イオンウォレット。 イオンウォレットの使い方と評価。紙明細に110円払うつもり?

【重要】アプリ「イオンウォレット」のバージョンアップのお願いと一部OSの対応終了について|イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオンウォレット

現在実施中のイオンカードの新規入会キャンペーン では 2019年7月1日 月 〜9月30日 月 まで、新規入会キャンペーンをおこなっています。 キャンペーン期間中に対象となるイオンカードセレクトを申し込むと、カードの利用代金から 最大で20%のキャッシュバックが受けられます。 キャッシュバックの上限は10万円までなので、 利用額が50万円までなら、最大限のキャッシュバック率で効率的にキャンペーンを利用することができます。 対象となるイオンカードセレクトは全部で4種類あり、通常のイオンカードセレクトのほか、ディズニーデザインやミニオンズデザイン、トイ・ストーリーデザインが選べます。 それでは、実際にイオンウォレットで利用できる便利な機能についてご紹介します。 利用情報が瞬時に確認できる! アプリ内で事前にクレジットカード情報を登録しておくことで、 カードの利用状況・請求明細やポイントの残高などを瞬時に確認することができます。 現時点での利用状況や請求明細が確認できるので、使い過ぎや支払い遅延を未然に防ぐことが可能です。 また、ポイント残高も随時確認ができるので、より効率よくポイントを貯める、もしくは利用することができます。 イオンやコンビニで使えるお得なクーポンをゲットできる! アプリ内にイオンやコンビニなどの系列店で、利用できるお得なクーポン券が配信されます。 いつでもどこでも簡単に利用できるようになっているので、配信されたクーポンを積極的に活用しましょう。 お得情報配信機能 イオンやその他系列店のお得なイベント・キャンペーン情報や、オススメアプリなどの情報が配信されます。 配信された情報はアプリ内のお知らせ画面で確認ができるほか、見逃さないように、プッシュ通知でのお知らせも可能です。 もしイオンカードをお持ちでなくても、アプリをインストールすると、クーポン機能とお得情報配信機能は利用できるので、ぜひお試しください。 イオンウォレットを使ってみよう それでは実際にイオンウォレットを使ってみましょう。 事前準備 まずはイオンウォレットをダウンロードしましょう。 ダウンロード先は以下の通りです。 フィーチャーフォンやパソコンでは利用できないので注意してください。 カード利用情報確認機能の利用手順 step1:アプリの登録を行う まず初めに、アプリを起動し登録を行います。 すでに、イオンスクエアメンバー会員の方は、IDとPWを入力しログインしてください。 また、イオンスクエアメンバー未加入の方は、先にそちらの登録を済ませてください。 step2:カードの登録を行う 次に、お使いのカード情報を登録します。 基本的にはイオンのマークが入っているカードであればすべて登録可能です。 登録できるカードの種類• イオンマークのクレジットカード• イオンデビットカード VISAブランド• WAONカード WAONカードは、クレジットカード、イオンデビットカード VISAブランド を登録することで利用が可能 step3:登録完了後はいつでも利用情報の確認が可能に! カードの登録が完了すると、あとは、いつでもアプリ内に表示されている自身が登録したカードをタップすると、請求明細やポイント残高などの利用情報が確認できます。 クーポン機能の利用手順 step1:クーポンを探す アプリメニューから「クーポン」をタップします。 クーポン一覧画面が表示されるので、ご希望のクーポンをタップします。 step2:クーポンを使う クーポンの詳細画面が表示されるので、内容を確認後、画面下部の「クーポンを使う」をタップすると取得することができます。 あとはお店などで提示して利用しましょう。 お得情報配信機能の利用手順 お得情報配信機能は、アプリ内のお知らせ画面で確認することができます。 また、プッシュ通知から詳細を確認することも可能です。 いずれの機能もとても簡単に利用できるので、ぜひお試しください。 イオンウォレット対象のオススメクレジットカード イオンの提携クレジットカードには、お得に利用できるものがたくさんあります。 ここからは、イオンウォレットの利用対象となっているものからオススメのクレジットカードをいくつかご紹介します。 3つの機能が一体となったお得な「イオンカードセレクト」.

次の

イオンウォレットの使い方と評価。紙明細に110円払うつもり?

イオンウォレット

Contents• イオンウォレットのログイン情報が消える状況の詳細について イオンウォレットでは通常、ログイン情報を登録すると次回から 「自動ログイン」「指紋認証」「4桁数字パスワード」などの簡単な方法でログインを行いイオンのクレジットカード明細を確認することが可能です。 しかし、「自動ログイン」「指紋認証」「4桁数字パスワード」のどれかでログインすると設定したのにも関わらず、 ログイン情報が消えてしまい、ログイン画面 が表示されて再度IDやパスワードを入力しなければいけない状況になります。 イオンウォレットのログイン情報が消える原因 イオンウォレットでログイン情報を登録したのにも関わらず、情報が消えてしまい再度「イオンスクエアメンバーID」と「パスワード」を入力しなければいけない状況になる場合、以下のようなことが原因と考えられます。 パスワード入力後は生体認証の設定画面が表示されるので、利用する場合は「利用する」をタップして、指をスマホの指紋認証部分にあてましょう。 これで、ログイン設定は完了です。 そして、再度イオンウォレットを再起動してみてください。 再起動したのにも関わらず、またログイン画面が表示される場合はこれから紹介する対処法を試してくださ い。 イオンウォレットのログインが消える場合の対処法 イオンウォレットアプリを定期的に起動させる イオンウォレットアプリを定期的に起動させている場合はログイン情報が消えずに済む可能性が高いので、 頻繁にイオンウォレットのアプリを利用するようにしましょう。 推奨環境か確認してみる イオンウォレットアプリの推奨環境は以下のようになっています。 0以上でタブレット端末以外 上記以外の環境の場合は保証対象ではないので、正常に動作しない可能性があります。 もし 使っている端末が推奨環境でない場合はアプリを使わずにブラウザでイオンクレジットカードの明細を確認しましょう。 しばらく待って再度アプリを起動させる ログイン情報を登録したのにも関わらず、再度アプリを起動させると、ログイン情報が消えている場合は 時間を置いて再度アプリを起動させるという対処方法もあります。 しばらく待ってから再度アプリを起動することで何らかのバグが直り、通常通り簡単にログインできる可能性が高まります。 端末を変えてログインしてみる 何度ログインを行って簡単ログインを設定しても、毎回ログイン情報が消えてしまうという場合は、 他の端末でイオンウォレットのアプリにログインしてログイン情報が消えないか確認してみましょう。 例えば、複数端末がある場合は他の端末で試してみたり、他の端末がない場合は家族の端末などを借りて試してみるといいでしょう。 他の端末で試してログイン情報が消えない場合は使っていた端末に何か原因があると確認することができます。 電波が安定した状況で起動させる 公共のWi-Fiなどを使ってイオンウォレットアプリにログインする場合、 電波が弱くて正常にログインできず、ログイン情報が消えてしまっているという可能性が考えられます。 なので、ログイン情報がいつも消えてしまうという方は自宅の強いWi-Fiを使うか、通常の電波を使ってイオンウォレットアプリを起動させてみましょう。 キャッシュを削除する イオンウォレットアプリの ログイン情報が毎回消えてしまうという場合はキャッシュが溜まっている可能性があります。 なので、スマホのキャッシュを綺麗にしていきましょう。 まず、スマホの「設定」をタップ。 実際に私もイオンウォレットを利用していて、毎回ログイン画面になるので、色々と対処方法を試しましたが、 「キャッシュ」を綺麗にすることでログイン情報が消える問題を解消することができました。 アプリ・スマホを再起動してみる アプリやスマホで何らかのバグが起こっている場合イオンウォレットが正常に動作せずログイン情報が消えてしまう可能性があります。 ログイン情報が消えてしまったという場合にはアプリ・スマホを再起動してみましょう。 そうすることで、起動中のアプリタスクが表示されるので、イオンウォレットのタスクをスライドして削除。 これで、再度イオンウォレットを開けば再起動になるので、ログイン情報が戻っているか確認してみましょう。

次の

イオンカードにはおトクなクーポンが満載!利用方法を教えて

イオンウォレット

イオンウォレット基本機能 イオンウォレットはカードアプリとして必要な機能はしっかり抑えています。 利用明細・ポイントといったイオンカード利用者が気にするであろう情報をスマホですぐ確認できるので、イオンでの買い物の際にポイント戦略をすぐ立てることも可能です。 イオンウォレットは、 パソコン版の照会サイトであるイオンスクエアへの登録が必要です。 イオンスクエアの一部の機能をイオンウォレットで確認できるので、登録しないとデータの照会ができません。 公式サイト 利用明細の確認 イオンカードには多くの種類があり、イオン以外に利用する店舗がある人は、その店舗が発行しているイオンカードも持っていることがあるでしょう。 これらのデータをスマホだけで確認できるのです。 スマホでは確認できる情報が限られますが、アプリやサイトで知りたい情報は 利用額と 支払日、そして ポイントの3つではないでしょうか。 イオンウォレットはこの3つを全て確認することができます。 引落日前にチェックする習慣がついていれば、引落不能になることはないはずです。 クレジットカードの引落不能は、信用情報に直結します。 そのため、イオンウォレットで照会する習慣は大切なのです。 公式サイト ポイント確認ができます 複数のイオンカードを持っている人はポイントをひとまとめにしてWAONなどに移している人も多いでしょう。 そして、そのWAONを買い物の都度利用するためには、残額がどれだけあるかの確認も必要です。 一見パズルのようなことになっていますが、イオンウォレットを利用すれば難しい事ではありません。 複数のイオンカードを一元管理 複数のイオンカードを持っている人であっても、毎月すべてのカードを利用しているわけではないでしょう。 利用しない月があるかもしれません。 ただ、そのようなカードを利用すると、 利用したこと自体を忘れ、引落不能になることがあります。 この場合、先ほど述べた信用情報に響くため、ぜひ避けたいことです。 複数のイオンカードがあっても、 全てのカードの利用明細を一元管理できますから、支払を忘れることを防ぐことができます。 イオンウォレットの隠れたメリットと言えるのではないでしょうか。 公式サイト お得情報も満載 イオンカードを持っていない人でもイオンウォレットが役立つことがあります。 イオングループのお店で発行している クーポンがイオンウォレットに配信されるのです。 また、イオングループのイベントもキャッチできます。 イオンウォレットはイオンカードユーザー以外には用がないと思われがちです。 しかし、イオングループの店舗はイオンのお店だけではなく、他にも数多くあります。 自分が気づいていないだけで、利用している店舗がイオングループということもあるかもしれません。 イオンのお店をお客様感謝デーだけしか利用しない人も多いかもしれません。 でも、お得情報があればもっと有効利用できるでしょう。 イオンウォレットでお得情報をキャッチしませんか? クーポンが届きます イオンウォレットをダウンロードすると、 イオンやコンビニで利用できるクーポンが届きます。 クーポンの利用は画面を見せるだけでOKの事もあればバーコードをスキャンしてもらったり、通販などの利用の際にコードを入力したりする事もあります。 多くの店舗がクーポンを提供しているため、利用方法がマチマチなのです。 店舗だけではなく、通販でも利用できる可能性があるため、どんな店舗から届くかが楽しみではないでしょうか。 スマホのアプリですから、毎日ちょっと確認するだけでOKです。 毎日の楽しみが一つ増えたと言えるかもしれません。 公式サイト イベント情報も配信 イオンの店舗で企画する キャンペーン情報なども配信されます。 お知らせ機能があるのでそこから見ることもできますし、プッシュ機能やポップアップ機能で確認することもできます。 プッシュ機能やポップアップ機能はタイムリーにわかって便利でいいのですが、ちょっと煩わしいと言う人もいらっしゃるでしょう。 そのような方はお知らせ機能で確認することをお勧めします。 イオンのお店をよく利用される人には必須の情報と言っていいのではないでしょうか。 公式サイト キャンペーン実施中!! 🙂 2017年10月1日から2017年11月20日までにイオンウォレットをダウンロードし、登録カードを利用すると ときめきポイントがもらえます。 ダウンロードだけで200ポイントもらえるので、始めようとする人は今がチャンスです。 また、更に登録したイオンカードを利用すると抽選で千人に1000ポイントのプレゼントチャンスがあります。 イオンのデビットカードも登録できますが、デビットカードなどのように対象外のカードがあるので注意が必要です。 イオンカード利用者にとって非常に便利なカードアプリなので、ダウンロードしていなければ今の機会は特にお勧めと言えます。 公式サイト.

次の