プリンス メロン 食べ頃。 メロン(マクワウリ)の育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

プリンスメロン収穫時期の見分け方☆プランター栽培

プリンス メロン 食べ頃

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 おいしい白肉メロンは、いかがですか! メロンの旬は、 桜の開花前線といっしょで、 南から北へ、上がっていきます。 春から、夏に向けて、 九州から、関東へ、東北・北海道へ 上がっていきます。 メロンの種類は、 アールスメロン、アンデスメロン、タカミメロン、 夕張メロン、クインシーメロン、ルピアレッド、 プリンスメロン、エリザベスメロン、ホームランメロンなど、 多くの品種が、あります。 果肉別、ネット目別、栽培方法別等 いろんな分類方法が、 あります。 わかりやすい果肉の色ごとで 分類をしたいと思います。 果肉の色別で ・青肉メロン ・赤肉メロン ・白肉メロン 3種類に分類されます。 今回は、 白肉メロンの仲間の いろんな疑問について 果物の仕入れと販売30年の 経験をふまえて お話していきます。 目次 白肉メロン ・プリンスメロン ・エリザベスメロン ・イエローキング ・ホームランメロン ・パパイヤメロン おいしい白肉メロンは、いかがですか! プリンスメロン プリンスメロンは、 サカタのタネにより、 【シャランテ】と【ニューメロン】の 交配です。 なんと、 マスクメロンとマクワウリの 交配です。 高価なマスクメロンと 昔ながらのマクワウリしかないメロン界に、 新風を巻き起こしました。 メロン生産量の約70%を、 占める勢いでしたが…。 アンデスメロン等に、 シェアを奪われました。 今では、ほとんど、売り場では 見ることのない懐かしい品種です。 安価で、病気に強い品種です。 横浜青果商の【プリンス会】から、 命名されて、いるようです。 プリンメロンの特徴は、 ノーネット系の品種です。 マクワウリを、 すこし大きくし、 丸くした感じです。 芳香があり、 甘みが強いです。 果皮は、薄い緑色で、 すべすべしています。 果肉は、黄緑色で、 種子に近い部分は、 オレンジ色です。 収穫時期は、 4月頃から、6月頃の 期間です。 主な産地は 昔は、全国で、多く栽培されました。 今では、熊本県中心です。 選び方・食べ方は、 果皮にハリがあり、 円形のものを、 選びましょう。 へたの部分が、かさぶたの 取れかかったみたいが、 食べ頃です。 メロンは、追熟するので、 香りが漂い出したら、 食べ頃です。 食べる2時間前に、 冷蔵庫で、冷やしましょう。 エリザベスメロン エリザベスメロンは、 みかど協和から 販売されている品種です。 マクワウリ系のメロンです。 昔、懐かしいメロンに なりました。 エリザベスメロンの特徴は、 ノーネット系の品種です。 形は、円形から 楕円形です。 果皮は、黄色で、 果肉は、厚く、白色です。 シャキシャキな食感で、 上品な甘みです。 後味の良いメロンです。 日持ちする品種です。 収穫時期は、 4月頃から6月頃までの 期間です。 主な産地は、 宮崎県、鳥取県が、 主な産地です。 以外と、全国各地で、 栽培されています。 選び方・食べ方は、 果皮が、濃い黄色で、 持ち比べた時、 重いものを、 選びましょう。 お尻の部分が、 触った時、 少し、柔らかいものを、 選びましょう。 食べる2時間前に、 冷蔵庫で、冷やしましょう。 イエローキング イエローキングは、 荻原農場フーコク交配です。 スペイン原産品種と ハネージュメロンの 交配です。 平成9年に生まれた 新しい品種です。 きれいな黄色の外観から、 イエローキングと 名付けられたそうです。 イエローキングの特徴は、 ノーネット系の品種です。 形は、円形、楕円形で、 比較的、大きな品種です。 イエローキングは、 果皮が、濃い黄色です。 果肉は、白色で、 完熟してくると、 透明に近くなります。 甘みがあり、 上品な食感です。 以外と、日持ちが良いです。 収穫時期は、 5月頃から、7月頃までの 期間です。 主な産地は、 熊本県が多いですが、 全国的に、栽培されています。 選び方・食べ方は 果皮が、鮮やかな黄色で、 持ち比べた時、 重いものを、 選びましょう。 お尻の部分が、 触った時、 少し、柔らかいものを、 選びましょう。 食べる2時間前に、 冷蔵庫で、冷やしましょう。 ホームランメロン ホームランメロンは、 【白肉ハネージュメロン】と 【緑肉ハネージュメロン】の 交配です。 野球好きから、 命名されたそうです。 ホームランメロンの特徴は、 ノーネット系の品種です。 ハネージュメロンより、 やや小さ目です。 果皮、果肉とも、 クリーム色です。 完熟すると、 とろけるような甘みに なります。 収穫時期は、 4月頃から、7月頃までの 期間です。 選び方・食べ方は、 果皮が、きれいなクリーム色で、 傷のないものを 選びましょう。 甘い香りが、 漂っているものを 選びましょう。 食べる2時間前に、 冷蔵庫で、冷やしましょう。 パパイヤメロン パパイヤメロンは, 【ピエール・デ・サポ】と 【マクワウリ】の交配です。 スペイン種と日本種の 交配なんですネ。 外観が、パパイヤに 似ていることから、 パパイヤメロンと 名付けられたそうです。 パパイヤメロンの特徴は、 ノーネット系の品種です。 形は、ラグビーボールに、 似ていて、 緑色と黄色の縞模様が、 特徴です。 果肉は、白色で、甘みがあり、 後味が、さっぱりしています。 収穫時期は、 4月頃から、5月頃までの 期間です。 主な産地は、 九州地方です。 長崎県南島原市深江町が、 有名です。 九州地方を、 訪れた時には、 食べてみたいメロンです。 選び方・食べ方は、 パパイヤメロンは、 香りが漂ってきた時が、 食べ頃です。 果皮が、全体的に、 黄色に近くなった時が、 食べ頃です。 食べる2時間前に、 冷蔵庫で、冷やしましょう。 高級感、漂うメロンです。 その中では、 ちょっぴり、 お買い得な 食べやすい白肉メロンです。 お子様と、いっしょに、 白肉メロンの 独特のサクサクした食感、 あっさりした甘みを、 思う存分に、 味わってみませんか!.

次の

メロンの中で一番美味しいのは?!プリンスメロンが最高!!

プリンス メロン 食べ頃

果実の知識【プリンスメロン】 果実の知識 プリンスメロン prince melon ~メロンを大衆のものにした貢献者~ 果実は平均500~600gで甘みが強く、芳香があります。 ネット(メロン特有の縞々模様)はなく、すべすべの表面。 値段がお手頃で、一般の人々が気軽に楽しめるメロンとして一世を風靡しました。 味に当たり外れが少ないのも特徴です。 誕生 昭和30年代の半ばまで、メロン(イギリス系アールス)は高級フルーツとして一般庶民には手が出ない存在であり、人々は東洋系のマクワウリを食べるしかありませんでした。 しかし、昭和34年(1959年)に日本のマクワウリの一種である「ニューメロン」とフランス原産の「シャランテ」を交配させた新品種の育成が始まり、昭和37年に「プリンスメロン」の名で坂田種苗(現在のサカタのタネ)が発売すると人気が爆発し、栽培面積が一気に拡大。 一時はメロン生産の7割を占めるまでになり、一般の人々に安く供給されるようになったのです。 ちなみに名前は、横浜の青果商グループ「プリンス会」が試食したことから命名されているそうです。 甘さに加え、栽培しやすい、病気にかかりにくい、成長しても裂果しないなど、数多くの長所によって、「メロンならプリンス」という時代が10年以上続きました。 プリンスメロンの成功によって、その後の品種改良ラッシュに火がつきました。 現在、メロンにたくさんの種類があるのも、プリンスメロンの功績といえます。 出回り期と産地 金沢市中央卸売市場では地元石川県産のほかにも熊本産、愛知産、茨城産を中心に入荷しています。 2月、3月にもごく少量入荷されますが、量が増えてくるのは4月に入ってから。 熊本産が先陣を切って、愛知・茨城にリレー。 全体的なピークは4月下旬から6月いっぱい。 石川県産は6月上旬よりスタートし、7月まで続きます。 選び方 形が球形に近く、表面に張りのあるものが良いでしょう。 食べごろお店で買った時点ではまだ固く、しばらく置いておいたほうが良い場合があります。 花落ちの部分(お尻)がやわらかくなって、香りが強くなると食べごろです。 保存法 プリンスメロンは本来、暑い場所で育つものなので、熟れるまで室温で保存するのが一番良いと言えます。 安易に冷蔵庫に入れるのは味が落ちるので注意が必要。 食べる前2~3時間前だけ冷やすようにすると良いでしょう。 その際は、みずみずしさを損なわないように、ラップで包んで冷やすようにしてください。 栄養 カリウムが豊富です。 カリウムは、余計な塩分を体外に排出する役目を果たし、高血圧症の予防などに効果があります。 アミノ酸も多く利尿作用があるので、二日酔いの時に食べるのもよいでしょう。

次の

メロン(マクワウリ)の育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

プリンス メロン 食べ頃

メロンは美味しいだけでなく体によい果物です。 美味しいメロンを上手に保存して美味しくいただくためにはいくつかのポイントがあります。 保存方法をマスターしてメロンの美味しさを100%引き出して召し上がってください。 メロン保存のための追熟の方法とは メロンは冷蔵庫の中では追熟が進まないため、食べ頃になるまで常温で保存してください。 食べ頃になったメロンはまるごと、または半分に切って種を取りラップに包んで冷蔵庫で冷やして食べて下さい。 食べ頃になったメロンはそのまま冷蔵庫で保存して下さい。 未完熟のメロンは、そのままでは硬くて食べることが出来る状態ではありませんので、ある程度まで熟すまで常温で保存しておく必要があります。 通常、追熟期間は収穫後1週間程度がおおよその追熟期間と言われています。 メロンは届いたら常温で追熟して食べ頃を見極めます メロンは追熟させて完熟で食べます メロンは収穫後追熟させて食べます。 まだ固く香りが弱い物は冷蔵庫に入れないでください。 低温下では追熟せず傷みを早めてしまいます。 お尻を押してみて少し弾力を感じるようになるまでは常温で冷暗所に置いておきましょう。 完熟してくると甘い香りが立ってきます。 またツル付きのメロンはツルが枯れてきます。 ノーネット系のプリンスメロン、キンショーメロン、ハネデュメロンなどは、おしりの部分を少し強めに押してみて弾力を感じるぐらいが食べごろです。 ネット系のアールスフェボリットや夕張メロン、アンデスメロン、肥後グリーンなどは、おしりの部分がやわらかくなってきたら食べごろです。 基本的に完熟するとどんなメロンでも甘い香りがしてきます。 ツルが枯れ甘い香りがしてきた頃が食べごろです。 メロンはツルがこれくらい枯れ甘い香りがして来たら完熟です メロンの美味しい期間はとても短い またメロンは追熟して食べ頃になると2~3日位で中から発酵し始めます。 食べ頃になった物は冷蔵庫に入れ、美味しい間の2日か3日以内に食べるようにしましょう。 カットしてから保存する場合は、非常に味が落ちやすいため、完全密封するくらいにラップで包んでおくと味が損なわれにくくなります。 メロンの保存方法は下記を参考にしてください。 メロンの常温での保存方法 1. 本来の食感が失われるのが欠点ですが冷凍保存のメロンシャーベット状であれば美味しく食べることが可能です メロンはしっかり食べ頃を見極めると無駄なくいただけます メロンは冷凍保存できます 完全に食べ頃になったメロンは冷凍保存もできます。 もちろん、生の物より風味は落ちますが、使いようによっては十分楽しめるでしょう。 冷凍する場合は、皮から果肉だけをナイフで切り、一口大の大きさに切った物をラップを敷いたバットなどに並べ再度ラップを被せて冷凍し、凍ったらジップロックなど密封できる袋に移して冷凍しておきます。 食べる際は、そのまま氷菓としてでも食べられますが、ミキサーにかけジュースやピューレとして使います。 メロンの皮と種を取り除きます 2. 食べやすい大きさにカットします 3. 3、完熟す前に冷蔵庫に入れたり切ったりすると、追熟は止まってしまう 4、切ったメロンは、しっかりラップして冷蔵庫の野菜室で保存する 4、メロンは冷凍保存することができます。 5、追熟の止まった固い、甘くないメロンは、一工夫する必要がある 6、メロンは熟しすぎると苦味がでてきます。 メロンは熟す前に冷蔵庫に入れるのは厳禁。 必ず常温で追熟させましょう。 食べ頃になると、日持ちしないので、早めに食べるようにしましょう メロンにはカリウムが多く含んでいます。 カリウムは体から排出されるとき、ナトリウムを道連れにする性質を持っているため体内の老廃物や余分な塩分を排出する利尿作用があります。 食後にメロンという組み合わせは、塩分の取りすぎを防いでいるのです。 お見舞い用の果物としても最適で、その他にも二日酔いにも効果が期待できます。 砂の土壌は「肥料が効きやすく、無くなり易い」というメロンの栽培に良くマッチしています。 また、水はけの良い砂丘地はデリケートなメロン栽培には好都合です。 水分が多いと、メロンが吸収して糖度が下がってしまうからです。 2980円から 送料無料!.

次の