スピッツアルバム。 スピッツアルバムリスト

スピッツアルバムリスト

スピッツアルバム

デビューから現在まで活躍を続け、数々の有名なアーティストに影響を与えた日本を代表するバンド スピッツ。 スピッツの探しつづける愛のことば! 傷つくこともなめあうことも包みこまれる。 スピッツ「愛のことば」の歌詞を見てみましょう。 nex-tone. この曲には反戦に対する強い思いが込められていると言われています。 スポンサードリンク スピッツ愛のことば!口コミ紹介 スピッツ「愛のことば」を実際耳にした方の気になる口コミをご紹介致します。 何度聞いてもまた聴きたくなる。 何度聴いてもいちいち感動。 スピッツって不思議。 スピッツを聴けば日本語でも 素晴らしい曲が作れるという事が分かる。 1曲1曲真剣に 作っているのが伝わる。 この曲を聴くと死に行こうとしている誰かの今際の際の切実な生への賛美歌の様な何かを感じてゾッとすると共に深く感動する。 時代とか流行とか一切関係なく生きる事の残酷さと美しさを歌っているから普遍的なんでしょうか。 全く色褪せない。 この曲を聴くたび、1993年ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争でスパイ容疑をかけられたセルビア人兵士と彼のムスリムの恋人がサラエボからの脱出を図ってブルパニャ橋を越えようとし、あと少しで対岸に辿り着くところで狙撃兵によって射殺された出来事を思い出します。 平和ボケ 平和ボケと言われるけれど平和ボケしていられる自分たちは幸せだと思う。 どうして平和なままで乱されないで欲しいという気持ちが平和ボケなんて言葉で片付けられるのか。 もう国歌にして欲しいくらい世界中で聴いて欲しい。 初めて聴いた時に何だこれと衝撃を受けました。 今も聴くたびに衝撃を受けます。 この曲ってどこか陰鬱な雰囲気がありますよね。 この曲に限らずスピッツの曲って表面的には明るいけれど、影と表裏一体になっている様な曲が多くてそこが魅力の一つだと思う。 今この曲が改めて注目されるなんて凄いよね。 そして若くしてこの天才的な曲の展開。 十何年も聴き飽きないわけだ。 このスネアの音がたまらない。 もちろん声にも癒されますが一曲一曲の完成度とグルーブ、曲が全く錆びない所、スピッツ本当に尊敬しています。 スピッツの名曲でありながら異端を感じる。 この曲は人間の暴力と尊厳を私たちに伝えている。 スピッツファン以外の音楽ファンにももっと観てもらいたい。 youtube. そして少し気になる痛ましい事件や平和にまつわる口コミが見られましたね。 この理由は次の歌詞紹介の所でご紹介致します。 スピッツの隠れた名曲と言われる「愛のことば」は1995年9月20日にリリースされた6作目のオリジナルアルバム「ハチミツ」に収録されました。 1995年度の年間ランキング12位という結果を残しました。 スピッツファンにはたまらないアルバムと言えるかもしれません。 ここでアルバム「ハチミツ」の収録曲をご紹介します。 ハチミツ• 歩き出せ、クローバー• 愛のことば• あじさい通り• ロビンソン(11作目のシングル)• グラスホッパー• 君と暮らせたら そしてこの有名アルバムのカバーアルバムがレコーディングされました。 この元になったハチミツは、スピッツが初めてオリコンランキング1位を獲得したアルバムで、JUST LIKE HONEYは、記念に残るアルバムのカバーアルバムとして新たにレコーディングされたもの。 そのレコーディングには、スピッツの影響を受けリスペクトしているアーティスト達が集結! アルバムを丸ごとカバーする「JUST LIKE HONE~ハチミツ~20th Anniversary Tribute」が2014年リリースされ大きな話題を呼びました。 参加アーティストはとっても豪華。 「ハチミツ」がリリースされた頃まだ生まれていなかった方から既に音楽活動を初めていた方まで幅広い世代のアーティストがカバーされています。 今回メインにご紹介させて頂いている「愛のことば」は一体誰がカバーされているのか気になりますよね。 そんな皆さんにトリビュートアルバムに参加されたアーティストの皆さんとカバー曲をご紹介致します。 JUST LIKE HONEY~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~• ハチミツ(赤い公園)• 歩き出せ、クローバー(NICO Touches the Walls)• ルナルナ(鬼龍院翔:ゴールデンボンバー)• 愛のことば(indigo la End)• あじさい通り(クリープハイプ)• ロビンソン(9mm Parabellum Bullet)• Y(GOOD ON THE REEL)• グラスホッパー(ASIAN KUNG-FU GENERATION)• 君と暮らせたら(初恋の嵐 feat. 曽我部恵一)• 俺のすべて(SCOTT MURPHY) 本日アクセスが多い記事のご紹介• レモン水をポッカレモンで作るなら何滴程度を目安に作るのが効果的なのでしょうか? その場合に気をつけること... 三峯神社は、関東で最強の気・強いパワーが集まっている、日本では10指に入る力とエネルギーが充満した神域。 短冊に願いを記し笹の葉に飾る夏の恒例行事 七夕が目前に迫っています。 子供の頃は夢中になって七夕の飾り付... 突然ですがみなさんは現状に満足されていますか? 思い描いた通りの人生を歩んでいるという方もいらっしゃれば... 西新井大師でしか手に入らない魔法の様な指輪が買える事をご存知ですか? 絶大な効果を誇る西新井大師の指輪に... 関東屈指のパワースポットとして人気を集める「三峰神社」は、多くの芸能人やアスリートに親しまれる神社としても知ら... 素敵な出会いが欲しい、片思いの相手を振り向かせたいなど恋愛にまつわる悩みはつきませんが、そんなお悩みを解決する... ディズニーシーのアトラクションの中でも高い人気を誇るセンター・オブ・ジ・アース。 地底探検がテーマのジェ...

次の

スピッツ16thアルバム『見っけ』全曲感想いきます!

スピッツアルバム

【第3位】花鳥風月 記念すべき、カップリング集の1作目。 「スピカ」や「俺のすべて」などのキラーチューンも満載ですが、 後半はちょっと難しい曲が多いので、3位としています。 なお、 「おっぱい」は名曲です。 「君のおっぱいは世界一」と、高らかにマサムネが歌います。 「流れ星」はシングルコレクションにも入っていますね。 椎名林檎がカバーしたことでも、ちょっと話題になりました。 サビに登場する 「幸せは途切れながらも続くのです」という歌詞には、めちゃくちゃ救われた人が多いはず。 ちなみに、仮タイトルは「粉のように」 関連記事: サビの一節なのですが、タイトルにすると全然イメージが変わりますね。 「ロビンソン」のカップリングなんですが、 ロビンソンとどちらをA面(メイン)にするか悩んだらしいです。 盛り上がるので、 ライブの定番曲ですね。 共感しか生まない。 なりたいです、猫。 生きてるだけでかわいいと言われたいです、僕。 おるたなのカバー曲• さすらい/奥田民生• 14番目の月/荒井由実• タイムトラベル/原田真二• 初恋に捧ぐ/初恋の嵐• 12月の雨の日/はっぴぃえんど• さよなら大好きな人/花*花 下でもいくつか紹介しますが、 スピッツがカバーすると、マジでなんでもスピッツの曲になります。 てか、カバーアルバム出してくれませんかね?ユニバーサルミュージックジャパンさん? エレカシの「悲しみの果て」とか、めっちゃ聴いてみたいんですけど。 もちろんマサムネの声による部分が大きいですが、楽器アレンジも「スピッツや〜」って感じ。 ギターのアルペジオとか、動き回るベースフレーズとか、ときどき入るハイハットのキメとかとか。 ほんと、もう スピッツの曲ですね。 ちなみに、「その1・その2はないの?」って話ですが、あります。 「三日月ロック」という曲が3パターンできてしまって、気に入った「その3」を音源化したようですね。 原曲を歌っている原田真二さんは、昭和の大スター。 ただ、タイムトラベル自体の発売は、スピッツも活動していた1994年です。 25年前くらいの曲なのに、全く古臭くないのがスゴイですよね。 でも、こちらも マサムネボイスによって、完全にスピッツの曲へ仕上がっています。 【第1位】色々衣 タイトル通り、さまざまな色が散りばめられた傑作。 ロックな「ハイファイ・ローファイ」「船乗り」から、しっとりした「大宮サンセット」「SUGINAMI MELODY」や、まさにスピッツといった「稲穂」「魚」も、 バラエティ豊かな作品。 さらには、「スターゲイザー」「夢追い虫」といった有名キラーチューンまで。 カップリング集なのに、1つのアルバムとして十分できあがっています。 スピッツが、いかに幅広い楽曲を作っているかを感じられるため、堂々の1位です。 美しく実る稲穂に 愛を知る 夢も終わる頃 駆け出した 風に逆らい 夕焼けが 僕らを染めていた これがアコギの音に乗って歌われるんですよ? もう、めちゃめちゃ景色が浮かびませんか? あたり一面が黄金色で、夕焼けの中で揺れる稲穂。 マサムネさんの声がこの哀愁を加速させる一方で、途中で軽快なドラムが入ってくる展開も最高。 「魚…?」と不思議に思いますが、 曲を聴いた瞬間、「魚!」って感じです。 イントロの時点で、水中を優雅に泳ぐ魚が脳内再生されるんですよ。 タイトルとイントロだけで風景を頭に描かせるとか、相当なセンスがないとできません。 ファンにはおなじみの、 「スピッツのタイトル1文字曲は名曲論」が実証されています。 ドラム・ベース・ギターの全てが 低音を強調していて、ズシッと重いです。 でも、サビに入ると同時に突き抜けるように軽やかな演奏に変わるんですよ。 多分、 サビに入ったときの爽快感は、スピッツで1番じゃないでしょうか?.

次の

アルバム講義:1st Album『スピッツ』

スピッツアルバム

スピッツ• ニノウデの世界• 海とピンク• ビー玉• 五千光年の夢• 月に帰る• テレビ• タンポポ• 死神の岬へ• トンビ飛べなかった• 夏の魔物• うめぼし• ウサギのバイク• 日曜日• 名前をつけてやる• 鈴虫を飼う• ミーコとギター• プール• 胸に咲いた黄色い花• 待ち合わせ• 恋のうた• 田舎の生活• ナイフ• 海ねこ• 惑星のかけら• ハニーハニー• 僕の天使マリ• オーバードライブ• アパート• シュラフ• 白い炎• 波のり• 日なたの窓に憧れて• ローランダー、空へ• クリスピー• 夏が終わる• 裸のままで• 君が思い出になる前に• ドルフィン・ラヴ• 夢じゃない• 君だけを• タイムトラベラー• 多摩川• たまご• スパイダー• 空も飛べるはず(Album Version)• 迷子の兵隊• 恋は夕暮れ• 不死身のビーナス• ラズベリー• ヘチマの花• ベビーフェイス(Album Version)• 青い車(Album Version)• ハチミツ• 歩き出せ、クローバー• ルナルナ• 愛のことば• トンガリ'95• あじさい通り• ロビンソン• グラスホッパー• 花泥棒• 初恋クレイジー• インディゴ地平線• ハヤテ• ナナヘの気持ち• 虹を越えて• バニーガール• ほうき星• マフラーマン• 夕日が笑う、君も笑う• エトランゼ• センチメンタル• 冷たい頬• 運命の人(Album Version)• 仲良し• スーパーノヴァ• ただ春を待つ• 謝々!• ウィリー• スカーレット Album Mix• ハイファイ・ローファイ• 青春生き残りゲーム• 愛のしるし• スピカ• 俺のすべて• 猫になりたい• 心の底から• マーメイド• コスモス• 野生のチューリップ• 鳥になって• おっぱい• 放浪カモメはどこまでも Album mix• いろは• さらばユニヴァース• 甘い手• Holiday• 8823• 宇宙虫• ハートが帰らない• ホタル• メモリーズ・カスタム• 俺の赤い星• ジュテーム?• 夜を駆ける• 水色の街• さわって・変わって• ミカンズのテーマ• ババロア• ローテク・ロマンティカ• ハネモノ• 海を見に行こう• エスカルゴ• 遥か(Album Version)• ガーベラ• 旅の途中• スターゲイザー• ハイファイ・ローファイ(NEW MIX)• 稲穂 NEW MIX• ムーンライト• メモリーズ• 青春生き残りゲーム(NEW MIX)• SUGINAMI MELODY• 船乗り• 春夏ロケット• 孫悟空• 大宮サンセット• 夢追い虫• 春の歌• ありふれた人生• 甘ったれクリーチャー• 優しくなりたいな• ナンプラー日和• ほのほ• ワタリ• 恋のはじまり• 自転車• テイタム・オニール• 会いに行くよ• ヒバリのこころ• 夏の魔物• 魔女旅に出る• 惑星のかけら• 日なたの窓に憧れて• 裸のままで• 君が思い出になる前に• 空も飛べるはず• 青い車• スパイダー• ロビンソン• チェリー• 夢じゃない• 運命の人• 冷たい頬• 流れ星• ホタル• メモリーズ• 夢追い虫• さわって・変わって• ハネモノ• 水色の街• スターゲイザー• 僕のギター• Na・de・Na・de ボ-イ• ルキンフォ-• 不思議• 点と点• 魔法のコトバ• トビウオ• ネズミの進化• ビギナー• 探検隊• シロクマ• 恋する凡人• つぐみ• 花の写真• 幻のドラゴン• TRABANT• 聞かせてよ• えにし• どんどどん• リコリス• さすらい 奥田民生• ラクガキ王国• 14番目の月(おるたな Mix) 荒井由実• 三日月ロックその3• タイム・トラベル 原田真二• 夕焼け• まもるさん• 初恋に捧ぐ 初恋の嵐• テクテク• シャララ• 12月の雨の日 はっぴいえんど• さよなら大好きな人 花*花• 未来コオロギ• 小さな生き物• りありてぃ• ランプ• オパビニア• さらさら• 野生のポルカ• scat• エンドロールには早すぎる• 遠吠えシャッフル• スワン• 潮騒ちゃん• 僕はきっと旅に出る• 醒めない• みなと• 子グマ!子グマ!• コメット• ナサケモノ• グリーン• ハチの針• モニャモニャ• ガラクタ• ヒビスクス• 魔法のコトバ• ルキンフォー• 君は太陽• つぐみ• シロクマ• タイム・トラベル• さらさら• 愛のことば-2014mix-• みなと• ヘビーメロウ• 歌ウサギ• 見っけ• 優しいあの子• ありがとさん• ラジオデイズ• 花と虫• ブービー• YM71D• はぐれ狼• まがった僕のしっぽ• 初夏の日• ヤマブキ•

次の