プリーツ マスク 手作り。 【改良手作りマスク】簡単で快適!ワイヤー入りプリーツマスク 失敗例や注意点もあり

マスクの作り方・型紙無料配布中&メディア掲載に関するお問い合わせについて : 新宿オカダヤ

プリーツ マスク 手作り

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

マスクの作り方【立体・プリーツ・平面】ハンドメイドに挑戦しよう

プリーツ マスク 手作り

立体マスクとプリーツマスクの作り方工程比較 立体マスク 型紙なし立体マスク プリーツマスク 型紙の用意 あり なし なし 縫う場所(表と裏をあわせて) 10か所 8か所 6か所 アイロン 縫う前に1回 縫いながら、3回ほどアイロンを当てます。 縫う前とプリーツで2回 (アイロンはなくてもOK) 作り方の難易度 型紙を切って、布を切ったり、カーブを縫うので、多少難しいです。 手順さえ間違えなければ、直線縫いだけで、わりと簡単に作れます。 直線縫いだけで、プリーツをよせるところが重要ですが、縫う回数が少なく、一番簡単に作れます。 次に、それぞれのフィット感がどうなのかを見ていきましょう! 立体マスクとプリーツマスクのフィット感を比較 立体マスク 大臣風立体マスク プリーツマスク フィット感 とってもいい とってもいい まぁまぁいい。 口に当たる感じ 口には当たりません。 真ん中をちゃんと折ってから、つければ、当たりません。 口にはほとんどあたりません。 その反面、立体マスクの方が中央を縫い合わせてるっていう点で、そこから空気が入ってきちゃうんじゃないかという心配があります。 最初に私が参照にしていた立体マスクの作り方だと、 真ん中を観音開きにしていたので、空気が入ってきてしまう心配がありました。 改良版の立体マスクだと、真ん中をそれぞれ左右に倒してから、縫い合わせるので、気にならなくなりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 プリーツマスクは、メガネがけっこうくもります。 鼻のところのスキマがあるからでしょうか。 立体マスクの作り方 立体マスクは基本的には型紙を使って、布を切っていきます。 この型紙によって、だいぶ、つけ心地も変わってきます。 基本的な立体マスクと、型紙なしの西村大臣風立体マスクも作ってみたので、紹介していきます。 基本の立体マスク 上下が3Dのマスク 見てもわかるように、上下が非対象です。 カーブを顔に合わせて変えることで、あごをすっぽり包み込むようなマスクです。 型紙を用意する• 型紙に合わせて表布と裏布を切る• 表と裏の真ん中を縫い合わせる• 表と裏のセンターの折り目を横に押して、そこを縫う• 表と裏を中表にして上下を縫う• 表に返す• 両端を三つ折りにして縫う• 両端の部分にゴムを通して完成! 少し手間がかかりますが、フィット感はとてもよいです。 手書きですので、わかりにくいかもしれませんが、よかったら使ってください。 このマスクを作ってから,3週間ほど経ちました。 マスクを使った後は、洗うことになります。 洗濯のたびに、アイロンを当てるわけではないので、作る時もわざわざアイロンを当てなくても良いのかなと。 指アイロンで充分なので、プリーツの方が、工程少ないので、簡単に作れますよ。 マスクの布はどれがいい? 初めて作ったときの布はこれ。 子供用にバッグでも作ろうと思って買っていた布を表布に、DAISOで昔買った手ぬぐいを裏布に使用しました。 改良版の立体マスクを作ったときは、リバティの花柄の布を表布に、裏布は同じくDaisoの手ぬぐいを使いました。 リバティの布は、 綿100%で、薄いけど目が細かくて、とっても縫いやすいです。 洗った後も 乾くのがとっても早い! リバティの布はあつい夏用に最適! 少し高いけど、かわいいのでオススメです! 子ども用にも、サンリオの柄もあります!• 男性の場合は、顔の奥行などにもよりますが、もう少し長めで調整するとよいです。 顔の奥行の長さによって、ちょうどうよい長さが違うので、調整してみてください。 ゴムの素材 耳にかけるゴムも昔にDAISOで買った細いゴムがあったので、それを使ってます。 ただ、ちょっと耳の後ろが痛くなります。 マスク用のゴムをわざわざ買わなくても、いらなくなった Tシャツを2cmの細さに切って、使うのもありです! 切りっぱなしでOKです。 お裁縫上手の母の意見では、 ユニクロのエアリズムの布を2cmに切って使うと、布のソフト感が耳に優しくて、痛くならずにちょうどいいです。

次の

快適なプリーツマスクを作るコツ|作り方と型紙 OHARICO

プリーツ マスク 手作り

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の