売買 契約 書 雛形。 売買契約書》土地建物・物品・商品・不動産売買契約書・収入印紙・雛形

譲渡契約書の書き方・雛形|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

売買 契約 書 雛形

印紙税額についてはこのページの下の方で述べていますが、不動産の譲渡に関する契約書(不動産売買契約書など)については、暫定的に印紙税の軽減措置があります。 所得税法等の一部を改正する法律により印紙税法及び租税特別措置法の一部が改正され、不動産譲渡契約書および建設工事請負契約書については 令和25年4月1日から令和2年3月31日までに作成されるものについて印紙税の軽減措置が適用されます。 また 令和26年4月1日以降令和2年3月31日までに作成される契約書については印紙税の軽減措置が拡充されることになりました()。 [参考情報…(これまでは…)令和9年4月1日から平成26年3月31日までの間に作成される不動産譲渡に関する契約書のうち、契約書に記載された契約金が1,000万円を超えるものについては、税率の軽減がありました。 ] 売買契約書に掲載する項目一覧 項目名 内容解説 0-1. 収入印紙貼付( 収入印紙は、必要な契約と不要な契約があります) 0-3. 売り手および買い手の名称など (甲、乙として定義) 例えば商品売買契約書の場合、商品の名称や内容などは、「甲」「乙」定義の文中または「目的」条文の文章中に記載する場合もあります。 目的 2. 仕様 3. 売買代金 4. 支払方法 5. 引き渡しまたは納品 方法、場所、時期など 6. 瑕疵補修 瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは、売買などの契約で、契約の目的物に(通常の注意では発見できないような)欠陥がある場合に、売り主などが負うべき賠償責任のことを言います。 商品の交換 商品などが指定された仕様と異なる時に、無償で交換するといった条項です 8. 報告・調査 以下の内容を想定しています。 [その他の条項]上の1〜19は、一般的によく契約書に盛り込まれるものです。 下の20〜24は、ヒントとして記載します。 必要と思われるものがあれば盛り込んで下さい。 管轄裁判所についての合意 両者の間で紛争が起った時に、管轄裁判所をどこにするかを書きます 21. 契約期間 継続的な取引についての契約の場合は、 初回の有効期間を書き、その後 延長する場合にどうするかを記載します。 以後同様とする」 22. 担保権の設定について 通常の売買契約の場合は、こうした項目のないものもあります。 連帯保証人の設定について 24 その他 不動産の売買契約の場合には、以下の項目もあります。 ・ 登記手続きの期限や費用負担 ・公租公課の負担 ・抵当権、根抵当権などの担保権に関する保証 ソフトウェアの売買契約の場合には、以下の項目もあります。 ・操作方法の指導の期間、人員、および費用 (目的) 第1条 甲は、商品を乙に売り渡し、乙はこれを甲から買い受ける。 (仕様) 第2条 商品の仕様は別紙に定めるとおりとする。 2 前項の規定において、商品納入時の検品において直ちに不合格が判明した場合には、商品を修正した上で再納品に要する日数を支払期限に加算するものとする。 2 前項の検収の結果、商品が不合格となった場合は、乙が指定する期間内に甲は乙の指示に従って修正し、再検収を受けなければならない。 2 前項の規定は、乙が商品を第三者に転売したときには適用しない。 (商品の修理・交換) 第7条 商品が事前に指定した仕様と異なるときは、甲は商品を無償で修理、交換しなくてはならない (報告・調査) 第8条 商品の使用によりトラブルが発生したときは、乙はただちに甲に報告し、甲は原因の究明に努め、甲は調査結果を随時乙に報告するものとする。 その場合の調査費用は甲の負担とする。 2 前項の規定は、乙が商品を第三者に転売したのちに発生したトラブルについても適用される。 3 乙が商品を第三者に転売したのちに商品にトラブルが発生した場合の回収費用については、甲乙協議の上その都度定める。 (機密の保持) 第9条 甲及び乙は本契約の遂行において得た商品に関する技術情報、および双方の営業情報、顧客情報、ノウハウを他にもらしてはならない。 2 前項の規定には、以下は含まない。 (1) 既に公知の情報 (2) 契約締結以前に双方が得ていた情報 (3)法律、法令により開示を義務付けられた情報 (4)安全、衛生等の理由により機密情報から除かれることを甲乙協議の上確認した事項 (5)甲及び乙が機密情報から除くことを相互に同意確認した情報 (契約内容の変更) 第10条 天災その他の不可抗力、又はその他、甲の責に帰すことができない理由により期間内に業務を完了することができないときは、乙は甲に対して遅滞なくその理由を明らかにした書面により納期の延期をもとめることができる。 この場合の延長日数は、甲乙協議の上書面によりこれを定める。 2 乙は、必要があるときは、商品の仕様または数量等を変更することができる。 この場合において、納品日または売買代金を変更する必要があるときは、甲乙協議の上、書面によりこれを定める。 3 前項において、甲が損害を受けた時は、乙はその損害を保証しなければならない。 この場合における賠償額は、甲乙協議の上、書面によりこれを定める。 2 前項において、乙は甲に書面によりこれを知らせる。 2 この契約書に定めのない事項については甲乙協議の上これを定める。 本契約の証として本書2通を作成し、当事者記名押印の上、各自一通を保有するものとする。 17号(令和1年12月、データ確認済み。 国税庁令和元年6月公表) 文書の種類 印紙税額(1通または1冊につき) 1.売上代金に係る金銭又は有価証券の受領書 [注>1 売上代金とは、資産を譲渡することによる対価、資産を使用させること(当該資産に係る権利を設定することを含む)による対価及び役務を提供することによりことによる対価をいい、手付けを含みます。 注>2 株券等の譲渡代金、保険料、公社債及び預貯金の利子などは売上代金から除かれます。

次の

契約書の書き方

売買 契約 書 雛形

第1条(目的) 甲は、下記商品(以下、「商品」という。 )を乙に売り渡し、乙は、これを買い受ける。 商品名: 型式: 台数: 第2条(売買代金) 1. 商品の売買代金は、金 円(消費税込み)とする。 乙は、商品の引渡しを受けた日から 日以内に、売買代金を甲の指定する銀行口座に振り込むものとする。 なお、振り込み手数料は乙が負担する。 第3条(引渡し) 甲は乙に対して、平成 年 月 日に、乙指定の場所において商品を引渡すものとし、所有権は引渡しのときに乙に移転するものとする。 第4条(瑕疵責任) 甲は乙に対して、前条の引渡しの日から 年間は、商品の瑕疵について責任を負うものとし、補修に要する費用は甲が負担する。 但し、乙の故意・過失による補修の場合は除く。 第5条(商品の交換) 乙は甲に対して、商品の性能が甲より事前に指定された仕様と異なるときは、仕様通りの商品に無償で交換することを請求することができる。 第6条(契約の解除) 乙が、第2条に規定する期日までに売買代金を支払わなかったときは、甲は、通知催告を要せず直ちに本契約を解除し、商品を引き揚げることができる。 この際の商品の引き揚げに要する費用は、全て乙負担とする。 第7条(信義則) 甲及び乙は、本契約の解釈につき疑義が生じた場合、または本契約に定めのない事項が生じた場合には、お互いに誠実に協議してこれを解決するものとする。 以上本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各1通を保有する。 平成 年 月 日 甲:住所 氏名 印 乙:住所 氏名 印 <以下各条項の注釈> 第1条(目的) 売主から買主へ販売する商品名・型式や個数等を明示する。 第2条(売買代金) 商品の売買代金(消費税の有無など)や代金の支払条件に合わせて書き換える。 第3条(引渡し) 引渡しの日時や引渡し方法を定める。 所有権移転の時期についても定める。 第4条(瑕疵責任) 商品に瑕疵(欠陥など)があった場合の責任についての規定。 第5条(商品の交換) 商品の性能が仕様と異なるときの無償交換請求権を認めた規定。 第6条(契約の解除) 後々トラブルにならないように、契約解除をする場合の条件を個別のケースに合わせて書き換える。 その他 個別の契約条件に合わせてその他必要な条項の追加・修正及び削除をすること。

次の

商品売買契約書》印紙/収入印紙/印紙代/印紙税/書き方/雛形/書式/見本

売買 契約 書 雛形

譲渡契約書とは 譲渡契約書とは、債権、株式、著作権などの権利や財産を他人(他社)に譲り渡すことを記載したもので、 無償譲渡と有償譲渡の2種類があります。 それぞれどんな違いがあるのか、どのようなケースで作成されるのかを詳しく説明していきます。 無償譲渡と有償譲渡について 所有している資産を無償で移転させることを無償譲渡と言います。 例えば法人が資産を無償で他者に譲渡した場合は『寄付』や『贈与』として取り扱われます。 一方、有償譲渡は、資産を譲渡する対価として代金を支払うことによって効力が生じるものを言います。 対価が金銭以外の財産権であるならば『交換』になります。 ちなみに、売買・贈与・交換のいずれも『譲渡契約』の中に含まれます。 印紙について 印紙は課税対象となる文書に貼付しなければならないことになっています。 印紙を貼り忘れたり割印を忘れたりすると怠過税が課されることがありますので注意しましょう。 なお、税法上定められているものであり、契約の効力には関与しません。 当該文書が課税か否かは、印紙税法別表第1に掲げられている20種類の文書に該当するか、非課税文書に該当するかを内容ごとに見て判断する必要があります。 署名や捺印について 契約は口頭でも成立するものですが、証拠とするために通常は契約書を作成します。 そしてその契約書が法的効力を持つためには、署名もしくは記名捺印が必要であるとされています。 しかし、安全のためには署名+捺印の両方をしておくことが紛争防止につながりますので覚えておいてください。 つまり、持っている貸金債権や売掛金債権を第三者へ譲渡することです。 注意しなければならないのは、債権譲渡契約は譲渡人と譲受人の間で成立するもので、債務者には関係がない点です。 そのため譲受人が債務者に対して債務履行を主張することはできないのです。 そこで、債権譲渡契約書には債務者、又は第三者に対する対抗要件の具備についても触れておく必要があるのです。 債権譲渡契約書の記載すべき項目• 債権譲渡の目的• 債権の表示• 債権者、債務者、債権額、債権の発生原因、弁済の期日• 譲渡通知及び承諾• 対抗要件• 契約解除• 協議条項• 管轄裁判所 債権譲渡契約書の文例 債権譲渡契約書の作成は、ワードのテンプレートが便利です。 文例はサンプルを参考にしてください。 株式の売買は自由に行えるものですが、非公開会社の株式を売買する場合は、当該会社の承認を得る必要があります。 株式の売買価格は自由に決めることができ、無償でも有償でも構いません。 売買価格によって売主に譲渡所得税が発生する可能性がありますので、この点は注意しましょう。 株式譲渡契約書の記載すべき項目• 株式の内容• 譲渡日、合意日• 譲渡価額• 支払方法、期限• 契約解除• 賠償責任• 株主名簿の名義書換請求 印紙の有無 株式譲渡契約書は課税文書には該当しません。 そのため、原則として印紙を貼る必要はありません。 ただし、株式譲渡契約書に受取書・領収書の性質があるときは課税文書に該当し、印紙を貼る必要が出てきます。 すでに代金を受け取った旨の記載があるかどうかをチェックしましょう。 しかし、売主が個人である場合は非課税となり印紙は不要です。 株式譲渡契約書の文例 株式譲渡契約書の作成は、ワードのテンプレートが便利です。 文例はサンプルを参考にしてください。 譲渡契約書を作成するにあたり注意すべきポイントを3つご紹介します。 署名捺印をする 署名捺印に不備があると契約の成立を証明できないことがあります。 署名もしくは記名・捺印があれば契約書として成立はしますが、なるべく署名捺印の両方をするように心がけましょう。 印紙の有無を確認する 課税文書に該当するかは内容をよくチェックしなければなりません。 印紙の貼付がなかったからといって契約内容に影響するわけではありませんが、税法上印紙は必要です。 貼り忘れや割印の忘れがあると怠過税がかかることもありますので注意が必要です。 大切な項目を漏れなく盛り込む 契約内容はもちろんのこと、履行日、解約について、賠償責任やトラブルになったときの解決方法、対抗要件など、自身を守るためにも漏れのないよう大切な項目を盛り込みましょう。 所有している資産を無償で移転させることが無償譲渡、資産を譲渡する対価として代金を支払うことによって効力が生じるものが有償譲渡です。 契約書を作成しても法的効力が発生しなければ意味がありません。 署名・捺印がされているか、印紙が必要であるか、記載項目に漏れがないかに注意して作成してください。

次の