ソロモンの偽証 あらすじ。 【小説】ソロモンの偽証|ネタバレ感想とタイトルの意味について

韓国ドラマ【ソロモンの偽証】の相関図とキャスト情報

ソロモンの偽証 あらすじ

1人のクラスメイトが屋上から飛び降りた(落とされた?)事件を巡り、なんと中学生による「学校内裁判」が開かれます。 被告人・弁護人・検事はみんな中学生。 謎が謎を呼ぶ事件の裏には「嘘をついている=偽証している」人物がいるはず…。 いったい事件の真相は?犯人は誰? 物語の中心であり、また事件に深くかかわっているのは以下の人物です。 藤野涼子(主人公)…学校内裁判を提案する。 検察官 検事。 野田健一…柏木の遺体の第一発見者。 弁護助手。 柏木卓也…被害者(?)屋上から飛び降りる 大出俊次…容疑者。 有名な不良で裁判の被告人。 神原和彦…他校の中学生。 弁護人。 被害者とは塾で同級生。 三宅樹里…自称事件の目撃者。 大出俊次が犯人だと主張。 井上康夫…秀才。 裁判官 判事。 さて、犯人は? ネタバレ 「ソロモンの偽証」では物語が進んでいくにつれてさまざまな事件が起こったり、新事実が発覚したりします。 内容は「柏木は大出俊次の手にかかって命を落とした」というものでした。 この告訴状を書いたのは「三宅樹里」。 事件現場を目撃したと主張します。 三宅樹里は酷いにきび顔がコンプレックス。 その顔から地域一番の不良・大出俊次にいじめられていた過去があります。 そう、樹里が告訴状を出した一番の理由は「大出俊次に復讐するため」だったんですね。 しかし、犯人は大出俊次ではありません。 大出俊次には犯行時間帯のアリバイがあったのです。 これで、樹里の証言は偽証だったことが明らかになりました。 また「ソロモンの偽証」では最初の事件以降も、怪しげな事件が続きます。 樹里の友人・浅井松子が交通事故にあい命を落とす。 クラス担任が刺される。 大出の家が放火される。 いかにも「これは真犯人が次々と事件を起こしている!?」という印象を受けますが、実はこれらの事件は本筋とは無関係。 クラス担任はヒステリックな隣人に理不尽に妬まれて刺された。 大出家放火の犯人は大出俊次の父親だった(放火の理由は私情)• 松子は樹里が告発状を投函するのにつき合わせれていた。 告発状の差出人が樹里という噂が立ったので樹里に会いに行こうとしたところ交通事故にあう。 ネタバレを見てみれば「なんだそりゃ」と思われるかもしれませんが、このあたりは「人間の醜いところ」とか「社会の闇」みたいなものを描く描写なんだと思われます。 「ソロモンの偽証」は単に事件や学校裁判を描いた話ではなく、もっと大きな視点から社会や人間のリアルさを描いた作品でもあるのです。 犯人は神原? 物語が進んでいくと、頭のキレる弁護人・神原和彦が犯人として怪しくなってきます。 裁判の最後、検事の藤野涼子は証人として神原和彦を尋問することに。 そこで、神原和彦は事件の真相を語り始めたのでした。 ありていに言えば 神原和彦は柏木卓也(被害者)に悪意を持たれていたのです。 それは、とても正当性があるとは言えない悪意でした。 ・柏木卓也は幼いころから病弱で両親は卓也を甘やかしまくり。 卓也はワガママで歪んだ性格に育った。 ・一方、神原和彦は幼いころに両親を失い、不幸な境遇であるのにも関わらず人生に希望を持って生きていた。 卓也はそんな和彦の身の上の不幸を指摘し、絶望させてやろうと考えていたのです(うわあ、最悪!) しかし、卓也はいろいろと和彦にちょっかいをかけるものの効果はなし。 事件の夜、卓也は和彦を中学校の屋上に呼び出しました。 理不尽に怒り散らす卓也でしたが、最後には屋上のフェンスを乗り越え「(和彦が)帰るなら、飛び降りてやる!」と謎の脅し文句を投げつけます。 卓也の本心としては、もちろん飛び降りる気はなく、逆に和彦を落としてやろうと考えていました。 しかし、和彦はその脅し文句を無視して帰宅。 翌朝、転落した卓也が発見された、というわけです。 結末をふり返って つまり「ソロモンの偽証」の結末を大雑把にまとめれば• 「犯人はいない」• 「被害者の卓也は誤って屋上から落ちてしまった」 ということになります。 わざわざ他校から裁判に入り込んだ神原和彦は柏木の転落を「自分のせいだ」と思っていて、公の場で自分の罪を明らかにしたかったんですね。 しかし、一方で以上の真相は全て「神原和彦の証言」の内容です。 「本当の事件の真相」や「真犯人」が存在しなかったとは言い切れません。 非常に後味が悪い感じです。 原作「ソロモンの偽証」の結末では、後に教師となった野田健一が登場。 伝説の「学校裁判」について語りはじめるところで終わりです。 負の方程式 「ソロモンの偽証」には「負の方程式」という後日談があります。 舞台は20年後へ。 主人公・藤野涼子は弁護士になっていました。 ネタバレしてしまうと、なんと藤野涼子は神原和彦と結婚!夫婦になっていました! これもある意味「衝撃の結末」ですね。 ちなみに映画「ソロモンの偽証」キャストには「20年後の藤野涼子役」が存在します。 映画版の藤野涼子は教師になっているようなので、結末以外にも映画「ソロモンの偽証」では原作小説と違う部分があるかもしれませんね。 まとめ 原作「ソロモンの偽証」3部作からあらすじや結末のネタバレを紹介しました! でも「ソロモンの偽証」の面白さはミステリーのトリック以外の部分にあったりするので、ネタバレで「面白くない」と決めず是非映画「ソロモンの偽証」も見ていただきたいと思います。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作 (レンタル作品)でも 課金なしで見ることができます。

次の

映画『ソロモンの偽証(前篇・事件)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ソロモンの偽証 あらすじ

ソロモンの偽証 後篇・裁判の見どころ 宮部みゆきの最高傑作と言われている小説を前編後編で実写映画化。 このページは後半のものである。 とある中学の校内で転落死した同級生の死をめぐり、犯人を捜す校内裁判が行われるというストーリー。 ようやく犯人が見つかりますがやっぱり自殺。 ソロモンの偽証 後篇・裁判のあらすじとネタバレと結末 あらすじ いよいよ学校内裁判が始まります。 樹里の母はTV報道番組「ニュースアドベンチャー」の茂木に密告の電話をし、樹里の告発の学校裁判をやめさせて欲しいと電話した時にうっかり「樹里」と言う名前を出してしまい、茂木にばれてしまうのでした。 茂木は涼子に近づき、裁判をテレビで流させてほしいと言います。 涼子は拒否し担任の手紙も隣人の嫌がらせだったことを茂木に告げました。 涼子は野田と樹里に裁判に出るように説得します。 そうしてやっとのことで裁判が始まり、生徒だけではなく柏木や松子の両親をはじめ、他の大人たちも来ていました。 裁判は5日間にわたり続きます。 嫌がっていた大出や樹里も参加していました。 初日は事件の概要の説明です。 担当していた刑事佐々木も出廷します。 佐々木は自殺を主張し、主尋問で神原がイジメていた大出たちの素行の悪さを話します。 しかし殺すほどではないと主張しました。 二日目は元担任が出てきて隣の女に嫌がらせされており、告発文も消滅させられ、事件の後も頭を殴られていると言います。 しかし元担任は柏木とちゃんと向き合えていなかったと謝りました。 三日目、樹里が出廷し告発文はすべて松子のせいだと罪を擦り付けました。 四日目、大出のアリバイを崩す家に居たことを証明する証人が出てきます。 大出の弁護人神原は弁護人なのに大出の悪さを暴露することばかりを並べ、いじめられた方の気持ちを考えたことがあるのかと大出に問います。 大出は黙り込みました。 途中で涼子は榊原が犯人なのではないかと思い始めます。 ネタバレと結末 涼子は柏木の通話記録を調べると公衆電話が出てきて、神原と一致するのでした。 五日目は論告の日です。 涼子は新しい証人を二人連れてきます。 そして公衆電話を使って柏木に電話をしていたのは神原だと指摘します。 すると神原は全てを話し始めるのでした。 事件の日、神原は柏木に呼び出されて屋上に行きます。 神原は父が母を殴り殺したという辛い過去がありました。 柏木は辛い過去を乗り越えるという意味で、両親との思い出の地を回るゲームを提案されて神原はゲームを攻略しました。 しかし柏木は神原が泣いて辛いことで心が染まってしまうと思い込んでおり、思うように動かない神原に腹を立て罵倒しだしました。 そして神原も柏木は友達だと思っていたのにそんなに残酷なことができると知りショックで柏木を無視して帰ろうとすると、柏木が「自殺する」というが無視して帰った。 その後柏木は本当に自殺し、次の日に神原はそのことを知ります。 ・・・裁判の判決が出ます。 大出は無罪。 神原は自分から殺人罪として裁いてくれと言いますが、誰も裁くことはできません。 そして閉廷しました。 クラスメイトたちは絆を深めて笑い合って別れていくのでした。

次の

映画DVD ソロモンの偽証・あらすじ感想・キャスト相関図

ソロモンの偽証 あらすじ

ソロモンの偽証 後篇・裁判の見どころ 宮部みゆきの最高傑作と言われている小説を前編後編で実写映画化。 このページは後半のものである。 とある中学の校内で転落死した同級生の死をめぐり、犯人を捜す校内裁判が行われるというストーリー。 ようやく犯人が見つかりますがやっぱり自殺。 ソロモンの偽証 後篇・裁判のあらすじとネタバレと結末 あらすじ いよいよ学校内裁判が始まります。 樹里の母はTV報道番組「ニュースアドベンチャー」の茂木に密告の電話をし、樹里の告発の学校裁判をやめさせて欲しいと電話した時にうっかり「樹里」と言う名前を出してしまい、茂木にばれてしまうのでした。 茂木は涼子に近づき、裁判をテレビで流させてほしいと言います。 涼子は拒否し担任の手紙も隣人の嫌がらせだったことを茂木に告げました。 涼子は野田と樹里に裁判に出るように説得します。 そうしてやっとのことで裁判が始まり、生徒だけではなく柏木や松子の両親をはじめ、他の大人たちも来ていました。 裁判は5日間にわたり続きます。 嫌がっていた大出や樹里も参加していました。 初日は事件の概要の説明です。 担当していた刑事佐々木も出廷します。 佐々木は自殺を主張し、主尋問で神原がイジメていた大出たちの素行の悪さを話します。 しかし殺すほどではないと主張しました。 二日目は元担任が出てきて隣の女に嫌がらせされており、告発文も消滅させられ、事件の後も頭を殴られていると言います。 しかし元担任は柏木とちゃんと向き合えていなかったと謝りました。 三日目、樹里が出廷し告発文はすべて松子のせいだと罪を擦り付けました。 四日目、大出のアリバイを崩す家に居たことを証明する証人が出てきます。 大出の弁護人神原は弁護人なのに大出の悪さを暴露することばかりを並べ、いじめられた方の気持ちを考えたことがあるのかと大出に問います。 大出は黙り込みました。 途中で涼子は榊原が犯人なのではないかと思い始めます。 ネタバレと結末 涼子は柏木の通話記録を調べると公衆電話が出てきて、神原と一致するのでした。 五日目は論告の日です。 涼子は新しい証人を二人連れてきます。 そして公衆電話を使って柏木に電話をしていたのは神原だと指摘します。 すると神原は全てを話し始めるのでした。 事件の日、神原は柏木に呼び出されて屋上に行きます。 神原は父が母を殴り殺したという辛い過去がありました。 柏木は辛い過去を乗り越えるという意味で、両親との思い出の地を回るゲームを提案されて神原はゲームを攻略しました。 しかし柏木は神原が泣いて辛いことで心が染まってしまうと思い込んでおり、思うように動かない神原に腹を立て罵倒しだしました。 そして神原も柏木は友達だと思っていたのにそんなに残酷なことができると知りショックで柏木を無視して帰ろうとすると、柏木が「自殺する」というが無視して帰った。 その後柏木は本当に自殺し、次の日に神原はそのことを知ります。 ・・・裁判の判決が出ます。 大出は無罪。 神原は自分から殺人罪として裁いてくれと言いますが、誰も裁くことはできません。 そして閉廷しました。 クラスメイトたちは絆を深めて笑い合って別れていくのでした。

次の