モデーア 退会。 モデーアジャパン昔の業務停止命令からの勧誘の評判はどう? ニューウェイズからどう変わったか?

モデーア⑧ ワンダーランドに勧誘されたらどうすればいいか

モデーア 退会

モデーア 報酬が生まれる仕組みを簡単解説( 2 分) 権利収入的に報酬が手に入るモデーア。 この魅力的なビジネスの仕組みは学校の教育や会社の業務とは無縁であり、普通に生活していたら知る機会はあまりないと思います。 なぜなら、モデーアの仕組みと魅力を知ってしまうと、サラリーマンとして会社に勤めることを疑問に思う人が多くなってしまうからと言われています。 モデーアはどのようなビジネスで、どのような仕組みか分からないという方々に向けて、分かりやすく解説します。 モデーアの仕組みの特徴• モデーアは、口コミによる直接販売を行う仕組みである。 (ダイレクトセリング)• モデーアは一般的な流通形態とは異なり、販売元のメーカーから直接消費者へ販売する仕組みである。 販売元(メーカー)と消費者の間に中間業者が存在しないので、広告費や流通コストなどの中間マージンがかからない仕組みである。 (例) スーパーで売られている飲料は1缶40円で仕入れて、100円で消費者に売る。 この差額60円が中間マージンとなる。 モデーアは、中間マージンが掛からない仕組みなので、その分の経費を販売員に還元できる。 中間マージンは半端なものでは無いので、これを収入として得ることで億万長者も生まれる。 モデーアの仕組みの魅力 普段の生活で、私たちは当たり前のように口コミをしています。 お洒落なお店、場所、スマホのアプリ等 しかし、口コミしても報酬がもらえる仕組みはありませんよね。 モデーアの仕組みの特徴は、口コミすることにより報酬がもらえることです。 そして、モデーアの仕組みの魅力は、印税収入になることです。 ミュージシャンや小説家の印税のようなものです。 お客さんがいる限りは、働かないでも収入が入ってきます。 モデーアは、顧客を集めることによって印税収入を得ることがで きる仕組みがあり、この仕組みこそが最大の魅力です。 モデーアの仕組みの罠 モデーアの仕組みは素晴らしいのですが、この仕組みを利用して 強引にビジネスをする人もいます。 これらの人が仕掛ける罠には注意が必要です。 モデーアの仕組みを説明した後、 『必ず成功する。 』 『誰でも簡単に出来る。 』 『はやく参加したほうが有利だ。 』 等と言い、その気にさせられることがあります。 しかし、これらの罠を鵜呑みにし、借金をしてまで参加することはやめましょう。 モデーアは、多額の投資をするビジネスではありません。 少額の参加費用で、コツコツと積み重ねて努力することに意味があるのです。 モデーアのメリット(体験談) 実際モデーアをやった友人達にメリットを聞いてみました。 実際ビジネスをリアルにやってみると、報酬以外でも得られる物があるみたいですね。 新しい魅力的な人脈が開拓出来、本業にいい影響が出た。 素晴らしい環境により自分自身が魅力的な人間になった。 様々な面で自身のスキルアップが出来た。 高品質の商品を生活に取り入れることができ、日々の生活水準がUPした• マインドが高くなって、考え方が変わり、出世した。 モデーアのデメリット(体験談) メリットも多い一方で、やはり上手くいかない場合もあるようですね。 いい時もあればよくないときもある。 ビジネスにはつきもののようですね。 外出が多くなり、家族との時間が取れなくなった。 睡眠時間が少なくなり、本業に影響が出た。 タイトル維持で購入することも多くなり、在庫が増えた。 セミナー、ABCと交通費お茶代がかさんだ。 今までの友達と疎遠になり気味に・・ モデーアで成功するには、これだけは譲れないらしい 成功したい!と意気込んで参加したモデーア。 モデーア体験者の友人達に聞くと皆が言うのは「モデーアの仕組みは素晴らしい!でも・・・」• 商品が本当に好きでないと続けにくい• ビジネスの本質を理解して長期的に取り組む必要がある。 新しい人脈が増え、エキサイティングだが、昔からの友人との関係維持は難しい。 家族の理解を得るにも一苦労。 要は、成功するためにはそれなりの時間と費用がいるようです。 活動にかける時間や費用が、意外と多く、本当に大切にしたい人との時間が犠牲になりやすいということが見えました。 口コミ勧誘していると、自分の都合より、相手の都合に合わせる事が多いので、展開方法も色々と工夫が必要そうですね。 モデーアの仕組みは素晴らしいものですが、自分にあった無理ない活動で結果が出る方法を考えるのも、成功のポイントの様です。 最近のコメント カテゴリー• アーカイブ• カテゴリー別人気記事•

次の

モデーア⑧ ワンダーランドに勧誘されたらどうすればいいか

モデーア 退会

モデーアなどのネットワークビジネスでは特定商取引法によって勧誘活動を行う際に、勧誘の話であることや企業名などの情報を開示する義務があります。 中には企業名を明かさないで勧誘活動を行ってくる人もいますが、それははっきり言って違法です。 相手が企業名を教えないで勧誘活動を行ってきたときには、企業名を聞きましょう。 相手が企業名を名乗ってきた時に、「その企業は一度登録して辞めた」と言いましょう。 もし相手が企業名を教えてくれない場合は、相手が行っていることは違法であることを伝えましょう。 「ビジネスに興味が無くて、勧誘の話が出たら帰ることにしているので失礼します」 このような発言の後に すぐに立ち去って下さい。 この言行に対して、いろんな反応をされたり、話しかけてきたりしますが、言葉を返してはいけません。 言葉を返してしまうと、引き留めて勧誘する為のチャンスを与えてしまうことになります。 もし相手がしつこく勧誘してきた場合は スマフォなどで録音することも有効な手段になります。 「この話スマフォで録音してますけど大丈夫ですか?」と言うと相手はひるむ場合が多いです。 最悪、録音していなくても「この会話録音していますけど大丈夫ですか」と言うことも有効となる場合があります。 モデーアなどのネットワークビジネスは特定商取引法によって厳しく取り締まられていますが、守っていない方が意外と多くいらっしゃいます。 その為、録音されてしまい後々違法行為として訴えられてしまうことを避ける為に「録音している」と言うことは有効となる場合が多いです。 勧誘する側は断るか会員登録するかハッキリ意思表示するまで勧誘は終わりません。 ということは、「私は決してやるつもりはありません」とハッキリ相手にお伝えしましょう。 この際のポイントとして、 断る理由を伝えることは絶対にやってはいけません。 一度断ると相手から断る理由を聞かれるかもしれませんが、絶対に答えてはいけません。 もし相手からしつこく理由を聞かれる際は、「断る理由は個人的なことなのでお答えできません」と言うといいかもしれません。 断る理由を答えてしまうと相手はその断る理由を利用してまた説得しにかかります。 断る際は理由を言わずに断り議論をする余地を与えないようにしましょう。 会員登録の時点で商品を買わされたり、登録費用などの高額なお金を請求されたりします。 その時の断り方として「お金がないから無理です」とは絶対に言ってはいけません。 この理由としてネットワークビジネスを行う人のほとんどがお金が無くてお金を稼ぎたいからやり始めます。 最悪の場合、クレジットカードやキャッシングカードを作らされたりして支払うように誘導される場合があります。 こうすることで、お金を支払わされずに済みます。 「クーリングオフ制度」 返品する際は、会員登録した企業に直接連絡をしましょう。 間違っても紹介者やグループリーダーに相談してはいけません。 返品する方法の話をすると見せかけて丸め込んでこようとする場合があります。 こういう場合はネットワークビジネス製品専門の買い取り業者に買い取ってもらうことが出来ます。 ただし、返品に比べると返ってくるお金の金額は少なくなります。 また、紹介者によっては返品されないように製品を説明するからといって、勝手に製品を開封してくる場合があります。 その為、紹介者やそのグループが商品が届いたら教えてと言ってきた場合注意が必要です。 「会社名 退会手続き」などで検索すればだいたい検索ページに出てきます。 もし出てこない場合、マイページに退会の問い合わせ方法などがある場合があります。 退会する際は紹介者やリーダーに相談してはいけません。 退会手続きをすると見せかけて、丸め込んでこようとする場合があります。 退会する為の手助けをすると見せかけて丸め込むためのマニュアルを用意してある場合がほとんどです。 というわけで退会する際は紹介者やグループリーダーに相談してはいけません。 もし紹介者が親しい友人であり、義理を通したい場合は退会手続きを終えた後に事後報告という形で連絡をするようにしましょう。 まとめ 勧誘に対する最も効果的な断り方とは 理由を告げずにとにかく断ってすぐに帰るようにしましょう。 勧誘がしつこい場合は録音を武器にすることが大切です。 もし製品を買ってしまった場合は直接企業に問い合わせて返品するか、買い取り業者に買い取ってもらいましょう。 返品する場合・退会する場合も直接企業に問い合わせて行うようにし、紹介者やグループリーダーに相談しないようにすることが大切です。 あなたはアップラインのカモになっていませんか? 口コミ勧誘のネットワークビジネスでは、ダウン獲得成功率って実は平均2割程度しかないんです… また、断られた8割からは嫌われたり、縁を切られる可能性もあります。 でも、アップラインは「断ってきた人たちは何も分かってないだけ、見返す為にも頑張っていこう!!」と励ましてきます。 でも実は…アップラインは人から嫌われるリスク無しに収入を増やそうとしている方が多いです。 友達から嫌われたり、縁を切られた時にアップラインは関係性の修復を手伝ったり、アドバイスしてくれたことはありましたか…? あなたがリスクを冒して頑張るほど、アップラインは収入が増えていきます。 アップラインの「諦めなければ成功するから頑張ろう」の甘い言葉を鵜呑みにしてはいけません。 ・あなたを紹介したアップラインがダウンにもなる!? ・友人・知人を勧誘しなくても大丈夫!? ・定期購入がなく、商品は買いたい時に買うだけ!? ・ダウンが出来なくても収入が見込める!? そんなネットワークビジネスがあれば興味はありませんか?.

次の

【集団訴訟に向けて】ネットワークビジネス(モデーア)のニューウェイズ・ワンダーランドについて

モデーア 退会

ども、です! 最近、こんな記事を見つけたんや。 まだワンダーランドのネタで検索ユーザーを集めようちゅう輩がおるみたいやな。 ちなみにこの人が記事をシェアしたTwitterに書き込んだら、ツイート消されて、俺、ブロックされたわ。 なにかやましいことがあるんかね? ワンダーランドはもうモデーア扱ってへんから、誤解を招くタイトルやめて欲しいわ… ちゃんと記事にワンダーランドはもうモデーアとは関わりがありませんって書いてくれや。 — モデーアヒロ moderehiro それはともかく、今もワンダーランドの名前で色々なことを書いて、アクセスを集めようとしとる輩がこの人以外にもたくさんおるわ。 こういう人らのおかげで、 モデーア=ワンダーランド って思い込んどる人が大勢おる。 それ、間違いやで。 ワンダーランドはモデーアを商材としてあつかっとった組織の名前や。 そのワンダーランドは2018年の4月からモデーアを商材として扱わんようになった。 つまり、 全くの無関係になったんや。 それでもそれまでの活動がヒドかったから、色々とまだネットで叩かれとる。 その時、商材として使われとったんが、モデーアやから、タチが悪いんや。 ワンダーランドがモデーアと関わらなくなって、1年以上が経過しとる。 そこんとこヨロシクな! 今日は、モデーアとワンダーランドの関係について話していくわ。 なぜ、モデーア=ワンダーランドみたいになってしまったのか? ネット上で、モデーアと検索すると、かなりの確率で 【ワンダーランド】ってキワードが出てくる。 これについて、まずは説明していくわ。 モデーアに限らず、MLMをやる場合、チームを組むことがほとんどや。 チームを組むことで、活動を円滑にして、事業を拡大していくというのが、スタンダードなやり方なんや。 モデーアを商材にして、活動していたチームの1つが ワンダーランドや。 あるMLMの商材を使って、チームに名前を付けて活動する。 これ自体は普通のことや。 ワンダーランドの問題はここからで、ネットで書かれとるような• 毎月商品を購入するノルマがある• 毎週開催のセミナー、月一回の全体会議• 日報 などのことが行われていたようや。 俺はこのチームに所属したことも無いし、所属しとった知り合いもおらんから、実際のところはよーわからん。 せやけど、これだけ多くの人が同じこと書いとるんやから、事実無根ってことはないと思うわ。 火のないところに煙は立たないってやつやな。 こうしたワンダーランドの活動で人生がめちゃくちゃになってしまった人がめちゃくちゃ多かったからこんな風にネットに色々と悪評が存在しとるんや。 これが、モデーア=ワンダーランドみたいになった理由や。 モデーアとワンダーランドは無関係になったんやで! ただ、こうした活動をすることで、度々トラブルが発生しとったのは事実や。 会社(モデーア)もそれを認識はしとった。 でも、売上もある程度あげとったし、会社も見て見ぬふりをしている部分はあったんやと思う。 ただ、このままだと元々あまり良い印象を持たれてへん業界のイメージはもちろん、モデーアのイメージダウンにもなってまうから、思い切って、ワンダーランドと決別することを会社は選んだんや。 そんな話が出始めたんが2017年の話。 実際にワンダーランドがモデーアを商材として扱えんようになったんが2018年の4月や。 今もワンダーランドは違う商材を使って、活動をしとるようやけど、モデーアとは全くの無関係になったんや。 なかったことにしてとは言いません! ここまでがモデーアとワンダーランドの関係についてや。 ここまで話をきいて、 『でも、マルチ商法でしょ?』 って思ったかもしれんな。 確かにマルチ商法って言われれば、ビジネスのモデルはそうや。 ただ、悪質なものではなく、法律的にもなんの問題も無いビジネスモデルってことは理解しといてや。 ビジネスモデルは違法では無いけど、ワンダーランドを筆頭に多くの人に迷惑をかけ、場合によっては違法スレスレ、もしくはアウトな勧誘を行ったことも事実として残っとる。 これを全部なかったことにして。 とはさすがに言わんわ。 ただ、もうこうした勧誘が起こらんように、会社はめちゃくちゃ色々なことを整備して、健全なMLMを行えるように努力しとる。 その1つが今回のワンダーランドとの決別だったんや。 年数的にもまだ1年足らずとめちゃくちゃ短いから、信頼してくれとは言わんし、信頼せんでええ。 これからのモデーアの変化、モデーアが好きでその輪を広げようとする人たちの行動を見て欲しいと思う。 それについてはここに書いてあるから、読んでくれや。 まとめ アイドルグループの1人がなにか問題を起こすと、そのグループ全体のイメージが悪くなるってことはよくあることや。 それがモデーアでもワンダーランドという集団によって起こっとった。 そうした行為で与えた悪い印象やイメージをこれからの活動で払拭していきたいと思っとる。 もちろん、それが何年かかるかわからん。 でも、過去のことをとやかく言っても、なにも変わらんから、未来をみてこれからの行動を変えていくしかないと俺は思っとる。 念のために言っとくと俺のチームはそうした行為は一切せーへんし、モデーアの商品が好きって人が集まってるから、ワンダーランドみたいなトラブルは無いで。 ほな、今日はこのへんで。 気軽に友達申請してや! メルマガでは、モデーアの事もっと詳しく話してるから、読んでくれや!.

次の