富永 アナ テレ朝。 テレ朝「報道ステーション」に徳永有美アナ異例の出戻り起用のなぜ

報ステ・富川アナの感染までの経過、症状、感染経路は?濃厚接触者は?徳永アナ、森川アナは?家族は?|ゆびきた通信

富永 アナ テレ朝

富川悠太アナウンサー より 新型コロナウイルスに感染し、4月13日から番組出演を見合わせていた『報道ステーション』(テレビ朝日系)メインキャスターの富川悠太アナウンサーが、6月4日から復帰する。 しかし、富川アナには茨の道が待っていそうだ。 「番組復帰が決まっても、現場には歓迎ムードはありません。 というのも、もともと富川アナは月~木曜のメインキャスターを務めていたものの、復帰後は、木・金曜を担当。 それ以外の曜日は、フィールドリポーターとして取材活動を行うという。 その一方で、金曜担当だった小木アナが月~水曜のメインキャスターとして番組を仕切る。 「富川アナは番組で、新型コロナウイルスについて繰り返し予防を呼びかけておきながら、自身の感染疑惑は頬被りして出社した揚げ句、この有り様ですからね。 『報ステ』の面目は丸潰れですよ。 テレ朝上層部はカンカンですし、局には視聴者から富川アナへの批判が殺到したそうです。 富川アナだけを悪者にしないために、まずは木・金曜のメインキャスターに復帰させる形に落ち着いたのでしょう」(同) 富川アナの『報ステ』復帰について、ネット上では体調を気遣う声もあるが、「代役の小木アナのままがいい」「三密とか、自粛とか、上から目線で指図されたらイラっとする」といった批判的な意見が大半を占めている。 だが、番組復帰が歓迎されないのは、そもそも富川アナに対する周囲の評判が芳しくないからだとする向きも。 「富川アナは今でこそメインキャスターですが、もともとは現場を担当していた叩き上げ。 現場からトップに登りつめたという自負が強いせいか、現場スタッフへの当たりもキツく、時にはパワハラまがいの言動も見受けられたそうです。 さらに自宅療養中には、妻による子どもへのDV疑惑で、警察・児童相談所が自宅に出動したことが週刊誌で報じられたこともあり、もはや富川アナを擁護する声はなく、局内で孤立しているのが実情です。 果たして4日の『報ステ』で富川アナは一体何を語るだろうか……。

次の

テレ朝・富川悠太アナ、6月4日に「報ステ」復帰へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

富永 アナ テレ朝

同局の看板報道番組「報道ステーション」で、メインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスに感染したことで番組は存亡の危機だ。 体調不良を訴えPCR検査を受けたスタッフも出ており、本紙昨報のようにテレ朝は同番組の全スタッフを自宅待機させている。 さらに地方の系列局からは「身から出たサビ!」との辛らつな声も噴出している。 富川アナに続いて13日には「報ステ」の男性チーフディレクターも体調不良を訴えていることが分かった。 この男性の妻でフリーアナウンサーの赤江珠緒(45)が同日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」に電話出演し、夫の病状を明かした。 「夫の職場で陽性反応の方が出まして、こりゃ大変だねって話していたら、週末に夫も体調を崩しまして、朝に微熱、夜に高熱。 8度5分ぐらいになるみたいな形で続いて『味も…』って言いだしたので、肺のCT検査をして、軽い肺炎の症状があるということで、(PCR)検査までさせていただいた。 4日ぐらいしないと結果は分からないらしいです」(赤江) こうした状況を受け、テレ朝では「報ステ」の全スタッフを自宅待機させ、他番組のスタッフを緊急招集して放送を継続。 13日には富川アナとコンビを組んでいた徳永有美アナ(44)の姿もなかった。 代役として小木逸平アナ(45)、森葉子アナ(33)らが出演した。 本紙既報通り、月~木曜日に出演していた富川アナは、7日の本番中に痰が絡む症状があり、8日から息が切れるように。 9日には息苦しさを感じ、10日に医師の診断を受け、11日にPCR検査で感染が確認され、入院中だ。 3、4日とも朝に38度の発熱があり、その後に平熱に戻ったため、6~9日の出演を続けたことが問題視されている。 13日放送のフジテレビ系「バイキング」で坂上忍は「その使命感だったり、男気みたいなものが、逆に迷惑をかけることになりかねない」。 同日放送の日本テレビ系「スッキリ」では、加藤浩次が「平熱に戻っても、そこで休むべきだったということを我々も感じなきゃいけないね」とした。 新型コロナの怖さや感染力など、富川アナは十分に認識していたはずだが、発熱や体調不良の報告は9日だった。 一部では責任感や使命感による出演続行に理解を示す声もあるが、局内からも厳しい批判が起きている。 「富川アナは誠実なイメージで人望があると思われがちですが、実情はかなり違う。 そんな姿勢がたたって、周囲に体調の異変を相談できる人物がいなかったともいわれている。 『俺がこの番組を支えている!』と自信家な面があって弱音を吐けなかったのでは」(テレ朝関係者) 一昨年秋、同番組のサブキャスターだった小川彩佳アナが降板した際も意外な面が垣間見えた。 「当時の週刊誌では、小川アナの降板は富川アナとの確執が理由として挙げられた。 打ち合わせで、富川アナが『小川はインタビューがヘタだから』などと叱責するなど、高圧的な態度を取り続けて、小川アナが『もう限界なの…』と漏らしていたとも報じられた。 富川アナのウラの顔を嫌い、距離を置いているスタッフもいる」(同) さらに、地方の系列局からも富川アナに同情する声は意外なほど聞かれない。 「富川アナは取材で地方の系列局を訪れることもあるのですが、とにかく態度が傲慢で知られ、地方局を下に見ている様子がアリアリ。 疲れていたのかもしれませんが、偉そうに机に足を乗せながらのけぞって座っていたのを見たことがある。 そんな姿を知るスタッフは『来なくてもいい!』の大合唱ですね」(地方局スタッフ) 報ステを巡っては、昨年9月にも男性チーフプロデューサーが女子アナや女性スタッフにセクハラ行為をしていたことが発覚。 謹慎の懲戒処分を受け、職務を解かれた。 これらに加え「番組の顔」のコロナ感染。 別番組スタッフが代行する事態だけに存続が危ぶまれている。

次の

(動画)報道ステーション富川悠太アナの声ガラガラとTwitterで話題!出演者は大丈夫?ゴン中山雅史も出席

富永 アナ テレ朝

来歴・人物 [ ] 出身。 、小学校教員養成課程体育専攻を卒業後、 1999年4月、に入社。 子供の頃はに憧れ、高校時代は野球部に所属。 副主将でポジションはショート。 当時はいわゆる「牛乳瓶の瓶底」のようなをかけていた。 大学でも体育を専攻。 小学校の教員免許も取得した。 大学生時代には、母校・国立高野球部の助監督も務めていた。 アナウンサーとして入社した時には、スポーツを志望。 最終面接で「報道だけはやりたくない」といったほど、最初は報道には消極的だった。 入社2年目の2000年に『』のミニコーナー「世にも明るいニュース」を担当。 から厳しく指導を受けた。 「うまくリポートする、という小手先のテクニックではなく、カメラワークから編集まで含めて、ニュースをどう見せるか。 テレビマンとしての基礎をとことん学んだ」という。 のとしての活動がメインで、『』では政局や事件を追いかける一方、『スーパーJチャンネル』では街の面白い噂やグルメを追いかけたり(2007年まで)と、硬軟問わず担当。 大の『』フリーク。 2002年放送の『暴れん坊将軍XII』第6話に、特別出演した。 2002年8月9日の『スーパーJチャンネル』の中で、富川の出演シーンをリポートしたコーナーが放映された。 その前にも同年3月に『八丁堀の七人』に出演したこともある。 この時は『スーパーJチャンネル』で番組の取材をした際に富川が直接担当者に頼んでの出演であり、最終話で一瞬ではあるが登場している。 2007年の石原プロモーション制作の新春ドラマスペシャル『』にもチョイ役ではあるが出演。 この時も2006年12月22日の『スーパーJチャンネル』で紹介された。 11月、一般人の女性と結婚。 二男の父親である。 2014年12月には、同年8月に(ALS)で亡くなったいとこの富川睦美を取り上げた『』に出演。 同番組は2015年11月にのテレビ教養部門で優秀賞を受けている。 が富川の大ファンで、『』(2016年4月11日放送分)に富川が初出演した。 この日は『報道ステーション』のメインキャスターとしての初日でもあった。 4月11日にの後任として『報道ステーション』のメインキャスターに就任した。 に開始しに終了した『』の(当時41歳)、『報道ステーション』前任者の古舘(当時49歳)と2人は40代で就任したのに対し、富川は30代での就任となった。 自身の『報道ステーション』メインキャスター就任後も古舘との交流は続いている。 2016年、で毎年発表される年末の「好きなアナウンサーランキング」では、この年で5年連続1位になり殿堂入りしたアナウンサー・、同じく日本テレビ出身の・、出身のフリーアナウンサー・、自身がキャスターを務めている『報ステ』前任者の古舘、アナウンサー・等の知名度や実力者が常連として連なる中、富川自身も初のランクインを果たし8位にランクインされた 女性が選ぶ「好きな男性アナウンサーランキング」でも、10位にランクインしている。 新型コロナウイルス [ ] 2020年4月9日に体調不良を訴え、検査を受けた結果、11日に感染検査でと確認されたことが明らかになり、13日からの『報道ステーション』への出演を見合わせた。 2度ので陰性となり、21日に退院。 6月4日、番組に復帰。 現在の出演番組 [ ]• - リポーター(初代メインキャスターのの不在時に代役を務めることもあった。 同年10月1日より、出演曜日を月 - 木曜日に縮小。 による2020年4月13日からの休演期間を経て 、6月4日からは木・金曜日を担当。 - アルプススタンドリポーター()• - 「食材大百科」、「世にも明るいニュース」、金曜18時台ローカル枠「ウワサ検証人」などリポーター• -「芸能プラス」月 - 木曜キャスター(2003年秋 - 2004年春)• (第3シリーズ) 最終話(2002年3月11日)- ただし出演クレジットはなかった。 第6話「怪盗キツネ小僧! 裏切られた幼な心」(2002年8月12日)• 新春ドラマスペシャル「」(第一部)(2007年1月4日)- 大間のスーパーの店員・悠太役• (毎年1月2日に放送)- 「志村・鶴瓶VSナイナイ 元祖英語禁止ボウリング」にてコーナー司会を担当(2003年 - 2013年)。 - サブキャスター(2011年10月2日 - 2016年3月27日)• 氏暗殺の真実(2017年2月25日)• 緊急スペシャル生放送「ありがとう! 」独占映像で振り返る完全保存版! (2017年4月11日) 同期アナウンサー [ ]• (社会部に異動後、2011年12月退社) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• ザテレビジョン. 2020年5月1日閲覧。 TV asahi 2016年4月9日. 2016年4月9日閲覧。 2016年4月11日 徹子の部屋• 2016年1月8日. 2016年1月8日閲覧。 NEWSポストセブン 小学館. 2016年9月26日. 2020年4月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年12月9日. 2020年4月21日閲覧。 文春オンライン 文藝春秋. 2020年4月11日. 2020年4月21日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年4月11日. 2020年4月11日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年4月21日. 2020年4月21日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年6月4日. 2020年6月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月29日. 2020年6月5日閲覧。 外部リンク [ ]• 歴代キャスター 期間 ニュース スポーツ お天気 男性 1 女性 2 土曜日 日曜日 3 土曜日 日曜日 2001. 7 2001. 12 4 5 () (不明) 2002. 1 2002. 30 2 2002. 6 2003. 30 2003. 5 2003. 28 2003. 4 2005. 27 2005. 2 2006. 26 2006. 2 2008. 30 2008. 5 2008. 29 6 7 2008. 5 2008. 28 2008. 4 2009. 29 8 8 2009. 4 2011. 3 2011. 9 2012. 30 8 8 2012. 6 2013. 31 (不在) (放送なし) (放送なし) 松並健治 2013. 7 2013. 10 2013. 17 2015. 28 2015. 5 2016. 25 9 2017. 7 2017. 17 (シフト勤務) 2018. 2 現在 (放送なし) 三上大樹 (放送なし) (不在)• 1 土曜版のみ担当。 2 2002年4月から2012年9月まで両曜日を担当。 3 一部地域においての内包番組『』本編を兼務。 4 土曜最終の『』から続投。 5 『』から続投。 6 『』も続投。 7 人事異動のため改編期を待たずに降板。 8 交代で担当(稀に一緒に出演する場合もある)。 9 20:54の『ANNニュース・あすの空もよう』、土曜日の『』を兼務。

次の