志村 大悟。 千鳥・大悟が志村けんさん死去後に初めてコメント 『志村でナイト』の後番組MCに! 喜劇王に愛された男は「志村さんに怒られないように…」(2020年4月24日)|BIGLOBEニュース

千鳥大悟が志村けんを師匠と呼ぶのはなぜ?仲良くなったきっかけは?

志村 大悟

お笑いコンビ「千鳥」大悟(39)が12日深夜放送のテレビ朝日「テレビ千鳥」(月曜深夜1・59)に出演。 大悟がお笑いタレントの志村けん(69)の凄さを実感したエピソードを披露した。 大悟と志村の仲の良さがうかがえた。 さらに、大悟は「芸人の先輩後輩みんなに言いたい。 まだ、皆さんお笑いを知らんかったんやなってことを」とした上で「(志村と)コント番組を一緒にやらせてもらってて、本当に勉強になったことがあって…。 結局、ワシらってバリバリ中学校の時にダウンタウンさん見てるから、お笑いの教科書でいうと10ページ目から始めちゃってる」と力説。 「ダウンタウンさんのページにあこがれて芸人の世界に入っているから、実は20年、お笑いの1ページ目を誰もやらずに育ってきた。 わしは芸人20年やって、その1ページ目に触れる時がきたわけよ」と語った。 そこで、大悟は志村とコントで共演したときのエピソードを披露。 コントはミニスカートの女性が落としたコンタクトレンズをはいつくばって探す内容で、女性のパンツを見ていた志村と大悟の表情がオチになっていたという。 大悟は「セリフがないから、スケベなどうしようもない男の顔」をしたが「お笑い界の神様はどんな顔をしてるんやろう」と、下にあるモニターを見たら、鼻血を出しながらも真剣な表情を浮かべていたという。 「自分が鼻血が流したことなんて、本当のスケベは気付いてないわけ。 芝居としては、真剣に下着を見たい顔をしとかんとあかん」と解説。 最後には「勉強なるー」と笑っていた。

次の

【追悼】志村けんと千鳥大悟のほっこりエピソード!すぐ後ろにお前がいるの嬉しい

志村 大悟

コンテンツの内容• スポンサーリンク 志村けんと千鳥大悟が仲良くなったきっかけ 長い間テレビに出演する仕事をやっていると、様々な大御所の方と共演する機会が増えていきますが、大悟さんと志村さんの仲良くなったきっかけと言うのが2017年の 「志村けんのだいじょうぶだぁSP」に出演した時だと言います。 その時に大悟さんは志村さんの代表ギャグである 「変なおじさん」について独自の視点から分析し、志村さんに気に入られたのが2人の仲良くなったきっかけだそうです。 志村さんからすると後輩である大悟さんが人一倍、自分に対して興味を持ってくれている事が嬉しかったんでしょうね。 しかし志村さんは人見知りが強く、初めの頃はお互いに敬語。 名前を呼ぶときも 「大悟君」と言っていたそうです。 その2人がここ1年程でここまで深い関係になるとは、誰も予想しなかったでしょうね。 志村けんが大悟を可愛がる理由 志村さんが現在、一番気に入っている芸人は恐らく大悟さんだと思いますが、2人の仲良くなるスピードは異常に早かったですよね。 その理由としては、一緒にお酒を飲む回数が多いからではないでしょうか。 志村さんも大悟さんも大のお酒好きであり、中には 2夜連続で晩酌した日もあったそうです。 その時の大悟さんはベッドに寝る間もなくイスに座ったまま気絶していたそうで、目を覚ました時には 2時間の寝坊をした程です。 急いで現場入りするとスタッフや共演者は激怒。 しかし 「2夜連続志村さんじゃ」と伝えると、誰も文句を言える人は居なかったそうです。 また、大悟さんが好かれる理由として、誰に対しても同じように接する事や適度に笑いを交えつつも相手を建てる事が上手い事が挙げられます。 一般人から見ても大悟さんは面白いですし、志村さんもその魅力に引き寄せられたのかもしれないですね。 大悟が志村を師匠と呼ぶ理由 では逆に何故、大悟さんは志村さんを師匠と呼ぶようになったのかという事です。 会社で部下が上司についていくように、芸能界でも後輩は付いていく先輩芸人を選びます。 芸人の場合、好きな先輩を師匠と呼ぶ事ができるそうです。 また、若手芸人の場合は将来、自分の利益へ繋がりそうな人を師匠にするのが一般的です。 多くの芸人は ダウンタウンの松本人志さんや浜田雅功さん、千原ジュニアさん当たりを師匠にする人が多です。 しかし大悟さんの場合は逆に 志村けんさんの方から目を付けられ、飲みの誘いを受け続けた結果志村さんが大悟さんを気に入り、見事いい関係を築くことに成功しました。 志村さんにくっついている芸人と言えば 「ダチョウ俱楽部」しか思い浮かびませんからね。 気の毒ですが、その間に入る余地は十分にありそうです。 お互いの心理と関係性 と言っても大悟さんは自分の利益だけを考えて、志村さんを師匠にしたとは思えません。 なぜなら、大悟さんは何も別に 志村さんを師匠にしなくても、自分たちの力だけで仕事を獲得する事は難しくないからです。 東京に進出する前の大阪ではレギュラー番組を多く抱えており、テレビで千鳥を見ない日はないくらい以前から人気があったようです。 また、 芸人のロケ=千鳥をイメージする方も多いでしょう。 それを考えると、わざわざ志村さんに魂を売るような行為をする必要って無いですよね。 大悟さんの性格的に考えると、お酒を飲みながら楽しく過ごしていた相手がたまたま志村けんであり、その志村さんがたまたま大悟さんを気にったから今の関係になったのだと思われます。 あくまで師匠と弟子というよりかは、友達という感覚に近い感じがしますよね。 大悟さんが話す時、志村さんずっと笑っていますし。 その物怖じしない性格とトーク力、破天荒な部分がきっと志村さんに評価されたのだと思います。 今後の仕事に影響は? 現在まで志村さんは自身のレギュラーを務める番組や特番に、ダチョウ俱楽部の上島竜兵を起用する事が多かったです。 一番印象に残っているのは 「バカ殿様」で家来の役を演じている時で、よくバカ殿に弄ばれていましたよね。 上島さんは現在も 「志村の夜」などの深夜バラエティーに出演していますが、今後はオファーが減る可能性が高いと思います。 なぜなら千鳥・大悟さんの出現によって、上島さんの席が奪われつつあるからです。 現在放送中の深夜番組「志村でナイト」では、昔なら上島さんが出演する可能性の方が高かったですが、最近では大悟さんがレギュラーメンバーとして抜擢されています。 志村さんが大悟さんを傍に置きたい理由として• 志村について理解するのが早い• 若年層からも人気が高い• トークが上手い• 下手にこびない• 適度に志村をいじってくれる などが考えられます。 また「志村の夜」では、志村流のお酒の作り方について話題が出た際、上島は最初 「志村さんはお湯割りを作る時、必ずお酒から注がないと怒りますよ」と言っていましたが、実はそれは間違った説明で本当は 「お湯から注いでその後にお酒を入れる」が正解。 それに気づいた上島さんはすぐに訂正していましたが、その時の志村さんの顔は黙ったまま物凄く怖い表情をしていました。 志村さんからすると、これだけ長い付き合いなのに物覚えが悪い上島竜兵に対して怒りを覚えた、もしくは呆れた瞬間だったのでしょう。 今後は上島さんに代わり大悟さんの方が番組に呼ばれ、反対に上島さんはポジションを取られて悲惨な状況になるかもしれません・・・ まとめ 大悟さんには上島さんの分まで頑張ってもらい、どんどん成功して欲しいと思います。 逆に 上島さんの面倒をワシが見てやる!くらいの気持ちがあれば尚好印象ですけどね。 ただ、週3~4でお酒を飲んでいるようなので、病気にならないかが心配。

次の

【動画】志村でナイトの最終回OPが切ない…大悟といつも通りのコントも泣ける

志村 大悟

コンテンツの内容• スポンサーリンク 志村けんと千鳥大悟が仲良くなったきっかけ 長い間テレビに出演する仕事をやっていると、様々な大御所の方と共演する機会が増えていきますが、大悟さんと志村さんの仲良くなったきっかけと言うのが2017年の 「志村けんのだいじょうぶだぁSP」に出演した時だと言います。 その時に大悟さんは志村さんの代表ギャグである 「変なおじさん」について独自の視点から分析し、志村さんに気に入られたのが2人の仲良くなったきっかけだそうです。 志村さんからすると後輩である大悟さんが人一倍、自分に対して興味を持ってくれている事が嬉しかったんでしょうね。 しかし志村さんは人見知りが強く、初めの頃はお互いに敬語。 名前を呼ぶときも 「大悟君」と言っていたそうです。 その2人がここ1年程でここまで深い関係になるとは、誰も予想しなかったでしょうね。 志村けんが大悟を可愛がる理由 志村さんが現在、一番気に入っている芸人は恐らく大悟さんだと思いますが、2人の仲良くなるスピードは異常に早かったですよね。 その理由としては、一緒にお酒を飲む回数が多いからではないでしょうか。 志村さんも大悟さんも大のお酒好きであり、中には 2夜連続で晩酌した日もあったそうです。 その時の大悟さんはベッドに寝る間もなくイスに座ったまま気絶していたそうで、目を覚ました時には 2時間の寝坊をした程です。 急いで現場入りするとスタッフや共演者は激怒。 しかし 「2夜連続志村さんじゃ」と伝えると、誰も文句を言える人は居なかったそうです。 また、大悟さんが好かれる理由として、誰に対しても同じように接する事や適度に笑いを交えつつも相手を建てる事が上手い事が挙げられます。 一般人から見ても大悟さんは面白いですし、志村さんもその魅力に引き寄せられたのかもしれないですね。 大悟が志村を師匠と呼ぶ理由 では逆に何故、大悟さんは志村さんを師匠と呼ぶようになったのかという事です。 会社で部下が上司についていくように、芸能界でも後輩は付いていく先輩芸人を選びます。 芸人の場合、好きな先輩を師匠と呼ぶ事ができるそうです。 また、若手芸人の場合は将来、自分の利益へ繋がりそうな人を師匠にするのが一般的です。 多くの芸人は ダウンタウンの松本人志さんや浜田雅功さん、千原ジュニアさん当たりを師匠にする人が多です。 しかし大悟さんの場合は逆に 志村けんさんの方から目を付けられ、飲みの誘いを受け続けた結果志村さんが大悟さんを気に入り、見事いい関係を築くことに成功しました。 志村さんにくっついている芸人と言えば 「ダチョウ俱楽部」しか思い浮かびませんからね。 気の毒ですが、その間に入る余地は十分にありそうです。 お互いの心理と関係性 と言っても大悟さんは自分の利益だけを考えて、志村さんを師匠にしたとは思えません。 なぜなら、大悟さんは何も別に 志村さんを師匠にしなくても、自分たちの力だけで仕事を獲得する事は難しくないからです。 東京に進出する前の大阪ではレギュラー番組を多く抱えており、テレビで千鳥を見ない日はないくらい以前から人気があったようです。 また、 芸人のロケ=千鳥をイメージする方も多いでしょう。 それを考えると、わざわざ志村さんに魂を売るような行為をする必要って無いですよね。 大悟さんの性格的に考えると、お酒を飲みながら楽しく過ごしていた相手がたまたま志村けんであり、その志村さんがたまたま大悟さんを気にったから今の関係になったのだと思われます。 あくまで師匠と弟子というよりかは、友達という感覚に近い感じがしますよね。 大悟さんが話す時、志村さんずっと笑っていますし。 その物怖じしない性格とトーク力、破天荒な部分がきっと志村さんに評価されたのだと思います。 今後の仕事に影響は? 現在まで志村さんは自身のレギュラーを務める番組や特番に、ダチョウ俱楽部の上島竜兵を起用する事が多かったです。 一番印象に残っているのは 「バカ殿様」で家来の役を演じている時で、よくバカ殿に弄ばれていましたよね。 上島さんは現在も 「志村の夜」などの深夜バラエティーに出演していますが、今後はオファーが減る可能性が高いと思います。 なぜなら千鳥・大悟さんの出現によって、上島さんの席が奪われつつあるからです。 現在放送中の深夜番組「志村でナイト」では、昔なら上島さんが出演する可能性の方が高かったですが、最近では大悟さんがレギュラーメンバーとして抜擢されています。 志村さんが大悟さんを傍に置きたい理由として• 志村について理解するのが早い• 若年層からも人気が高い• トークが上手い• 下手にこびない• 適度に志村をいじってくれる などが考えられます。 また「志村の夜」では、志村流のお酒の作り方について話題が出た際、上島は最初 「志村さんはお湯割りを作る時、必ずお酒から注がないと怒りますよ」と言っていましたが、実はそれは間違った説明で本当は 「お湯から注いでその後にお酒を入れる」が正解。 それに気づいた上島さんはすぐに訂正していましたが、その時の志村さんの顔は黙ったまま物凄く怖い表情をしていました。 志村さんからすると、これだけ長い付き合いなのに物覚えが悪い上島竜兵に対して怒りを覚えた、もしくは呆れた瞬間だったのでしょう。 今後は上島さんに代わり大悟さんの方が番組に呼ばれ、反対に上島さんはポジションを取られて悲惨な状況になるかもしれません・・・ まとめ 大悟さんには上島さんの分まで頑張ってもらい、どんどん成功して欲しいと思います。 逆に 上島さんの面倒をワシが見てやる!くらいの気持ちがあれば尚好印象ですけどね。 ただ、週3~4でお酒を飲んでいるようなので、病気にならないかが心配。

次の