韓国 輸出 規制。 日本との関係改善は必要ない!GSOMIA終了見送りから半年 韓国が日本の輸出規制の解除の動きがないため対応に苦慮 韓国の反応

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

韓国 輸出 規制

韓国政府は日本が昨年7月以降、韓国に対して取ってきた輸出厳格化措置(半導体素材3品目の輸出規制強化と輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」からの除外)が解除されないことに業を煮やし、日本政府に対して「5月末までに態度を明らかにせよ」と迫っていたが、明日(31日)がそのタイムリミットである。 回答期限を切った理由は昨年11月のGSOMIA(日韓軍事情報保護協定)延長決定から半年が経っても、この問題で進展が見られないことに「これ以上待てない」と痺れを切らしたことにある。 政策対話については昨年12月に局長級によって約3年半ぶりに再開され、今年3月にもテレビ会議が行われていた。 キャッチオール規制の整備についても韓国政府は対外貿易法を今年3月に改正し、キャッチオール規制の法的根拠をより明確にさせた。 また、輸出管理体制の強化と人員増についても今月6日付で産業通商資源部の貿易安全保障に関する組織を従来の「課」から「局」に格上げさせ、再編する形で補完している。 こうした措置を講じたことで産業通商資源部の李浩鉉貿易政策官は今月12日、日本に対して「日本側が提起した理由は全て解消された。 もはや日本は輸出規制の強化措置を原状回復することにためらう理由はない」と早期の規制解除を求めていた。 日本が今なお、規制を解除しない理由は定かではないが、仮に明日(31日)までに日本が回答しない場合、韓国は世界貿易機構(WTO)に提訴する方針のようだ。 韓国は昨年11月の「日韓合意」に基づきWTOへの提訴を棚上げにしたが、この「WHOカード」をもう一度持ち出して、「日本の輸出厳規制措置は韓国の輸出管理体制の不備を表向きの理由にしているが、実際は日本企業に賠償を命じた元徴用工裁判決への不当な報復である」ことを訴え、日本に圧力を掛ける構えだ。 韓国がWTO提訴への動きを見せても日本が解除に応じなければ、「新型コロナ」の渦で鎮静化しつつあった日本製品ボイコット運動を再点火させることも辞さない構えだ。 ) 昨年7月の対韓輸出規制強化を受けて韓国全土で巻き起こった「No Japan運動」で訪日韓国人観光客が200万人も減り、日本の観光産業が大きな打撃を被っただけでなく、日本製ビールは40%減少し、韓国で10年続いた外国産ビール1位の座から11位に転落し、自動車販売も前年の1308億円から927億円と400億円も減少し、不振を極めた。 結果として、韓国との貿易額で92億ドル、対韓貿易黒字も49億ドルも減少した。 昨年12月の「日韓合意」直後の世論調査では韓国国民の77.6%が日本製品不買運動については「日本が態度を変更するまで継続すべき」と回答していたことから政府がゴーサインを出さずとも自然再燃する可能性が大だ。 さらに、8月までに解除されなければ、一旦通告したもののその後日本の輸出規制解除を条件に取り下げていたGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄を最後の手として温存しているようだ。 韓国政府は昨年、日本への対抗措置としてGSOMIAを延長しない方針を決定し、8月24日に日本に通告したが、失効(11月23日午前零時)直前に通告を撤回し、1年間の自動延長に踏み切った。 文政権は当時、「我が政府はいつでもGSOMIAの効力を終了できるとの前提でGSOMIAの終了通告の効力を停止させた」と国民に説明していた。 GSOMIAの終了延期が「一時的な猶予」であることを強調することで国民を説得し、同時に日本に輸出規制の撤回を促した。 従って、事前通告期限である8月24日までに輸出規制問題が解決しなければ、否が応でもGSOMIAのカードを切らざるを得ないだろう。 昨年11月の文大統領の「GSOMIA破棄中断」決断を国民の70.7%が「良い決定」と評価したが、その一方で日本が韓国の期待に応えない場合は、53%が「終了(破棄)すべき」との意見だった。 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。 なぜ、「ゼロ回答」に終わったのか、その理由について北朝鮮の情報機関に精通している元人民軍偵察局大尉(金国石)に当時、直接聞いてみた。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 必ず、過去の補償、賠償問題も持ち出すはずだ。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。 それには対話が必要だ。 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった。 特に朝鮮総連はダメージを受けた。 金委員長個人に対する批判は絶対にありえない話だ。 但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている。 軍人ならば当然だと思う。 また、金委員長が日本の首相の前で謝罪しなければならなかったこともそうだ。 別なやり方があったと非難している。 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと。 結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。 自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 軍部忠誠者らにとってはそれを目にすること自体が辛いわけだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 「特殊工作機関に勤めていた経験からして、例えば金正日政治軍事大学は全的に対外工作員を育成する学校である。 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる。 日本から膨大な経済支援や金銭の見返りを手に入れることがあったとしても彼らを出すことは、それにひけを取らない損失であると彼らなりに判断しているはずだ。 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ。 そこで働いている人達を容易には認められないと思う。 今も生存しているとすれば、彼らを生かして返す可能性は薄いとみたほうがよい。 現状では不可能かもしれない。 前回は人民武力相(国防相)が出た。 前回の首脳会談では金委員長は拉致を認めた。 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している。 北朝鮮が一旦死亡したと発表した10人が生存していると発表すれば、収拾できなくなると思っている。 仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。 そうなれば、収拾が付かなくなる。 軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない、死んだままにしたほうがよい』と進言し、金委員長もそれを受け入れようとしている。 そうなれば、いくら金委員長でも、『生存していた』と発表するのは不可能だと思う。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。 日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う。 労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 最高指導者とはいえ、彼らの立場は無視できない。 北朝鮮なりの国益のかかった問題なので、解決には多くの時間を要することになると思う。 今後認めるにしても、彼らが高齢となるか、記憶が乏しくなるか、もう使い道がなくなった時点ではないか。 あるいは、次の体制下(金正恩体制)で明らかにすることはあるかもしれない」.

次の

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

韓国 輸出 規制

記事内容: [アンカー] 日本は昨年7月にフッ化水素を含む半導体材料三品目の輸出規制を開始しました。 ところが、韓国業界は独自の調達能力を備え、むしろ日本の輸出企業に輸出規制のブーメランが戻ってくるという評価が日本の内部で出ました。 業界では、何故そうなったのかと自嘲の混じった声も出ています。 ソリョン特派員です。 [記者] フッ化水素世界1位のメーカーである日本ステラケミファの2019年の営業利益が前年比31%減少した。 主力製品であるフッ化水素の売上高は22%減りました。 この会社は決算報告書で、「韓国の輸出規制などで半導体、液晶に使われるフッ化水素の輸出販売が減少した」と分析した。 昨年7月、日本政府の輸出規制の後、LGとサムスンなどはフッ化水素など3品目の国産化と輸入の多様化に成功しました。 これまで日本が独占供給していたが、韓国でも独自の調達能力を備え、日本への依存度が格段に低くなりました。 別のフッ化水素の輸出業者である森田化学工業も韓国への輸出量は、30%ほど減りました。 日本の業界では、自責の声も出てきています。 日本経済新聞は「日本政府が大人の対応をすることができなかったのでは」という輸出業界の担当者の言葉を伝えました。 昨年7月以降、韓日輸出管理局長級会議が二度開かれたが、日本はまだ輸出規制を撤回せずにいます。 以下、韓国人の反応を翻訳しました。

次の

輸出規制が日本にブーメランになった!全体的に見ると韓国の損害だ!韓国が日本に輸出規制の立場の明確化を要求 韓国の反応

韓国 輸出 規制

産業通商部は12日、昨年7月に発表した「輸出規制強化措置」の問題の解決策を今月末までに出すことを日本政府に要求した。 イホヒョン産業省貿易政策官はこの日、政府世宗庁舎で「日本の輸出規制関連の対応の現状と今後の計画」ブリーフィングを開き、「昨年7月1日、日本政府が対韓国の輸出規制措置を発表してから1年経った状況で、これ以上懸案の解決を遅らせることができない」と明らかにした。 先に日本政府は、輸出規制措置の理由として大きく3つのことを挙げた。 まず、通常兵器のキャッチオール(Catch-All)制度が導入されていなかったという点を指摘した。 キャッチオール制度は非戦略物資も大量破壊兵器の開発と関連性があると判断され、輸出を統制する規制だ。 韓国の輸出規制人材と組織の規模などを根拠にあげ管理実態が不十分であるという点も問題視された。 最近3年間に輸出規制協議会が開かなかったことも、両国間の信頼が損なわれたと見る理由の一つであった。 韓国政府は、このような事由が全て解消され、韓国への輸出に問題がない状況だという立場だ。 産業省は、過去6ヶ月の間に、日本経済産業省の局長級政策対話をはじめ、国・課長級の公式・非公式会議など緊密なコミュニケーションを通じて、お互いの制度とその運用に対する理解と信頼を増進したと主張した。 また、日本側が輸出規制強化の理由として提示した制度の改善を迅速かつ果敢に推進してきたと強調した。 具体的には通常兵器キャッチオール制御のための法的根拠をより明確にするため、3月18日、対外貿易法の改正を完了し、6月19日に施行を控えているという点を根拠として提示した。 輸出管理組織・人材に関連しては、過去6ヶ月で産業省内の貿易安全保障担当組織を既存のユニット(貿易安保課)から国単位の組織「貿易安全保障政策官」に拡大改編した。 これにより、輸出管理審査人員を大幅に拡充しただけでなく、戦略物資、技術流出防止などの貿易安全保障業務を一元化して、専門性もさらに強化したというものである。 輸出規制の3品目である極紫外線(EUV)用レジスト、フッ化ポリイミド、フッ化水素の場合は、過去10か月以上運営過程で健全な輸出取引実績が十分に蓄積されたと見た。 また、一部の品目については、特定の包括許可を可能にするなど、対韓国輸出に問題が発生していないという点も指摘した。 政策官は「韓国政府は、日本政府が3つの品目とホワイトリスト問題の解決策と関連した日本側の具体的な立場を明らかにしてくれることを要求する」とし「日本が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)緊急事態であることを勘案し、今月末までに返信してくれることを要請する」と伝えた。 また、「これまで政策対話を通じて両国間の信頼と理解が十分に蓄積されたことと韓国の制度改善の努力を考えると、日本政府が懸案解決のための意志があれば実質的な進展が行われると確信している」と言及した。 続いて「コロナ19克服の過程で、両国ともに厳しい状況」とし「輸出管理の分野で両国の企業に希望を与える成果が速やかに導出されるようになることを期待している」と付け加えた。 日本を一度思いっきり押してみてください.. 左右左右。 日本の立場では不合理だろう。 その調子だ。 中国や日本は積弊国家だ。 naver. nhn?

次の