クラウド ワイファイ。 【公式】 BBN Wi

クラウド型Wi

クラウド ワイファイ

自宅の実効速度 地方都市の郊外にある自宅では端末の電波ランプの表示が2~3つ点灯している電波環境です。 測定に使ったのはスマートフォンアプリの「Speedtest. net」です。 休日の日曜日と平日の金曜日に速度測定を行い、時間帯は、7時台、10時台、12時台、15時台、18時台、21時台で、金曜日は7時台ではなく8時台です。 各時間帯で3回ずつ測定を行い中央値を表にまとめました。 休日の実効速度 日曜日に測定した結果がこちらです。 2019年12月15日(日) 下り速度(Mbps) 上り速度(Mbps) PING(ms) 7時台 20. 0 4. 73 26 10時台 15. 4 9. 76 38 12時台 19. 0 11. 6 33 15時台 12. 2 10. 3 37 18時台 9. 45 3. 62 38 21時台 10. 9 3. 全体的に見ると、下り速度は概ね10Mbps程度は出ており、上り速度は時間帯によって変わり3~10Mbpsくらいの範囲で推移していました。 PING値は20~40msというレベルでした。 接続先回線は下の画像の下の方に表示されているようにSoftBankでした。 平日の実効速度 次に平日の金曜日にも同様に6つの時間帯で速度を測りましたが朝の測定は8時台でした。 2019年12月20日(金) 下り速度(Mbps) 上り速度(Mbps) PING(ms) 8時台 11. 4 2. 65 29 10時台 12. 0 4. 02 31 12時台 15. 7 5. 17 28 15時台 16. 7 7. 02 26 18時台 11. 6 7. 45 25 21時台 13. 7 4. PING値は休日同様に20~40msの範囲でした。 接続先回線は今回もSoftBankでした。 利用者が集中するランチタイムや夕方以降の帰宅時間帯でも速度が大きく落ち込むことはありませんでした。 過去に使ったことがあるSoftBank回線の別のモバイルWiFiでもこれくらいの速度レベルだったので、順当な結果だと思います。 普段使っていてたまに下り速度が1Mbps未満で異常に遅いときがありますが、そんな場合は端末を再起動するといつものように10Mbps以上出るようになります。 上の結果は窓の近くに端末を置いた状態ですが、窓から離れた場所に置くと電波受信レベルが下がり速度も落ちて下りで10Mbps切るようになります。 端末を置く位置や向きによっても電波の掴み具合が変わり速度に影響するようです。 街中での測定結果 地方都市の駅近くの市街地で夕方6時過ぎに速度測定したときには、端末の電波ランプは4つ点灯していました。 下り速度が30Mbps以上、上り速度も20Mbps以上出ていました。 やはり都市部の方が電波が強くて高速でした。 帰宅時間帯の18時台でしたが速度には影響はないようです。 接続先回線はこちらもSoftBankでした。 東京での測定結果 東京へ行った際に新宿駅の地下で速度測定をしました。 地下でしたが下り速度で30Mbps以上出ており十分高速でした。 上り速度は10Mbp切っていてやや遅めでした。 あいかわらず接続先回線はSoftBankでした。 ソフトバンクのサイトによると地下でもちゃんと使えるように基地局の中継装置が設置されているらしいです。 同じ地下でも場所によってはもっと遅いかもしれませんが、地下鉄や地下街でもネットが使えるのは携帯キャリア回線の魅力と言えます。 東京の新宿駅の地下で測定したときは下り30Mbps以上、上りは5Mbps以上でした。 これまで見た限りでは平日の昼休みの時間や夕方以降といった混雑する時間帯でも速度は大きく落ち込んでいません。 接続先回線はどこでもSoftBankばかりでしたが、今のところ十分な速度が出ているので特に不満はないです。

次の

無制限で動画見放題WiFiO

クラウド ワイファイ

このページの目次 CLOSE• クラウドWiFiの料金プラン• 月額料金:3,380円• 通信速度:下り最大150Mbps、上り最大50Mbps• 11b/g/n 3. クラウドWiFiの良い評判 クラウドwifi届いた 限界魔境集落にある自宅でこの速度ですね まぁ普通に使うならって感じ 料金は月3780一応通話simを1000円で運用してるので通信費計4780って感じですね FPS?いや控えめに言って死ぬって — re:MKM大爺 youdie1208 あとクラウドwifi東京。 どっちも縛りないの最高。 — アサノ asamo69 サービス開始から約1ヶ月しか経過していないので口コミは少ないですが、「電波の入りやすさ」や「縛りがない」という点においては、ユーザーから高い評価を得ています。 類似したWiFiサービスは数多く存在しますが、「縛りなし」以外に「海外での利用料金が安い」など、クラウドWiFiはその中でも差別化された存在です。 クラウドWiFiの悪い評判 クラウドWiFiをレンタル中、めちゃくちゃ電波良いのに繋がりにくく、イライラし続けて早一ヶ月…もしやと思ったら、やっぱり192. 168. 1にインして設定変えないとグローバル対応していて制限かかっていたことが判明。 レンタル会社さんはこれ案内せずに貸してるのかな??????? — まおいづ。 設定を変えると解消されるのですが、「どの会社も契約時に案内していない」というユーザーの意見もありました。 クラウドWiFiを利用するメリット• 契約期間や違約金の設定がない• 「縛りなし」にしては月額料金が安い• 渡航先によっては海外での利用料金が安い• 利用できる国の数が多い• 海外利用時のサポートが充実• 申し込み後すぐに利用できる• 注文確定後のキャンセルにも対応 下記から、詳細を見ていきましょう。 クラウドSIMを搭載したレンタルWiFiサービスでは、契約期間も違約金も設定されていない会社というのは珍しいといえます。 クラウドWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi 契約形態 レンタル レンタル レンタル 契約期間 なし 2年 2年 違約金 なし 1〜12ヶ月目:19,000円 13〜24ヶ月目:14,000円 26ヶ月目以降:9,500円 1〜12ヶ月目:18,000円 13〜24ヶ月目:12,000円 26ヶ月目以降:9,500円 「縛り」も「違約金」もないので、解約時に大きな費用がかかりません。 「新しいサービスに目移りしやすい」「クラウドSIMが合わなかったときは解約したい」という人には、いつでも解約できるクラウドWiFiがおすすめです。 ただし、クラウドWiFiには「1日から末日までの1ヶ月間」という最低レンタル期間が設けられています。 契約後すぐに解約することはできないので、注意してください。 契約期間の設定があるWiFiサービスは顧客の囲い込みが可能で、期間内の利用料金や解約時の違約金による利益が保証されています。 クラウドWiFiは、縛りなしなのに一部の「縛りあり」よりも月額料金が安いのです。 クラウドWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi 月額料金 3,380円 3,480円 3,450円 契約期間 なし 2年 2年 他社でクラウドWiFiより高額なWiFiサービスは、「月額料金が高くて縛りもある」ということになるため、契約するメリットは薄くなってしまいます。 「縛りがないものを選びたい」「でも安く利用したい」という両極端な希望を持つ人には、縛りがないのに利用料金も安いクラウドWiFiがおすすめです。 縛りなしにしては利用料金が安いことも、クラウドWiFiのメリットといえます。 渡航先によっては、クラウドSIM搭載の他社WiFiサービスより安く利用することができます。 「渡航先でも安くインターネットを利用したい」「海外旅行へ別にWiFiをレンタルするのは面倒」という人には、そのまま使えて料金も安いクラウドWiFiをおすすめします。 海外利用料金の注意点• 地域や国によってはクラウドWiFiのほうが高い• またいだ国の数の料金が発生する• リセット時間は日本時間のAM12:00 逆に、クラウドWiFiのほうが高額になってしまう国の一例です。 他社よりも安く利用できる国のほうが多いですが、渡航先によっては高くなることもあります。 クラウドWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi パキスタン 1,450円 1,280円 1,250円 ニュージーランド 1,550円 1,280円 1,850円 ルクセンブルク 1,600円 1,280円 1,850円 1日に国をまたいで利用するときは、利用した国の数だけ料金が発生します。 たとえば、1日で韓国から台湾へ移動すると1,500円の料金がかかります。 どんなときもWiFiやよくばりWiFiは同じエリア内なら同一料金なので、1,280円または1,250円から変わりません。 リセット時間は、日本時間のAM12時です。 同じWiFiサービスの中では珍しい時間でのリセットなので、間違えないようにしてください。 他のクラウドSIMのリセット時間• クラウドWiFi:AM12:00• どんなときもWiFi:AM9:00• Mugen WiFi:AM0:00 海外での利用を検討しているなら、上記3つの注意点を知っておきましょう。 クラウドSIM搭載の他社WiFiサービスよりも、多くの国で使うことが可能です。 対応国の数• クラウドWiFi:135ヵ国• どんなときもWiFi:131ヵ国• よくばりWiFi:113ヵ国• Mugen WiFi:134ヵ国 渡航予定の国が対応されていないと、別に海外WiFiをレンタルするか現地でSIMカードを購入して差し替えなければなりません。 「海外へ行く機会が多い」「面倒な手続きは避けたい」という人は、クラウドWiFiのように対応国が多いモバイルWiFiをおすすめします。 利用できる国の数が多いことも、クラウドWiFiのメリットです。 しかも、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語の5ヵ国後に対応しています。 (タイ語のみ9:00〜18:00) 運営会社のニッチカンパニーは、もともとコールセンターサービスも運営しているため手厚いサポートを得意としているのです。 他社WiFiサービスのサポートと比べても、その差は歴然です。 日本時間の夜中にトラブルが起こったとしても対応してもらえるので、初心者でも安心して利用できます。 クラウドWi-Fiのカスタマーセンター• 05058352280 まとはwe chat 「サポート力を重視したい」という人は、クラウドWiFiをおすすめします。 海外利用時のサポートが充実していることも、クラウドWiFiのメリットです。 最短即日の発送• 店舗での受取り 下記で、簡単に説明します。 最短即日の発送 平日14時までの申し込みで、当日に発送してもらえます。 ただし、土日祝日は発送を行っていないので、翌営業日に発送されます。 (土曜日の申し込みなら平日の月曜日に発送) 発送する地域によって到着日は異なりますが、翌日から3日以内には受け取りが可能です。 実は、意外と最短即日の発送に対応しているWiFiサービスは多くありません。 クラウドWiFi めっちゃWiFi 縛りなしWiFi 発送日 最短即日 3営業日前後 最短翌日 最短発送の期限 平日14時まで - 12時まで しかも、最短即日発送のWiFiサービスでも「13時までの申し込み」という条件を設けていることが多いですが、クラウドWiFiは1時間長い14時までとしています。 希望の配送時間や指定場所を選ぶこともできるので、忙しい人でも自宅にいる時間帯や職場に届けてもらうなどスムーズな受け取りが可能です。 即日発送の対応により、クラウドWiFiを早く利用することができます。 店舗での受取り 直接の受取にも対応しているため、申し込んだその日に使うことができます。 他社の場合は、配送にしか対応していないケースがほとんどです。 店舗での受け取り• クラウドWiFi:対応• ネクストモバイル:非対応• めっちゃWiFi:非対応 受け取ってすぐに使えるため、「今すぐに利用したい」という人には店舗での受取に対応したWiFiサービスがおすすめです。 ただし、以下の点に注意してください。 店舗は1つしかない• 公式サイトから注文する必要がある(店舗で注文はできない) 店舗での受取を利用しても、クラウドWiFiを早く利用することができます。 引用:クラウドWiFi 他社の多くは注文後のキャンセルには対応しておらず、どうしてもキャンセルするには初期契約解除を利用するしかありません。 詳細は、 しかし、初期契約解除は事務手数料のほかプロバイダによっては日割り計算での利用料や端末代が発生することもあります。 注文確定後すぐのキャンセルなら、それらの費用は発生しません。 「他社も気になっている」「初期契約解除はよくわからない」という人は、注文確定後のキャンセルに対応しているクラウドWiFiをおすすめします。 注文確定後のキャンセルに対応していることも、クラウドWiFiのメリットです。 クラウドWiFiを利用するデメリット 読むのがたいへんな方は、 デメリットや注意点の中で特に口コミで多かったポイントだけ動画にまとめていますので、見てみて下さい。 契約事務手数料が高い• レンタル型は総額が高い傾向にある• 支払いはクレジットカード決済のみ• オプション未加入時の端末交換費用が高い• 端末の返却がある 下記から、詳しく説明していきます。 買取型、レンタル問わずモバイルWiFiの契約事務手数料は3,000円が相場なので、他社と比べると少し高額であるといえます。 契約事務手数料• クラウドWiFi:3,800円• ネクストモバイル:3,000円• どんなときもWiFi:3,000円• 縛りなしWiFi:3,300円 ただし、他社と比べて極端に高額というわけではないので、あまり気にする必要はないでしょう。 どうしても「初期費用を少しでも抑えたい」というのなら、他社のWiFiサービスをおすすめします。 契約事務手数料が高額であることが、クラウドWiFiのデメリットです。 最安値に近い買取型と、クラウドWiFiの総額を比べてみましょう。 クラウドWiFi ネクストモバイル Mugen WiFi 契約形態 レンタル 買取 買取 契約期間 なし 2年 2年 総額 85,100円 77,400円 81,720円 同じレンタル型では他社よりも安いクラウドWiFiでも、買取型のネクストモバイルやMugen WiFiよりは高額です。 ただし、買取型は中途解約で多額の違約金が発生してしまいます。 長期間の利用が前提で「月額の安いWiFiを使いたい」という人には、ネクストモバイルやMugen WiFiのような買取型で月額料金の安いWiFiサービスがおすすめです。 買取型よりも総額が高い傾向にあることも、クラウドWiFiのデメリットです。 他社WiFiサービスも一部では、口座振替に対応しています。 口座振替 対応の有無• クラウドWiFi:非対応• ネクストモバイル:対応• どんなときもWiFi:対応 一部のプランに限定されてしまいますが、ネクストモバイルもどんなときもWiFiも口座振替には対応しています。 一方のクラウドWiFiはクレジットカードが必須で、作成には2週間前後が必要です。 「クレジットカードは所有していないけれどすぐに利用したい」「理由があってクレジットカードは作成できない」という人には、他社のWiFiサービスをおすすめします。 クレジットカード決済にしか対応していないことも、クラウドWiFiのデメリットです。 引用:クラウドWiFi 他社WiFiサービスのオプション未加入の端末交換費用と比べて高額です。 なお、比較するWiFiサービスの端末は共通で、uCloudlink社製の「U2s」です。 オプション未加入時の端末交換費用• クラウドWiFi:25,000円/40,000円• めっちゃWiFi:5,000円• どんなときもWiFi:18,000円 クラウドWiFiの場合、最も安いめっちゃWiFiと比べて5倍以上もの費用が発生してしまいます。 「端末を丁寧に取り扱えるか不安」という人は、オプションへの加入あるいは交換費用が安いWiFiサービスを選ぶと万が一のリスクを抑えることができます。 オプション未加入時の端末交換費用が高額であることも、クラウドWiFiのデメリットです。 買取型は2〜3年の契約期間がありますが、返却は不要です。 クラウドWiFi ネクストモバイル Mugen WiFi 契約形態 レンタル 買取 買取 端末の返却 あり なし なし 契約が終わったあとは、端末一式を返送する必要があります。 契約中は説明書や箱なども必要があるうえ、返送にも手間がかかります。 以下はクラウドWiFiの返却先で、レターパックや宅配便で返送します。 東京都新宿区 西新宿7-18-19 新宿税理士ビル第2別館佐竹ビル2F 「端末の返却が面倒」「箱や説明書を保管できるか不安」という人は、返却が必要なレンタルではなく買取型のWiFiサービスを利用するといいでしょう。 (ただし「縛り」はある) クラウドWiFiの解約方法と解約手数料 解約方法• 公式サイトの「問い合わせフォーム」から解約依頼の連絡をする• クラウドWiFiからの連絡を待つ• オペレーターの指示に従って解約の手続きを進める• 端末一式を返送する 解約時の注意点• 解約の締め切り日は毎月15日(16日以降は翌月末の解約扱いになる)• 問い合わせフォーム以外からの解約依頼は受け付けていない 解約手数料• なし クラウドWiFiの運営会社 クラウドWiFiは、「株式会社ニッチカンパニー」が運営しています。 会社概要• 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-19 新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F• 設立:平成25年4月• 電話番号:03-5937-6860• メールアドレス:info nitticompany. com• 営業時間:10:00〜19:00• 定休日:土、日、祝 主な事業は、通信機器、回線の販売およびレンタル、クラウドPBX、コールセンターサービス、広告代理業などです。 クラウドWi-Fiの評価 おすすめな人 今回は、クラウドWiFi(東京)の料金と評判、利用するメリット・デメリットをご紹介しました。 以下は、クラウドWiFiがおすすめな人です。 縛りなしで安くインターネットを使いたい人• 海外へ行く機会がある人• 万が一のトラブルにいつでも対応してほしい人• すぐに使いたい人• ほかのWiFiサービスと迷っている人 「縛りがない」「違約金がない」という条件で、月額料金まで安いWiFiサービスは希少です。 最低期間の1ヶ月を過ぎればいつでも解約できるので、気になる人は気軽に試してみてください。

次の

クラウド型Wi

クラウド ワイファイ

「 クラウドWiFi東京」は、• 契約期間の縛りがない• 通信量の縛りがない(無制限) 凄いレンタルWiFiとなっております。 さらに料金は 月額3,380円と格安で利用できますので、他のポケットWiFiから乗り換えるという人も出てきています。 今までレンタルWiFiで有名でした「SPACE Wi-Fi」「縛りなしWiFi」よりもかなりお得です。 月額料金 通信量 SPACE WiFi 3,680円 1日3GB 縛りなしWiFi 3,200円 1日2GB クラウドWiFi東京 3,380円 無制限 表にしてみるとわかりやすいですが、この3社の中で 圧倒的におすすめできる(クラウドWiFi 無制限 月額3,380円)というのがわかります。 クラウドWiFi(東京)の3つの疑問 クラウドWiFi東京を調べている人で2つ疑問点が出てくると思います。 本当に契約期間の縛りなし?• 無制限にネットが使えるのは本当?• 通信速度は速い?実際に速度を計測! この疑問に関して徹底的に解説していきます。 1.本当に契約期間の縛りなし? 完全に契約期間の縛りがないというと嘘になってしまいます。 何故なら「 最低レンタル期間1ヶ月」となっているからです。 一週間や二週間といった短期レンタルの場合は、他のレンタルWiFiの方がおすすめです。 クラウドWiFi東京は 1ヶ月以上のレンタルを考えている人におすすめとなっております。 解約違約金について クラウドWiFi東京が「縛りなし」と言われているのは、最低レンタル期間の1ヶ月さえ利用すれば、その後はいつ解約しても 解約違約金無料です。 ポケットWiFiと言えば「2年」「3年」といった長期契約が主流ですが、クラウドWiFi東京は契約解除料等一切ございません。 端末はレンタルのため、契約期間終了後は必ず返却してください。 返却が遅い場合は延滞金が発生します。 詳しくはデメリットの「」をご覧ください。 2.無制限にネットが使えるのは本当? クラウドWiFi東京の公式サイトには、下記のような文言が記載されています。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 「あれ?無制限に使えないの?」と思う人も多いと思いますが、 動画視聴や通常のネット利用では速度制限になりませんのでご安心ください。 実際に同じクラウドWiFiでテストをしていますが、 月250GB利用しても通信制限になることなく、正常にWiFiは動作していました。 1日3GB、3日で10GBといった速度制限もないため、一日中動画を見ても一日中ゲームをしても速度制限にはなりません。 無制限にネットが使い放題です。 3.通信速度は速い?実際に速度を計測! ポケットWiFiを契約して速度が遅くて使い物にならなかったら意味ないですよね。 クラウドWiFi東京は「docomo、au、SoftBank」の中からクラウド技術により最適な回線を自動で掴みます。 そのため、電波が入るか不安というエリアでも 携帯会社の電波を使用しているため幅広いエリアで利用可能です。 電波が入っても速度が遅いという事もありますので、 自宅で実際に計測してみました!• 2020年1月6日 10時 下り25Mbps 上り9Mbps• 2020年1月6日 11時 下り28Mbps 上り17Mbps• 2020年1月6日 12時 下り28Mbps 上り17Mbps 上記の通り下りはどれも 20Mbps台と高速通信となっております。 YOUTUBEのフルHD(1080p)の動画を見るのに必要な速度は「3Mbps~5Mbps」と言われていますので、クラウドWiFi東京でも 20Mbps以上出ていますので視聴可能です。 数年前までは「ポケットWiFi=速度が遅い」と言われていたけど、最近は電波状況も改善されて快適に利用できるよ! \月額3,380円でネットが使い放題のポケットWi-Fi/ クラウドWiFi東京のデメリットについて 契約前にデメリットも必ず知っておいてください。 契約後こんなはずじゃなかったと後悔してしまう事もありますので、気をつけてください。 初期費用がちょっと高い 携帯電話やポケットWiFiの契約時に発生する初期費用(契約事務手数料)ですが、3,000円が主流ですが 「クラウドWiFi」は初期費用3,980円となっております。 レンタルWiFiで初期費用が3,980円というのは少し高い気がしますね。 その分、• ネットが無制限に使える• 契約期間の縛りなし• 月額料金が安い といった数多くのメリットがありますので、 初期費用だけ我慢して契約した方がお得に使えます。 他のレンタルWiFiと比較してみると 初期費用 月額料金 通信量 SPACE WiFi 0円 3,680円 1日3GB 縛りなしWiFi 1,000円 3,200円 1日2GB クラウドWiFi東京 3,980円 3,380円 無制限 見ての通り、初期費用0円もしくは1,000円となっていますが、クラウドWiFi東京は3,980円です。 他と比較するのであれば、 通信制限がないので圧倒的にクラウドWiFiの方がおすすめです。 どうしても初期費用を安く抑えたいという人には「」「」という選択はアリですが、1日2GB、3GBといった速度制限が設けられていますので、沢山ネットを使う人にはおすすめできません。 借りたものは返すのは当然の事だけど、返却し忘れがあるから注意してね。 長期間利用する場合は高くなる場合もある クラウドWiFiはレンタルWiFiとなっており、1年程度の使用なら安く使う事ができますが 2年以上利用する場合はもっと安く使えるWiFiがあります。 月額料金 初期費用 通信量 契約期間 Mugen WiFi 3,280円 3,000円 無制限 2年間 クラウドWiFi 3,380円 3,980円 無制限 縛りなし 当サイト経由で一番申し込みの多い「Mugen WiFi」と比較しました。 上記の表の通り、 Mugen WiFiの方が毎月100円安いです。 2年間使えば2,400円変わってきます。 さらにMugen WiFiの場合は、 2年間使用後は端末を返却せず貰うことができます。 そう考えると 2年以上使う予定の人は 「クラウドWiFi東京」よりも「Mugen WiFi」の方がおすすめです。 2年未満なら「クラウドWiFi東京」、2年以上なら「Mugen WiFi」がベストな選択だね! クラウドWiFi東京のメリット及び特徴について メリット及び特徴を解説していきます。 1.料金が安い クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがないにも関わらず 「無制限WiFi」が「月額3,380円」で利用できます。 WiFiレンタルで有名な「WiFiレンタルどっとこむ」と比較しても 月額料金 通信量 WiFiレンタルどっとこむ 4,038円 無制限 クラウドWiFi東京 3,380円 無制限 となっており、 WiFiレンタルどっとこむよりもかなり安く利用できるのがわかります。 長期契約のポケットWiFiとも競い合えるくらいの料金体系となっており、 レンタルWiFiでいえば格安です。 無制限WiFiで契約期間の縛りがないWiFiの中では最安値だよ! 2.海外でも利用可能 どんなときもWiFiやMugen WiFiといった最近はやりのポケットWiFiもそうですが 「クラウドWiFi東京」も海外でも利用することが可能です。 今まで「イモトのWiFi」や「グローバルWiFi」といった海外WiFiをレンタルしてた人も多いと思いますが 「クラウドWiFi東京」ならいつも使っているWiFi端末を海外でも利用できます。 海外での利用方法ですが、 端末(U2s)の電源をONにするだけで大丈夫です。 凄い便利なWiFiですが注意点が2つあります。 1日1GBの速度制限有• 海外利用時は別途料金が発生 海外でクラウドWiFiを使用した場合、通信量は無制限ではなく、1日1GBの速度制限があります。 なお、海外利用時は別途料金が発生し、国によって費用は違います。 詳細は公式サイトの「」をご覧ください。 他の海外WiFiと比較してわかると思いますが、 全体的に料金が安くなっています。 対応している国も135ヵ国とかなり多くの国で利用することができます。 1日のリセット時間は日本時間の午前12時となっております。 そのため使用するタイミング次第では、現地で1日しか利用してないのに2日利用した事になる場合もありますので、リセット時間には気をつけてください。 海外サポートも超充実 海外で何かトラブルにあった場合、 24時間365日いつでもカスタマーセンターに連絡が可能です。 私自身、WiFiのテストで海外に行って実際に使った事ありますが、• 電源がつくけど電波が入らない• バグで端末が動かない というトラブルに見舞われたことがあります。 海外では 昼間でも日本が夜中の場合、カスタマーセンターが営業してないという事も十分あります。 しかし、クラウドWiFi東京であれば 365日24時間、5ヵ国語対応となっており、いつでも気軽に問い合わせすることができます。 CMで有名な 「どんなときもWiFi」の場合は、日曜日・年末年始は休みとなっており、カスタマーセンターの営業時間も11時から18時と短いです。 海外旅行・海外出張にもいつも使っているポケットWiFiを持っていこうと考えている人には、クラウドWiFi東京はおすすめとなっております。 3.東京限定!当日レンタル可能!? クラウドWiFi東京は最短即日発送のため、地域によっては 最短で翌日に到着が可能です。 当日受け取りも便利だけど、最短即日発送だからそこまで待たずにポケットWiFiが届くよ! 4.契約期間の縛りなし・解約違約金0円! クラウドWiFi東京の最大の魅力は「 契約期間の縛りなし」です。 ポケットWiFi業界も毎年新機種・新プランが出ており、来年もっと良く、もっと安いポケットWiFiが出る可能性は十分あります。 その時に、2年縛り・3年縛りだから解約できないという状況を逃れるためにも「 契約期間の縛りなし」で「 解約金0円」は 大変魅力的なサービスです。 端末の解約・返却方法はどうしたら良いの? まずは、「クラウドWiFi東京」の解約方法について説明します。 解約方法について クラウドWiFiの「」より端末の解約が可能です。 お問合わせのタブの「端末の解約」を選んでください• 必要事項を記入の上「送信する」を押して解約の申込が完了です 解約時の入力する項目に「注文番号」が記載されていますが、 注文番号はわかる方のみで大丈夫です。 注文番号があった方がスムーズに解約がしやすいです。 端末返却が遅れてしまうと 延滞金が発生してしまう場合がありますので気をつけてください。 クラウドWiFiの端末について クラウドWiFiの端末は無制限WiFiでお馴染みの「U2s」というモバイルルーターです。 速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、ポケットWiFiとしては十分すぎる速度です。 7 x 高さ14. 2 mm 液晶を搭載してないため、その分連続使用可能時間が12時間と長時間使う事ができます。 ボタンも一つのため、難しい操作は必要ありません。 なお、端末のデメリットは2つあります。 1.同時接続台数が少ない 同時接続台数が5台までとなっているため家族で共有するという人には、同時接続可能数が少ない場合があります。 他のモバイルルーターは起動迄10秒から20秒前後だから、慣れるまで起動時間が長いなと感じることが多いよ! デメリットもたしかにありますが、大きさも小さく、持ち運び安いモバイルルーターとなっており、通常利用でも問題なく快適に使えています。 クラウドWiFiの評価及びおすすめな人 クラウドWiFi東京は、• 契約期間の縛りなし• 契約解除料0円• 月額料金3,380円 上記の通り、ポケットWiFiの中でも安く、 2年未満等の短期使用におすすめとなっております。 ここ1,2年でポケットWiFiのサービスがたくさんあり、どこと契約したらいいかわからないという人も多いと思いますが、クラウドWiFi東京は料金面でも、契約解除料の違約金の面でも優れています。 例えばテレビCMで話題の「 どんなときもWiFi」ですが、• 2年縛り(途中解約は9,500円~19,000円の違約金有)• 月額3,480円(3年目以降は3,980円) となっており、料金体系を考えると 「どんなときもWiFi」よりも「クラウドWiFi東京」の方がおすすめというのがわかります。 WiMAXとクラウドWiFiどちらいが良いの? WiMAXと無制限に使えるクラウドWiFi東京で迷っているという質問もありました。 今までWiMAXのメリットといえば「 月間無制限」という事でした。 しかし、WiMAXの場合、 3日で10GBという速度制限があったため、完全無制限に使えるポケットWiFiではありません。 料金面でもWiMAXの場合、• 3年契約• 月額3,480円 となっているため、 クラウドWiFi東京の方がおすすめです。 WiMAXの最大速度は1. 2Gbpsと驚異的な速度ですが、実際に出る速度は、クラウドWiFiよりも少し速い程度です。 上りの速度で言えばクラウドWiFiの方が速いです。 そのため、WiMAXという選択よりも「クラウドWiFi東京」の方がベストな選択かと思います。 評価まとめ 結論としては、クラウドWiFi東京はおすすめできるサービスとなっています。 但し、2年以上使う予定の有る方は同じ端末を使用している「Mugen WiFi(月額3,280円)」の方が安く利用できます。 2年未満で解約する可能性が有る人は「クラウドWiFi東京」を選ぶのがベストな選択です。 通信制限のない「 無制限のポケットWiFi」としておすすめです。 \月額3,380円でネットが使い放題のポケットWi-Fi/.

次の