ムフェト 武器 強化。 初心者必見:はじめてのムフェトジーヴァ戦で知っておくべき9のこと

【アイスボーン】大剣の武器はコレでOK

ムフェト 武器 強化

ムフェトジーヴァ 赤き龍 の出現条件 1. 溶岩と氷雪地帯を解放して偵察任務を出す 手順 内容 1 アイスボーンのストーリーをクリア 2 前線拠点セリエナの司令エリア前にいる大団長と会話 3 特別任務「銀色の矜持 」クリア 4 特別任務「出でよ破壊の権化 」クリア 5 導きの地の溶岩地帯が解放される 6 司令エリア前にいる竜人族のハンターと会話 7 特別任務「失われた幽世線 」クリア 8 導きの地の氷雪地帯が解放される 9 偵察任務「戻らずの底」が発行される ムフェトジーヴァのクエストは、導きの地の溶岩地帯と氷雪地帯を解放すると発行されます。 偵察任務は、無期限で受注可能な一方、報酬がほぼ得られない練習用のクエストです。 偵察任務をクリアすると緊急任務が解放 手順 内容 1 偵察任務を1回クリアする 2 司令エリアの総司令に話しかける 3 集会所で緊急任務が受注可能になる 開催期間中のみ 偵察任務を1度クリアした後、司令エリアの総司令に話しかけると、集会所で本戦の緊急任務が受けられるようになります。 ただし、緊急任務は期間限定のイベントクエストであり、期間外はプレイできません。 緊急任務では覚醒武器を獲得できる 緊急任務をクリアすると特殊な武器「覚醒武器」を入手できます。 覚醒武器は、同じく緊急任務で得られる「龍光石」を使って強化すると 覚醒能力を付けられ、攻撃力などを伸ばせます。 龍封力は有効 ムフェトジーヴァには龍封力が有効です。 エネルギーの消耗をさせやすく、クエストに貢献しやすいですが徐々に効果が薄れていくので、終盤では武器を持ち替えるのも手かもしれません。 武器属性の補正が通常のモンスターよりも高く設定されているので、弱点を把握しておくと効率的にダメージを与えられます。 部位 作成に必要な素材 頭• 重撃・体力珠や解放・体力珠を持っていれば、空きスロットを作って逆上珠や治癒珠を入れ、火力や回復力を上げられます。 高火力ストームスリンガー装備 部位 防具名 スロット 武器 頭• ストームボルトの再使用時間を待つ間は電撃弾を撃ちましょう。 ボウガンパーツは動力源パーツの他に、弾速強化とリロード補助パーツを2個ずつ積むのがおすすめです。 ・ムフェトジーヴァは2回に分けて攻略• ・1回目は落石やツタを使いつつ部位破壊に注力• ・2回目は討伐を目指しながら前回壊してない部位を破壊 ムフェトジーヴァ攻略の大まかな流れは上記の通りです。 1回目は最下層に到達した時点でセリエナに帰還すると、回転率が上げられます。 ツタ罠はエリア外周でダウンさせると自動発動、落石はエリア端に2か所存在し共にエネルギーを効率良く奪える要素です。 1層目は片側を攻撃して怯ませてギミックに追いやる 第1層は、右か左に攻撃を集中して怯ませ、落石かツタの方に動かすのが重要です。 落石では4,000ダメージを与えられ、ツタは長時間拘束できます。 また、いずれのギミックもエネルギーを大幅に消耗させられます。 対象のハンターは狙われるようになってしまいますが、攻撃を与え続けらればエネルギーを大きく削れます。 また、第2層から即死攻撃を使用してくる点にも注意が必要です。 敵視を取ったハンターの与ダメが低いと危険状態に移行 敵視を取っているハンターの与ダメージが低いと、ムフェトジーヴァは危険状態に移行します。 危険状態になると怒り時のように攻撃が激しくなり、ダメージも高くなるようなので、敵視取りだけでなく攻撃にも徹しましょう。 偵察任務では即死攻撃を使用して終了 偵察任務のムフェトジーヴァでは、第2層目で即死攻撃を使用して退けられればクエストが達成されます。 発動までの時間の猶予は割と長めなので落ち着いて岩の影に身を潜めましょう。 最下層 床のガス爆発を利用 最下層目は引き続き敵視、即死攻撃が続きますが高い固定ダメージを与えられる床のガス爆発が行えるエリアです。 即死攻撃を使用するごとにエリア3か所に爆破床が出現するので、敵視を取ったハンターは誘導しましょう。 天井の落石で即死攻撃を守る岩が生成 最下層では、即死攻撃を守る岩が天井から落ちてきて生成されます。 第2層と違い、即死攻撃の度に岩が壊れてしまうので、落石する度に岩の位置を把握しておくと安定して身を守れます。 臨界状態中は全身の肉質が軟化 ムフェトジーヴァが臨界状態になると、全身の肉質が軟化するので攻撃のチャンスです。 特に傷を付けられない胸を破壊する絶好の機会なため、打点の高い武器は意識して攻撃しましょう。 一方でムフェトの攻撃は激化するので注意です。 攻撃しやすい脚はポイントが低いので後回しで問題ありません。 2周クリア想定の部位破壊の流れ 基本的に野良マルチでプレイする場合は、2周でクリアが想定されているため、2クエスト中に各部位破壊を達成できれば問題ありません。 1周目で壊せなかった部位は2周目に回し、1周目で壊した部位は無視しましょう。 ただし、1層目に限っては片側の脚を攻撃して怯ませ、落石やツタを優先して使いましょう。 尻尾は先端の肉質が硬いものの、根本部分は傷を付ければダメージが通りやすいです。 翼は、翼骨の根元部分 赤い部分 の肉質が柔らかく狙い目です。 第3層で臨界状態中にダウンを取って胸を破壊する 第3層でムフェトジーヴァが臨界状態に入ったら、乗りや麻痺、スタンでダウンを取って胸を破壊しましょう。 また、背中が未破壊だった場合は合わせて狙うと効率的です。 ムフェトジーヴァ戦の仕様 ムフェトジーヴァ戦の仕様解説• ・16人集会所推奨の大規模マルチクエスト• ・各層で地脈エネルギーを枯渇させると次の層に移動• ・クラッチクローを組み込んだ立ち回りが必須• ・ムフェトジーヴァには敵視が存在• ・2回に分けてクリアするのが基本 16人集会所推奨の大規模マルチクエスト ムフェトジーヴァは、マムタロトと同様に16人集会所でプレイ推奨の大規模マルチクエストです。 同行するのは最大4人ですが、達成状況が集会所内で同期されており、全体の成果によって進み具合や報酬がリアルタイムで変化します。 ソロでの完全攻略は極めて困難 ムフェトジーヴァをソロで完全攻略するのは、マムタロトと同様に極めて困難です。 ムフェトジーヴァ戦は、地脈エネルギーの枯渇が重要であり、1人では何十回とクエストを繰り返さないと枯渇させられないので膨大な時間がかかります。 各層で地脈エネルギーを枯渇させると次の層に移動 緊急任務のマップは全3層で構成されており、各層の『地脈エネルギー』を枯渇させると次の層にムフェトジーヴァを追いやれます。 ムフェトジーヴァは、体力が削られるとエネルギーを吸い上げるのでひたすら攻撃し続けましょう。 龍封力が有効 ムフェトジーヴァは、龍封力武器で攻撃し続けると通常よりも早くエネルギーを消耗させられます。 龍属性の覚醒武器に付いている、龍封力【中】でも十分恩恵があるため、討伐の際には龍封力武器を担いでいきましょう。 クラッチクローを組み込んだ立ち回りが必須 ムフェトジーヴァは、全体的に肉質が硬くダメージを与えにくいため、クラッチクローで傷をつける動きが重要です。 一定時間ごとにエネルギーを吸収して傷を癒やすので、頻繁にクラッチクロー攻撃をする必要があります。 固定ダメージにすら耐性を持つ ムフェトジーヴァは、ガンランスの砲撃や爆弾等の固定ダメージに対して耐性を持ちます。 ムフェトジーヴァには敵視が存在 敵視の取り方• ・与ダメージの高いプレイヤーが対象になりやすい• ・頭にクラッチし、スリンガー全弾発射で 確定で敵視が取れる• 味方が敵視を取っている必要あり ムフェトジーヴァの敵視を取ると、ムフェトジーヴァのエネルギー消耗を早められます。 敵視中は対象者への攻撃が苛烈になるため、ガード可能や機動力のある武器を持つハンターが積極的に取りに行くと効果的です。 攻撃を続けて敵視を維持するのが重要 ムフェトジーヴァの敵視を請け負ったプレイヤーは、攻撃をし続けて敵視を維持するのが重要です。 攻撃が上手く行えずに敵視が解除されると、ムフェトジーヴァの動きが激しくなるので危険です。 ぶっ飛ばしで敵視を奪う ムフェトジーヴァの敵視は頭部にぶっ飛ばしを行うことで、無理矢理奪えます。 武器種的に厳しかったり、自身に装衣が余っていたりなどする場面では敵視を自身に向けてあげる判断も重要です。 2回に分けてクリアするのが基本 ムフェトジーヴァはマムタロト同様、初回は部位破壊を優先して達成度を稼ぎ、2回目で討伐を目指すのが安定して攻略できるクエストです。 1回で討伐まで進めるのは非常に難しく、高い連携能力などが問われます。 部位破壊などの特定条件を満たすと報酬が良くなる 地脈エネルギーの枯渇や部位破壊が進行すると達成度レベルが上がり、報酬が良くなります。 最大レベルの16になると、大量の龍光石を得られるとともに計18本の覚醒武器が排出され、内4本を受け取れます。 ムフェトジーヴァの攻撃パターン 攻撃パターン一覧 腕叩きつけ 尻尾薙ぎ払い 腕薙ぎ払い かみつき ブレス薙ぎ払い ブレス ブレス 爆発 即死攻撃 ブレスの射角に注意 ムフェトジーヴァの速射ブレスは広い射角を持ち、腕や真後ろ付近でさえ捉えられてしまいます。 ダメージも高めに設定されているため、攻撃時にも常に頭の挙動を意識して立ち回ると良いでしょう。 また、つかみ攻撃の最終段でも火属性やられが発生し、瀕死中に受けると流れで力尽きてしまうので、属性やられ耐性や火耐性を上げて対策しましょう。 ブレスは2回当たり判定を持つ ムフェトジーヴァのブレスは、2回の当たり判定を持ちます。 一度被弾すれば2回目を食らうことはありませんが、ランスでカウンターをした時などは、2回目の判定に巻き込まれるので注意しましょう。 即死攻撃 王の雫 は岩の裏に隠れる ムフェトジーヴァは、HPを一定まで削ると一撃で力尽きる必殺技を使ってきます。 避けるためには、エリア内に設置された岩の裏に隠れる必要があるため、ミニマップと合わせて位置を把握しておきましょう。 即死攻撃の発生が早くなっている 緊急任務のムフェトジーヴァが使用する即死攻撃は、偵察任務の時と比べて発生が早くなっています。 見てから岩裏に隠れるのは容易ですが、事故を防ぐためにもあらかじめマップ上で岩の位置を確認しておきましょう。 周囲に岩がない状態で即死攻撃をする時がある ムフェトジーヴァは、極稀に周囲に岩がない状態で即死攻撃を仕掛けてくる時があります。 原因は敵視の維持や怯みによるキャンセルなど諸説ありますが、正確な条件は不明です。 ベヒーモスのような仕様が施されている可能性もありますが、いずれにしても早期討伐を目指すようにすれば回避は容易と考えられます。 10でのムフェト・ジーヴァ関連の修正 1月23日 木 配信のVer12. 10にて、ムフェトジーヴァに関する不具合の修正が行われました。 緊急任務の達成度が16よりも上にできるようになるので、次回以降は多くの武器を持ち帰れるようになるかもしれません。 16で止まってしまっていた不具合を修正。 関連記事 関連記事.

次の

【MHW:I】ムフェト・ジーヴァの覚醒武器の作成例&対ムフェト・ジーヴァ装備 │ 完クリ日記

ムフェト 武器 強化

ムフェトジーヴァ戦 「緊急任務」ムフェトジーヴァは、 マルチで戦うことを前提となっている。 はじめて戦う時は、けっこう分からない事が多くて、人様にご迷惑をかけてしまうこともあるかと思うので、 事前に知っておくべきことを、超簡潔にまとめたいと思う。 サクッと読めるムフェトジーヴァ戦で知っておくべきこと この9つを知っていれば、人様に迷惑をかけることも少ないだろう。 サクっと読めるので、斜め読みしてから、討伐に参加されることをオススメしたい。 【目次】 (1)集会エリアの探し方 (2)大まかな流れの把握 (3)装備やスキル (4)一撃で死ぬ攻撃の逃げ方 (5)「秘薬」と「秘薬の材料」を持っていく (6)装衣を着る (7)後ろ足を狙う (8)欲しい覚醒武器をGETする方法 (9)武器の覚醒強化は、集会エリアを抜けてから (1)ムフェトジーヴァ討伐用の集会エリアの探し方 ムフェトジーヴァは、マルチプレイでの討伐が前提なので、 ムフェトジーヴァ討伐用の集会エリアを探すことになる。 ここで、下記のように設定して検索しよう。 この仕組みで、 各層のエネルギーをどんどん枯渇させていく。 (エネルギーが枯渇すれば、下の層へ進むことができる) ・集会エリアの16人が協力する、 集会エリア内の他のグループがの活躍(エネルギー枯渇・部位破壊等)は、自分のグループにも反映される ・時間切れになるので、だいたいクエストを2周するくらいで討伐 (かなり慣れた人が4人揃わないと、1周目で討伐は難しい) ・集会エリア内のどこかのグループが討伐を達成すれば、覚醒武器等の報酬がもらえる (3)装備やスキル 死なないことが大事。 使い慣れた武器を担いでいこう。 武器の属性は、 無属性・爆破属性・睡眠・麻痺などが無難。 石柱があるので、 絶対に 石柱の後ろに隠れないといけない。 (納刀して、ダッシュで石柱の後ろに隠れる。 抜刀のままだと速く動けない) この攻撃の見分け方は、こちら。 ・ムフェトジーヴァが空を飛ぶ ・青いモヤが吸い込まれるように流れる 偵察任務の時に練習させられるが、「王の雫」の気配を察知して、石柱の後ろに隠れないといけない。 1回目の「王の雫」は、5期団メンバーが「強力な攻撃よ」と教えてくれるが、2回目以降は教えてくれないので、自分で察知して石柱に隠れる必要がある。 余談だが、石柱の後ろで隠れている間は暇なので、砥石をしたり、回復・調合したりするのがオススメ。 (5)「秘薬」と「秘薬の材料」を持っていく ムフェトジーヴァの攻撃力は高く、ブレス・尻尾のフリフリ・地面が白くなるエネルギー爆発?に 1回当たるだけで、瀕死状態になる。 つまり、2撃当たると乙ることになる。 回復剤グレートなどでは、飲んでいる間に、2撃目が当たって乙ることが多いので、 「秘薬」を使うことをオススメする。 秘薬は2つしかポーチに入らないので、秘薬の調合に必要な 「栄養剤グレート:5個」+「マンドラゴラ」を、持っていくと良い。 そして、 ショートカットに秘薬の調合を登録しておく。 (6)装衣を着る 特殊装具を着ることで、死ににくくなるので、 装衣はなるべく着ておこう。 オススメはこちら ・転身の装衣 ・不動の装衣 or 体力の装衣 スキルに「整備」を入れて、装衣を着る時間を長くするのもgood。 (敵視を取った時用に、装衣着用を取っておく運用をする人が多い。 敵視とは、ムフェトジーヴァへの与ダメージが最も高い人が、ムフェトジーヴァに狙われるという名誉あるイベントだが、慣れないうちは意識しなくて良い) (7)後ろ足を狙う 後ろ足付近は、攻撃されづらく死にづらいので、 後ろ足を狙うのがオススメ。 なお、「傷つけ」は被弾するリスクもあるので、慣れるまでは、装衣を着ている時に行った方がベター。 これもあまり意識しなくてよいが、1層ではツタ罠にかけるために、4人で片方から攻撃してムフェトジーヴァを追い詰めることもある。 自分だけ反対で攻撃していないか確認すると良いが、ムフェトジーヴァはけっこうクルクル回るので、慣れるまでは、意識しなくて良いだろう。 ちなみに、部位破壊をするとクエスト報酬が高くなるため、武器種に応じて狙うべき部位があったりするが、慣れないうちはまだ意識しなくて良いと思う。 (例:ライトボウガンは翼・頭など) (8)欲しい覚醒武器をGETする方法 見事ムフェトジーヴァを討伐できれば、集会エリアの受付嬢から「報酬の受け取り」ができる。 この 受付嬢に話しかける前に、欲しい種別の武器に担ぎ変えておくと、 欲しい武器が手に入る確率が高くなる。 (例:ムフェトジーヴァとの戦いはライトボウガンを使ったが、太刀の覚醒武器が欲しい場合は、戦闘後、報酬受取のために受付嬢に話す前に、太刀の装備に切り替えると、太刀が確定で手に入る) (9)武器の覚醒強化は、集会エリアを抜けてから 覚醒武器が手に入ると、覚醒強化ができるようになるので、すぐに武器屋であれやこれやと強化したくなるのだが、それは 集会エリアから抜けてから行うと良い。 集会エリアの人数は最大16名と決まっているので、1/16の枠を奪ったまま戦わない要員になってしまうからだ。 覚醒武器は強くてかなり使えるので、欲しい属性の武器が手に入ると良いですね!.

次の

【アイスボーン】ムフェトジーヴァ攻略|弱点と対策装備【モンハンワールド(MHW)】

ムフェト 武器 強化

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」に関する最新情報をお届けします。 「ムフェトジーヴァ」討伐の報酬で入手可能な「覚醒武器」について、初日の現段階で明らかになった情報をまとめておきます。 こちらの記事もどうぞ 覚醒武器について 覚醒武器で今まで予測でしか語れなかった部分の確定情報をいくつかまとめました。 配信前に既に公開されていた強化の仕様などは以下のリンクをご確認ください。 覚醒武器のカスタム強化について 覚醒武器にカスタム強化は存在します。 そのため 「カスタム強化+覚醒能力」の強化が可能なので、おそらくほとんどの場合において生産武器を凌ぐ強さになると思います! ただし、周回を重ねる必要があったり厳選したりと手間がかかります。 ムフェトジーヴァは覚醒武器で周回するとお得、だけど…? ムフェトジーヴァの緊急クエストを覚醒武器を使ってプレイし、ムフェトジーヴァの部位破壊を達成すると、 覚醒値を直接入手することも可能です。 ただし、あまり弱すぎる状態の覚醒武器を持って行くとそもそものクエストクリアが難航したり失敗してしまう可能性も高いので、 周りのプレイヤーに無自覚で嫌な思いをさせないよう、その時持てる最高の武器で挑むほうがいいかもしれませんね。 覚醒能力について 覚醒武器に5つまでつけられる覚醒能力について、仕様を紹介します。 シリーズスキルは1部位相当 武器につけられる覚醒能力の中にシリーズスキルも存在します。 シリーズスキルは5つある覚醒能力の枠の中に1つしか付けられません。 さらに、 覚醒武器にシリーズスキルをはめ込んでもそれは1部位分とカウントされます。 つまり、 覚醒能力「銀火竜の真髄」を覚醒武器にはめ込むと、4部位で発動する「真・会心撃【属性】」を発動させるために、残り3部位のシルバーソル防具は着る必要があります。 それでも一部の属性武器やガンランスのように装備が固定化されやすい武器種を使っていた人々には、装備の幅が大きく広がるでしょう。 そのため、その気になれば• 笛の旋律など武器固有の覚醒能力も存在する 覚醒能力の中には狩猟笛の旋律を加えるなど、その武器特有の要素に大きく影響するものも数多くあります。 終わりに 現在盛り上がりを見せているムフェト・ジーヴァと覚醒武器ですが、まだまだ実装直後のため情報が不足しています。 武器や覚醒能力の付け方によってはシリーズスキルを本当につけるべきかも微妙なのかも?とか思い始めたりもして、今後まだまだ検証しがいがありそうです。 マムタロト同様アプデでどんどんインフレする可能性も無くは無いですし、とりあえず皆さん自分なりに好きに武器を育てつつ、様子を見ていきましょう。

次の