縮 毛 矯正 と カラー を 同時に。 京都|縮毛矯正・ストレートが得意なサロンの人気美容院・美容室・ヘアサロンの一覧|ホットペッパービューティー

縮毛矯正とカラー、同時にやっても大丈夫?

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

縮毛矯正とカラーは同時に出来るの? 答えだけを言うと、「 YES」です。 ただし条件がいくつかあります。 髪の状態を傷ませないようにと考えていくと、順番が浮かんできます。 まずはダメージについて考えて行きたいと思います。 何故なら カラーをしてから縮毛矯正をしていくと色が落ちてしまいます。 なので先に縮毛矯正をお勧めいたします。 縮毛矯正 カラー 傷み 次にダメージについてのお話しです。 例えば、髪のダメージを数字化して計算すると 縮毛矯正が3、カラーが2だとするとリタッチカラーが1 トーンダウンカラーが2 トーンアップカラーが3 黒染めおとしが4、ブリーチカラーが5だとします。 (足し算が1つずつ多いのは複合のダメージです。 ) ブリーチカラーは今のところMAXダメージですね。 ここではやはり6以下ぐらいが同時施術をするのであればお勧めできるのかなと思います。 ここでもわかるように、 縮毛矯正とカラーは同時にはなるべく行わない。 というのがよさそうです。 もし、同時に施術するのであれば、根本だけのリタッチか、色を入れて落ち着かせる トーンダウンカラーがお勧めです。 ただやはり同時施術に関しては髪に負担をかけやすくなりますので、 あまりおすすめはしません。 1週間から10日ぐらい時間をおいてからカラーをするのが良いでしょう。 カラー後のケア 縮毛矯正をした後、もしくは 縮毛矯正とカラーをした後にはアフターケアがお勧めです。 もちろん美容室で一緒にケアして頂く方が一番良いとは思いますが、 その後、 大体1週間の自宅ケアによってその後の持ちが変わってきます。 使うものはサロン用のシャンプートリートメント! できれば弱酸性ぐらいのものがお勧めです。 (サロンで買えば間違いないと思います) お勧めは何?と担当のスタイリストに効いて頂ければいいと思います。 今の髪の状態や季節に合わせて一番マストなシャンプーやトリートメントを教えてくれることでしょう。 ですがどうしてもなんか気落ち悪いとか、かゆいとかがあるようでしたら、 ぬるま湯で良く流してトリートメントをするという事を言っております。 もちろんそのあとしっかりと乾かすのがマストです。 熱いお湯ですと、カラーの色味が抜けやすくなる場合がありますので、 手首にかけてみて、少し冷たいかもと感じるぐらいが良いと思います。 縮毛矯正とカラーを同時にするのまとめ できれば、日にちをおいて施術して頂くのが一番良いと思いますが、 どうしても都合や時間の関係で同時施術になる場合があると思います。 もちろん薬事法というのもありますので、最低でも1週間は置いたほうが良いと思います。 医薬部外品の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤は同時施術NGです。 化粧品登録の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤はOKです。 このようにやらないほうができればいいよと薬事法も言っているわけです。 MINXでは同時にできるようなお薬も多数そろえておりますので、 担当者とよく相談したうえで施術して頂ければと思います。 お客さまの髪の状態やお手入れのしやすさをスタイリストは考えています。 ~お客様からの嬉しい口コミ~ 高校生のときから縮毛矯正歴20年のクセ毛です。 何度リピートしたかわからない、担当スタイリストさんのプラチナ縮毛矯正。 本当に、良いです!!!!!!!!!!!!! くせ毛で悩まれている方、一度相談してみてください。 博識な方なので、いろいろ踏まえて上手に対応してくださいますよ。 一見、お値段が高いように思いますが、半年もつのでこの仕上がりだったらお得なぐらい。 縮毛矯正とMINXスペシャルトリートメントの力で、とても気分が変わったので大満足です。 的確なアドバイスとテクニックが大変ありがたいです。 強いクセ毛ですが頑張って伸ばせそうです。 髪の量とうねりがコンプレックスで今まで通った美容室以外では扱えないとばかり思っていました。 この度お世話になってすごく綺麗に仕上げて頂けて良かったです。 ストレートは持続性も大事だと思いますが 6日経った今のところ問題なくキープ出来てます。

次の

大阪(富田林市・金剛)エリアの縮毛矯正専門店【美容室イナーヴ金剛店】(クセストパー(R)プレミアムサロン予約ページ)

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

原則、縮毛矯正とブリーチは同時にできません 原則として、ブリーチした髪に縮毛矯正、あるいは縮毛矯正した髪にブリーチ、どちらの順番でも両方の施術を同時に(重ねて)行うことはできません。 ただし、かなりのレアケースとして、もともとの髪質が良く、ハリがあり、キューティクル層の重なりもいい人。 髪がブリーチや縮毛矯正への耐性がある場合など、限られた条件が揃った時にのみ、ブリーチと縮毛矯正の両方を重ねて施術できる場合があります。 縮毛矯正もブリーチも傷みやダメージは最大級なのでNG なぜ、原則として縮毛矯正とブリーチ、両方を同時に(重ねて)できないかといえば、 どちらの施術も美容院の中で最大級に傷みやダメージが大きいヘアメニューであり、ほとんどの髪が両方を合わせた施術ダメージに耐えることができないためです。 ……というのも 「」の中でも紹介しましたが、縮毛矯正は、美容院で行うヘアメニューの中でも髪へダメージが最も大きく、リスクも高い施術の一つです。 またブリーチも、乱暴な言い方をすれば、髪内部を全て破壊しながら髪色を明るくしていく施術であり、縮毛矯正と同様に美容院で行うヘアメニューの中で、最大級に髪への負担が大きい施術です。 当然、この2つの施術を同時に行えば、ほとんどの場合、両方の施術ダメージに耐えることができず、髪が溶けてしまう。 あるいは切れ毛やビビリ毛(薬剤の過剰反応やアイロンによる過度な熱処理によって、著しくコンディションを落としたダメージヘア)になってしまうため、重ねて施術を行うことができません。 縮毛矯正+ブリーチができない、美容師に断られる場合 例えば、過去に縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪のダメージレベルを0(ゼロ)。 ダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 切れ毛やビビリ毛になってしまう状態 100 また、施術ごとに加わるダメージをそれぞれ… 施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 5トーン以下のカラー (地毛の明るさ。 髪色を暗くする場合) +10 6〜7トーンのカラー (地毛より少し明るい) +20 9トーンのカラー (明るすぎず、暗すぎず) +30 12〜13トーンのカラー (ブリーチなしの限界値) +40 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 …と仮定します。 この場合、全く傷んでいない髪に、縮毛矯正+カラー(6〜7トーン)であれば…… 施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 6〜7トーンのカラー (地毛より少し明るい) +20 合計 =70 ……となり、ダメージレベルの合計は70。 確かに髪への負担やダメージは大きくなりますが、切れ毛やビビリ毛になるダメージレベルの100を超えることはないため、縮毛矯正とカラーの同時施術は可能となります。 一方で、たとえ全く傷んでいない髪であっても、縮毛矯正+ブリーチ(15トーン以上のカラー)であれば…… 施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 合計 =100 ……となり、ダメージレベルの合計は100。 ほぼ確実に切れ毛やビビリ毛になってしまうため、縮毛矯正+ブリーチはできません。 美容師にも施術を断られてしまいます。 ちなみに縮毛矯正とブリーチ、どっちが傷むの? なお、縮毛矯正とブリーチの施術ダメージは上記のダメージレベルのシミュレーションで紹介した通り、どちらも同程度。 両方とも髪への負担やダメージは最大級に大きく、同じくらい髪が傷むヘアメメニューです。 施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 市販・セルフで縮毛矯正やブリーチは絶対にダメです また、当然ですが市販・セルフで縮毛矯正やブリーチは絶対にNGです。 縮毛矯正やブリーチはキャリアがあって経験値が高いプロの美容師であっても、デリケートな作業が求められる施術です。 当然、それだけ難易度やリスクも高いヘアメニューを一般のお客さんが市販の薬剤を購入してセルフで行うのは、美容師からするとあり得ないやり方。 どちらか一方、あるいはその両方をセルフで行った場合、薬剤の過剰反応で髪が溶けてしまったり、取り返しのつかないダメージが残ってしまうリスクの高くなるため注意が必要です。 レアケースとして縮毛矯正とブリーチができる場合がある レアケースではありますが、もともとの髪質が良く、ハリがあり、キューティクル層の重なりもいい人。 髪が縮毛矯正やブリーチへの耐性がある場合は、両方を重ねて施術できる場合があります。 例えば、先ほどのダメージレベルのシミュレーションで言えば、通常、施術ごとに加わるダメージがそれぞれ…… (通常)施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +50 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +50 ……に対して、縮毛矯正やブリーチへのダメージ耐性がある人は、それぞれ…… (耐性ある人)施術ごとに加わるダメージ ダメージ レベル 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +30 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +30 ……といった具合に、同じ施術でも加わるダメージが少なくなります。 この場合、全く傷んでいない髪に縮毛矯正+ブリーチ(15トーン以上のカラー)であれば…… (耐性ある人)施術ごとのダメージレベル ダメージ レベル 縮毛矯正やカラーの履歴が無く、全く傷んでいない髪 0 縮毛矯正 (全体にかけた場合) +30 15トーン以上のカラー (ブリーチ必須で、かなり明るめ) +30 合計 =60 ……となり、ダメージレベルの合計は60。 確かに髪への負担やダメージは大きくなりますが、切れ毛やビビリ毛になるダメージレベルの100を超えることはないため、縮毛矯正とブリーチを同時に(重ねて)施術することが可能となります。 ただし、これはあくまでレアケースであり、限られた条件が揃った時にのみできる施術であることを、ご理解下さい。 その後、時間をおいてからブリーチするやり方が基本です。 また、仮に条件が揃って施術できる場合も「万一失敗してもクレームはしません」と誓約書を事前に書くことを条件にする美容院も少なくありません。 ……というのも、髪の毛はダメージすればするほど、カラーの品質(クオリティ)は落ちやすく、狙った色味をキレイに出すことや、色落ちを避けることが難しくなります。 あまりに短い間隔で縮毛矯正とブリーチをやってしまえば、狙える色味やトーン(明るさ)にも、ある程度の制限が出てきてしまいます。 そのため、理想を言えば、縮毛矯正とブリーチは別日で、できれば1週間〜10日ほど空けて行って頂くことで、ヘアメニューとしての品質(クオリティ)低下を最小限に抑えて施術を行うことができます。 もちろん、縮毛矯正から1ヶ月〜2ヶ月後、あるいは半年程度が経過している場合、条件さえ揃っていれば、両方を重ねて施術することができます。 縮毛矯正+ブリーチのよくあるご質問 Q. ブリーチでハイライトやメッシュ+縮毛矯正はできる? 答えこれも通常の縮毛矯正+ブリーチと同じ考え方で、原則として、ブリーチでハイライトやメッシュを入れた髪に縮毛矯正、あるいは縮毛矯正した髪にブリーチでハイライトやメッシュを入れる場合、どちらの順番でも両方の施術を同時に(重ねて)行うことはできません。 施術ができるのは、あくまで髪がブリーチや縮毛矯正への耐性がある場合など、条件が揃った場合のみに限られます。 特に、もともとの髪が細い方など、耐性が無い方の場合、両方の施術を重ねたハイライト部分だけがビビリ毛になる可能性が高くなるため、注意が必要です。 なお、縮毛矯正後にハイライトを入れたい場合、ブリーチほどの明るさや際立たせたハイライトを入れることはできませんが、通常のおしゃれ染め(ファッションカラー)や、ブリーチほどの強さは無いライトナーといった薬剤を用いて、ダメージやリスクを抑えつつ、ハイライトやメッシュを入れていく選択肢もあります。 ブリーチ+黒染め後に縮毛矯正はかけられる? 答えブリーチ後、黒染めしている髪はトーンも暗くなり、一見すると健康毛に見えがちですが、ブリーチの履歴が残っていることに変わりは無いため、やはり原則として、ブリーチ+黒染め後の髪に縮毛矯正をかけることはできません。 また、仮に髪に耐性がある方で重ねて施術ができる場合も、ブリーチ+黒染め後に縮毛矯正をかけると、縮毛矯正の薬剤で黒染めが落ち、色味もかなり明るく戻ってしまうため注意が必要です。 実際、髪全体をブリーチで明るくした後に黒染めでトーンダウンさせ、その後、縮毛矯正をリタッチで行った場合、縮毛矯正の施術で使う1剤(髪を柔らかくする薬剤)をつけた時点で一気に黒染めの色が落ちてしまい、リタッチ部分だけが明るく、逆プリン状態になってしまうことも多々あるため注意が必要です。 ブリーチ+縮毛矯正のリタッチはできる? 答え原則、重ねての施術がNGとなるブリーチと縮毛矯正ですが、新しく生えてきた根元部分のリタッチで両方が重ならない場合は、施術できる可能性があります。 ただし、この場合も、過去にブリーチや縮毛矯正の履歴がある箇所と重なってしまえば、その部分だけがビビリ毛になってしまうリスクが高くなるため、カウンセリングの際に美容師に過去の履歴をしっかりと伝え、両方の施術が重ならないよう、最大限の配慮をしてもらうことが重要です。 縮毛矯正+ブリーチ後のヘアケア、トリートメントは? 答え縮毛矯正+ブリーチ後のケアは、通常のブリーチ毛と同様に、いわゆるムラシャンやムラサキシャンプーと呼ばれる色味が入ったシャンプーを使うことで、ブリーチ特有の黄色みを抑え、色持ちを良くすることができます。 また、ムラサキシャンプーに限らず、高品質なシャンプー・トリートメントを使うことも非常に重要です。 下記の記事の中で、髪のプロが普段から愛用している高品質なシャンプーを紹介しています。 参考にしてみて下さい。 「」 Q. 縮毛矯正+ブリーチで失敗。 チリチリのビビリ毛対策は? 答え下記の記事で失敗後の対策について詳しく紹介しています。 ぜひ、参考にしてみて下さい。 「」 Q. 縮毛矯正後にブリーチすると縮毛矯正はとれてしまう? 答え縮毛矯正もブリーチも、髪の形を大きく変える施術であるため、一度、施術を行った部分に関してはカットして無くなるまで影響が残り続けます。 そのため、縮毛矯正後にブリーチしても、縮毛矯正がとれてしまうことはありません。 ただし、縮毛矯正+ブリーチを重ねてしまうことで、髪がビビリ毛になってしまうリスクが大きくなるため注意が必要です。 縮毛矯正後に毛先だけブリーチできますか? 答え縮毛矯正の履歴が残っている以上、やはり原則として毛先だけでもブリーチを入れることはできません。 髪が両方のダメージに耐えられない場合は、ブリーチを入れた毛先だけビビリ毛になってしまうため注意が必要です。 なお、髪が耐性がある場合など、限られた条件が整った場合のみ、縮毛矯正後に毛先だけブリーチを入れることができます。 縮毛矯正+ブリーチ+パーマはできますか? 答え縮毛矯正+ブリーチ+パーマという3つを重ねての施術は誰であってもできません。 縮毛矯正もブリーチも、それ単体で最大級にダメージがかなり大きな施術であり、ほとんどの場合、両方の施術を重ねて行うことができません。 当然、そこに3つ目の施術としてパーマをあててしまえば、まず間違いなく髪は施術ダメージに耐えきれず、溶けてしまったり、チリチリのビビリ毛になってしまうため注意が必要です。 なお、下記の「」という記事の中で、 縮毛矯正の基礎知識や絶対にやってはダメなことを詳しく紹介しています。 ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

大阪(富田林市・金剛)エリアの縮毛矯正専門店【美容室イナーヴ金剛店】(クセストパー(R)プレミアムサロン予約ページ)

縮 毛 矯正 と カラー を 同時に

縮毛矯正の薬剤には 【アルカリ剤】というものが含まれるため、カラーの色味を抜いてしまいます。 つまり、 縮毛矯正の固定する2液《過酸化水素》の変わりに、カラー剤に含まれる《過酸化水素》で縮毛矯正を固定しながら、髪の毛を染めることが理論的に可能。 になります。 ですが、 縮毛矯正と同時にしても、根元は健康なので、そこまでダメージが気になることはありません。 既に 【縮毛矯正によるアルカリ】がついている髪の毛に、【カラーのアルカリ】が更に加わることは【リスクが大きい】ということになります。 3: 毛先まで染めるなら、過酸化水素濃度1. ですが カラーの過酸化水素濃度が最小の1. 当店では更に、 過酸化水素に アルカリキャンセル アルカリ除去・AC 作用があるものを使用しています。 配合比率は、カラーのブログの方に記載。 この状態でのコーミング くしを通すこと による ひっかかりは 大ダメージを起こします。 アイロンを終えた髪の毛は、アイロンのプレスにより、 キューティクルがしっかりと閉じます。 それにより、光がキレイに反射し、ツヤが出る また タンパク質である髪の毛は、卵に例えると、 髪の毛は硬くなります。 それにより、形が形状記憶する つまり、 髪の毛が硬くなることにより色素が定着する タンパク質が熱変性することと、 キューティクルが閉じることにより、 カラーの反応が通常時と変わります。 それにより、 狙っている色味にすることが難しくなるので、 薬剤の配合を工夫しなければなりません。 また、当店Mereve.

次の