日本 の スーパー モデル。 世界を虜にするスーパーモデル達の魅惑に耐えることができるか

美しすぎる!90年代の元祖スーパーモデルの「今」

日本 の スーパー モデル

「最もリッチなモデル」としてに登録されている(2006年、ファッションショーにて) スーパーモデル(Supermodel)とは、の中でも特に有名で、世界的な知名度と破格のギャランティーを誇るモデルを指す言葉。 「スーパーモデル」という言葉はに広く知られるようになり 、数百万ドルの報酬と引き換えに有名高級ブランドのオートクチュールや、商業広告に登場することが多い。 またスーパーモデルは世界中の雑誌の表紙を飾る機会が多いが、これについてスーパーモデルと広く認知されているモデルの一人であるは「スーパーモデルになるためには、誰もがその子の存在を知りえるように、世界中の雑誌の表紙を常に飾り続けなければならない」と述べている。 しかし、作家のはクライド・マシュー・デスナーが本を出版する以前のに、『』に「'Super' Models Are Signed for Fashion Show」という見出しの記事を書いている。 とになると「スーパーモデル」という言葉がメディアにたびたび登場するようになる。 に『』はスーパーモデルとしてのに言及した。 には『グラムール誌』が全19人の「スーパーモデル」をリストアップしたほか、『シカゴ・デイリー・ディフェンダー』はに「New York Designer Turns Super Model」という記事を書いている。 『』と『』はに語を使用した。 そして、に『』と『』も語を利用し記事を掲載している。 アメリカ版『』はの記事でに言及するために、カバーページでこの語を使用した。 雑誌『ジェット』もにを「スーパーモデル」と評している。 ディキソンが『』のインタビューで語ったところによると、の彼女のエージェントであるモニーク・ピラールが彼女に「ジャニス、あなたはあなた自身を一体誰だと思う?、スーパーマン?」と尋ねたところ、ディキソンは「いいえ、私はスーパーモデルよ。 」と答えたという。 現在では一般的に、が初のスーパーモデルとして広く認識されている。 1960年代 - 1970年代 [ ] 1968年の『グラムール誌』の記事では、、、、と他15人のトップモデルを「スーパーモデル」として挙げ 、によってもこの言葉が広められたと言われる。 はアメリカのヴォーグ誌の表紙を27 - 28回飾ったモデルとしての記録を持っている。 1970年代に入ると、世間がモデルをより認識できるようになったので、モデルは若干有名になった。 『』編集長は、「より大きくて、より健康な」カリフォルニアモデル を撮影して、写真に彼らの名前を印刷することによって、それまでの『スポーツ・イラストレーテッド・スイムスーツ・イシュー』のモデルの傾向を一新した。 このように、メディアの発達とともにスーパーモデルはその地位の基礎を確立していった。 1975年にがと100万ドルの契約をものにした。 そして、同じ年に『タイム』の表紙を飾り、「新しい美人」のうちの1人と分類された。 そして、ファッションモデルに更なる知名度を与えた。 は 、化粧品会社と巨額の契約をした最初のモデルとなって、『ヴォーグ』の表紙を25回飾った。 は『ヴォーグ』に登場した初めてのアフリカ系アメリカ人モデルである。 またアメリカ版の『ヴォーグ』に限ると、初めて表紙を飾ったアフリカ系アメリカ人モデルはのであった。 またも「最初」ではないが、有色人種のモデルの先駆けであることに間違いはない。 1980年代 [ ] () 初期にがオートクチュール・ブランド()との独占契約をした最初のモデルになった。 1980年代初期、ファッションブランドはテレビ番組や街頭看板などでのコマーシャルを開始し、 、 、、 、 、、といった第一線で活躍するモデルたちはペプシ・コーラやフォード・トラックスのような企業で、単に容姿のみならず、そのネームバリューで広告契約を勝ち取るようになる。 また、モデルの知名度が上がるにつれてだんだんと憧れの的となるようになり、映画スターや人気歌手のように、スーパーモデルは富と名誉、そして美貌を象徴する言葉となっていった。 1990年代 [ ] になると、スーパーモデルたちはメディアを席巻するようになり、スーパーモデル黄金期ともいわれる。 「スーパーモデル」は「スーパースター」と同じ地位を与えられ、トークショーに出演したり、ゴシップ誌に記事が載ったり、、流行のクラブでパーティをしたり、映画に出演をしたり、映画スターとの結婚したりもした。 その名声はよりスーパーモデルの地位を向上させていき、破格の報酬をモデルたちに約束させた。 そんな中、は1990年に雑誌『ヴォーグ』で「1万ドル以下の仕事なら、ベッドから起きないわ!」との主旨の発言した。 このとき彼女が実際にそう思っていたのか、それともセレブリティとしてのリップサービスだったのかは定かではないが、この発言はモデル史で最も悪名高い発言となり、リンダは一時的に第一線から退かざるを得なくなった。 1991年には、一年間で12日だけ仕事をすることを条件に80万ドルを支払うという契約をと結んでいる。 またその4年後にはが一年間で1200万ドルを稼いだとも言われている。 シャネルのデザイナーを務めるはスーパーモデルを映画スターより魅力的であるとの発言もしている。 とくにケイト・モスを除いた5人は雑誌の表紙を幾度も飾り、世界中のブランドのファッションショーに登場し、様々なテレビコマーシャルに登場するなど世間の注目と人気を集め、スーパーモデル時代の絶頂を築いた存在といえる。 しかし1990年代後期入ると、やポップなどの有名人が徐々にファッション雑誌の表紙や広告キャンペーンに起用されるようになる。 これによって、モデルたちが雑誌やテレビなどに登場する機会も減り、スーパーモデルブームは陰りを見せ始めた。 このスーパーモデルブームの終焉には高い報酬と傲慢な態度にファッション業界が嫌気がさしたからだとも言われているが、『ヴォーグ』の編集者はそれを否定している。 ガンディは、モデル自体が洋服を遥かに凌駕する魅力を持ち合わせたためにモデルとしての職業が成立しなくなったこと、また当時はアメリカ出身のモデルが多く、すんなりとアメリカの芸能界に溶け込めていけたのに対して 、非英語圏出身者のモデルが多くなったためにモデル業以外に進出するのが難しくなってきたことを理由としてあげている。 2000年代 [ ] 2000年代初期には、、など出身のモデルがの広告に起用されたことにより一躍有名になったが、ナオミ・キャンベルやシンディ・クロフォードのようなスターダムを獲得するには至っていない。 また2000年代後半にはのモデルがランウェイを多く占めるようになり、、のように他業界でも活躍を見せるモデルがいる一方で、大半のモデルはモデル業以外には進出できずスーパーモデルは衰退の一途をたどっている。 現在 [ ] 現在、高級ブランドはモデルよりも歌手や女優を多く起用しているが、アメリカのランジェリー会社ヴィクトリア・シークレットは若いモデルを積極的に起用している。 ヴィクトリア・シークレットは年末にアメリカの地上波でファッションショーが放送されるために一般人への露出度も高く、その中でも「エンジェル」と呼ばれるモデル契約をすると大々的に宣伝に用いられる。 過去にはハイジ・クルム、タイラ・バンクス、ジゼル・ブンチェン、アドリアナ・リマ、アレッサンドラ・アンブロジオに加えて、、、、などもエンジェルであった。 また一部では、ジゼル・ブンチェンが、近いうちにクラウディア・シファーのようなスーパーモデルとしての地位を獲得することができるただ1人のモデルであると主張しているが 、アメリカ版『ヴォーグ』では、2007年5月に10人のモデル(、、、を含む)を新しいスーパーモデルだと定義した。 また、、といった「昔のスーパーモデル」たちは、有名人や若いモデルたちへの挑戦の意味も込めて、モデル業界に復帰している。 スーパーモデルの比率は、が圧倒的多数を占め やの比率は低い。 男性のスーパーモデル [ ] 男性のモデルは、女性モデルに比べると非常に市場規模は小さい。 そのため、一般的には女性モデルよりも報酬は低い場合が多い。 男性のスーパーモデルと言われる人には、、、、がいる。 批評 [ ] この地位を求めている女性が不健康で痩せていることに対する不満からから告訴まで、産業としてスーパーモデルの批評はファッションプレスの内外で頻繁に行われている。 、『ニューヨーク・タイムズ』のファッションライターによると、「アンドロイド」観察は人気がある。 そして、ファッションを引き立てるために、いくらかのファッション産業慣例によって、中身のない風袋と細い体が役に立つ。 これは、必ずしも本当ではなかった。 1970年代には、黒くて、より重くて、「少数民族」のモデルがランウェイで目立った。 一般メディアは、しばしばこの言葉をスーパーモデルに達しないモデルにも使った。 この点をナオミ・キャンベルも指摘しており、「言葉が少しばかり、ゆるく使われたと思う。 ケイト・モスは明らかにスーパーモデルである。 しかし、ジゼル・ブンチェン以降はスーパーモデルは現れていないと思う」と述べている。 有名なの作家で元モデルのは著書『 Presque Top Model』の中で、スーパーモデルの高まりと低下をとで関連づけた。 関連項目 [ ]• 脚注・出典 [ ] []• CineSmart. 2008年8月3日閲覧。 retrieved July 7, 2006• randomhouse. com. Retrieved July 22, 2007. com. Retrieved July 22, 2007. New Model Army by Kate Patrick, May 21, 2005 retrieved July 7, 2006• Retrieved September 14, 2007. Retrieved September 17, 2007. Dessner, Clyde Matthew. Amazon ASIN:B0007EL7RY• New York Magazine. com July 25, 2004• Cass, Judith. Chicago Daily Tribune "'Super' Models Are Signed for Fashion Show" October 6, 1942. pg 21. December 22, 1977. "Words of the Week: Beverly Johnson". Vol. 53, No. 14, page 40. Dickinson, Janice 2006年6月1日. Instinct Magazine. com. 2007年12月7日時点のよりアーカイブ。 2009年6月9日閲覧。 Cokal, Susann. James Encyclopedia of Popular Culture. 1999. Michigan: Gale Group. Slate. Washington Post. Newsweek Interactive Co. LLC. 2007年11月11日閲覧。 1995年9月24日. 2009年9月6日閲覧。 2009年4月21日, at the. Joy Sewing The Houston Chronicle, Retrieved August 23, 2009• 2010年5月24日閲覧。 com. Retrieved July 23, 2007. Retrieved July 23, 2007. source:you Retrieved October 8, 2007• source: BBC news. October 7, 2007. Death of the Supermodels by C. Johnson, Urban Models October 21, 2002 2006年7月15日, at the. retrieved July 13, 2006• models. com. Retrieved July 25, 2007. 2011年6月11日, at the. Jonathan Van Meter reports• 2009年1月20日閲覧。 2009年1月20日閲覧。 On runways, racial diversity is out Author: Guy Trebay, , 23 October 2007. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - エル・オンライン•

次の

美しすぎる!90年代の元祖スーパーモデルの「今」

日本 の スーパー モデル

バングラデシュ人、日本人、ロシア人の混血で、国籍は未詳。 身長165センチメートル。 東京都出身。 LIBERA所属。 父がバングラデシュ人、母が日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。 双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。 モデルとしては雑誌『ViVi』への露出が著名。 各種テレビ番組などへのタレントとしての露出も活発で、会話の直後に舌を出したり頬を膨らませたり、敬語が苦手なことから誰彼無しに、いわゆるタメ口で接するキャラクターで知られている。 167cm・77-59-85・股下83cm。 モデル事務所のインセントに所属。 「東京スーパーモデルコンテスト」初代優勝者。 とりわけ女性ファッション雑誌『CanCam』におけるモデル活動から著名。 同誌の看板モデルの一人。 本名は、中村 友子(なかむら ゆうこ)。 東京都出身。 プラチナムプロダクション所属。 アメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれ。 兵庫県神戸市育ち。 所属事務所はエイジアクロス。 父がウクライナ人、母が日本人のハーフ。 東京都出身。 スターダストプロモーション所属。 ニュージーランド出身。 オスカープロモーション所属。 2017年8月現在の所属事務所はPANORAMAで、かつては株式会社SGMに所属していた。 愛称はゆきぽよ。 本名同じ。 東京都三鷹市出身。 スターダストプロモーション所属。 千葉県出身。 スウィートパワー所属。 オーストリアウィーン出身、慶應義塾大学環境情報学部卒業。 プラチナムプロダクション所属。 ケイダッシュグループのパール所属。 夫はRIP SLYMEのILMARI。 双子の妹はチャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里。 千葉県出身。 ケイダッシュグループのパール所属。 本名、小栗 優(おぐり ゆう、旧姓:山田)。 日本芸術高等学園卒業。 沖縄アクターズスクール出身(在籍時はB. WAVES所属)。

次の

日本のスーパーモデルは誰?パリコレに出た日本人トップモデル25人!

日本 の スーパー モデル

バングラデシュ人、日本人、ロシア人の混血で、国籍は未詳。 身長165センチメートル。 東京都出身。 LIBERA所属。 父がバングラデシュ人、母が日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。 双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。 モデルとしては雑誌『ViVi』への露出が著名。 各種テレビ番組などへのタレントとしての露出も活発で、会話の直後に舌を出したり頬を膨らませたり、敬語が苦手なことから誰彼無しに、いわゆるタメ口で接するキャラクターで知られている。 167cm・77-59-85・股下83cm。 モデル事務所のインセントに所属。 「東京スーパーモデルコンテスト」初代優勝者。 とりわけ女性ファッション雑誌『CanCam』におけるモデル活動から著名。 同誌の看板モデルの一人。 本名は、中村 友子(なかむら ゆうこ)。 東京都出身。 プラチナムプロダクション所属。 アメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれ。 兵庫県神戸市育ち。 所属事務所はエイジアクロス。 父がウクライナ人、母が日本人のハーフ。 東京都出身。 スターダストプロモーション所属。 ニュージーランド出身。 オスカープロモーション所属。 2017年8月現在の所属事務所はPANORAMAで、かつては株式会社SGMに所属していた。 愛称はゆきぽよ。 本名同じ。 東京都三鷹市出身。 スターダストプロモーション所属。 千葉県出身。 スウィートパワー所属。 オーストリアウィーン出身、慶應義塾大学環境情報学部卒業。 プラチナムプロダクション所属。 ケイダッシュグループのパール所属。 夫はRIP SLYMEのILMARI。 双子の妹はチャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里。 千葉県出身。 ケイダッシュグループのパール所属。 本名、小栗 優(おぐり ゆう、旧姓:山田)。 日本芸術高等学園卒業。 沖縄アクターズスクール出身(在籍時はB. WAVES所属)。

次の