スナップエンドウ 茹で時間。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)の栄養や食べ方は?さやえんどうとの違いも解説

スナップエンドウ食べ過ぎのお知らせです。

スナップエンドウ 茹で時間

スナップエンドウの茹で方の実験の条件 スナップエンドウの茹で時間と茹でた後に冷水で冷やす有無による差を調べてみました。 茹でる時間は、 1分30秒と2分の2通りを試しました。 条件をまとめると下記の表1の4通りです。 スナップエンドウの茹で方 1.まずは下処理です。 スナップエンドウの筋を取ります。 スナップエンドウのへたの部分を折り曲げ、ゆっくりと筋を取ります。 反対側の筋も同じように取りましょう。 スナップエンドウの筋を取り終えました。 2.鍋に水と塩を入れ、沸騰させます。 茹でる際の塩の量はお湯に対して0. 5~1%。 1Lの場合は5~10gが目安です。 塩を多めに入れて茹でると、スナップエンドウに塩の風味がつきます。 お好みで調整してください。 塩を入れることで、 きれいな緑色に茹でることができます。 3.スナップエンドウを鍋に入れ茹でます(今回は、茹で時間の比較を行うため1分30秒茹でるものと2分茹でるものの2通りです)。 水から茹でると、歯ごたえや見た目が悪くなってしまうので 沸騰後にスナップエンドウを入れましょう。 ぬるいお湯で茹でると、緑色があせてしまうため沸騰してからスナップエンドウを入れましょう。 茹でていくと、お湯が黄緑色になってきました。 4.茹でたスナップエンドウを冷水で冷やします(今回は、冷水で冷やす有無を比較するため、冷水で冷やさないものもあります)。 アクの少ないスナップエンドウは冷水で冷やし、ザルに上げましょう。 スナップエンドウを茹でた後のお湯は、こちらです。 透明だったお湯が黄緑色になりましたね。 スナップエンドウの茹で方の実験の結果 今回は、下記の表1の4通りの方法でスナップエンドウを茹でました。 茹でたスナップエンドウを比較した写真がこちらです。 茹で時間のベストは1分30秒! 見た目を比較してみると、冷水で冷やしたA・Cはシワが少ないです。 一方で、冷水で冷やさなかったB・Dはシワが多く、さやがへこんでいる部分もあります。 食べてみたところ、1分30秒茹でたA・Bは シャキシャキとして歯ごたえがありました。 一方、2分茹でたC・Dは、やわらかい食感でした。 また、スナップエンドウの筋を取ることで隙間が生じ、水分がさやの中に入りやすいようです。 そのため、茹でた後冷めてからキッチンペーパー等にスナップエンドウの端をとんとんと当て、 中に入った水分を落とすと良いでしょう。 まとめ スナップエンドウの茹で時間が30秒違うことで、 食感に違いがありました。 また、冷水で冷やすことでシワやへこみの少ない見た目に仕上げることができました。 そのため、 シャキシャキとした食感を楽しみたい際は1分30秒茹でましょう。 見た目をきれいに仕上げるためには、茹でた後に冷水で冷やしましょう。 なんとなく茹でて食べていたスナップエンドウを自分好みの茹で加減や見た目にアレンジしてみてくださいね。 新鮮なスナップエンドウはオンラインで購入! おいしいスナップエンドウを購入するならオンライン通販がおすすめです。 例えばなら、こだわりのスナップエンドウを農家さんから直接購入できます。 [有機スナップエンドウ800g箱] 有機栽培で、緑肥などを使い土作りを行っています。 生でかじれるほど甘くて柔らかい自慢の一品です。 [スナップエンドウ 400g] 瑞々しさを保つために朝採り収穫にこだわっています。

次の

スナップエンドウ/スナックエンドウ:旬の野菜百科

スナップエンドウ 茹で時間

鹿児島産スナップエンドウ 今回コストコで春の味覚スナップエンドウを見つけたので購入し、調理してみました。 春らしい色のスナップエンドウを存分に楽しめますよ! 生産量No. 1の鹿児島で取れたスナップエンドウ 今回コストコで見つけた春の味覚スナップエンドウは、スナップエンドウの生産量No1の県鹿児島でとれたものです。 鮮やかな緑色でプリップリのサヤを持つスナップエンドウはいかにも食べ応え満点といった見た目! 1本8cmほどのフィンガーサイズで、それが一袋に59本も入ったお得な商品です。 美味しいスナップエンドウの選び方 スナップエンドウの選び方を調べてみたところこんなスナップエンドウを選ぶのが良いとされていました。 鮮やかな緑色のもの• 張りがあり、サヤが大きいもの• ガクの部分が新鮮なもの コストコの鹿児島産サラダスナップの特徴と、全てを満たしています…! スナップエンドウの下ごしらえ まずはよく水洗い。 その後両端にある筋を取り除きましょう。 節子流のスジの取り方 ガクとは反対の尖った方の先端をプチっとおり、そのままガクの方に向かって筋をとります。 スジが途中できれないようにしましょう。 ガクまでスジを取ったら左手でサヤを持ち、右手でガクの付け根を持つようにし、付け根をぱきっとおり、そのままぐるりと反対の側のスジもとります。 先端から先端へと一周する感じでスジを取ると、ほとんどうまく取ることができます。 こんな感じ。 お豆もぷっくりで美味しそう! スジを取ると、サヤが開きやすくなります。 爪で切れ目を入れてサヤを開けてみると、グリーンピースより、少し小さめの豆が入っていますよ。 なんだか兄弟みたいで可愛いー! もちろんこの豆も一緒に食べることがでるので捨てずにとっておいてくださいね。 さやは開けずそのままでも食べられるのでお好みで調理してください。 ちなみに私はそのままの調理するのが好きです! スナップエンドウの楽しみ方4つ 【1】茹でてそのまま食べる スナップエンドウのそのままの味を楽しむため、最初は茹でて味わうのがおすすめ! さっと火を通すだけで食べられる野菜なので、そんなに長く火にかけなくて良いです。 あまり茹ですぎるとせっかくの鮮やかさがなくなったり、食感もなくなるので湯がくくらいでOK。 30秒~1分以内でいいです。 スナップエンドウを入れて3回ほどぐるぐると回したらすぐに取り出し冷水へ!• さっと冷やしたら水分を拭き取り温かいうちにいただきましょう。 塩茹でしただけのスナップエンドウは甘みがあって、シャッキシャキでとっても美味しい! 噛めば噛むほど甘みが出て、その上このシャキシャキの歯ごたえがたまらない!スナップエンドウ本来の美味さがよ〜くわかりますよ。 【2】ディップして食べる マヨネーズをつけて食べるのも美味しいですが、アンチョビを入れたアンチョビマヨソースにディップするのもおすすめです。 また、バーニャカウダにしても最高ですよ! 【3】炒めて食べる 焼いてももちろん美味しいんです!節子のおすすめは、油でさっと炒めてクレイジーソルトをかけるだけ! これだけでビールにぴったりのつまみに! 【4】揚げて食べる 揚げても食感や風味は変わらないスナップエンドウ。 天ぷらにすると素材の味が生かされてとっても美味しく食べられます。 しつこくない味だからこれまたビールにうってつけ! もちろん素揚げでも美味しいですよ。 【5】ちらし寿司の彩りにする 料理に花を添えるのにぴったりの食材なので、ちらし寿司などに茹でて細切りにしたスナップエンドウを飾ると料理が華やかになります。 また、食感も一緒に楽しめるのもおすすめのポイントです。 【6】炊き込みご飯 さやの中に入っている豆を取り出し、ご飯と一緒に炊き込めば春らしい豆ご飯が作れます。 できあがりの鮮やかさを重視するなら、ご飯を炊き終えた後に茹でた豆を混ぜてもいいですね! さやだけじゃなく、中身のお豆の味も楽しめるのが嬉しいです。 スナップエンドウ美味しい!この時期が旬なのでぜひ 脇役に思われがちなスナップエンドウですが、実はポテンシャルがとっても高い野菜です! また、コストコのスナップエンドウは鹿児島産のとっても優秀なスナップエンドウなので、味や食感は他に比べても間違いない美味しさですよ。 彩りから、茹で・炒め・揚げ・炊き込みまでこなすスナップエンドウはサラダだけで終わるにはもったいない食材です! いろいろな楽しみ方をして思う存分春の味覚を味わってくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 スナップエンドウ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

スナップエンドウ 茹で時間

スナップエンドウの茹で方の実験の条件 スナップエンドウの茹で時間と茹でた後に冷水で冷やす有無による差を調べてみました。 茹でる時間は、 1分30秒と2分の2通りを試しました。 条件をまとめると下記の表1の4通りです。 スナップエンドウの茹で方 1.まずは下処理です。 スナップエンドウの筋を取ります。 スナップエンドウのへたの部分を折り曲げ、ゆっくりと筋を取ります。 反対側の筋も同じように取りましょう。 スナップエンドウの筋を取り終えました。 2.鍋に水と塩を入れ、沸騰させます。 茹でる際の塩の量はお湯に対して0. 5~1%。 1Lの場合は5~10gが目安です。 塩を多めに入れて茹でると、スナップエンドウに塩の風味がつきます。 お好みで調整してください。 塩を入れることで、 きれいな緑色に茹でることができます。 3.スナップエンドウを鍋に入れ茹でます(今回は、茹で時間の比較を行うため1分30秒茹でるものと2分茹でるものの2通りです)。 水から茹でると、歯ごたえや見た目が悪くなってしまうので 沸騰後にスナップエンドウを入れましょう。 ぬるいお湯で茹でると、緑色があせてしまうため沸騰してからスナップエンドウを入れましょう。 茹でていくと、お湯が黄緑色になってきました。 4.茹でたスナップエンドウを冷水で冷やします(今回は、冷水で冷やす有無を比較するため、冷水で冷やさないものもあります)。 アクの少ないスナップエンドウは冷水で冷やし、ザルに上げましょう。 スナップエンドウを茹でた後のお湯は、こちらです。 透明だったお湯が黄緑色になりましたね。 スナップエンドウの茹で方の実験の結果 今回は、下記の表1の4通りの方法でスナップエンドウを茹でました。 茹でたスナップエンドウを比較した写真がこちらです。 茹で時間のベストは1分30秒! 見た目を比較してみると、冷水で冷やしたA・Cはシワが少ないです。 一方で、冷水で冷やさなかったB・Dはシワが多く、さやがへこんでいる部分もあります。 食べてみたところ、1分30秒茹でたA・Bは シャキシャキとして歯ごたえがありました。 一方、2分茹でたC・Dは、やわらかい食感でした。 また、スナップエンドウの筋を取ることで隙間が生じ、水分がさやの中に入りやすいようです。 そのため、茹でた後冷めてからキッチンペーパー等にスナップエンドウの端をとんとんと当て、 中に入った水分を落とすと良いでしょう。 まとめ スナップエンドウの茹で時間が30秒違うことで、 食感に違いがありました。 また、冷水で冷やすことでシワやへこみの少ない見た目に仕上げることができました。 そのため、 シャキシャキとした食感を楽しみたい際は1分30秒茹でましょう。 見た目をきれいに仕上げるためには、茹でた後に冷水で冷やしましょう。 なんとなく茹でて食べていたスナップエンドウを自分好みの茹で加減や見た目にアレンジしてみてくださいね。 新鮮なスナップエンドウはオンラインで購入! おいしいスナップエンドウを購入するならオンライン通販がおすすめです。 例えばなら、こだわりのスナップエンドウを農家さんから直接購入できます。 [有機スナップエンドウ800g箱] 有機栽培で、緑肥などを使い土作りを行っています。 生でかじれるほど甘くて柔らかい自慢の一品です。 [スナップエンドウ 400g] 瑞々しさを保つために朝採り収穫にこだわっています。

次の