排水 溝 ハイター。 お風呂の排水溝のつまりは洗剤で解消!パイプクリーナーおすすめ11選│バスタイムクラブ

排水溝のお掃除で水回りを清潔に!やり方や頻度、おすすめ掃除道具

排水 溝 ハイター

浴室の排水口のカビ・ヌメリ こすらず撃退!粉末発泡タイプ(塩素系)の排水口洗浄剤。 水を注ぐと強力発泡し、泡(洗浄成分)が排水口をまるごと包み込むので、こすらなくてもカビ・ヌメリを落とします。 フタ裏・髪の毛の受け皿・水のたまり口(受け皿の下)のすみずみまでキレイになります *1。 除菌・消臭効果もあります *2。 水温が低かったり、粉末全体に水がかからないと排水口全体に泡が行き渡らない場合があります。 *2 すべての菌を除菌するわけではありません。 清掃面にしっかり泡が接触しないと十分な効果がでません。 製品特長 用途・液性・成分・使い方・使用上の注意など 品名 浴室用排水口洗浄剤 用途 浴室の排水口 液性 中性 成分 塩素化イソシアヌル酸塩、発泡剤(有機酸、炭酸塩)、界面活性剤(アルキル硫酸エステルナトリウム)、安定化剤、増粘剤 使い方 1.約200ml(コップ1杯分程度が目安)の水を準備する。 2.排水口周辺に1袋をまんべんなく振りかける。 (粉が舞い上がらないよう低い位置からかける。 ) 3.粉末全体に水をゆっくり注ぐ。 (水を注ぎすぎると、成分が流れだし効果が減少する。 ) 4.発泡して大量の泡が発生する。 排水口のフタがある場合は、フタを閉める。 5.30分以上放置する。 (長時間放置しない。 ) 6.使用後は充分水で洗い流す。 絶対に他の製品と一緒に使わない。 認知症の方などの誤食を防ぐため、置き場所に注意する。 こすらずただちに流水で15分以上洗い流し、痛みや異常がなくても直後に必ず眼科医に受診する。 異常が残る場合は医師に相談する。 異常が残る場合は皮ふ科医に相談する。 また、販売終了6ヶ月後までこのサイトに掲載いたします。 ご購入、ご使用の際には、製品に表示されている内容をご確認ください。 価格は販売店にてご確認お願いいたします。

次の

キッチンの排水溝を掃除しよう!詳しい手順について解説 【ファインドプロ】

排水 溝 ハイター

キッチンの排水溝は汚れやすい箇所 キッチンの排水溝は非常に汚れやすい箇所です。 油の付いた食材のカスが流れたり、食器に付着した油を、食器用洗剤と一緒に洗い流したりすることで、キッチンの排水溝はあっという間に汚れてしまいます。 また、湿気の多い箇所ですので、雑菌やカビが繁殖しやすく、不衛生になりやすい箇所でもあります。 キッチンの排水溝の汚れを放置すると、「排水溝詰まり」「悪臭」などの大きなトラブルを引き起こすので、定期的な掃除が大切です。 キッチンの排水溝掃除に必要な道具 キッチンの排水溝掃除に必要な道具は以下の通りです。 道具 用途 塩素系洗剤 汚れを効果的に落とす ゴム手袋 汚れ防止、洗剤による肌荒れ防止 使い古しの歯ブラシ ゴミ受けを磨くときに使用 食器用スポンジ 排水溝の中を洗うときに使用 ここで、注意していただきたいのが「洗剤の使用」について。 塩素系洗剤と酸性タイプの洗剤は、絶対に混ぜて使用しないでください。 塩素系洗剤は、酸性タイプの洗剤と混ざると、有毒なガスを発生するので大変危険です。 また、事前に酸性タイプの洗剤を排水溝の周辺で使用した場合、塩素系洗剤を使用する前にきちんと水で洗い流しましょう。 そして、「歯ブラシ」についても注意が必要です。 新品の歯ブラシを使用してしまうと、毛先が硬いことがあり、排水溝を傷つけてしまうことがあります。 排水溝を傷つけないためにも、使い古しの歯ブラシを使用してください。 キッチンのなかなか落ちない汚れ対策に使用します。 泡で出てくるスプレーボトルのため使いやすく、まな板、排水溝、シンクなどの掃除におすすめです。 キッチンの排水溝掃除の方法 キッチンの排水溝掃除の方法は、次の通りです。 排水溝カバーを外しゴミ受けを取り出す• ビニール袋にゴミ受けと洗剤とお湯を入れて放置• リス排水溝の中をスポンジでこするト• ゴミ受けを取り出して使い古しの歯ブラシで磨く• 排水溝とゴミ受けの洗剤を洗い流す• ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻す ヌメりやすい、臭いやすい、という排水溝をすっきりピカピカにするためにも、上記の方法を把握して実施することが大切です。 上記の作業について、詳しく解説します。 排水溝カバーを外しゴミ受けを取り出す ゴム手袋を着用し、排水溝カバーを外して、ゴミ受けを取り出してください。 このとき、ゴミ受けの中にゴミが入っている場合は、捨てておきましょう。 排水溝カバーやゴミ受けを直接シンクの上に置いてしまうと、シンクが汚れてしまいます。 取り出した排水溝カバーやゴミ受けは、一旦不要な新聞紙などの上に置いておくことがおすすめです。 ビニール袋にゴミ受けと洗剤とお湯を入れて放置 ビニール袋に「ゴミ受け」「塩素系洗剤」「約50度のお湯」を入れて、10~15分放置してください。 お湯500mlに対し、塩素系洗剤の量は大さじ2~3が目安です。 しかし、洗剤の量に関しては、汚れの度合いによって若干異なります。 汚れのひどさに応じて、塩素系洗剤の量を調節してください。 排水溝の中をスポンジでこする ゴミ受けを袋に入れて放置している間に、排水溝の中をスポンジでこすりましょう。 一旦、水を流して排水溝の中を濡らし、塩素系洗剤をスポンジに含ませて丁寧にこすってください。 このとき、なかなかヌメリが落とせない場合は、重曹を振りかけてからこすると、重曹が研磨剤のような役割をしてくれるので、汚れが落としやすくなります。 排水溝の中を洗っていると、泡立ってきて、汚れが落とせたか確認しにくくなることがあります。 ときどき水を流し、汚れが落ちているかをチェックしてみてください。 ゴミ受けを取り出して使い古しの歯ブラシで磨く 続いて、ゴミ受けを掃除していきます。 ゴミ受けをビニール袋から取り出し、使い古しの歯ブラシで磨いていきましょう。 このとき、塩素系洗剤をゴミ受けにかけてから使い古しの歯ブラシで磨くのがおすすめです。 ゴミ受けは細かい隙間が多いので、目詰まりを起こしている部分をチェックし、汚れをかき出すようにして磨いてください。 排水溝とゴミ受けの洗剤を洗い流す 排水溝とゴミ受けの汚れが落とせたら、付着した塩素系洗剤を水で洗い流しましょう。 このとき、汚れが残っていた場合は、再度スポンジや使い古しの歯ブラシなどで、汚れている箇所を磨きます。 とくに汚れがなければ、洗い流すだけで問題ありません。 ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻す しっかりと洗剤と汚れを洗い流したら、ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻します。 正常にゴミ受けを設置できていないと、ゴミがゴミ受けに入らずに、直接排水溝に流れてしまいます。 きちんと設置できたかを確認してから、排水溝カバーを元に戻すことがおすすめです。 キッチンの排水溝掃除の頻度 キッチンの排水溝は、以下の頻度で実施するのがおすすめです。 週に2~3回が理想• 最低でも週に1回 ここからは、上記の頻度について、詳しく解説します。 週に2~3回が理想 キッチンの排水溝掃除は「週に2~3回」が理想です。 毎日料理をする場合など、使用頻度の多いキッチン排水溝となると汚れやすくなってしまいます。 また、下記のような状況も同じです。 油が付着した食器を洗うことが多い• ゴミ受けのごみをすぐに処分しない• 食材カスに油が付着している 環境によっては、掃除をしてもあっという間に排水口は汚れてしまいます。 ひどいときは、排水溝が詰まってしまうこともあるかもしれません。 排水溝の汚れは、直接料理や食品に影響するものではありませんが、近くで調理作業をするので、なるべく清潔に保つことが好ましいでしょう。 週に2~3回を目安に排水溝を掃除し、清潔な状態を維持してください。 最低でも週に1回 排水口の掃除は、最低でも週に1回は掃除をしましょう。 普段忙しい方であれば、週に2~3回の排水溝掃除は難しいかもしれません。 しかし、忙しさを理由に、掃除をサボっていると排水溝はどんどん汚れをため込んでしまいます。 臭いやヌメリもひどくなり、より掃除に抵抗を感じてしまうことがあるかもしれません。 排水溝の掃除は、「汚れがひどくなる前」に行った方が、1回の掃除の手間や時間も少ないのでおすすめです。 最低でも週に1回の頻度を目安に、排水溝の掃除を心がけてください。 キッチンの排水溝を綺麗に保つには? キッチンの排水溝を綺麗に保つためには、以下の2つのポイントを把握しておくことが大切です。 毎日60度のお湯をかける• こまめに除菌スプレーを噴射する 排水口は汚れやすく、掃除の手間が大きい箇所です。 できることなら、手間をかけずに清潔な状態を保ちたい、というのが正直なとこではないでしょうか。 しかし、上記の2つのポイントを実施することで、手間なく排水溝を清潔に保つことができます。 それぞれの詳細について見ていきましょう。 毎日60度のお湯をかける キッチンの排水溝と、ゴミ受けに毎日60度のお湯をかけましょう。 ヌメリや悪臭の原因となる雑菌、カビは、60度のお湯をかけるだけで減らすことができます。 雑菌やカビは熱に弱い特徴があり、50度以上で減少するからです。 60度のお湯であれば、より雑菌やカビを減らし、繁殖を防げるので、毎日の習慣にすることをおすすめします。 ちなみに、お湯をかけるおすすめのタイミングは夕食後です。 その日に発生した雑菌をまとめて減らせるので、夕食の洗い物が終わったら、ついでに排水溝とゴミ受けにお湯をかけましょう。 こまめに除菌スプレーを噴射する こまめに除菌スプレーを噴射するのもおすすめです。 除菌スプレーは、雑菌の繁殖を防ぐ役割や、雑菌を減少させる効果が期待できるので、排水溝やゴミ受けにありがちな、ヌメリと悪臭を予防してくれます。 「磨く」「擦る」といった作業がないので、簡単で続けやすいのが魅力です。 また、除菌スプレー以外に、「クエン酸」でも除菌することができます。 もともと、クエン酸には高い殺菌効果があるので、雑菌やカビの繁殖を防ぐにはピッタリのアイテムです。 クエン酸で除菌する場合は、100mlの水にクエン酸を大さじ1加えたものを、スプレーボトルに入れて使用してください。 まとめ キッチンの排水溝は非常に汚れやすく、掃除の手間も大きいのが難点です。 しかし、適切な掃除方法と、掃除頻度、汚れ予防を理解すれば、常に清潔な排水溝を維持することができます。 今回の記事では、多くの方の悩んでいる「キッチンの排水溝の汚れ」を掃除する方法についてご紹介しました。 排水溝の汚れが気になっている方や、しばらく排水溝を掃除していない方は、排水溝まで詰まってしまうことを避けるため、さっそく今回の記事を参考にしながら掃除を実施してみてください。

次の

セリアの排水溝カバーで、ズボラな私がマメに掃除出来るようになった

排水 溝 ハイター

スポンサーリンク 台所の排水溝が汚い!どうすればいい? 台所の排水溝って、掃除で触りたくない場所トップ5には入る場所ですよね。 でもそういう触りたくない場所こそ、どんどん汚くなっていってしまうんですよね……。 そもそも、なぜ排水溝が汚くなってしまうのでしょうか? 排水溝のぬめり汚れの原因は、排水溝に流れた食材カスを栄養に繁殖した菌です。 「自分は自炊ほとんどしないのに何でこんなに汚くなるの?」と思うかもしれませんが、例えばカップ麺の残り汁を捨てただけだとしても、その中の細かい食べカスが排水溝の中で菌の栄養となって、時間とともに菌が繁殖してしまうのです。 じゃあこのぬめりをどうすればいいのかというと、残念ながらこれはもう掃除をするしかありません……。 ただ、なるべくぬめりに触らないように綺麗にする方法はありますので、ここで紹介する方法を是非実践してみてください。 台所の排水溝のぬめりを掃除するいい方法は? 排水溝のぬめり掃除方法を調べると、スポンジで洗ったり歯ブラシでこすったりという方法が紹介されていますが、なるべくなら排水溝には触りたくないですよね。 いくらゴム手袋をしていたとしても、あのぬめりの独特の感触はゴム手袋越しでも触りたくないものです。 ではどのように綺麗にすればいいのかというと、化学反応の力を借りるのです。 大きく分けて2つの方法があります。 重曹とクエン酸を使う方法 まずは重曹とクエン酸を使う方法です。 まず、重曹を排水溝の中とその周りにたっぷり振りかけます。 直感でこのくらいかな?と思う量よりも1. 5倍くらい多く振りかけても大丈夫です。 重曹は自然界にもある物質ですし、アルカリ性も弱いので、多少多く流してしまっても環境への影響はほぼありません。 次に、クエン酸を水250mLに対して小さじ1くらいの割合で溶かします。 このとき、水の代わりにお湯を使うとさらに効果的です。 そしてこのクエン酸水を排水溝周りから流し入れます。 すると、重曹とクエン酸が反応してボコボコと泡立ちはじめます。 この泡がぬめりを取ってくれるのです。 もし重曹が溶け切っていないようであれば、クエン酸水をもう少し追加で流してください。 キッチンハイターを使う方法 次に紹介するのは、もっと強い洗剤を使う方法です。 キッチンハイターのような塩素系の洗剤で、ぬめりを殺菌消毒する方法です。 キッチンハイターを排水溝の中と周りに吹きかけて数分待ち、そのあとに水で流せば完了です。 ただ、キッチンハイターを使う場合はクエン酸を使う方法と絶対に併用しないでください! キッチンハイターの注意書きにも書かれていることですが、塩素系洗剤が酸と混ざると有毒な塩素ガスを発生しますので、くれぐれもご注意ください。 十分に水を流して酸性が薄まっていればキッチンハイターを使っても大丈夫です。 ……さて、これらの方法でぬめりは取れましたが、排水溝のゴミ受けの中に食材カスが残っている限りは菌の繁殖を防げません。 最後にこの食材カスを取り除く必要があります。 ……が、ここで食材カスを取るのも憂鬱になりますよね。 ネットをしていればネットを交換すればいいですが(できればそれもやりたくないけど……)、ネットもしていなかったら歯ブラシなどで中から食材カスを掻き出す必要があります。 もしそのゴミ受けを引き続き使うのであれば、どんなに嫌でもそこはやらないと意味がありません。 スポンサーリンク ただ私であれば、このタイミングで古いゴミ受けを捨てて、新しいものを買ってしまうと思います。 なぜ排水溝のゴミ受けの掃除をしたくないかというと汚いからですが、なぜ汚くなるまで放っておいてしまったのかというと掃除が面倒くさいからですよね。 なぜ掃除が面倒かというと、一人暮らしのゴミ受けの構造は細長いものばかりで、ゴミが溜まっているのかどうかが分かりにくい上に、実際溜まっていた時にも掃除が難しいからです(下の写真のような構造になってますよね?)。 これがもし、底が浅くてゴミが見えやすければどうでしょうか? ゴミが溜まってるのが目で見て分かりますから「そろそろ掃除しないとなあ」と思えますし、しかも底が浅いので掃除も楽です。 つまり、今後のことを考えると、このタイミングでぬめりにぬめった古いゴミ受けは捨ててしまい、掃除が簡単な浅型のゴミ受けを新調したほうがいいのです。 台所の排水溝の掃除の頻度はどれくらい? では、本来台所の排水溝の掃除の頻度はどれくらいが理想なのでしょうか。 食材カスが腐りやすい夏場のことも考えると、週に2~3回は掃除したほうがいいようです。 今まで掃除してこなかった人からしてみると、そんなに頻繁に掃除するの!?と思ってしまいますが、排水溝を綺麗に保とうとするのであれば少なくともこれくらいの頻度は必要なのです。 しかし、逆にこれくらい頻繁に掃除をすると、食材カスはまだ腐っていないのでぬめりもありません。 腐っていなければただの食材の切れ端ですので、なんの抵抗もなくティッシュやキッチンペーパーで掃除することができます。 私は浅いゴミ受けにして以降、台所を使うたびに毎回ゴミ受けを掃除するようになりました。 台所に流した直後であれば、自分がついさっき食べたものですから汚いとは思いません。 このタイミングで掃除をしてしまうのが最も効率がいいし、心理的負担も少ない方法です。 また、毎回ゴミ受けを掃除するのであれば三角コーナーも必要ありません。 三角コーナーも放っておくとぬめりが出てきたり虫が湧いたりする原因になりますので、このタイミングで三角コーナーも処分してしまいましょう。 まとめ 今あるゴミ受けを綺麗にするなら重曹+クエン酸、またはキッチンハイターがおすすめです。 ただ、この際ゴミ受けを完全に新しいものに変えてしまい、すぐに掃除できる環境を作り直すのが、後々のことも考えるとベストです。 あなたも是非試してみてくださいね。

次の