オードトワレ パルファム 違い。 「オードパルファム」と「オードトワレ」の違いとは?分かりやすく解釈

パルファムとトワレの違いとは?特徴を知って正しく利用しよう

オードトワレ パルファム 違い

Contents• シャネルの香水へのこだわり どんな人でも一度は耳にしたことのある高級ブランドシャネル。 しかし実際シャネルがどんなブランドなのか?イメージがない人も多いと思います。 ここでは シャネルというブランドが香水に対してどんなこだわりを持っているのかを紹介します。 シャネルのブランドとしてのこだわり シャネルの創業者ココ・シャネルは 「香水を付けない女性に未来はない」 という言葉を残すほど、香水に対する強いこだわりを持っています。 シャネルのブランドのコンセプトは、 「古い価値観にとらわれない自由で自立した女性像」です。 自由に自分らしく生きる女性像を表現したシャネルの香水は、現代に至るまで多くの女性を魅了してきました。 シャネルのブランド戦略の1つとして 「シャネルを安売りしない」という姿勢があります。 薄利多売に走らないので、香水1つ1つに対しても強い想いやこだわりが詰まっています。 それが結果的に、 常に 多くの女性のあこがれるブランドであり続けることにつながりました。 製品1つ1つの価値も高く、ラグジュアリーな香水の香りを嗅いだら、シャネルの高級感の虜になること間違いなしです。 シャネルの香水の特徴 シャネルの香水の香りといえば、 気品あふれる高価な香りと評されることが多く、 比較的香りが強くワンプッシュで豊満な香りを引き出せるのも特徴です。 手軽に大人の魅力を演出できるのがシャネルの香水と言えるでしょう。 またシャネルの香水は、「この香りが苦手」という人少ないので、どの香水を選んでも基本的には大人の女性の色気を最大限引き出してくれます。 香水の匂いが苦手…という人もいますが、その多くは香水を付けている人の 香水の付け方の問題です。 MEMO 海外の人に比べて 日本人は香りに敏感なので強い香りを嫌います。 海外ではフレグランスは当たり前ですが、日本人の場合つけてない人も多いくらい香りに疎いのが実際です。 香りに慣れていない人にとって強い香りは嫌な香りと受け取るのも頷けるので、 香水の付け方は非常に重要になります。 この後紹介する正しい付け方をすることで、優しくふんわりと香らせることもできるのでご安心ください。 シャネルのチャンスの種類 シャネルの香水の中でも人気が高く有名なのが今回紹介する 「CHANCE( チャンス)」。 ココ・シャネルはチャンスに対して次のような言葉を残しています。 「チャンスを逃さなければ不可能なことはない。 いつでもチャンスを作るのは自分自身」 「チャンスを掴むのは自分自身であり、真のチャンスは自分の中にある」 このようなココ・シャネルの考えが具現化されたのがチャンスの香りです。 その香りを身に纏うだけで自信が持てそうですね! そんなチャンスの香水には4つ種類があります。 ここでは 男性からも人気の高い「チャンス」シリーズの4つの香水を紹介します。 チャンス: イエローのボトル チャンスシリーズのベースの香りとなっているのが、この黄色ボトルのチャンスです。 チャンスとは、形があるものではなく、ただ感じるもの。 目に見えないものも信じる心を持つ女性の為に創られました。 慣れ親しんだ香りを、シャネルのフレグランス研究所が独自に組み合わせ、とても意外性のある香りを創出。 風味豊かな シトラスの香りが、エキゾチックな ジャスミン、すがすがしい ヒヤシンス、温かい アイリスなどのフローラルに結びつき、爽快な ピンクペッパーのスパイスや アンバー、 フレッシュベチバー、ナチュラルな ホワイトムスクなどの官能的な甘さと溶け合って、常に 変化する香りの万華鏡。 引用: スパイシーな香りの中に複雑に絡み合う甘さや色気を感じさせる大人の雰囲気を作る香水です。 チャンス オー タンドゥルの外観 チャンスの香水は 綺麗な丸のフォルムの容器が特徴です。 また、 CHANELと CHANCEが同じ文字数、1文字違いなだけなので、とても似ているのがわかります。 シャネルにとってチャンスは切っても切れないものであることが感じ取れますね。 ライトピンクの可愛いボトルになっています。 横から見た厚さはこんな感じ。 カバーをつけたスマホよりはもう少しぶ厚いくらいの厚さ。 カバンに忍ばせやすいです。 背面は日本語表記で製品名の「チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット」や「原産国フランス」などが記されています。 ボトルの蓋の上には シャネルのマークが。 シンプルな丸いボトルに 正方形のボトルキャップが可愛らしさにスタイリッシュさをプラスさせます。 プッシュ口はこんな感じ。 当たり前ですが、 安物な雰囲気はどこからも感じられません。 ライトピンク(薄い桃色)なので 女性らしい雰囲気が出ていますが、 デザイン自体は非常にシンプルでスタイリッシュ。 男性が持っていてもおかしくない見た目になっています。 チャンス オー タンドゥルの香りの感想 香りの印象は、女子なんだけど女子と呼ぶには失礼な香り。 「女性」の香りだなという印象です。 大人の女性を感じさせる香りです。 女性らしい甘い香りが一番最初の印象ですが、ムスクの香りが奥行きになってセクシーさを出してくれます。 それが 女子を女性に感じさせるポイントだと推測します。 逆に、30代後半の人がつけていると少し若すぎるかな?という匂いです。 オー タンドゥルは女子のような可愛らしさが前面に来ていて、女性としてのセクシーさがチラッと覗く香りなので、30台後半の女性ならもっと深みのあるエロい香りの方が似合うんじゃないかと思います。 フローラル系の優しい香りですが、香水に慣れていない人からすると少し パウダリーな(化粧品の粉っぽい)香りにも感じられます。 それが人によっては 「おばさんくさい」という認識になる人もいると思いますが、ボクは ドキっとするような優しい香りに感じました。 チャンス オー タンドゥルが臭い?ふんわり香らせるには? 人によっては 「おばさんくさい」と言われるチャンスのオー タンドゥル。 これは 香りすぎていることが原因でそう思われている可能性もあります。 香りを強く楽しみたい人の場合、香水を手首やうなじなど体温の高い場所につけることが多いと思います。 体温の高い動脈付近は香りやすい場所なんです。 しかし、それだと 強く香りすぎてしまい、周囲の人に迷惑になってしまう場合もなきにしもあらず。 特に日本人は強い香りに敏感なので、 ふんわりと香らせることが大切です。 そして ふんわり香る方が男性的にはドキっとします。 せっかくシャネルの香水をつけて大人の女性らしい香りを身にまとっているのに「くさい」と思われたくないですよね。。 シャネルのチャンスくらい拡散性が高くしっかりと香る香水です。 そんなチャンスをふんわり香らせるのであれば、 ウエストより下の位置に吹きかけるのがオススメです。 香りは体温で温められて下から上にあがって香ります。 膝裏やもも、ヒップからウエストにかけて吹きかけると良いです。 つける位置で香り方はだいぶ違ってきますよ! また、下半身であってもつけすぎは注意なので 1プッシュ、多くても2プッシュがベストです。 チャンス オー タンドゥルはこんな場面で使いたい! 基本的に女性らしいフローラルな香りでシャネルの中でも初心者向けな香水の1つなので、 20代〜30代の女性なら 日々の暮らしで普段使いできる香水だと思います。 10代〜20代の前半(特に学生さん)だと少し大人っぽすぎると感じる可能性はあります。 普段使いまでは行かないかもしれませんが、 恋人や好きな人とのデートやちょっと背伸びしたい日につけるといいんじゃないかなと思います! 普段使いまで行かなくても、 職場で働いている人で 大事な商談やプレゼンがある時なんかは「チャンスを掴む」ことがテーマのこの香水をつけることで、自分に自信を持って臨めば本当にチャンスをつかめそうです!! 香水の種類とその違い• パルファム…香料濃度 :15~30% 持続時間:7〜12時間• オード・パルファム…香料濃度:10~15% 持続時間:5〜10時間• オード・トワレ…香料濃度:5~10% 持続時間:3〜5時間• オーデ・コロン…香料濃度:2~5% 持続時間:1〜2時間 濃度が高く、持続時間が長いものほど高価で値段が高くなります。 今回紹介したのは「チャンス オー タンドゥル オードゥ トワレット」なので、香料濃度的には低い方になります。 香りがなくなってくるものだと付け直しをしたい場合もありますが、基本的に香水は つけてから30分くらいまでは香りが非常に強いので注意する必要があります。 しかしシャネルの香水は安物と違って、 オード・トワレであっても意外と香りが持続するので 初めて買うのであればオード・トワレをオススメします。

次の

オードトワレの持続時間は?コロンやその他の香水との違いを解説!

オードトワレ パルファム 違い

オードトワレとは、 香水のうちの1つのこと。 大きく4つに分類される香水の種類のなかで、のちほど紹介する「オードパルファム」「オーデコロン」の中間にあたる濃度・持続時間を誇る香水です。 香りが強すぎず、また持続時間もほどよいことから、日本でも数々の商品が販売されています。 なお、オードトワレの商品はフランス語の「Eau de Toilette」の頭文字をとって「EDT」と表現されることもあります。 香水(パルファム)• オードトワレ• オードパルファム• オーデコロン オードトワレ・オードパルファム・オーデコロン・香水の違いと接続時間 オードパルファムもオーデコロンも、どちらも香水 パルファム の種類の1つです。 もっとも 香料とアルコールの濃度が高いのが香水です。 香水は少量でしっかり香りが付くため、コスパが高いメリットがあります。 ですが香りの濃さから、職場での使用は向いておらず、使用できるシーンが限定されることもあります。 接続時間がもっとも長いのは、香水とオードパルファムになります。 一方、オードトワレよりも濃度が薄く、 持続時間が短いのがオーデコロンの特徴です。 量を多めにつけてしまってもくどくならない、ライトな香りの商品が多く、香水初心者さんや香りに酔いやすい方にもおすすめできるタイプです。 香水 パルファム の持続時間:5~7時間• オードトワレの持続時間:3~5時間• オードパルファムの持続時間:5~7時間• オーデコロンの濃度:2~5%• オーデコロンの持続時間:1~2時間 なお、香りの濃度や持続時間は法律で決められた数値ではありません。 持続時間は商品によって異なるので、各商品の時間が気になる方はLIPSの口コミも参考にしてみてください。 オードトワレの代表的な4つの香りの種類 オードトワレには、いくつか代表的な香りの種類があります。 ご自身の好みの商品を見つけるためにも、まずはどの種類の商品を選ぶか決めた上で、具体的な商品を探してみると良いでしょう。 フローラル:ローズ・ラベンダーなど、お花畑を連想させる香り• シトラス:レモン・オレンジなどの爽やかな柑橘系の香り• オリエンタル:アラブ・トルコを連想させるエキゾチックな香り• ウッディ:杉・白壇を連想させる森林のような香り なお、オードトワレに限らず香水はトップ・ミドル・ラストの3段階で、香りが時間とともに変化します。 商品を購入する際には体に吹きかけた瞬間の香りだけで判断せず、変化を体験してから決断するのがおすすめです。 オードトワレを付けるおすすめのパーツと付け方.

次の

「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

オードトワレ パルファム 違い

まず、香水とは様々な香料をアルコールや蒸留水で溶解した溶液のことです。 体や服につけて楽しむ化粧品として位置付けられています。 香水はアルコールや蒸留水で溶かした香料の割合「賦香率 ふこうりつ 」でランク付けがされています。 これらを「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」に分けることができます。 賦香率が低い順に「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」です。 まず、「香水」とは 香水は本来、 アルコールや蒸留水で溶かしていない原液の状態のものを指します。 この記事で紹介する香水の分類には全て「オーデ eau de 」がつきます。 賦香率は 「オーデコロン」<「オードトワレ」<「オードパルファム」<「パルファム」の順です。 ちなみに、香水はアルコールを含むものなので、革製品・シルク・ゴム製品・綿製品・髪などに付けると変色・傷みが生じるため、注意が必要です。 外出時に香水として使うと言うより、気分転換したい時やスポーツ後、お風呂上がりにほのかに香りたい時に使用します。 数プッシュ程度の 「面」で付けるのが一般的です。 そのため、たくさんつけてもきつく香ることは少ないので、使い慣れていない初めて香水を使う方にはおすすめです。 また、プレゼント用として、相手の好みが定かではない場合も選びやすい賦香率になっています。 通勤や通学時の日常使いとしてカジュアルに付ける方が多いです。 「パルファム」よりリーズナブルな価格帯のものが多くなっています。 パーティなど非日常の時にアクセントとして使います。 2 プッシュ程度が最適で、「点」で付けるイメージが一般的です。 まとめ 以上、この記事では、「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」の違いについて解説しました。

次の