、 その外国人が日本語を読めなければ意味がありません。 なので誰にでも簡単に伝わるように上のようなマークにして知らせているんですね。 このように一目見て簡単に意味が分かるようなマークが、 ユニバーサルデザインとして使用されています。 段差を設けない 段差を設けないのもユニバーサルデザインによるものです。 車いすの人にとって段差はとても嫌なもので、 その段差が大きければ一人で行きたい場所に行くことができません。 車いす以外の人にとっても急に段差があるような場所では、 歩いている途中でその段差につまづいて転倒する原因にもなります。 ですがはじめから段差を設けなければこんなことは起こりません。 なので段差がないというのもユニバーサルデザインに当てはまるんですね。 バリアフリーの例 点字ブロック 点字ブロックというのは歩道や公共の建物や、 駅のホームなどに敷設されている視覚障害者誘導用のブロックです。 上の写真のように黄色いブロックに突起が付いているもので、 足裏の感覚で突起の種類を認識することで視覚障害者を誘導します。 線状になっているブロックは進行方向を表していて、 点状になっているブロックは危険位置などを表しているものになります。 点状ブロックは、階段の前・横断歩道の前・線状ブロックが交差する分岐点などに敷設されます。 視覚障害者にとっては歩行する際になくてはならない設備です。 駐車場のスペース 駐車場に車を止めておくときに、車いすマークのスペースを見たことがあると思います。 これは車いすの人が乗っている車だけ止めて良いというマークではなく、 障害者が乗っている車であればどんな障害を持っているかに関係なく止めても良いことを意味します。 その障害がたとえ体を動かすことに不自由がない人でも、 障害を持っていればこのマークの場所に駐車することは問題ないんですね。 他にも妊婦・高齢者・ケガ人は車いすマークの駐車場を使用して良い場合がありますが、 これはその駐車場を管理している側の決め方によって違います。 なので車いすマークであれば絶対にどの駐車場でも、 妊婦・高齢者・ケガ人が使用しても良いというわけではありません。 関連: ノンステップバス ノンステップバスというのは、出入口の段差を無くしたバスのことです。 (低床バスとも呼ばれています) 出入り口の段差を無くして乗降性を高めることで、 お客さんへの負担を少なからず軽減することができます。 若い人にとってはこのぐらいの段差は大したことないですが、 高齢者にとって段差を上がるのはなかなか苦労しますよね。 中には車いすの人用にドアの前にスロープが設置されるバスもあります。 スロープ スロープは斜面や勾配を意味している言葉です。 車いすの人は大きな段差があると車いすでは移動できないので、 車いすで移動するための道として上の写真のようなスロープが設けられます。 またスロープと言っても上の写真のような大きなものではなく、 施設の中のちょっとした段差をなくすために小さなスロープを設けることもあります。 その際は車いすだけでなく高齢者のつまづき防止としての役割も含んでいます。 他にもユニバーサルデザインとバリアフリーの考え方で設計されたものは多いので、 時間があるときにどのようなものがあるのか探してみてはいかがでしょうか。 以上が「ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いとは?身近な例について」でした。 スポンサーリンク.

次の

バリアフリーの例をできる限り教えてください!!

バリア フリー デザイン 例

「バリアフリー住宅」のカタログ請求 45件あります 1 - 30件目を表示• 工法構造 木造平屋建て• 工法構造 鉄骨構造• 工法構造 在来軸組工法• 工法構造 在来軸組金物工法• 工法構造 在来軸組工法• 工法構造 在来木造、平屋• 工法構造 真壁耐力外張断熱パネル工法• 工法構造 在来工法• 工法構造 木造軸組メタル在来工法(ティンバーメタル工法)• 工法構造 木造軸組み工法• 工法構造 ハイブリッド木造軸組工法、2階建て• 工法構造 在来木造、2階建て• 工法構造 ツーバイフォー、1階建て• 工法構造 在来木造、平屋建て• 工法構造 木造軸組み工法(平屋建て)• 工法構造 在来木造 2階建て• 工法構造 在来木造• 工法構造 在来木造• 工法構造 在来軸組 平屋• 工法構造 在来軸組工法• 工法構造 在来軸組金物工法• 工法構造 在来木造、2階建て• 工法構造 在来木造• 工法構造 木造軸組工法• 工法構造 木造(在来工法)• 工法構造 在来工法• 工法構造 在来工法• 工法構造 在来軸組金物工法・木造軸組• 工法構造 --.

次の