あいさつ文 例文。 7月の挨拶文の書き方!季語を取り入れた書き出しや結び例113選も!

【そのまま使える文例集】挨拶状|案内状|招待状|お礼状|祝賀状|お見舞い状など

あいさつ文 例文

7月の挨拶文にオススメの季語や時候の挨拶をビジネス用からプライベートで使えるものまで幅広くたっぷりと挨拶文をご紹介します。 また、上旬、中旬、下旬関係なく使えるものばかりです。 ぜひ7月の挨拶文に使ってみてください。 大暑の候• 炎暑の候• 猛暑の候• 酷暑の候• 烈暑の候• 極暑の候• 仲暑の候• 盛夏の候• お暑い折柄• 真夏日が続き、ひと雨ほしいこのごろ• 海や山が恋しく思うこのごろ• 水辺が恋しい今日このごろ• 蝉しぐれがしきりの今日このごろ• 真夏の青さがまぶしいこのごろ• 夕立後の風に一服の涼味を覚える昨今• 連日の猛暑しのぎがたい昨今• いよいよ夏が到来しました• 近年まれにみる暑さです• 梅雨明けの暑さはひとしおでございます• 長雨のあとの連日の炎暑に閉口しています• 夏とはいえ、この数日の暑さは格別です• 草も木も生気を失うような炎暑が続きます• 寝苦しい熱帯夜が続いております• エアコンなしでは過ごせない毎日です• 蝉の声が暑さをひっそうかき立てます 7月の天候や季節感を主体とした挨拶文の書き出しの例文です。 上旬、中旬、下旬関係なく使えるものばかりです。 また、ビジネスシーンにもオススメです。 暑中お見舞い申し上げます。 長かった梅雨もようやく明け、夏本番を迎えました。 梅雨明けの暑さが、ことのほか身にこたえるころとなりました。 お暑い毎日がつづきますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 暑さ厳しき折ではございますが、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。 このところ急にお暑くなりましたが、ご体調はいかがでしょうか。 夏空がまぶしい季節となりました。 日差しも日増しに夏らしくなってまいりました。 毎日、うだるような暑さがつづきますが、いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏は格別に厳しいように感じられますが、ご体調はいかがですか。 例年にない冷夏とのことで、過ごしやすい毎日が続いております。 青空に入道雲がわき、夏真っ盛りとなりました。 夏木立の緑濃く、木漏れ日も輝くころとなりました。 太陽がまぶしすぎる季節となりました。 かんかん照りの毎日がつづいておりましたので、久々のにわか雨に、心が洗われる思いがいたしました。 7月の自然や風物を感じさせる7月の挨拶文の書き出しの例文です。 こちらは、上旬や中旬、下旬に合わせて使ってみてくださいね。 7月らしく七夕や海開き、夏休みなどもらった人が7月を感じられる例文です。 海開き、山開きのニュースに心躍る季節となりました。 梅雨も明け、庭の草刈りに追われる毎日を過ごしております。 もうすぐ七夕。 何をお願いなさいますか。 盆踊りのお囃子が聞こえてくるころとなりました。 お盆も近づき、夏祭りも盛んな季節となりました。 暑い毎日、会社帰りのビヤホール通いが唯一の楽しみです。 花火大会の音に誘われ、川べりまで夜の散歩をしてきました。 散歩の途中、木陰を見つけて一休み、夏のささやかな幸せです。 蝉の声が盛んに聞こえてくる季節となりました。 朝顔がぐんぐんツルを仲ばし、咲き競っています。 朝一番に朝顔の花の数を数えるのが、楽しい日課となりました。 夏休みのご計画は決まりましたか。 夏本番、風呂上がりのビールに、人生の幸せをしみじみと感じます。 生ビールがことのほかおいしく感じられる気候となりました。 故郷の夏祭りを思い出す今日この頃です。 ビジネス向けの7月の挨拶文の書き出し5選です。 ビジネスマンの方は、7月に挨拶文を書く方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。 また、旦那さんがビジネス関係の人から頂いたお中元を妻が代筆することもありますよね。 ぜひ、例文を参考にしてみてください。 暑さ厳しきおりではございますが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。 いよいよ夏の到来を迎え、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。 今年も、早くも半ばを過ぎてしまいましたが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。 炎暑しのぎがたいこのごろですが、(〇〇地方ではいかがでしょうか)。 梅雨明けの暑さはまたひとしおに感じられますが、(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。 ビジネスで使えるものからプライベートで砕けた言い方まで、7月の挨拶文の結びの言葉の例文を15選たっぷりご紹介いたします。 気に入ったものがきっと見つかるはずです。 ぜひ今年の7月の挨拶文の結びに使ってみてくださいね。 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。 食欲も減退する暑さがつづきますが、スタミナ補給もどうかお忘れなく。 夏休みの帰省を首を長くして待っています。 帰省なさるようでしたら、必ずご一報くださいね。 ご健勝にて夏を乗り越えられますよう、お祈り申し上げます。 夏風邪などお召しになりませんよう、どうかお体をおいといください。 熱帯夜がつづきますが、クーラーをつけっぱなしで寝たりなさいませんよう、くれぐれもご注意を!• さっぱりした麺類ばかり召し上がっているころではないでしょうか。 たまにはうなぎなども食べて、健康管理にお気をつけください。 7月上旬(7月6日頃まで)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 夏至の候• 短夜の候• 仲夏の候• 梅雨晴れの候• 霖雨の候• 祇園祭も始まり夏到来• 海開きの季節を迎え• 七夕を迎える季節になりました。 夜空にかかる美しい天の川を仰いでは、よしない夢に思いをはせている今日この頃です。 じっとりと汗ばむ蒸し暑さに閉口する毎日が続きます。 梅雨さなかですが、真夏のような日差しが照りつけています。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 晴天続きで夏本番かと思っていましたら、また梅雨空に逆戻りでがっかりです。 梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です。 梅雨が例年になく長引き、うっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 夏空がひときわまぶしく感じられる季節となりました。 白南風が、ようやく梅雨明けの知らせを届けにやってまいりました。 七夕の短冊にお願いごとをしたのがなつかしい季節となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 7月中旬(7月7日頃〜7月22日頃まで)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 猛暑の候• 盛夏の候• 酷暑の候• 冷夏の候• 土用入りも間近• 灯篭流しの季節になりました• 夏休みを迎え、• 例年にないこの猛暑、いかがおしのぎになっていらっしゃいますか。 雷鳴とともに激しい雨が降りました。 恐らくこれで梅雨明けでないでしょうか。 梅雨明けと共に猛暑が到来していますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 街行く人に日焼けした肌が目立つ夏真っ盛りの候となりました。 夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。 炎暑の日が続き、いささかバテ気味の毎日です。 お元気ですか。 今年も盛大に暑気払いといきましょうか。 大暑と申しますとおり、今日は暑さの絶頂を思わせる一日でした。 日の暮れかかる頃には、夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。 あじさいの大きな花房が、雨を受けていっそう鮮やかに咲き誇っております。 炎暑続きの毎日に、突然の白雨で心地よい涼を得られました。 ほおずき市に参りましたところ、大変な人出でにぎわっておりました。 今日この頃のこの炎暑、いかがおしのぎでしょうか。 お伺い申し上げます。 この夏の暑さは格別でございますが、ご健勝にてお過ごしですか。 7月下旬(7月23日以降)の時候の挨拶文には下記のようなものがあります。 大暑の候• 炎暑の候• 酷暑の候• 三伏の候• 隅田川の花火大会が待ち遠しい今日この頃• 大阪の天神祭まであとわずか• 大暑も過ぎ、灼熱の日がまだまだ続きます• 酷暑の中、久しぶりの雨で草木が息を吹き返したかのようです。 アスファルトもとろけてしまうような猛暑。 いかがおしのぎでしょうか。 今年もまた、海に山に忙しい日々となりそうです。 日照り続きの毎日に、外出もひかえがちとなっております。 近年では珍しい炎暑に、そろそろ水不足が心配されております。 連日息もつけぬ厳しい暑さが続いておりますが、つつがなくお過ごしでしょうか。 夜空に響く花火の音に、ふとなつかしく童心にかえったりなどしております。 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。 汗をかいた後のビールがたまらなくおいしい季節となりました。 ふるさとの夏祭りがなつかしく思い出される季節となりました。 酷暑のみぎり、庭先のおじぎ草のかわいらしい姿に心をなごませています。 夕立のあとの涼風が心地よい今日この頃です。 連日寝苦しい夜が続いておりますが、お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 夏祭りのおはやしがどこからか聞こえてきそうな季節となりました。

次の

【そのまま使える文例集】挨拶状|案内状|招待状|お礼状|祝賀状|お見舞い状など

あいさつ文 例文

まずは送付状に書くべきことを理解しましょう。 「書類の右上に日付」 「左上に宛先」 「その下に差出人」 「タイトル・頭語・挨拶・概要・結語」 と続きます。 送付状は、書類の案内役となるものです。 書類に目を通してもらうためにも、送付状は重要なものです。 書き間違えのないように注意しましょう。 宛先の場所に書くべきことは「会社名・役職名・名前」です。 個人の名前の後には必ず様をつけましょう。 差出人の場所にも宛先同じ項目を記し、連絡先も追加して書くと良いです。 挨拶文の頭語と結語について 送付状の書き出しは、頭語と挨拶から書きます。 挨拶文の内容は「頭語」「時候の挨拶」「ビジネス上での挨拶」の3つです。 頭語は、会話でいうところの「こんにちは」にあたり、反対に結語は「さようなら」の代わりになります。 また、頭語と結語は必ず2つで1セットとなっており 「拝啓のときは敬具」 「謹啓のときは敬伯」 とあらかじめ決まっています。 なんでもいいというわけではないので、気を付けておきましょう。 頭語の後には、時候の挨拶を書きます。 「春暖の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」などという言葉がありますが、これが時候の挨拶にあたります。 次いで、ビジネス文書としての挨拶を行いましょう。 例えば、 「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 」 「平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます」 がよく使われます。 価格につきましては、できる限りご要望に沿えるように努力いたしますので、ぜひご用命を賜りたくお願い申し上げます。 なお、近日中に弊社担当員がお伺いさせて頂きたく存じます。 詳細についてお話しいた だければ幸いに存じます。 まずは、見積書の送付かたがたお願いまで。

次の

【時候の挨拶】7月 ビジネス文例と結び!夏の挨拶文と例文も

あいさつ文 例文

ご連絡ありがとうございます。 ご連絡いただきありがとうございます。 早速のご連絡ありがとうございます。 度々のご連絡失礼します。 度々のご連絡申し訳ございません。 何度も申し訳ございません。 ご連絡が遅くなり、大変申し訳ございません。 失礼ながら重ねて申し上げます。 先日はありがとうございました。 先日は貴重なお時間を頂戴しましてありがとうございました。 先日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。 その節は大変お世話になりありがとうございました。 お久しぶりです。 ご無沙汰しております。 ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。 しばらくご無沙汰しておりますが、お変わりありませんでしょうか。 依頼・お願いする際のメール冒頭挨拶 平素は格別のご愛願を賜り感謝いたします。 平素はご愛願を賜り、厚くお礼申しあげます。 平素は格別のご愛願を賜り、厚くお礼申し上げます。 平素はご愛願を賜り、誠にありがとうございます。 平素より何かとご配慮をいただき、ありがたくお礼申し上げます。 格別のご愛願を賜り、心よりお礼申し上げます。 格別のご愛願を賜り、社員一同心より感謝致しております。 毎々特段のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 いつもお心遣いいただき、誠にありがとうございます。 日頃よりご愛顧を賜わり、厚くお礼申し上げます。 日頃よりご愛願を賜わり、心から厚くお礼申し上げます。 日頃は格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。 日頃は一方ならぬご愛願を賜り、厚くお礼を申し上げます。 平素はお引き立て誠にありがとうございます。 いつもお引き立ていただき誠にありがとうございます。 日頃のお引立てありがとうございます。 毎度お引き立ていただき、厚くお礼申し上げます。 毎々のお引き立て、感謝の至りに存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 平素は格別のお引立てを賜りまして、誠にありがとうございます。 平素は格別のご協力をいただき、誠にありがとうございます。

次の