グーグル クローム キャッシュ クリア。 Google Chromeのキャッシュクリア(削除)方法【PC/スマホ】

【Google Chrome】スマートフォン版Chromeのキャッシュのクリア方法

グーグル クローム キャッシュ クリア

本稿では、Google Chrome(以下、Chrome)でWebページの閲覧履歴やCookieなどを消去したり、保存されているID/パスワードを削除または表示したりする方法について説明します。 Chromeの閲覧履歴やキャッシュ、Cookieなどを消去するには ChromeでWebページを閲覧していると、その 履歴がPC内に保存されます。 それらは空白ページ(新規タブ)を開いたときに表示される ショートカットアイコンや、アドレスバー(オムニボックス)にURLを記入し始めたときに自動補完される 予測候補などに反映されます。 また、閲覧したページの画像なども「 キャッシュ」としてPCのディスクに蓄えられます。 これは同じページを次に開いたとき、Webサイトからあらためてダウンロードするより速くページに反映させる、つまり高速化のために活用されます。 その他にも、WebアプリケーションやWebサーバによって作成されるデータが保存されることがあります。 Chromeでは、以上のようなPCに保存されるデータを、細かく指定して削除できます。 それにはまず、右上隅にあるメニューボタンをクリックしてメニューを開き、[ 設定]をクリックします。 選択項目 消去されるデータの種類や影響 [閲覧履歴] 閲覧したWebページの履歴。 空白ページに表示されるWebページのショートカットや、アドレスバーで自動的に補完されるURLの予測候補も消去されます。 同期を利用している場合、操作中の端末に限らず、 全端末の履歴が消去されるので注意が必要 [Cookie と他のサイトデータ] Cookie(Webサーバによって保存されるユーザーデータ)やWebアプリケーションが保存した情報。 または、特殊なURLに対する外部アプリケーション/サービスとの関連付けの情報。 その他、コピープロテクト付きの音楽や動画といったコンテンツのライセンスも含まれます。 消去すると、多くの認証付きサイトで再認証が必要になります [キャッシュされた画像とファイル] 閲覧したWebページの画像など、ディスク内に蓄えられたファイル。 ただし同期を利用している場合、操作中の端末に限らず、 全端末の履歴が消去されるので注意が必要です。 一方、C:ドライブの空き容量が足りなくなった場合、[ キャッシュされた画像とファイル]を消去すると、その分だけ空き容量が増えます(ただし、その後のWebページの表示が若干遅くなることがあります)。 Webアプリケーションの挙動がおかしい場合は、[ Cookie と他のサイトデータ][ キャッシュされた画像とファイル]を消去すると、回復することがあります。 上表の他にもChromeが蓄えているデータはあります。 それらは[ 詳細設定]タブで消去します。

次の

ChromeでCSSが反映されない?キャッシュ消去で対処

グーグル クローム キャッシュ クリア

インターネットで検索をするとこうした解決手段が表示されますが、私の場合はどれも効果がありませんでした。 再インストールしても治らないので諦めて他のブラウザを使用していたのですが、しばらく経ってから起動してみると何故か直っている! ただ何日か使用しているとまたメッセージが表示されるようになり、再び悩まされることに・・・。 何なんだ一体。 そんな状態でしたが、ブラウズを普通に閉じるのではなく、「タスクマネージャー」の「プロセス」タブからクロームのプロセス(chrome. exe)を1つずつ右クリックして終了させることで何故か解決をすることができました。 この方法は別のPCトラブルを調べている途中で見つけたものですが、私の場合はそのトラブルだけではなく「キャッシュを待機しています」にも効果があったようです。 その後も症状が現れることはありますが、その度にプロセスを終了することで直っています。 再発するということは根本的な解決にはなっていないのでしょうが、まだこの方法を実行していない方は試してみてはいかがでしょうか。 追記 しばらくは上記の方法で何とかなっていたのですが、ついに通用しなくなりました・・・。 クロームを諦め、ブラウザをfirefoxに変えることにしました。

次の

更新したのに反映されない…そんなときは「キャッシュ」を疑え!

グーグル クローム キャッシュ クリア

CSSを変更したのに、何回クロームを リロード(更新)してもデザインが変わらない! 原因と対処法は? 原因は、 CSSの情報がキャッシュによりグーグルクロームに保存されてしまっていることにあります。 そのため、キャッシュを読み込まず、Webから最新のデータを読み込む 『スーパーリロード』を行えば、この問題は解決します。 この記事では、 Google Chromeでスーパーリロードをすることで、最新のデザインを表示させる方法を解説します。 Chromeのキャッシュを削除してCSSを反映 手順1:デベロッパーツールを開く Windowsの場合 F12キーを押しましょう。 これだけでデベロッパーツールが開きます。 Macの場合 画面のどこでも良いので右クリックして、「検証」を選びましょう。 これでデベロッパーツールが開きます。 手順2:リロードボタン を右クリック デベロッパーツールを開いたまま、グーグルクローム上部のリロードボタンを右クリックします。 手順3:[キャッシュの消去とハード再読み込み]をクリック 3つのリロード方法が選べるようになると思います。 この中の[キャッシュの消去とハード再読み込み]をクリックしましょう。 完了!CSSが反映されるはず これでページのキャッシュが削除され、最新データが読み込まれます。 デザインCSSの変更も反映されるはずです。

次の