サニーゴ ミラーコート。 サニーゴ (ガラルのすがた)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンの孵化。複数のポケモンから卵技を遺伝させられますか?例えば・・・...

サニーゴ ミラーコート

豊富な技により様々な型を作れるためカスタマイズ性は高いものの、種族値の低さがどうしても足を引っ張ってしまう。 そのため、あれもこれもさせようとするよりは、決まった役割をきちんと持たせ、 それを遂行できる場面を選んで繰り出していく方がサニーゴの真価を引き出せる運用法と言えるだろう。 はりきり時の攻撃力は努力値全振りと仮定した場合、種族値に換算しておよそ107相当。 アタッカー運用する場合は同タイプのもろはのずつき使いであるの存在が気になる。 豊富な補助技で差別化したい。 能力値以外の面では、4倍対策として持たれやすいくさむすびをサニーゴは威力20 相性込み80 で受けられる。 は威力40 160。 第7世代ではHP、防御、特防が10ずつ上昇するとともに新技アクアブレイクを習得。 アクアテールやたきのぼりなどの水タイプ物理技を覚えなかったサニーゴにとっては嬉しい強化点。 Zワザの登場により、はりきりでも一度だけ必中で技を繰り出す事が可能になるなど、物理型も視野に入るようになり戦術が広まった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 はりきり 物理技が命中0. 8倍になる代わりに威力が1. 5倍になる。 はりきりA特化で実質火力は種族値107程度。 もろはのずつきもあるので同複合の中では岩技の火力はもっとも高い。 とはいえ岩技は総じて命中不安。 はりきりによる低下も合わせると、当てるのはほとんど博打に近い命中にまで落ちる。 また、比較的命中安定な水技に関しては他とレパートリーは大差なく、火力はや、かたいツメを持つに劣る。 必中化の恩恵があるZワザとの相性は良いため、採用するならそれらとのシナジーを活かしたい。 しぜんかいふく 毒・麻痺・やけどなどの状態異常を交代時にリセットできる。 耐久型においては嬉しい効果だが、弱点がメジャーかつ多いため、繰り出し性能が高いとは言い難い。 などと違って頻繁に交代できるほど素の耐久力に余裕があるわけでもないため、あまり相性は良くない。 相手がミラーコートを嫌って状態異常技で攻めてくる場合もあるが、交代するよりもステルスロックを撒くなど、少ない行動回数を確実に活かせる選択肢を取るほうが無難。 さいせいりょく 隠れ特性。 交代時に全体力の3分の1を回復する。 耐久に余裕のないサニーゴに取って回復ソースは非常に有り難い。 また、役割破壊されやすいことを見越してきあいのタスキをもたせた場合、軽微なダメージを回復してタスキ発動圏内に持ち直せる場合がある。 とつげきチョッキをもたせた場合の貴重な回復ソースにもなるため各種持ち物との相性がよく、役割に沿った運用をしやすくなる。 しぜんかいふく同様交代時に発動する特性だが、得られる恩恵や発動機会は圧倒的にこちらが上であるため、優先度は高い。 命中不安だが特性はりきりで高火力。 反動技なのできあいのタスキ持ちでは採用できない。 Zワザ化で必中・反動無し。 命中不安。 トリル下では怯みも狙える。 ただしはりきりならどちらにせよ低命中なので威力で勝る上2つが優先される。 メイン採用は厳しいのでもろはのずつきと両立し、サブ技感覚で使用するのがベスト。 物理型のメインウェポン。 じしん 地 100 100 80 - 岩技と比較的相性補完のよいサブ技。 じだんだ 地 75 100 80 - じしんに比べて威力は劣るが、はりきりによって技が外れやすいのでシナジーはある。 4倍弱点のドラゴンやなど比較的刺さる相手は多い。 じしんと合わせて幅広いタイプの弱点を突ける。 チョッキ型などでタスキ対策にできる程度。 4世代教え技限定。 レート戦では使用できない。 じたばた 無 ~200 100 80 - 鈍足なのでHP管理が難しい。 最大威力ならそれなりの火力は出るが、一致技や他サブウェポンで良さげ。 だいばくはつ 無 250 100 80 使用後瀕死 最後っ屁として撃つ他、壁貼り後などに自主退場に使うこともできる。 チョッキ型の起点回避にも。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 なみのり 水 90 135 100 - 特殊最高火力。 ハイドロポンプは覚えない。 パワージェム 岩 80 120 100 - 特殊岩の一致技。 水・岩技との相性補完がよく、呼びやすい草タイプなどに有効。 電気や鋼などに有効だが、水技とは範囲が若干被る。 めざめるパワー 無 60 100 - 候補はなど炎4倍に対する炎や、などに対する草など。 ミラーコート 超 - 100 ダメージ反射 サニーゴの個性の一つ。 特防は高めとはいえ全ポケモン中では並程度なので きあいのタスキやとつげきチョッキを持たせるとより安定する。 変化技 タイプ 命中 備考 めいそう 超 - 特殊型の積み技。 特殊耐久を上げつつ火力を補強できる。 のろい 霊 - 物理型の積み技。 物理耐久を上げつつ火力を補強できる。 元々鈍足なので素早さダウンはあまり気にならない。 バリアー 超 - 物理耐久を底上げする。 素の耐久はそこまで高くはなく鈍足なので対面で積むのは難しい。 てっぺきでも可。 ドわすれ 超 - 特殊耐久を底上げする。 素の耐久はそこまで高くはなく鈍足なので対面で積むのは難しい。 ロックカット 岩 - 一度積めば最速で最速120族、準速で最速106族まで抜くことができる。 リフレクター 超 - 自身の耐久力上昇の他味方へのサポートにもなる。 ミラーコートを誘う際にも。 ひかりのかべ 超 - ひかりのねんどを持たせてリフレクターと一緒に壁貼りの仕事もこなせる。 ステルスロック 岩 - 教え技。 撒くだけでも一定の仕事を果たせる。 どくどく 毒 90 有効打のない耐久型相手などに対して。 じこさいせいと一緒に相手を消耗させることもできる。 じこさいせい 無 - 使いやすい回復技。 素の耐久はそこまで高くはないため積み技を使わずに粘ることは難しい。 すなあらし 岩 - 自身の特殊耐久上昇の他、定数ダメージ稼ぎや天候の妨害などにも。 マジックコート 超 - 教え技。 上手く読めれば相手のちょうはつや状態異常技を跳ね返せる。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 ワールズエンドフォール もろはのずつき 200 300 必中・反動無し。 サニーゴのミラーコートは比較的有名なため、読みが求められる。 その際、いかに補助技で味方のサポートをしていくかが鍵となる。 サニーゴのミラーコートは知られていても、耐久が薄いイメージから高火力技で殴ってくる相手は多く、 とつげきチョッキで耐えてからのミラーコートにより突破できる相手は多い。 ただし、積み技にはかなり弱く、補助技を持たないとつげきチョッキサニーゴではパーティにかかる負担が大きい。 とつげきチョッキをもたない場合には、豊富な補助技でどう対処していくかが鍵。 普通に使うといしあたま持ちかつ命中・素早さ・物理耐久で勝るの劣化気味なので、差別化に必須のつららばりはほぼ確定。 もろはのずつきをZワザ化することで必中になる上、反動も踏み倒せるため、イワZとの相性は良く、最近のトレンドになっている。 岩半減の相手へはサブウェポンで弱点を突きやすい。 ロックカットを確実に積めるきあいのタスキも考えられるが、もろはのずつきを搭載できないため、今度はとの差別化が難しくなる。 また、こだわりハチマキは岩技以外も強化される上、ハチマキもろはでイワZの火力をも上回るが、小回りが利かないことと命中不安はどうにもならない。 いのちのたまは小回りこそ利くが、命中不安と反動・珠ダメを加味するとイワZの方が安定感がある。 同じZクリスタルとして格闘や鋼に通るミズZもあるが、等倍火力は2割落ち、相性的にもイワZなら見られたなどが重くなる。 以上のことより現環境ではイワZが最有力と思われる。 トリル下で使う場合は決定力アップ・物理耐久アップ・素早さダウンを同時に行えるのろいも有用。 ジーランスは覚えないため、差別化にも役立つ。 対サニーゴ 注意すべき点 種族値は低いものの、様々な技を覚えるためカスタマイズ性能が高い。 特に注意すべきなのはミラーコート。 4倍の草技でもとつげきチョッキ等で耐えて返してくることもある。 また隠れ特性のさいせいりょくの存在でサイクル戦でも実力を発揮する。 はりきりもろはのずつきはのそれ以上の威力を叩きだすことができ、 1回限りの必殺技としてZワザ化して使ってくることも。 対策方法 補助技持ち個体がかなり多く、ちょうはつが有効。 ただマジックコートの存在もあるので頭に置いておこう。 ミラーコートがあるためなるべく物理で攻略したい。 やといった4倍弱点の物理技持ちなら攻撃を反射されずに楽に倒せる。 覚える技 レベルアップ 3rd 4th BW BW2 XY OA SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 1 1 1 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 6 4 4 4 1 かたくなる - - ノーマル 変化 30 12 8 8 8 4 あわ 40 100 みず 特殊 30 17 13 10 10 8 じこさいせい - - ノーマル 変化 10 23 25 17 17 10 バブルこうせん 65 100 みず 特殊 20 17 16 13 13 13 リフレッシュ - - ノーマル 変化 20 45 32 20 20 17 げんしのちから 60 100 いわ 特殊 5 28 40 27 27 20 とげキャノン 20 100 ノーマル 物理 15 - 28 23 23 23 おまじない - - ノーマル 変化 30 - - - - 27 しおみず 65 100 みず 特殊 10 - - 29 29 29 てっぺき - - はがね 変化 15 34 20 31 31 31 ロックブラスト 25 90 いわ 物理 10 - - 35 35 35 こらえる - - ノーマル 変化 10 - 37 38 38 38 アクアリング - - みず 変化 20 - 44 41 41 41 パワージェム 80 100 いわ 特殊 20 39 48 45 45 45 ミラーコート - 100 エスパー 特殊 20 - 53 47 47 47 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 - - 52 50 50 じたばた - 100 ノーマル 物理 15 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技07 あられ - - こおり 変化 5 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技69 ロックカット - - いわ 変化 20 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技96 しぜんのちから - - ノーマル 変化 20 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

サニーゴとは (サニーゴとは) [単語記事]

サニーゴ ミラーコート

はじめに お久しぶりです。 育成論一発目に間に合いませんでしたが、今回の投稿実は、サンムーン1発目でミミッキュを投稿して以来ぶりの投稿になります。 選んだのはデザインに賛否両論があることで少し話題になった、ガラルサニーゴ。 思えば前回投稿したミミッキュも現環境トップですし、それと並ぶドラパルトも採用率が高くて、ゴーストタイプの優遇を感じます。 むし統一パ使いとしてはすごく羨ましい… なんにせよ今までスポットの当たらなかったポケモンが対戦で使われるようになるのは熱いですね! 以前投稿していた時と比べると、かなり多くの方に見て頂けているようで投稿者冥利に尽きます。 この論にも議論の余地があると思いますので積極的にコメントしてください! 使った感想、相性の良かったポケモンなど教えてください。 質問も大歓迎です。 それでは以下本文。 この育成論では特に表記がない限り全てのポケモンを理想個体という前提で扱います• また、HABCDS等いくつか略称を使うことがあります。 個体値 生まれながらに持っている能力 、努力値 基礎ポイント 、タイプ相性等を理解してから読むことをおすすめ致します。 ダメージ計算はソードシールド対応のSoldier Calcを利用しています。 サニーゴについて 第7世代までは弱点の多さと差別化の難しさから今まで対戦ではほとんど日の目を見ることが無かったサニーゴでしたが、ソードシールドでリージョンフォームのみならずなんと進化後まで獲得してしまいました。 進化後のサニゴーンもなかなか尖ったポケモンですが、ランクマッチ環境で猛威を奮っているのは進化前のサニーゴです。 もともと合計種族値は410と進化前ポケモンとしては悪くなく、種族値配分はより無駄がない振り分けとなりました。 またゴーストタイプになったお陰で弱点も減り、しんかのきせき、優秀な特性、優秀な技まで獲得したのですからかなり優遇されました。 この育成論では中でも一番メジャーな型である、特性のろわれボディを活かした物理受け型を紹介します。 採用理由• ずぶとい H252 B236 D20 ・HP…奇数。 砂霰毒や呪い等の定数ダメージ意識 ・こうげき…いばるによる混乱の自傷ダメージ対策で最低 ・ぼうぎょ…11n 性格一致の効率が良いです。 ・とくぼう…余り。 物理一辺倒の現環境では物理に極振り一択でしょう。 性格は後述する攻撃技を採用する場合物理にするか特殊にするかでずぶといかわんぱくの選択になります。 いばるとミラーの際のちからをすいとる意識で確定欄はずぶといとしています。 確定欄の調整では、Bを16削っても確定数が変わりませんので総合耐久意識でDに20としています。 努力値振りが面倒であればHB252D4でも問題ないでしょう。 攻撃技を採用するならミラー意識でSに少し振り分けても良いかもしれません。 持ち物• ステルスロック ステロ撒きとしての採用なので確定。 交代せざるを得なくなるのろわれボディと噛み合い、サイクル戦を優位に進めます。 ちからをすいとる 相手のA実値分HPを回復し、Aランクを1段階下げます。 この技が無いと物理に役割を持てないので確定。 物理に対しては高速再生と同時に火力を下げさせのろわれも狙えるチート技と化します。 特殊主体のポケモンからも輝石ポケモン特有のH種族値の低さ故に十分な回復量を得られます。 例えばA種族値65であるA下降補正のFCロトムからは45%ほど回復できます Aを下げることにより交代を誘発させるのでこちらもステルスロックとのシナジーを形成しています。 ハチマキ、ちからもち等の特性やけど等は回復量には影響しないのと、そうしょく、みがわり等には効かないことに注意。 おにび 命中は85と低いですが当たれば物理技主体のポケモンを機能停止に追い込むことが可能です。 剣舞ミミッキュや竜舞ドラパルトに刺さります。 のろい 自分のHPを半分削る代わりに相手を呪い状態にします。 役目を終えた後に自主退場しつつ相手を交代せざるを得ない状況に追い込めます。 やはりステルスロックとの相性は抜群です。 サニーゴのねっとう・ナイトヘッドをみがわりが確定耐えの調整をしているドリュウズなんてポケモンがいるそうですがのろいなら起点になりません。 以下選択肢 サニーゴは原種由来の多彩な技を習得するので選択肢が多くなりますがご容赦ください。 基本的にはのろいが優先ですがパーティによっては採用価値が出るかと思います。 ナイトヘッド 威力50固定のゴースト技。 のろいに次ぐ有力候補。 攻撃技は入れておくだけでちょうはつやミミッキュのばけのかわに対応できるメリットがあります。 上からみがわりをされるとなす術がなくなってしまうのでもしのろいを抜くならできればナイトヘッドを入れたいですね。 A55C65と心許ないサニーゴでもこの技ならみがわりを割れることが多くなります。 また、現環境で採用率が高く、HPが少なめなロトムにはかなり有効です。 たたりめ 威力65の特殊ゴースト技ですが、状態異常には2倍で入ります。 ミラーに強くなるほか、環境に多いゴーストに刺さります。 対面性能を求めるならのろいを抜いて入れても良いでしょう。 ねっとう 鬼火と攻撃技枠を1つにまとめて圧縮できます。 採用するならステロちからをすいとるねっとうミラーコートのような構成でしょうか。 じしん みがわりHD剣の舞ドリュウズもこの技ならサニーゴでもみがわりを割れます。 ドリュウズを見つつ挑発対策をしたい場合に。 バンギラス サニーゴは悪ゴーストのみが弱点です。 それを半減でき、特殊耐久が高いバンギラスとは相性が良いです。 また、バンギラスが苦手とする格闘はサニーゴには出てきづらくお互いを補完し合います。 弱点保険持ちダイマックス積みエース 鬼火を撒いた上で弱点技を受けさせることができればステルスロックも合わせて全抜きを狙えます。 上記バンギラスにりゅうのまいを持たせたはタイプ相性的にも噛み合うので向いていると言えます。 あくに耐性があり、一致ダイナックルやかるわざもあるルチャブル、ダイジェットとわるだくみが使えるトケギッスなんかも良さそうです。 高火力先制技持ち ステルスロックやのろいで大きく削れたポケモンを華麗に処理できる高火力先制技持ちが望まれます。 タイプは被りますがやはりばけのかわで必ず舞え一致でかげうちを撃てるミミッキュ 、いかくを持ちサニーゴに同じくサイクルに強い鉢巻しんそくウインディ、一致ふいうち使いのオーロンゲ、キリキザンあたりが考えられます。 スカーフ高火力 上に同じく積まなくても一掃が見込めるスカーフ高火力ポケモンとの相性も良いです。 やっぱりエラがみウオノラゴン、ごりむちゅうヒヒダルマが使いたいですよね〜! 天敵• ウオノラゴン 火力指数最強のウオノラゴンはいくら等倍とはいえ受かりません。 が、実は対面からならちからをすいとるで間に合っちゃいます。 後出しができないということは頭に入れておきましょう。 ウオノラゴンようきスカーフ想定 がんじょうあごエラがみを確定耐え 50. ドラパルト 流石に一致弱点に後出しは効きません。 ただ、もしクリアボディ以外だった場合は対面からちからをすいとる入れ、一旦有利な後続に引くことで体力満タンの状態で有利対面を作れステロダメージを蓄積させることができます。 ドラパルト無補正珠想定 ダイホロウ ゴーストダイブ を最高乱数以外耐え 85. ミミッキュ 採用率トップのミミッキュにつるぎのまいをされると後出しはできませんが対面からなら受けきることが可能です。 ダイマックスは向こうがようきでもいじっぱりでもHPが136以上残っている状態からであればちからをすいとる連打で回復が追いつきAダウンBダウンの相殺分込みでダイホロウを3耐えします。 舞っていないミミッキュをダイマックスさせるのは向こうも割けたいでしょうし、鬼火がある分若干こちらが優勢でしょうか。 浮いたポケモンでじわれ回避できるようにしておきましょう。 はたきおとすを食らうと性能が落ちるので注意。 ダイアークを受けると確定Dダウンで突破されてしまいます。 これらあくタイプには同じあくタイプで対策をするか、かくとうタイプのポケモンをいれておきましょう。 どくどくを受けるとちからをすいとる連打がしにくくなるので鋼や毒タイプで対策しましょう。 いかがでしたでしょうか! 最後までお読みいただきありがとうございます。 必要なダメージ計算や、相性の良いポケモン、疑問点等あれば指摘してもらえると助かります。 私のパーティはスカーフに弱いのでこのサニーゴを育ててみます! 心内ですが評価5で。 ご提案ありがとうございます。 11nは、確定数が下がらないところまで削ったらそうなったというだけなので偶然です。 2nも検討しましたが理由づけが難しかったです。 自分でももう少し考えてみますがどういう振り分けが良いと思いますか? いつも育成論を見ていただきありがとうございます。 物理受けということで、サイクルの中の削れ等も考慮すると物理耐久をちょっとでも下げるのはあんまり良くないと思います。

次の

サニーゴ/対戦

サニーゴ ミラーコート

豊富な技により様々な型を作れるためカスタマイズ性は高いものの、種族値の低さがどうしても足を引っ張ってしまう。 そのため、あれもこれもさせようとするよりは、決まった役割をきちんと持たせ、 それを遂行できる場面を選んで繰り出していく方がサニーゴの真価を引き出せる運用法と言えるだろう。 はりきり時の攻撃力は努力値全振りと仮定した場合、種族値に換算しておよそ107相当。 アタッカー運用する場合は同タイプのもろはのずつき使いであるの存在が気になる。 豊富な補助技で差別化したい。 能力値以外の面では、4倍対策として持たれやすいくさむすびをサニーゴは威力20 相性込み80 で受けられる。 は威力40 160。 第7世代ではHP、防御、特防が10ずつ上昇するとともに新技アクアブレイクを習得。 アクアテールやたきのぼりなどの水タイプ物理技を覚えなかったサニーゴにとっては嬉しい強化点。 Zワザの登場により、はりきりでも一度だけ必中で技を繰り出す事が可能になるなど、物理型も視野に入るようになり戦術が広まった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 はりきり 物理技が命中0. 8倍になる代わりに威力が1. 5倍になる。 はりきりA特化で実質火力は種族値107程度。 もろはのずつきもあるので同複合の中では岩技の火力はもっとも高い。 とはいえ岩技は総じて命中不安。 はりきりによる低下も合わせると、当てるのはほとんど博打に近い命中にまで落ちる。 また、比較的命中安定な水技に関しては他とレパートリーは大差なく、火力はや、かたいツメを持つに劣る。 必中化の恩恵があるZワザとの相性は良いため、採用するならそれらとのシナジーを活かしたい。 しぜんかいふく 毒・麻痺・やけどなどの状態異常を交代時にリセットできる。 耐久型においては嬉しい効果だが、弱点がメジャーかつ多いため、繰り出し性能が高いとは言い難い。 などと違って頻繁に交代できるほど素の耐久力に余裕があるわけでもないため、あまり相性は良くない。 相手がミラーコートを嫌って状態異常技で攻めてくる場合もあるが、交代するよりもステルスロックを撒くなど、少ない行動回数を確実に活かせる選択肢を取るほうが無難。 さいせいりょく 隠れ特性。 交代時に全体力の3分の1を回復する。 耐久に余裕のないサニーゴに取って回復ソースは非常に有り難い。 また、役割破壊されやすいことを見越してきあいのタスキをもたせた場合、軽微なダメージを回復してタスキ発動圏内に持ち直せる場合がある。 とつげきチョッキをもたせた場合の貴重な回復ソースにもなるため各種持ち物との相性がよく、役割に沿った運用をしやすくなる。 しぜんかいふく同様交代時に発動する特性だが、得られる恩恵や発動機会は圧倒的にこちらが上であるため、優先度は高い。 命中不安だが特性はりきりで高火力。 反動技なのできあいのタスキ持ちでは採用できない。 Zワザ化で必中・反動無し。 命中不安。 トリル下では怯みも狙える。 ただしはりきりならどちらにせよ低命中なので威力で勝る上2つが優先される。 メイン採用は厳しいのでもろはのずつきと両立し、サブ技感覚で使用するのがベスト。 物理型のメインウェポン。 じしん 地 100 100 80 - 岩技と比較的相性補完のよいサブ技。 じだんだ 地 75 100 80 - じしんに比べて威力は劣るが、はりきりによって技が外れやすいのでシナジーはある。 4倍弱点のドラゴンやなど比較的刺さる相手は多い。 じしんと合わせて幅広いタイプの弱点を突ける。 チョッキ型などでタスキ対策にできる程度。 4世代教え技限定。 レート戦では使用できない。 じたばた 無 ~200 100 80 - 鈍足なのでHP管理が難しい。 最大威力ならそれなりの火力は出るが、一致技や他サブウェポンで良さげ。 だいばくはつ 無 250 100 80 使用後瀕死 最後っ屁として撃つ他、壁貼り後などに自主退場に使うこともできる。 チョッキ型の起点回避にも。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 なみのり 水 90 135 100 - 特殊最高火力。 ハイドロポンプは覚えない。 パワージェム 岩 80 120 100 - 特殊岩の一致技。 水・岩技との相性補完がよく、呼びやすい草タイプなどに有効。 電気や鋼などに有効だが、水技とは範囲が若干被る。 めざめるパワー 無 60 100 - 候補はなど炎4倍に対する炎や、などに対する草など。 ミラーコート 超 - 100 ダメージ反射 サニーゴの個性の一つ。 特防は高めとはいえ全ポケモン中では並程度なので きあいのタスキやとつげきチョッキを持たせるとより安定する。 変化技 タイプ 命中 備考 めいそう 超 - 特殊型の積み技。 特殊耐久を上げつつ火力を補強できる。 のろい 霊 - 物理型の積み技。 物理耐久を上げつつ火力を補強できる。 元々鈍足なので素早さダウンはあまり気にならない。 バリアー 超 - 物理耐久を底上げする。 素の耐久はそこまで高くはなく鈍足なので対面で積むのは難しい。 てっぺきでも可。 ドわすれ 超 - 特殊耐久を底上げする。 素の耐久はそこまで高くはなく鈍足なので対面で積むのは難しい。 ロックカット 岩 - 一度積めば最速で最速120族、準速で最速106族まで抜くことができる。 リフレクター 超 - 自身の耐久力上昇の他味方へのサポートにもなる。 ミラーコートを誘う際にも。 ひかりのかべ 超 - ひかりのねんどを持たせてリフレクターと一緒に壁貼りの仕事もこなせる。 ステルスロック 岩 - 教え技。 撒くだけでも一定の仕事を果たせる。 どくどく 毒 90 有効打のない耐久型相手などに対して。 じこさいせいと一緒に相手を消耗させることもできる。 じこさいせい 無 - 使いやすい回復技。 素の耐久はそこまで高くはないため積み技を使わずに粘ることは難しい。 すなあらし 岩 - 自身の特殊耐久上昇の他、定数ダメージ稼ぎや天候の妨害などにも。 マジックコート 超 - 教え技。 上手く読めれば相手のちょうはつや状態異常技を跳ね返せる。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 ワールズエンドフォール もろはのずつき 200 300 必中・反動無し。 サニーゴのミラーコートは比較的有名なため、読みが求められる。 その際、いかに補助技で味方のサポートをしていくかが鍵となる。 サニーゴのミラーコートは知られていても、耐久が薄いイメージから高火力技で殴ってくる相手は多く、 とつげきチョッキで耐えてからのミラーコートにより突破できる相手は多い。 ただし、積み技にはかなり弱く、補助技を持たないとつげきチョッキサニーゴではパーティにかかる負担が大きい。 とつげきチョッキをもたない場合には、豊富な補助技でどう対処していくかが鍵。 普通に使うといしあたま持ちかつ命中・素早さ・物理耐久で勝るの劣化気味なので、差別化に必須のつららばりはほぼ確定。 もろはのずつきをZワザ化することで必中になる上、反動も踏み倒せるため、イワZとの相性は良く、最近のトレンドになっている。 岩半減の相手へはサブウェポンで弱点を突きやすい。 ロックカットを確実に積めるきあいのタスキも考えられるが、もろはのずつきを搭載できないため、今度はとの差別化が難しくなる。 また、こだわりハチマキは岩技以外も強化される上、ハチマキもろはでイワZの火力をも上回るが、小回りが利かないことと命中不安はどうにもならない。 いのちのたまは小回りこそ利くが、命中不安と反動・珠ダメを加味するとイワZの方が安定感がある。 同じZクリスタルとして格闘や鋼に通るミズZもあるが、等倍火力は2割落ち、相性的にもイワZなら見られたなどが重くなる。 以上のことより現環境ではイワZが最有力と思われる。 トリル下で使う場合は決定力アップ・物理耐久アップ・素早さダウンを同時に行えるのろいも有用。 ジーランスは覚えないため、差別化にも役立つ。 対サニーゴ 注意すべき点 種族値は低いものの、様々な技を覚えるためカスタマイズ性能が高い。 特に注意すべきなのはミラーコート。 4倍の草技でもとつげきチョッキ等で耐えて返してくることもある。 また隠れ特性のさいせいりょくの存在でサイクル戦でも実力を発揮する。 はりきりもろはのずつきはのそれ以上の威力を叩きだすことができ、 1回限りの必殺技としてZワザ化して使ってくることも。 対策方法 補助技持ち個体がかなり多く、ちょうはつが有効。 ただマジックコートの存在もあるので頭に置いておこう。 ミラーコートがあるためなるべく物理で攻略したい。 やといった4倍弱点の物理技持ちなら攻撃を反射されずに楽に倒せる。 覚える技 レベルアップ 3rd 4th BW BW2 XY OA SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 1 1 1 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 6 4 4 4 1 かたくなる - - ノーマル 変化 30 12 8 8 8 4 あわ 40 100 みず 特殊 30 17 13 10 10 8 じこさいせい - - ノーマル 変化 10 23 25 17 17 10 バブルこうせん 65 100 みず 特殊 20 17 16 13 13 13 リフレッシュ - - ノーマル 変化 20 45 32 20 20 17 げんしのちから 60 100 いわ 特殊 5 28 40 27 27 20 とげキャノン 20 100 ノーマル 物理 15 - 28 23 23 23 おまじない - - ノーマル 変化 30 - - - - 27 しおみず 65 100 みず 特殊 10 - - 29 29 29 てっぺき - - はがね 変化 15 34 20 31 31 31 ロックブラスト 25 90 いわ 物理 10 - - 35 35 35 こらえる - - ノーマル 変化 10 - 37 38 38 38 アクアリング - - みず 変化 20 - 44 41 41 41 パワージェム 80 100 いわ 特殊 20 39 48 45 45 45 ミラーコート - 100 エスパー 特殊 20 - 53 47 47 47 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 - - 52 50 50 じたばた - 100 ノーマル 物理 15 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技04 めいそう - - エスパー 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技07 あられ - - こおり 変化 5 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技55 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技69 ロックカット - - いわ 変化 20 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技96 しぜんのちから - - ノーマル 変化 20 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の