餃子 タネ 作り方。 【本格】プロも唸る!おいしい餃子の作り方|台湾式

簡単おいしい!白菜と豚ミンチの餃子の作り方

餃子 タネ 作り方

「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?「豚バラ」を足すとジューシーに? 教えてくれるのは、 群馬県前橋市 テイクアウト餃子専門店「餃子工房RON」の古澤 篤志さんです。 一般的なギョウザは、豚のひき肉にキャベツなどお好みの野菜や具を入れて混ぜ、皮に包んで焼くだけですが、古澤さんは「これを入れると入れないのでは大違いです。 ギョウザが驚くほどジューシーに仕上がります!」と語っていました。 それが、豚バラ肉です。 通常、スーパーで売っている挽き肉は比較的に赤みが多いです。 古澤さんによると、日本では赤いひき肉でないと売れにくいため、脂肪分の少ない赤身率が80%以上とのことです。 そのため、脂の多い「豚バラ」を足すのが美味しさのポイントです。 豚バラ肉の足し方 3mm角程度に切った豚バラをひき肉と混ぜます。 豚バラを入れる割合は20%です。 豚のひき肉250gに対して、おそよ50gの豚バラ肉を混ぜるといいでしょう。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?ひき肉の下味はしっかりと? ひき肉にしっかり下味を付けることで美味しくなります。 下味のつけ方 1.肉に粉末調味料(砂糖・中華ダシ・コショウ)を入れてよく練ります。 (お好みの調味料をいれてください。 ) 2.粉末調味料がなじんだら、液体調味料(しょう油・お酒・ニンニク・ショウガ)を入れてよく混ぜます。 3.タネが白っぽく粘りがでるまで混ぜます。 ポイントは肉を混ぜ切ってから野菜を入れることです。 野菜を後から入れることで、野菜から出る余分な水分が肉に移りません。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方?キャベツを塩抜きする? ギョウザに入れる野菜と言えば、やはりキャベツですが、キャベツをギョウザの具材として入れるときには、ひと手間加えるとシャキシャキ感が違います。 それは、 みじん切りにしたキャベツを塩でもむことです。 キャベツから水分を多少出すことで、シャキシャキ感が違います。 キャベツから出た水分は捨てずに、肉と合わせます! 塩もみで水分を抜かないと、ギョウザを焼いているときに水分が出てしまい、キャペツの旨みが逃げてしまいます。 野菜の足し方 1.キャベツから抜いた水分をお肉に加えて混ぜます。 2.みじん切りのキャベツ・ニラ・長ネギを入れて混ぜます。 3.最後に片栗粉・ゴマ油を入れて、軽く混ぜたらタネの完成です。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!ギョウザの皮の包み方は? ギョウザの皮の包み方 1.皮の少し上の方にタネをのせます。 2.下の方を3分の1ぐらい折り曲げます。 3.できたカーブを右側から親指と人差し指ではさんで、餃子の皮を付けていきます。 「ハナタカ」ギョウザの美味しい作り方!餃子の焼き方? ギョウザの餃子の焼き方 ギョウザは、 最初から最後まで強火で焼きます。 時間をかけると、せっかく調整した水分が肉や野菜から抜けでてしまうので、短時間で調理した方が美味しいです。 お湯の入れ方ひとつで、皮がモチモチのギョウザに焼くことができます。 ギョウザに直接水をかけて、皮の周のでんぷん質が洗い流され、ギョウザの皮をなめらかに仕上げることができます。 焼き上がったら最後に、追い油をしてください。 サラダ油をフライパンのふちから適量入れるだけで、ギョウザをパリパリに仕上げることができます。 「ハナタカ」「餃子工房 のRON」の場所は? 今回、ギョウザのハナタカを教えてくれたのは、群馬の前橋市の「餃子工房 RON」です。 餃子工房 RONは、創業49年のテイクアウト餃子専門店です。

次の

【ハナタカ】プロが教える失敗しないギョウザの作り方やコツ!餃子のハナタカ(12月26日)

餃子 タネ 作り方

我が家の餃子は、白菜と豚ミンチを使っています。 餃子の餡にはキャベツを使うことも多いと思いますが、白菜のほうがシャキシャキとした食感があって美味しいです。 また、牛ミンチや合い挽きミンチでは餡が固くなってしまうので、豚ミンチをオススメします。 では、早速作りましょう。 作り方 まずは材料から。 特別な食材や調味料は使っていません。 すべてスーパーマーケットで揃います。 材料 中サイズ120個分の材料です。 餃子の個数に合わせて増減していただければと思います。 白菜 半玉• ニラ 3束• 青ネギ 1束• 豚ミンチ 600g• おろし生姜 小さじ1• 調味料 中華だし、醤油、ソース、酒、ごま油 各大さじ1• 市販の餃子の皮 120枚• 片栗粉(餃子がくっつかないようにするため) 豚ミンチ。 特売のときに買っておいて、冷凍保存しておいてもいいですね。 お好みでニンニクを入れてもおいしいです。 でも、入れない方があっさりしてたくさん食べられますよ。 中華だしは、以前は「」を使っていました。 創味シャンタンのほうが臭みが少なく、あっさりした味わいのような気がします。 個人的感想です。 白菜は春が旬です。 春が一番甘くて柔らかくておいしいです。 また、夏は痩せてかさも減る時期です。 逆に冬は丸々としてかさ高くなり重たくなります。 同じ半玉と言っても季節によってかなり量が異なります。 冬の白菜の「半玉」の量くらいです。 120個作るとすれば、夏の白菜では1玉必要かも? 餡を作る 豚ミンチは冷蔵庫から出しておいて、常温にしておきます。 白菜、ニラ、青ネギはみじん切りにします。 白菜は、少し大きめに切った方が、シャキシャキとした食感が増します。 ニラと青ネギは細かく切ったほうがいいです。 白菜のみじん切りは軽く塩をして、揉みます。 塩揉みしていると、かなり水分が出ます。 揉みすぎるとカスカスの餃子になりますし、水分を残しすぎるとべちゃべちゃな餃子になってしまいます。 感触としては「白菜のお漬物」くらいの水分です。 塩味は、お漬物、浅漬けくらいの塩加減くらいがいいです。 ボールに豚ミンチを入れ、調味料、おろし生姜を入れてからこねます。 色が白っぽくなるまでしっかりこねます。 調味料が固まっていると、食べた時に残念な思いをするので、しっかりと混ぜます。 これくらい白くネットリするまでこねるといいですね。 豚ミンチをこねたところへ、塩もみした白菜、ニラ、青ネギを入れて混ぜます。 野菜の隙間に豚ミンチが詰まるような感覚で混ぜるといいですよ。 ここで味見をしましょう。 豚ミンチを生食するわけにはいかないので、ちっちゃいハンバーグを作ってフライパンで焼きます。 しっかり焼いて、味見をします。 食べる時にポン酢や醤油につけるので、薄味がいいです。 味付けがOKでしたら、ボールにラップをして、冷蔵庫で30分ほど寝かせて休ませます。 皮で包む 寝かせた餡を皮で包んでいきます。 皮で包んだ餃子は、お盆の上にラップを敷いて並べていきます。 餃子とラップがくっついてしまうので、ラップの上に茶こしを使って片栗粉を振ります。 餃子の上にも軽く片栗粉を振っておきます。 どうしても餃子から水分が出てきて、べちゃっとしてしまいます。 片栗粉が水分を吸って、いい感じにしてくれます。 餃子を焼く フライパンを熱してサラダ油を敷き、餃子を並べていきます。 火は強火です。 3分くらい蒸し焼きにして、蓋を開け、強火にして水分を飛ばします。 カリッと焼けたら出来上がり。 お皿に盛って召し上がれ。 ぼくの餃子は脂も入れてませんし、味付けも薄味です。 しつこくないから、たくさん食べることができます。 子どもたちから「パパさん、そろそろ餃子食べたい!」とリクトしてもらえる餃子の紹介でした。 ご家族揃って、気の合う仲間たちと、餃子パーティはいかがですか? というわけで、今日はこのへんで。

次の

【本格】プロも唸る!おいしい餃子の作り方|台湾式

餃子 タネ 作り方

パリッ!モチッ!ジューシーな焼き餃子を作るには? パリッ、モチッとした皮を噛むと中から肉と野菜のうま味たっぷり、ジューシーな肉汁が溢れ出る…。 餃子はまさにおかず界の「小宇宙」。 無限の可能性を秘めています。 焼き・茹で・蒸し・揚げ、調理法だけでもまったく違ったものになってしまうのも魅力のひとつですよね。 今回はビールにもご飯にも合う! 甘みのある白菜をたっぷり使った「パリパリ羽根つき焼き餃子」の作り方をご紹介します! 具材や調味料を入れる順番、きれいな餃子の包み方、美味しい焼き方、羽根の作り方も詳しく画像付きで解説します。 ちょっとしたコツで格段に美味しい焼き餃子が作れますよ! 【1】豚肉選び ジューシーな仕上がりが好きだったら脂身が多いバラ肉。 少しあっさりとしたのが好きならバラ肉にロース肉を合わせても。 もっとこだわる人はかたまり肉を包丁で叩いてミンチに。 鮮度も風味も自分で行った方が格段にいいし、自分好みのミンチ具合に調整できるからいいですよね。 ごろっとした肉感が残っている餃子も美味しいですよ。 【2】白菜にする?キャベツにする? 味の決め手のひとつが野菜。 水分量が多いので塩揉みをして水分を絞らないと肉ダネがベチャッとなってしまう。 水分を絞らなくてもOK。 冬になると白菜派、春になるとキャベツ派が多くなる傾向です! やはり旬のものを使いたくなりますよね。 【3】餃子のきれいな包み方 餃子で難関に思えてしまうのが「包み」ではないでしょうか。 肉ダネがはみ出してしまったり、焼いている途中に開いてしまったり…。 でも要領さえ覚えればあとはひたすら繰り返すだけ! 簡単できれいな包み方をレシピでご紹介します。 ちなみになぜ餃子は皮に「ひだ」を付けて包むかご存知ですか? 昔の中国で使われていた馬蹄銀(ばていぎん)という銀でできたお金に似せて「ひだ」を付けて作られたそうです。 見た目の良さもさることながら「ひだ」があることで皮がはがれにくくなる上、伸縮性も出るので焼いている途中に皮が破れてしまうのを防ぐ効果があるんですよ。 【4】上手な焼き方とパリパリの羽根 具材の配合と包み方が完璧でも、焼きを失敗してしまうと台無しです! 焦げた…、ブヨブヨの水っぽい餃子になった…、羽根がパリパリにならない…。 白菜はみじん切りにして塩ふたつまみ 分量外 をふり、塩揉みをして10分置いて水気をよく絞る。 青ネギは小口切りにする。 【肉ダネを作る】 2. 豚ひき肉に塩を加え、粘り気が出るまでよく混ぜる。 【A】を加えて全体になじんだら、青ネギと白菜をざっくりと混ぜる。 【包む】 3. 餃子の皮の中心に肉ダネをのせ、余白の上部分だけに水を少し付ける。 左手の人差し指で皮を右側に押して、右手の親指と人差し指で押された皮をつまむ様につけて4~5か所、間隔を開けて繰り返す。 下を平らにして、全体の形を整える。 【焼く】 4. フライパンに胡麻油・大さじ2をひき、餃子を並べたら中火で4分加熱する。 混ぜた【B】を加え、蓋をして3分、蒸し焼きにする。 しっかりした羽根がお好きな方は薄力粉を大さじ1へ変更してください。 今回ご紹介した基本の餃子レシピを参考にいろいろとアレンジして楽しんでいただければ幸いです! ちなみにオススメのアレンジ具材をご紹介しますね! まずは豚肉を「鶏肉」に代えてあっさりとした餃子にしても美味しいですよ。 野菜は白菜、キャベツ、ニラが一般的ですが、「香味野菜」もオススメです。 一番は「玉ねぎ」! 水分が出やすいので、みじん切りにしたらレンジで加熱して火を通し、水分を絞ってから肉ダネと混ぜて下さいね。 美味しい風味がプラスされて、ジューシーな仕上がりになりますよ。

次の