お腹 を 壊す 原因。 ミルクティー飲むとお腹痛くなる理由と対策。原因はカフェインだけじゃなかった

あおいまる

お腹 を 壊す 原因

水道水が硬水• しかし、 一部では水道水が硬水の地域もあるんですね。 なぜ、水道水が硬水だとお腹を壊しやすくなってしまうのかと言うと、水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量が関係します。 硬水はカルシウムとマグネシウムの量が多いお水。 人間の身体はカルシウムやマグネシウムなどの ミネラルを多く摂ると胃腸の働きが活発になります。 そして結果的にお腹を壊してしまうわけなんですね。 日本の水道水の硬度はこちらのサイトで詳しく調査されているので参考にしてみてください。 もし、雑菌入の水道水を飲んでしまうとお腹を壊してしまうのは簡単に想像できますよね。 特に学校や職場、マンション・アパートなどにある 貯水タンクの中は雑菌が繁殖するのに絶好の環境なんです。 夏場なんかは貯水タンクが高温多湿になるので、環境的には雑菌が大量発生してもおかしくないんですよね。 しかし、貯水タンクは 清掃を年1回、水質検査を年3回実施することが義務付けられていますし、水道水には塩素が含まれているので安全性は保たれています。 だから安心してOKなのですが、雑菌が繁殖しやすい環境・地域であるほど塩素濃度が高くなるので水道水に雑味やニオイはキツくなってしまいます。 水道水を飲んでお腹を壊す人にオススメの対策3選 水道水を飲んでお腹を壊す原因がわかったところで対策をしなければ腹痛が続いてしまいます。 ペットボトルによって硬度を選べるので、硬水が苦手な方は軟水を選ぶこともできます。 浄水器は性能によってピンきりで、 だいたい数千円〜5万円程度で購入できます。 浄水器にはアルカリイオン水や水素水に整水するものもあります。 ウォーターサーバーの良いとこは、雑菌や塩素を除去できることはもちろん 冷水や温水が飲めるのがポイントですね。 浄水器は雑菌や塩素を除去するだけで常温のお水しか飲めません。 もしくは冷蔵庫で冷やさないとキンキンに冷えたお水を飲むことはできません。 しかし、ウォーターサーバーならコックをひねるだけで 冷たい水・熱々の熱湯が出てきます。 ウォーターサーバーの利用料金が気になるのであれば、お水が飲み放題のウォーターサーバーもあるのでチェックしてみてくださいね!.

次の

お腹を壊しやすい人が気を付けるべき食べ物 [療養食・食事療法] All About

お腹 を 壊す 原因

プロテインでお腹を壊す原因は「乳糖」 日本人の多くが抱える「乳糖不耐症」とは 結論から先に申し上げると、プロテインを飲んでお腹を壊してしまう人の原因のほとんどは 「乳糖不耐症」によるものです。 乳糖不耐症とは、一般的には 「消化器系統で乳糖の消化酵素が減少して生じる不耐に関する諸症状のこと」と説明されます。 若干聞きなれない言葉もあるかと思いますので、一つずつ説明をしていきます。 少し難しいかもしれませんが、メカニズムが分かれば、単純にネット上の情報を鵜呑みにするのではなく、自分に合った方法で対策を立てることが出来ます。 「乳糖」とは まずキーワードとなるのは「乳糖」という単語です。 乳糖とは、食べ物に含まれる糖類の一種で、その言葉通り、牛乳を始めとする多くの乳製品に含まれている糖類のことです。 また、ブドウ糖とガラクトースの二つの糖類が結合した「二糖類」と分類されています。 量の程度は人によりますが、牛乳を飲んでお腹が痛くなったという経験を持つ人は少なくないかと思います。 その原因は乳糖にあります。 この乳糖が体の中に入ってきたときにその消化を手助けする「ラクターゼ」という消化酵素によって分解、そして吸収されます。 問題の「乳糖不耐症」とは 例えば、牛乳以外にもチーズやバター、ヨーグルト、乳酸菌飲料などの食品を食べたときにお腹が痛くなる、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。 もし、これらの食品を食べてお腹が痛くなる場合、 乳糖不耐症の可能性が高いです。 「え!私病気なの??」とご心配された方、大丈夫です。 日本人の乳糖不耐症を持っている人の割合については「5人に一人」と言っている研究機関もあれば、「80%以上」と発表していたりと諸説ありますが、 私たちが哺乳類として乳糖不耐症であることは「普通」のことなのです。 先ほど、乳糖の説明をした際に「乳糖が体内に入ってきたときにラクターゼという消化酵素が分解し、吸収する」という話をしました。 この体内の機能は実は 乳児期の方が活性化され、 大人になるにつれて機能は低下していきます。 乳糖不耐症であることが「普通」である理由 皆さんも当然、乳児期にはお母さんやお父さんからミルクを飲ませてもらい大きくなったと思います。 既に説明をした通り、乳糖にはガラクトースという栄養が含まれていますが、これは 乳児期の神経系の発達に必要な栄養素です。 だからこそ、乳児期にはガラクトースを分解するためにラクターゼ(消化酵素)が活性化して分解するのですが、その機能も 大人になるにつれて弱くなり、成人ともなると機能しにくくなります。 それが一般的に牛乳などの乳製品に含まれる乳糖がお腹を壊す原因と言われるのですが、ネットで調べると「消化されずに腸内で発酵する」と言っていたり、「お腹の中で腐る」などともっともらしいことが書いてありますが、これは正しくありません。 正確には、ラクターゼ(消化酵素)が機能せずに分解吸収されなかった乳糖が腸内に運ばれてくると、 浸透圧の上昇により水分を大腸内に引き込んで下痢などの症状が出るからです。 浸透圧とは簡単に言えば「同じ濃度になろうとする力」のこと。 人間の体は「恒常性」という一定の状態に保ち続ける性質があり、例えば塩分を摂り過ぎた際に体の中の濃度を保つために水分を欲します。 これと同じで、分解吸収されずに運ばれてきた乳糖が残る大腸の中と外の濃度を同じにするために水分を大腸の外から引き込んでくるのです。 少し話が脇道に逸れましたが、つまり人間である以上は 大人になるにつれて乳糖を分解するための消化酵素(ラクターゼ)の機能が低下するのが通常です。 乳糖不耐症であることで「自分は病気なのではないか」と心配することはありません。 以上のことが分かると、プロテインでお腹を壊す原因が見えてきます。 原材料によって種類が違うのですが、その三つとは、「牛乳を原料とするホエイプロテインとカゼインプロテイン」、「大豆を原料とするソイプロテイン」です。 既にお察しの通り、乳糖不耐症の人にとって問題のプロテインは三つのうち牛乳を原料とする ホエイプロテインとカゼインプロテインの二つになります。 この二つのプロテインの大きな違いはホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対して、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく体への吸収速度がゆるやかであることです。 もしかしたらカゼインプロテインという言葉自体を聞いたことが無い人もいるかもしれません。 筋トレをしている人にとってはトレーニング直後の傷ついた筋肉に素早く栄養を補給するためにホエイプロテインを摂取している人がほとんどだと思います。 実際店頭やネットでプロテインを購入しようとしたときに主に販売されているのはホエイプロテインになります。 このホエイプロテインの中にも分類があり、その違いは製法によるものです。 乳糖不耐症の方が乳糖を摂取せずにプロテインを飲む場合、この製法の違いに着目して頂きたいのです。 プロテインのパッケージの飲み方を読むと必ずと言っていいほど「水か牛乳に溶かして」と書いているために牛乳に溶かして飲んでいる人も多い方思いますが、今まで牛乳に溶かしていた方は水やそれ以外の液体に溶かして飲むようにしましょう。 ですが、チョコレート味のプロテインなど、牛乳に溶かして飲むとそれ自体がスイーツに近くおいしいのは認めます。 どうしても牛乳で飲みたい!という方は乳糖をブドウ糖とガラクトースに分解した 乳糖分解牛乳というものが存在しますので、探してみてはいかがでしょうか。 雪印メグミルクのアカディという商品とか。 余談になりますが、激しいトレーニングをした後は筋肉中のエネルギー源が枯渇しているために糖質を摂取した方がより効率的に筋肉の回復を促すことが知られています。 ですので、ジムなどのトレーニング後のプロテインサービスではオレンジジュースなどにプロテインを溶かして提供してくれるジムやトレーナーが結構います。 ちなみに、筆者の知り合いのパワーリフティングの競技選手はトレーニング直後にコーラにプロテインを溶かして飲んでいる猛者がいます。 プロテインまとめ プロテインでお腹を壊す原因、お分かり頂けたでしょうか。 プロテインを飲んでお腹を壊す人の原因のほとんどは今回ご紹介した原因と対策で解決されるものと思いますが、キンキンに冷やして飲んだり、一気飲みしたり、飲み過ぎたりした場合もお腹を壊す原因となります。 もっとも、これらはプロテインに限ったことではありませんが、もしそのような飲み方をされている方がいらっしゃったらご注意下さい。

次の

ミルクティー飲むとお腹痛くなる理由と対策。原因はカフェインだけじゃなかった

お腹 を 壊す 原因

辛いものを食べると何故お腹を壊すの? 辛いものが好きで食べたいけれどお腹を壊してしまう。 そもそも辛いものを食べると、何故お腹を壊すのだろうかと疑問に思っている方は多くいると思います。 ここではカレーを題材にお腹を壊す原因を紹介していきます。 実は辛いカレーを食べてお腹を壊してしまうのには身体の調子の他に、カレーの種類にも原因がありました。 ここではお腹を壊しやすいカレーの種類や、身体の調子についてご紹介していきます。 カレーの種類 大好きな人が多いカレーですが、実は種類によってお腹を壊しやすくなってしまいます。 1つずつご紹介していくので、参考にしてみてください。 グリーンカレー タイカレーとも言われているグリーンカレーですが、実はある材料がお腹を壊しやすくしてしまう原因なのですが、ご存知ですか?その材料というのは、私たちもよく知っている「ココナッツミルク」です。 何故、グリーンカレーに入っているココナッツミルクがお腹を壊してしまうのかというと、脂肪分が多いのと身体への作用が関係していました。 ダイエットにもおすすめされているココナッツミルクですが、脂肪分が多く日本人の体質では消化不良になりやすいのでお腹を壊してしまいます。 また、体を冷やす作用があるので、お腹を冷やしてしまい壊してしまう場合もあります。 ココナッツミルクを使用しているグリーンカレーでお腹を壊してしまう場合、少量のココナッツミルクを摂っていき慣らしていけばお腹を壊すことが少なくなります。 インドカレー 色々な種類のスパイスを使用しているインドカレーですが、そのスパイスがお腹を壊してしまうことがあります。 私たちがよく聞くスパイスである「クミン」ですが、実は「消化促進」効果を持っているのをご存知ですか? また、インドカレーに使用されているスパイス全般に「血行促進」効果があるので、血行が良くなり消化器系が活発になるのでお腹を壊してしまう事が多いのです。 カレーの辛さに使用されている唐辛子などに含まれている「カプサイシン」も、とり過ぎてしまうと腸を刺激してしまうのでお腹を壊してしまう原因にもなってしまいます。 辛いものを食べる時には、あまり辛過ぎないものを食べるようにしましょう。 身体の調子 辛いものを食べるとお腹を壊してしまう理由には、身体の調子も大きく関わってきます。 風邪気味など喉や胃の粘膜が弱っている時に辛いものを食べると、刺激が強くお腹を壊してしまいます。 なるべく風邪気味の時は唐辛子を使用している辛いものを食べるのは避けましょう。 どうしても辛いものが食べたい時は、納豆やレンコン、オクラなどのネバネバしている食材は粘膜を保護してくれる働きがあるので、辛いものを食べる時は野菜カレーなどを食べるのがおすすめです。 辛いものでお腹を壊さないようにするために 辛いものを食べてもお腹を壊さないようにしたいけれど、どうしたらいいのかわからないという方が多いと思います。 私も最初はどうしたらいいのかわからなかった一人です。 ネットで調べてみたりもしましたが、嘘の情報もあるので何を信じたらいいのかわかりませんでした。 そこで私が色々と試してみた中で、実際にお腹が壊しにくくなった方法を2つご紹介します。 辛いものを食べるとお腹を壊してしまうと悩んでいる方は、ぜひ試してみてください! カラダを慣らす まず1つ目は「辛いものにカラダを慣らす」事です。 カラダが辛いものになれていないと、辛さの原因でもあるカプサイシンの刺激でお腹を壊してしまいます。 お腹を壊さないようになるためには、カラダに辛いものに慣れてもらわなければいけません。 いきなり辛いものを沢山食べてしまうと、身体に毒なので少しずつ食べて慣れていきましょう。 私はカレーの他に韓国料理が好きなのですが、韓国料理もかなり辛い料理が沢山あるので、食べるとお腹を壊してしまう事が多々あるのですが、キムチを少しずつ食べるようにした所、お腹を壊してしまう事が減りました。 毎日少しずつ辛いものを食べてカラダに慣れてもらうことは大事ですが、体調が良くない時はお休みをしてくださいね。 辛いものは粘膜を刺激してしまうので、風邪など悪化させてしまう恐れがあります。 元気な日に少しずつ食べるようにしましょう。 食べる前に牛乳を飲む そして2つ目は「辛いものを食べる前に牛乳を飲む」事です。 辛いものを食べる時には、牛乳を飲むのが良いと聞いた事があるという方もいると思いますが、実は牛乳やヨーグルトといった脂肪分・乳酸菌が含まれている飲み物には辛さを緩和してくれる効果があります。 インドカレーのお店にラッシーという飲み物が置いてある事がありますが、ラッシーはカレーの辛さを緩和してくれる理にかなった飲み物なのです。 私も辛いものを食べる時には必ずといっていいほど、牛乳を一緒に飲むようにしています。 牛乳に含まれている成分「カゼイン」が、カプサイシンなどの刺激から守ってくれる働きをしてくれるのでお腹を壊す事が少なくなります。 牛乳アレルギーの方はヨーグルトでも大丈夫なので、ぜひお試しください! 辛いものを食べ過ぎてしまって起こること 辛いものは食欲が進むので、ついつい食べ過ぎてしまう事ってありますよね。 実は、辛いものを食べ過ぎてしまうと、味覚紹介や病気を悪化させてしまったりするので食べ過ぎには注意が必要です。 実際に辛いものを食べ過ぎてしまうとどんな事が起きてしまうのかをご紹介します。 味覚障害 辛いものを食べ過ぎて起きてしまう症状として「味覚障害」があります。 私たちの舌には「味蕾」という甘さや塩気、酸味、苦味を感じる受容器があるのですが、辛いものを食べ過ぎてしまうと味蕾が壊れていってしまいます。 味蕾が壊れてしまうと味付けが薄く感じたり、より刺激が強いものを欲しがったりしてしまうので悪循環に陥ってしまいます。 味覚障害を起こさないためにも、辛いものを食べる時は適量を食べるようにしましょう。 病気の悪化 辛いものを食べ過ぎてしまって起きてしまう2つ目は「病気が悪化」してしまう事です。 例えば喘息を持っている方は辛いものを食べ過ぎてしまうと、粘膜を刺激して気管支狭まってしまうので、咳や息切れなどの症状を引き起こしてしまいます。 喘息を持っている方は悪化させないためにも、辛いものの食べ過ぎには注意が必要です。 また、辛いものを食べ過ぎてしまうと食道の細胞が傷付き、「食道がん」になりやすくなってしまいます。 ガンになってしまうリスクを最小限に抑えるためにも、辛すぎる食べ物には気をつけてくださいね。

次の