てん ち む 天てれ 時代。 NHK大河『いだてん』が理解困難…時代が次々入れ替わり&登場人物多過ぎでゴチャゴチャ

天領

てん ち む 天てれ 時代

五輪マーク 今年の NHK大河ドラマ『 いだてん』の第1話が6日、放送された。 明治42年、柔道創始者で東京高等師範学校校長である嘉納治五郎(役所広司)は、駐日フランス大使から、スウェーデンのストックホルムで開催される次回五輪に日本も出場すべく、話を取りまとめるよう要請される。 嘉納は要人への説得や金策に奔走するが、東京高師教授でヨーロッパから日本に体操を持ち込んだ人物でもある永井道明(杉本哲太)からは、第4回ロンドン五輪を現地で観戦した経験から、欧米人に体格の劣る日本人がもし五輪に出場すれば「死人が出る」と指摘される。 また、日本体育会会長の嘉納久宜や文部大臣の小笠原からも、「体育は教育。 子どもたちに健康な肉体を授けるのが我々の使命。 結局、嘉納は五輪参加辞退を伝えるためフランス大使館を訪れる。 だが、そこで大使からストックホルム五輪の会場となる競技場の完成予想図やポスターを見せられ感銘を受け、勝手に日本も参加すると宣言してしまう。 日本人初のIOC(国際五輪委員会)理事となった嘉納は、大日本体育協会を設立して初代理事長に就任。 それでも五輪参加に反対する嘉納久宜らに対し、「平和のための真剣勝負。 相手を憎むのではなくて、認めた上で勝とうとする。 相互理解だ。 それが五輪の精神であり、日本の武道の精神だ」と五輪参加の意義を訴える。 そして五輪参加選手を選考するため、東京・羽田に運動場を整備し、大運動会を開催。 「死人が出る」と強硬に反対する永井を尻目にマラソンを実施するが、次々と落伍者が出る事態に。 嘉納らが沈痛な面持ちで選手のゴールを待っていると、豪雨のなかを颯爽と走る金栗四三(中村勘九郎)が運動場に現れ、世界記録を大きく上回る記録でゴールテープを切るところまでが放送された。 このほかにも、日本で初めて開催された東京五輪の招致成功に沸く昭和34年の東京を舞台としたドラマも描かれ、2つの時代を行き来するかたちで物語は進行していったが、映画業界関係者は語る。 「金栗が日本人として初めて五輪に出場するに至った背景には、どのような経緯があったのかという歴史的エピソードや人間ドラマの数々は、見ていて興味深く感じました。 それに加えて、特に前半部分の嘉納にまつわるドラマ部分は、時代背景の説明不足のためか、嘉納がいったい何をやっているのか、いまいち理解できないままドラマが進んでいってしまいました。 もし第2話以降も同様に2つの時代がパラレルに展開されるのだとしたら、特に大河のメイン視聴者である60代以降にとっては、かなり厳しいものがあるのではないでしょうか」.

次の

グーテンベルクの時代―印刷術が変えた世界

てん ち む 天てれ 時代

<出典:> 第10代天皇 崇神天皇 すじんてんのう (紀元前148年~紀元前30年) 学術上、実在の可能性が高い初めての天皇が崇神天皇です。 崇神天皇は、奈良県桜井市の三輪山麗を中心に領土を拡大し、大和政権の基盤を作ったと考えられています。 崇神天皇が政治をおこなっていたころは、疫病が流行しました。 そこで天照大神と倭大国魂神 (やまとおおくにたまのかみ)を殿内に祀るのをやめ、天照大神を笠縫邑 (かさぬいのむら)に移しました。 これが後に伊勢神宮の誕生につながります。 また、崇神天皇は、「四道将軍」として将軍を派遣しました。 大彦命 (おおびこのみこと)を北海道に。 武渟川別命 (たけぬなかわわけのみこと)を東海道に。 吉備津彦命 (きびつひこのみこと)を吉備・山陽道に。 丹波道主命 (たんばのみちのぬしのみこと)を山陰道に。 こうして、崇神天皇に従わないものを討伐していきました。 崇神天皇は、税制もつくりました。 男女に「調 (みつぎ)」と呼ばれる税を課していて、外国との貿易もしていたようです。 ちなみに、崇神天皇の登場を境に多数の原始的国家が統合したという見方が多く、崇神天皇を初代天皇と考えたり、崇神天皇と神武天皇を同一視する見方もあります。 <出典:> 第11代天皇 垂仁天皇 すいにんてんのう (紀元前69年~紀元後70) 垂仁天皇は崇神天皇の三番目の子ども。 古代天皇のなかでも実在していた可能性が高い天皇です。 垂仁天皇は崇神天皇の政策を引き継ぎ、生産力の拡充や、新羅(朝鮮の国)などとの交流を積極的に行いました。 特に水田開発を熱心に行い、諸国に800余りの池・溝を作りました。 垂仁天皇は殉死の風習も排除しました。 その代わりに埴輪を使うことで、殉死する者を減らしました。 伊勢神宮に天照大神を祀ったのもこの時代でした。 天照大神に奉仕していた垂仁天皇の第4皇女・倭姫命 (やまとひめのみこと)が鎮座すべき地を求めて、たどり着いたのが五十鈴の川上(三重県伊勢市)。 ここに、祠をたて、創祀しました。

次の

第10~11代天皇 崇神天皇~垂仁天皇

てん ち む 天てれ 時代

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2015年6月) 天領(てんりょう)は、におけるの直轄地の俗称で、このほか 幕府直轄領、 徳川幕府領、 徳川支配地、 幕府領、 幕領など様々な呼称があり、必ずしも絶対的な単一の歴史用語ではない。 幕府直轄領は元禄以降、全国で約400万石あった。 その領地は日本全国に散らばっており、江戸時代を通じて何らかの形で幕府直轄地が存在した国は51ヶ国と1地域(蝦夷地)に及び 、年貢収取の対象となる田畑以外に・の要衝と、主要な、城郭や御殿の建築用材の産出地としての山林地帯が編入され江戸幕府の主要な財源であった。 幕府直轄地が「天領」と呼ばれるようになったのはである。 後に幕府直轄地がに返還された際に、「天朝の御料(御領)」などの略語として「天領」と呼ばれたのがはじまり。 その後、この呼称が江戸時代にもさかのぼって使われるようになった。 よって、江戸時代に使われていた呼称ではない。 江戸幕府での正式名は 御料・御領(ごりょう)であり、その他、江戸時代の幕府法令には (ごりょうしょ、ごりょうじょ)、 代官所、 支配所(しはいしょ、しはいじょ)とある。 江戸時代の地方書では大名領や旗本領を私領としたのに対して 公領・公料、また 公儀御料所(こうぎごりょうしょ)とある。 大政奉還後の4年(、同年明治元年)には徳川支配地を天領と呼んだ布告があるが、同時期の別の布告では「これまで徳川支配地を天領と称し居候は言語道断の儀に候、総て天朝の御料に復し、真の天領に相成候間」とある。 幕府の直轄地についての呼称については、従来は「天領」と表記していたが、この「天領」という呼称が明治以降の俗称であるという点から、近年では「幕領」と呼ぶ傾向になっており、全国の歴史教科書なども「幕領」への表記の変更が進められている。 高山陣屋表門 幕府直轄の各領地にはがつくられ、や・が支配した。 またとして近隣のに支配を委託したものもあった。 観光地として有名なのは、江戸幕府が飛騨国を直轄領として管理するために設置した代官所・郡代役所である。 (11年)には東(北海道太平洋岸および千島)が、(4年)にはおよび西蝦夷地(やおよびオホーツク海岸)が天領とされ、このとき奉行所はに置かれた。 文化6年()に西蝦夷地から、樺太が北蝦夷地として分立。 (4年)には一旦領に復した。 (2年)になると、和人地の一部と蝦夷地全土が松前藩領から再び天領とされているが、(安政6年)の6藩分領以降に東北諸藩の領地となった地域もあった。 は、の元年()からに置かれた。 江戸時代末期に首座となったは、の一環として(の十里四方を天領とする)を発令したため、天領の石高は増えたが、周辺に領地を持つから大きく非難された。 天領の規模の変遷 [ ] 豊臣政権末期には、全国検地高1850万石余の内、12. 一方徳川氏の関東入国当時の蔵入地の実態は明らかではないが、所領伊豆・相模・武蔵・上総・下総・上野の六か国240万石余のうち、100~120万石が直轄化されていたと推定されている。 関ヶ原の戦いののち、豊臣氏の蔵入地の接収を含む没収高622万石余が論功行賞の加増・加転に、さらに徳川一門やの創出、直轄領の拡大に当てられているが、江戸幕府の直轄地も、初期においては豊臣氏のそれと大差なかったものと考えられ、江戸幕府成立時点で230~240万石が幕府直轄領であったと考えられる。 上方・の天領の石高・年貢高に関しては、著『癸卯日記 四』所収の「御取箇辻書付」により元年(1716年)から12年(1841年)までの年度別の変遷が古くより知られていたが、さらに大河内家記録「御取箇辻書付」 の発見により、17世紀中頃からの天領の石高の変遷が明らかになった。 それによれば、天領の石高が初めて300万石を超えたのが政権下の3年(1660年)だが、の前後には300万石を切り、3年(1675年)に至って再び300万石台を回復し、以降300万石を下回ることはない。 政権下になるとによる天領石高の増加が著しく、5年(1692年)に初めて400万石を突破し、6年(1709年)以降400万石を下回ることはない。 政権下では無嗣断絶による公収が相次ぎ、享保16年(1731年)には450万石に達し、元年(1744年)には江戸時代を通じて最大の463万4076石余となった。 その後徳川が相次ぎ分立することにより、延享4年(1747年)以降天領の石高は減少する。 宝暦13年(1763年)から5年(1793年)まで430万石台を維持した後、寛政7年(1795年)~寛政10年(1798年)には再び450万石台に戻るが、その後徐々に石高は減少し、9年(1838年)には410万石台に落ちる。 天保以降では文久年間の石高の数字が残っており、まで410万石台を維持したと考えられる。 なお個々の年度の石高は史料によって異なり、例えば7年(1694年)の天領総石高は、『癸卯日記』所収の「御取箇辻書付」では395万5560石余とあるのに対し、『近藤重蔵遺書』所収の「御蔵入高並御物成元払積書」では418万1000石余と20万石以上の差がある。 また天保9年(1838年)の天領総石高は『癸卯日記』所収の「御取箇辻書付」では419万4211石余とあるのに対し、『天保九年戌年御代官並御預所御物成納払御勘定帳』では419万1968石6斗5升8合9勺9才、天保12年(1841年)の天領総石高は『癸卯日記』所収の「御取箇辻書付」では416万7613石余とあるのに対し、同じ向山誠斎の著作である『丙午雑記』所収の「天保十二丑地方勘定下組帳」では412万2044石3斗0升8合9勺8才と、微妙に数字が異なる。 以下に『大河内家記録』と『癸卯日記』所収の「御取箇辻書付」による天領の石高・年貢高の変遷の詳細を示す。 譜代の大名や旗本への加増・改易・減封や臨時の役知の支払いは天領を切り崩して行われるため、天領の所領・石高は年度毎に必ず変動する。 文化5年(1808年)分は神宮文庫「勘定出納大略」では米185万1226石余となっている。 天保13年(1842年)の分は編『吹塵録』所収「天保十三年全国石高内訳」により、年貢高は不明。 日本全国の総石高に占める天領の割合は、慶長10年(1605年)における日本全国の総石高2217万1689石余に対して推定230~240万石であり、10. 4~10. また元禄10年代(1697年~1703年)の全国の石高(元禄国絵図・郷帳高)2578万6929石余に対して約400万石であり、15. さらに天保期における日本の天保年間の総石高(天保国絵図・郷帳高)は3055万8917石余と算出されているが、勝海舟編『吹塵録』所収「天保十三年全国石高内訳」によると、1842年(13年)の天領は総石高の13. 1 御料所高 - 幕府直轄領(天領) 419万1123石余 13. 7 万石以上総高 - 2249万9497石余 73. 6 寺社御朱印地 - 29万4491石余 1. 0 高家並交替寄合 - ・(老中支配の旗本)領 17万9482石余 0. 6 公家衆家領寺社除之分 - 領・領・寺社除地 、 万石以下拝領高並込高之分 - (若年寄支配の旗本)知行所・込高地 335万4077石余 11. 0 六拾余州並琉球国共 - 日本全国・領地総計 3055万8917石余 100. 0 注釈 [ ]• 寺社名義の所領のうち幕府による年貢取立の対象になっていない土地。 転封などの際に、知行高は変らないのにもかかわらず新旧所領の年貢率の違いによって領主が実質的減収となってしまう場合、特別に加増された石高。 天領の内訳の変遷 [ ] 徳川の関東入国直後には、直轄領は関東総奉行や代官頭によって支配されていたが、慶長年間に関東総奉行や代官頭が消滅後は、その配下の・手代衆が昇格して天領支配を担当するようになった。 また江戸時代の当初から遠隔地の都市・港・鉱山にはが置かれていたが、こらも支配下に統合された。 これとは別に大名に支配を委ねた大名があった。 豊臣政権の太閤蔵入地が形を変えたもので、徳川綱吉による幕府支配機構の整備と強化のもと、貞享4年(1687年)に廃止されたが、元禄4年(1691年)には復活した。 さらに正徳2年(1712年)には財政立て直しのために再びにより大名預地は廃止されて代官の直支配となったが、年貢収納率の低下を招いたため、享保7年(1722年)に再び徳川吉宗により大名預地は復活した。 天領は当初関東と上方の二分に分けられていたが、享保2年(1717年)以降、関東・海道・北国・東国・畿内・中国・西国の七筋に区分されるようになった。 18世紀以降の天領の石高における内訳の変遷は以下の通りである。 天領石高内訳変遷 内訳 元禄15年 (1702年) 享保15年 (1730年) 宝暦7年 (1757年) 天保9年 (1838年) 文久3年 (1863年) 郡代・代官支配地 3,867,435. 700 3,602,380 3,896,000 3,284,478. 26665 3,173,924. 14438 関東筋 1,199,833. 906 1,076,451 1,149,400 932,014. 13504 882,192. 33367 畿内筋 662,924. 000 668,647 414,300 463,696. 31026 521,454. 30627 海道筋 497,333. 000 738,747 715,300 719,794. 80472 691,916. 20596 北国筋 555,300. 000 267,118 734,400 355,058. 24664 240,506. 50338 奥羽筋 455,394. 794 319,988 380,000 375,375. 91618 378,040. 55971 中国筋 252,050. 000 407,564 365,000 284,327. 64181 286,813. 23685 西国筋 244,600. 000 123,865 137,600 154,211. 21200 173,000. 99854 遠国奉行支配地 138,188. 000 139,651 9,100 144,196. 73099 149,406. 53199 浦賀(相模国)奉行 770 700 6,517. 38299 3,456. 14331 神奈川(武蔵国)奉行 6,187. 78250 伏見奉行 4,320. 000 4,494 5,000 5,166. 68200 5,174. 96700 佐渡奉行 130,433. 000 130,952 132,512. 66600 132,572. 37700 新潟(越後国)奉行 2,015. 26218 長崎奉行 3,435. 000 3,435 3,400 代官・遠国奉行支配地合計 4,005,623. 700 3,742,031 3,905,100 3,428,674. 99764 3,323,330. 67637 大名預所 739,025 577,800 763,366. 31504 752,411. 43166 関東筋 12,700 44,551. 89540 畿内筋 42,272 255,800 106,465. 51481 83,296. 10637 海道筋 59,909 30,400 70,710. 78082 70,710. 78082 北国筋 397,955 123,700 254,358. 19707 256,785. 96562 奥羽筋 180,207 103,500 170,964. 18122 166,818. 83083 中国筋 34,273 23,300 111,829. 02950 103,141. 17024 西国筋 24,409 28,400 49,038. 61162 27,106. 68238 総石高 4,481,056 4,482,900 4,192,041. 31268 4,075,742. 10803 関連用語 [ ]• - 石高1万石以上のが知行する領地(大名領)。 - 石高1万石未満のが知行する領地(旗本領)で、大名の「〜藩」とは区別して「〜領」と呼んだ。 - ・・の財政基盤となった御料地。 公家衆家領 - ・の財政基盤となった料所。 - 由緒あるやに幕府が特例の朱印状をもって付与した所領で、表向きには公領扱いのため領内で幕府の代官が年貢を取り立てることもあった。 寺社除地 - 寺社名義の所領のうち寺社が占有的に支配することを得た私領で、幕府への年貢も免除され収益は全て寺社のものとなった。 幕末の天領 [ ] この節のが望まれています。 地方区分は現代のもの。 人名は代官を務めた。 北海地方 [ ] いずれもの「」。 ()後のおよびをカッコ内に記す。 東()• 警固地 - 択捉場所シヤナ()• 東蝦夷地()• 仙台藩警固地 - 根室場所付島々(の島嶼部)• 東蝦夷地()• 仙台藩警固地 - 釧路場所(、、、、、)• 東蝦夷地()• 仙台藩警固地 - 幌泉場所()、様似場所()、浦河場所()、三石場所()、静内場所()、新冠場所()、沙流場所()• 東蝦夷地()• 仙台藩警固地 - 勇払場所(、)• 警固地 - 室蘭場所(西部)、有珠場所()、虻田場所フレナイ(南西部を除く)• (胆振国)• 南部藩警固地() - 山越内場所()• 北蝦夷地()• 警固地(陣屋・陣屋、元年以降仙台・会津・庄内の3藩も加わった) - 樺太場所(、、、、、、のうちと)、樺太直捌場所(長浜郡のうち外知床村、、、)• 出張所 - 石狩御直場所(、)• 準領 - (、、北樺太ホロコタンまで)• ・・・・・警固地(年間以降、静香川近辺に警固の拠点) - 樺太直捌場所(、(安房勝山藩が藩士や領民を遣わし漁場を開設)、)• 西蝦夷地()• 警固地 - 網走場所()• 秋田藩警固地(宗谷陣屋) - 宗谷場所サンナイ(宗谷岬周辺の柵内、の一部)• 西蝦夷地()• 石狩役所(警固) - 厚田場所()、石狩十三場所(、、、、、、)• 和人地()• 石狩役所(警固) - 小樽内場所()、高島場所()、忍路場所()、余市場所()、古平場所()、美国場所()、積丹場所()• 庄内藩警固地 - 古宇場所()、岩内場所()、磯谷場所()、歌棄場所()• 警固地 - 瀬田内場所()、太櫓場所()、奥尻場所()、久遠場所など()• 和人地()• 南部藩警固地() - 東在((旧箱館六ヶ場所)、東部)• 警固地() - 東在(、亀田郡のうち以西)• 津軽藩警固地 - 西在(のうち以北) 奥羽地方 [ ] 戊辰戦争()後の令制国をカッコ内に記す。 桑折代官所 - 62村、43村• 陸奥国()• 塙代官所 - 30村、36村、49村、15村• 小名浜代官所 - 19村、38村• 桑折代官所 - 1村• 長岡代官所 - 113村 関東地方 [ ]• 安藤伝蔵 - 19村、9村、17村、38村、102村• 北条平次郎 - 茨城郡5村、新治郡2村• 福田所左衛門 - 茨城郡1村、新治郡2村、1村、真壁郡2村• 多田銃三郎 - 10村• 小川達太郎 - 鹿島郡13村、3村、新治郡1村、48村、信太郡16村• 大竹左馬太郎 - 鹿島郡1村、行方郡1村• 林金五郎 - 鹿島郡1村• 河津伊豆守 - 河内郡8村、信太郡1村• 真岡代官所(山内源七郎) - 真壁郡9村• (岩鼻陣屋) - 64村、50村、17村、36村、41村、85村、17村、25村、44村、7村、66村、43村、50村• 真岡代官所(山内源七郎) - 54村、2村、3村、46村、75村、59村、13村• - 29村、17村• 佐々井半十郎 - 相馬郡7村• 関東在方掛(布佐陣屋) - 葛飾郡222村、23村、27村、31村、31村、49村、99村、27村、125村、26村、19村、相馬郡49村• 関東在方掛(布佐陣屋) - 1村、31村、24村、27村、11村、2村、31村、51村、42村• 関東在方掛(布佐陣屋) - 1村、19村、10村、32村• 松村忠四郎 - 52村、72村、7村、83村、11村、78村、38村、14村、14村、55村、67村、4村、19村、3村• 佐々井半十郎 - 豊島郡14村、足立郡114村、202村、埼玉郡38村• 大竹左馬太郎 - 豊島郡17村、足立郡176村、葛飾郡6村、埼玉郡90村• 大河内金兵衛 - 足立郡1村• 福田所左衛門 - 足立郡2村、埼玉郡1村、大里郡2村• 小笠原甫三郎 - 葛飾郡70村、埼玉郡11村• () - 多摩郡159村、久良岐郡5村、比企郡4村、入間郡3村、1村、1村• - 橘樹郡2村、都筑郡1村• 荒井清兵衛 - 埼玉郡1村• 平岡忠次郎 - 埼玉郡1村• 木村飛騨守 - 埼玉郡21村、比企郡15村、25村、入間郡5村、榛沢郡23村、5村、23村、2村、横見郡12村、大里郡2村、8村、9村• 大岡忠四郎 - 榛沢郡1村• 中山誠一郎 - 榛沢郡1村• 伊奈半左衛門 - 榛沢郡1村、児玉郡2村• 川田玄蕃 - 児玉郡1村• 大音竜太郎 - 賀美郡1村• - 久良岐郡1村• 神奈川奉行預所 - 久良岐郡11村、橘樹郡13村• 韮山代官所(江川太郎左衛門) - 65村、43村、37村、3村、3村、15村• 松村忠四郎 - 鎌倉郡4村• 預所 - 三浦郡10村、鎌倉郡1村 北陸・甲信地方 [ ]• 川浦代官所 - 79村• 出雲崎代官所 - 頸城郡135村、106村、36村• 脇野町代官所 - 魚沼郡11村、三島郡6村• 水原代官所 - 299村、3村、三島郡2村• 預所 - 岩船郡91村• 預所 - 魚沼郡81村• 預所 - 頸城郡234村• 預所 - 蒲原郡65村• 預所 - 蒲原郡1村• 預所 - 17村、魚沼郡20村、31村、蒲原郡144村• - 100村、61村、100村• 預所 - 15村、23村、22村、1村• - 18村(白山麓18か村)• 飛騨郡代(本保代官所) - 62村、22村、5村• 預所 - 13村、40村、丹生郡14村、大野郡13村、坂井郡84村• 預所 - 今立郡1村• 預所 - 大野郡4村• 甲府代官所 - 72村、150村• 市川代官所 - 山梨郡10村、90村、巨摩郡165村• 石和代官所 - 山梨郡26村、八代郡52村、107村• - 31村、106村• - 14村、1村、12村、佐久郡24村• - 佐久郡85村• - 6村、41村• 預所 - 筑摩郡104村、伊那郡46村• 預所 - 水内郡46村、高井郡12村• 預所 - 佐久郡1村• 千村平右衛門預所 - 伊那郡11村 東海地方 [ ]• 韮山代官所 - 12村、15村、31村• 駿府代官所 - 16村、27村、37村、49村、115村、37村、3村• 中泉代官所 - 41村、6村、7村、35村、1村、23村、127村、20村、11村、1村、2村• 中泉代官所 - 4村、21村、16村、96村、12村、15村、16村• 飛騨郡代 - 101村、136村、179村• - 1村、12村、14村、13村、11村、17村、14村、14村、2村、1村、13村、43村、10村、18村、35村、27村、17村、3村• 預所 - 厚見郡12村、石津郡5村、多芸郡11村、20村、安八郡16村、1村、6村、本巣郡23村、席田郡1村、方県郡6村 畿内近国 [ ]• 美濃郡代 - 44村• - 25村• - 14村• 五条代官所 - 29村、35村、35村、226村• - 25村、43村、葛上郡28村、27村、20村、23村、8村、宇陀郡74村、17村、19村、28村• 大津代官所・信楽代官所 - 56村、33村、45村、31村、91村、59村、38村、12村、48村、26村、30村• 預所 - 蒲生郡7村、神崎郡1村、愛知郡21村、坂田郡5村、浅井郡24村、伊香郡13村• 小堀数馬 - 11村、15村、16村、11村、7村、7村、3村、11村• 角倉伊織 - 愛宕郡10村• - 紀伊郡9村• 多羅尾織之助 - 久世郡1村、綴喜郡1村• - 34村、117村、17村、37村、39村、24村、10村、93村、9村• 預所 - 14村、17村、18村• 小堀数馬 - 4村、1村、8村、8村、17村• 内海多次郎 - 石川郡5村、2村、讃良郡1村、10村、1村• 木村惣左衛門 - 石川郡10村• 石原清一郎 - 石川郡1村• 多羅尾民部 - 古市郡1村、1村、讃良郡1村、16村、1村、若江郡3村、7村、1村、丹南郡7村、丹北郡2村• 多羅尾織之助 - 2村、讃良郡1村、茨田郡21村、若江郡8村、渋川郡7村、志紀郡1村• 多羅尾久右衛門 - 讃良郡2村、茨田郡6村、交野郡1村、渋川郡1村、丹北郡4村• 斎藤六蔵 - 茨田郡4村• 多羅尾主税 - 讃良郡16村、茨田郡11村、丹北郡3村• 石原清左衛門 - 茨田郡1村• 山崎彦九郎 - 若江郡1村• 預所 - 志紀郡1村、丹北郡3村• 高槻藩預所 - 茨田郡6村• 大坂町奉行 - 1村、1村• 内海多次郎 - 大鳥郡17村、南郡3村• 屋代増之助 - 大鳥郡1村、南郡3村• 木村周蔵 - 大鳥郡1村• 増田作右衛門 - 大鳥郡3村• 松永善之助 - 1村• 預所 - 大鳥郡1村、南郡4村、5村• 小堀数馬 - 6村、7村• 柴田七九郎 - 氷上郡3村• - 53村、10村、48村、10村、4村• 大坂町奉行 - 28村、1村、31村、61村、42村、2村、1村、1村、42村• 預所 - 9村、24村、17村 山陽・山陰地方 [ ]• - 8村、13村、9村• - 19村、勝北郡41村• 龍野藩預所 - 勝北郡3村、31村、22村、29村• 預所 - 7村、27村、32村• 倉敷代官所 - 15村、7村、21村、19村、1村、10村、12村、11村、6村• - 後月郡2村、川上郡13村• 倉敷代官所 - 12村、1村• 大森代官所 - 30村、46村、14村、54村、1村、5村• 預所 - 8村、5村、16村、32村 四国地方 [ ]• 倉敷代官所 - 5村、3村、、、• 預所 - 23村、6村、4村、8村、3村 九州地方 [ ]• 西国筋郡代 - 33村、56村• 預所 - 14村、36村、9村、12村• 預所 - 10村• - 5村、6村、5村• 西国筋郡代 - 5村• 西国筋郡代(天草代官所) - 89村• 西国筋郡代(富高代官所) - 5村、15村、24村、2村、4村• 預所 - 2村、7村、5村 脚注 [ ]• 和泉清司, 『徳川幕府領の形成と展開』, 同成社, 2011年. 東京書籍、帝国書院など• 藤田覚, 「江戸時代前期の幕領石高・年貢量に関する新史料」, 『史学雑誌』, 104 10 , pp. 1777-1786 (1995年). 村上直, 「江戸幕府直轄領の地域的分布について」, 『法制史学』, 25 pp. 1-17 (1973年). 村上直, 「江戸後期、幕府直轄領の地域分布について」, 『法制史学』, 34 , pp. 60-74 (1982年). 参考文献 [ ]• , 『』, 赤城書店, 1915年. 小野清, 『徳川制度史料』, 六合館, 1927年. , 『天領』, 人物往来社, 1965年. 村上直, 荒川秀俊, 『江戸幕府代官史料』, 吉川弘文館、1975年. , 『日本封建制と幕藩体制』, 塙書房, 1983年. 藤野保編, 『論集幕藩体制史』 第四巻 「天領と支配形態」, , 1994年. , 『江戸幕府財政史論』, 吉川弘文社, 1996年. 大野瑞男編, 『江戸幕府財政史料集成』 上巻, 下巻 , , 2008年. , 『徳川幕府領の形成と展開』, 同成社, 2011年. 田島佳也、「」『知多半島の歴史と現在』 2015年 19巻 p. 57-78, , 日本福祉大学知多半島総合研究所• 関連項目 [ ]•

次の