戦慄かなの 体重。 頓知気さきな(戦慄かなの妹)本名・年齢プロフィールは?身長体重も調査!

【戦慄かなの】のwiki風プロフィール!壮絶な学生時代からの逆転劇が凄すぎる!

戦慄かなの 体重

経歴 [ ] 幼少時から父と離婚した母よりを受け、学内でいじめられ、中学2年時に自殺を図る。 に関与して高校時代に女子少年院へ送致され、1年8か月 矯正教育を受ける。 退院後に薬局で事務員として働くが数か月で辞め、活動を始める。 2017年1月に、が過去に交際した女性アイドルについてして耳目を集め「(その女性アイドルが)アイドルを辞めるタイミングだったので時効だと思った」 と語っている。 2017年2月にアイドルグループ・の一員で芸能活動を始めるも大学受験のため5月に辞め、の最終面接で少年院時代の話が面白いと審査員に評価されて「サバイバル賞」となる。 2018年に大学の法学部に入学 し、育児放棄や児童虐待に関する「bae -ベイ-」を始める。 を設立するためので目標85万円に対し353万円を集め、2019年1月7日に法人を設立して代表理事 となる。 2018年9月にが「共犯者」を務めるのメンバー として活動を始め、10月に妹でのとセルフプロデュースアイドル・を始める。 2018年10月18日に『』()に出演して「その人の指を噛めば性格がわかる」との指を噛み 、以後「アウト軍団」として不定期に同番組に出演している。 2020年7月8日、は「コンプライアンスに支障をきたす可能性が発覚した」として、戦慄かなののZOCからの卒業を発表した(ZOCもこの直後に活動休止を発表した)。 雑記 [ ] 少年院出院後に会った妹がすごく可愛くて「もう一緒にアイドルをやるしかない」と思い femme fataleを始めた。 少年院出院後にを覚え、femme fatale初ライブで披露した楽曲3曲のうち、1曲は佐々木喫茶()が、2曲は自ら作曲している。 ZOCメンバーの顔合わせ当初、と仲が険悪だったが、かてぃが足の匂いを嗅がせたことで「足の匂い嗅がせる奴に悪い奴はいない」(プライドが高かったら足の臭いを嗅がせることはしないだろう)と思いデビュー前に仲良くなった。 作品 [ ]• ミスiD. 2018年10月19日閲覧。 特定非営利活動 NPO 法人 bae-ベイ-. 2019年6月27日閲覧。 『帰ってきた人間コク宝』()p. 237• 東洋経済ONLINE 2018年5月3日. 2018年9月18日閲覧。 朝日新聞2019年1月26日• 少年院上がり・戦慄かなのが明かす壮絶過去、虐待とJKビジネス 女性セブン2018年12月13日号• 『帰ってきた人間コク宝』p. 235• AbemaTIMES 2018年7月29日. 2018年9月18日閲覧。 シンコーミュージック・エンタテイメント. 2019年2月16日閲覧。 音楽ナタリー 2018年9月18日. 2018年9月18日閲覧。 音楽ナタリー 2018年10月15日. 2018年10月17日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年7月8日. 2020年7月8日閲覧。 ツイート. より 2020年7月8日閲覧。 ツイート. より 2020年7月15日閲覧。 日刊SPA! 2019年1月29日. 2019年2月10日閲覧。 「IDOL AND READ 017」()p. 213• 「IDOL AND READ 017」p. 219• 音楽ナタリー 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 音楽ナタリー 2020年4月1日. 2020年4月6日閲覧。 com 2019年10月11日. 2020年6月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - AM この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の

富士急お化け屋敷2020本物の幽霊の真相は?口コミや感想も!

戦慄かなの 体重

Contents• 戦慄かなのが整形で顔変わる前と後の画像を比較! 戦慄かなのさんといえば、パッチリと 大きく見開いた目がチャーミングだと 思うのですが、どこか 人工的というか 違和感を感じるのも否めません。 アイドルや芸能人にありがちな整形の 疑惑が彼女にもあるのかと思ってたら あっさりと自身の顔をイジったことを ツイッターで認めていたことが判明! ご本人の説明によると、整形したこと については、目を一重から二重にした のと歯列矯正しただけなんですね。 また、 『私が可愛すぎるからってムキになってたネット女たち安心してほしい~コンプレックス刺激しちゃってごめん』 みたいな煽りを忘れず入れてるところ は、さすが 炎上アイドルですね(笑) では、実際に整形前後でどれだけ彼女 の顔が違うのか比較した画像がコチラ たしかに、昔は少しぽっちゃりとした 顔立ちだったことが分かりますが顔の パーツは整っていますよね。 ただ、鼻については昔より 鷲鼻っぽい とがった鼻先になってるので中耳軟骨 を移植して高くさせてる可能性もあり ます。 まあ、そうだとしても戦慄かなのさん の独特の世界観やミステリアスな感じ が現在の整形した顔に似合ってるので なにも問題ないですね。 戦慄かなのが少年院に入った理由と犯罪歴は? 整形をカミングアウトした彼女ですが それ以上に驚きなのが、高2の時から 女子少年院に2年間も入っていたのを 告白したこと。 なぜ少年院に入ってしまったのかその 理由については、 ブラックなビジネス をしていたのが原因だと本人が語って います ネットでは、 詐欺や彼女と同じ世代の 女子高校生を利用したビジネスをして いたのではないかという憶測が流れて いました。 普通なら 犯罪歴があっても周囲を気に して隠したり、黙ってたりすることの 方が多いかと思いますが、戦慄かなの さんの場合は、それさえも包み隠さず 公表しているんですね。 ただ、なぜ若い頃に違法なビジネスに 手を出してまで、お金を稼ぎたかった かというと、よくある遊ぶ金欲しさや 借金ではなく 「母親から自立したい」 というのがあったんですね。 というのも、大阪で生まれた彼女には 両親の離婚や、母親の 育児放棄に 虐待 などかなり苦労した生い立ちがあった ようです。 なので、一刻も早く親から自立したい という焦る気持ちが、違法なビジネス に手を染めてしまった原因の一つなの かもしれません。 そんな彼女ですが、少年院では様々な 資格を取得したり、何千冊の本を読破 するなど、改心したようでかなり努力 して社会復帰に努めていたそうですよ。 たしかに、違法なビジネスではありま したが10代というかなり若い頃から 経営に挑戦するほど自立心がある女性 なので、もともとチャレンジャー精神 が旺盛なようですね。 戦慄かなのが通っている大学はどこ? 少年院で勉強をがんばった戦慄かなの さんですが、高卒認定試験を取得した 現在は大学生になってたんですね! 勉強をはじめたきっかけに将来の夢が 法務教官になりたいというのがあって 法学部に進路を決めたようです。 今話題のアイドルなだけにどこの大学 に通っているのか、大学名が気になり ますが、どうやら 非公開にしてるそう。 ちなみに、ヒントとして 誰もがその名 を知る有名私立大学というところまで インタビューで答えているそう。 すぐ思い浮かぶ名門私立大学といえば 早稲田、慶應義塾、青山学院といった 大学が出てきますがどうなんでしょ? 話題性でいえば、昨今の世間を騒がせ ていた 日本大学もあり得るかも(笑) いずれにせよ、唯一無二のアイドルと いっても間違いない戦慄かなのさんの 今後のさらなる活躍に期待ですね!.

次の

ヴァンダレイ・シウバ

戦慄かなの 体重

元王者。 PRIDE GRANDPRIX 2003優勝。 概要と功績 [ ] からPRIDEに参戦。 PRIDE中期の象徴的選手であったを破り一躍スターダムにのし上がると、におけるミドル級王者決定戦で再び桜庭を破り初代PRIDEミドル級王者となった。 その後PRIDE GRANDPRIX 2003のトーナメントを勝ち抜き、グランプリでもミドル級王者となり、PRIDE参戦以来(無効試合、引き分けを挟んで)17戦無敗、タイトルマッチでも3回連続防衛に成功したことから「 PRIDEミドル級絶対王者」と呼ばれていた。 その後ヘビー級の戦での敗戦によって連勝が途絶えると、PRIDE GRANDPRIX 2005の準決勝でに敗北し、ミドル級での無敗記録も途絶えた。 その後防衛戦でアローナを下しリベンジを果たすも、2007年の防衛戦でに敗北、5年以上保持していたミドル級王者から陥落した。 PRIDE消滅後は再びUFCを主戦場にして、UFCに在籍した6年間で970万ドル(約12億円)の報酬を稼いだ。 来歴 [ ] 、のに生まれる。 13歳のときに入門し、を学ぶ。 11月1日、ブラジルでプロデビュー。 欠場者の代理出場で、対戦相手ジウソン・フィリォとは20kgの差があったものの、逆転のKO勝利を収めた。 翌9月にはの8人制トーナメントに出場、決勝のアルトゥール・マリアーノ戦では打撃で試合を優位に進めていたが自らの頭突きで目尻をカットし、ドクターストップでTKO負けとなり、準優勝に終わった。 UFC [ ] 10月16日、ブラジルで開催されたで初出場。 と対戦し、スタンドパンチ連打で開始44秒でTKO負けを喫した。 4月27日、IVCライトヘビー級(-91kg)王座決定戦でと対戦し、ギブアップ勝ちを収め王座獲得に成功した。 1999年5月7日、でトニー・ペテーラと対戦し、膝蹴りでKO勝ちを収めUFC初勝利を挙げた。 PRIDE [ ] 9月12日、で日本の総合格闘技大会に初出場を果たし、相手に立ち技・寝技でともに優位に立って判定勝ちで白星デビューを飾る。 11月21日のでは、と対戦。 松井のタックルを切り続け、スタンドの膝蹴りで松井の出血を誘い判定勝ちを収めた。 1月30日、「PRIDE GRANDPRIX 2000」のにリザーバーとして出場、ボブ・シュライバーにで一本勝ち。 4月には日本で行われたのUFC世界ミドル級(現ライトヘビー級)王座決定戦でと対戦し、判定負けで王座獲得に失敗した。 その後シウバは8月12日に自身が所属するシュートボクセ主催のでトッド・メディーナをKOすると、2週間後には日本で(8月27日)に出場し、に勝利。 10月31日に行われたでの無差別級王者との一戦は開始直後にアイブルへのローキックが急所に命中したためとなった。 12月23日のではリングスKOKトーナメント優勝のと対戦、ヘンダーソンの攻撃で左目をカットし視野を塞がれるものの、1ラウンド終盤から攻勢に転じ、2ラウンドにマウントポジションを奪うなど試合を優位に進め、判定勝ちを収めた。 試合後のインタビューではミドル級のトップコンテンダーとの対戦をアピールした。 3月25日、で「ミドル級頂上対決」 と評されたとの一戦が実現。 この大会から4点ポジションからの膝蹴りが可能となり 、この新ルールはシウバに有利と言われていたが 、試合ではを狙った桜庭にこの攻撃でダメージを与え最後はでTKO勝ちを収めた。 この一戦で「戦慄の膝小僧」の異名を轟かせ、一気にスターダムにのし上がった。 その後5月27日のでに勝利した シウバは11月3日ので桜庭との再戦が決定 、またこの一戦が初代PRIDEミドル級(-93kg)王座決定戦となることが発表された。 迎えたタイトルマッチでは1ラウンド途中、桜庭にに捕らえられた体勢から桜庭をでマットに叩きつけ左肩を脱臼させ、1ラウンド終了後、ドクターストップによるTKO勝利となり、以後5年以上に渡ってタイトルを保持することになるPRIDEミドル級王座獲得に成功した。 年末12月23日のにも出場しと対戦、膝蹴りで鼻骨骨折に追い込みドクターストップによる勝利を手にした。 の初戦は2月24日のでのミドル級タイトルマッチでと対戦、パウンドでダメージを与え最後は右ストレートでKO、初防衛に成功した。 4月28日、で「PRIDE vs K-1」頂上決戦と評された との特別ルール(3分5R判定なし、グラウンドでの膠着はブレイクの後スタンドからのリスタート)での対戦は、時間切れで引き分けた。 8月28日にはへの出場が決定、一度はとの対戦が決定したものの、大会プロデューサーの呼びかけに応じた王者のに変更となった。 試合では岩崎に比べ12kgの体重差があったものの、左ハイキックでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。 11月24日にはPRIDEのでを相手にミドル級タイトルマッチを行い、シウバの踏みつけで金原陣営がタオルを投げ入れ、2度目の防衛に成功した。 、ミドル級トーナメント「PRIDE GRANDPRIX 2003」に出場。 8月10日に行われたでは桜庭と3度目の対戦となったが 、桜庭のローキックにカウンターの右ストレートを合わせて失神させ、返り討ちにした。 10月には準決勝の組み合わせ抽選会での指名を受け対戦が決定 、迎えた11月9日のでは吉田を判定で破り決勝進出を果たすと 、決勝では相手に首相撲からの15発の膝蹴りでKO、ミドル級グランプリ優勝を果たした。 2月15日、PRIDEの新シリーズであるのに出場、「日本VSシュート・ボクセ 3対3対抗戦」の大将戦としてと対戦し 、開始1分過ぎ、テイクダウンに失敗して引き込んだ美濃輪にパウンドを浴びせKO勝利を収めた。 4月には「」での・ライトヘビー級王者との対戦が決定するも 右膝靭帯損傷により欠場となり 、試合は8月に延期された。 8月15日の「」で行われたこのノンタイトル戦は「日本人最後の砦 」と称された近藤をパンチでダウンさせ、踏みつけによりレフェリーストップとなった。 試合後にはリングに登場したクイントン・ジャクソンの挑戦表明を受け、「ヤル! 」と応じるパフォーマンスを見せた。 10月31日ので実現したジャクソンとの再戦は首相撲からの膝蹴りで失神KOに追い込み、PRIDE史に残る激闘を展開し、ミドル級王座3度目の防衛に成功した。 大晦日の「」では桜庭と4度目の対戦が決定していたが 、桜庭の怪我 で直前に対戦相手がヘビー級のに変更となった。 試合は2ラウンドにダウンを奪われるもマウントポジションを取るなどポジショニングで優位に立ち挽回するが、判定は1-2でPRIDE初黒星を喫した。 は連覇を掛け16人で行われたミドル級グランプリに参戦。 4月23日のではとの再戦となり、2-1の判定で勝利する。 6月26日のでは半袖の柔道着を纏ったとの対戦となり、開始5分過ぎ、中村が服を脱いだ瞬間にパンチでダウンを奪い、マウントパンチによる追撃でレフェリーストップ、ベスト4に進出した。 しかし8月28日のではにグラウンドで抑え込まれる展開が続き、判定で敗れGP連覇を逃す。 シウバが同階級の選手に負けたのはティト・オーティズ戦以来5年振りのことであった。 大晦日には「」でアローナとミドル級タイトルマッチで再戦。 僅差の判定で下し4度目の防衛に成功すると共にリベンジを果たした。 、シウバは負傷欠場したに代わって「PRIDE 無差別級グランプリ」のに出場し 、と対戦した。 右ストレートでダウンを奪いサッカーボールキックを放つとセコンドがタオルを投入、TKO勝利となり準決勝進出を果たした。 9月10日の「」で行われたトーナメント準決勝では、以来の再戦となると対戦。 序盤から素早い打撃戦を展開し、会場を沸かせたが、1ラウンド5分過ぎに左ハイキックを受け失神、PRIDE初のKO負けを喫した。 2月25日、で7年振りの再戦となるとミドル級タイトルマッチを行ったが、最終ラウンドに左フックでダウンしパウンドでTKO負け。 5年余りに渡って保持していたミドル級王座から陥落した。 UFC復帰 [ ] UFCファンエキスポでのシウバ。 2007年のPRIDEの活動休止とともにと再び契約し、それに前後してシュートボクセ・アカデミーから脱退。 アメリカに移住し、のジムであるでトレーナーに就任した。 2007年12月29日、以来7年半振りのUFC復帰戦となるではと対戦し、0-3の判定負けを喫するも ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 5月24日、でと対戦。 試合開始直後に右フックでダウンを奪いパウンドによる追撃でわずか36秒で秒殺KO勝ち 、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 12月27日のではPRIDEで2連勝したと3度目の対戦を行い、カウンターの左フックで失神KO負けを喫した。 3月、に自身のジム「ヴァンジ・ファイトチーム」を設立。 2009年6月13日、でと契約体重195ポンド(約88kg)で対戦し、判定負けを喫するも ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 10月にはミドル級でとの対戦が発表されたものの 、その後に変更となった。 試合は2月20日ので行なわれ、シウバが判定で勝利した。 2010年7月3日のでと改めて対戦予定であったが自身の怪我により欠場することが試合1週間前に発表された。 この後シウバは膝の手術を受け約1年半のブランクを作った。 7月2日のでと対戦するも試合開始早々にアッパー連打でダウンしたところにパウンドを浴びせられKO負け。 2011年11月19日、でと対戦し、パウンドでTKO勝ち。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 、と共にThe Ultimate Fighter: Brazilでコーチを務めた。 2012年6月23日、でと対戦し、0-3の判定負け。 破れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 当初はビクトーとTUFのコーチ対決を行う予定であったがビクトーの怪我で変更になった。 3月3日、6年半ぶりの日本での試合となったでと対戦。 1R序盤からお互いにダウンを奪い合う壮絶な激戦となり、2Rに左フックでスタンからダウンを奪いパウンドでKO勝ち。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 7月5日ので長年に渡って挑発し合ってきたと対戦する事が決定するも、シウバが薬物検査を拒否したために欠場した事が発表される。 これに対しシウバは薬物検査官が持参した文書が英語であまり詳細がわからず、加えて試合を控えたのサポートで忙しくその場にあまりいられなかった、これまでのキャリアで一度も薬物検査を失格したことも拒否したことも無いと主張した。 しかし6月17日、シウバはの公聴会において、骨折した手首の保水性を最小限に抑える事を名目に、禁止薬物であるを服用していた事を明かした。 2014年9月19日、総合格闘家として引退する事を表明。 最後にUFCを批判するようなコメントを残した。 2015年7月24日、「UFCが試合を行っている証拠がある」と発言するが 、7月29日にズッファから名誉棄損で訴えられ 、2016年1月14日にシウバは「そのような(八百長試合の)証拠は無く、私が間違っていた発言を撤回したい」と謝罪を表明した。 同日、UFCから正式に契約解除されたことをシウバの弁護士が公表した。 2016年2月17日、ネバダ州アスレチック・コミッションが薬物検査を拒否したシウバに永久追放と罰金7万ドルの処分を下し、シウバはそれに対し異議申し立てをしていた件で、コミッションが再審議をした結果、3年間の出場停止と罰金無しに処分を軽減することが確定した。 ネバダ州地方裁判所裁判も2015年5月に「ネバダ州アスレチック・コミッションがシウバに下した処分は権限を超えたものである」とシウバ勝訴の判決を下していた。 RIZIN [ ] 2016年4月17日、日本の総合格闘技イベント「」のにて、とタッグを組み、・とグラップリングルールのダブルバウトで対戦し、時間切れ引き分けに終わった。 12月29日に開催されるにシード枠で2回戦より出場し、と対戦予定だったが、5月に起きた交通事故による怪我の回復が思わしくないとの理由で欠場する事が発表された。 Bellator [ ] 2016年3月2日、アメリカの総合格闘技団体「」と複数年・複数試合契約を締結した。 2017年6月24日、Bellator 180でと対戦し、0-3の判定負け。 2018年9月30日Bellator 206でと通算4度目の対戦をし、右フックからのパウンドで2RTKO負け。 人物・エピソード [ ]• 既婚者であり子供もいる。 2007年からUFC出場に伴い、シュートボクセアカデミーを円満離脱し、アメリカに移住。 2016年4月にを取得した。 選手コール時に、両手を合わせクルクル回し相手を威嚇する仕草が有名。 18歳の時に自ら志願してに入隊していた経歴を持つ。 人一倍チームメイト思いとして有名でやなどに対してとても面倒見がよく、温厚に接する。 かつて3度戦った桜庭和志とは仲がよく、桜庭から受け取った紙製のチャンピオンベルトやのキャップを大切にしている。 PRIDEの恒例イベントであった「けやき広場イベント」の「チャンピオン祭り」では、自身の握手会に来てくれたファンに自分のニット帽をあげたり、参加していないファンを気遣って握手をしたりと、ファンに対するサービス心は高い。 で連載していた「」に2回登場。 1回目は作者の西本と似顔絵で対決して勝利。 2回目は同作品の題字を毛筆で書き下ろした。 カエルが大の苦手とで発言している。 深夜番組「ワンダフル」 で彼女を作るという企画に参加し、シウバが若い女性を片っ端からナンパするという企画がくまれた。 なお、誰一人シウバと交際したいという女性はいなかった。 来日時には必ずと言っていいほど、で牛肉うどんに海老天を5本乗せて食べており 、そのメニューをシウバ自身が好きな日本食として挙げている。 その縁ではなまるうどんから渋谷公園通り店限定の「一生無料券」を贈呈された ほか、2005年から2006年までの限定メニューとして牛肉うどんに海老天3本にした組み合わせを「シウバうどん」として販売されていた。 2004年11月20日、系『』のゲームコーナー「」に外国人格闘家初のゲストとして出演した。 2009年に何度も骨折を繰り返していた鼻と目の周囲の組織を除去する修復手術を受けた。 手術を担当した医師によるとこの手術で塞がっていた鼻の気道が確保され、酸素摂取量が30%増加したという。 初代王座(1999年)• 初代王座(2001年)• PRIDE GRANDPRIX 2003優勝(2003年) 表彰 [ ]• ファイト・オブ・ザ・ナイト(5回)• UFCノックアウト・オブ・ザ・ナイト(2回)• ベストバウト(2006年)• ノックアウト・オブ・ザ・ディケイド(2009年)• ファイター・オブ・ザ・イヤー(2004年)• SHERDOG殿堂入り(2014年) 出演 [ ] 映画 [ ]• (2005年)• (2012年)• ()(2018年) CM [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• MMAPLANET 2011年10月14日• MMA Fighting 2015年10月20日• 5、2007年10月号、、pp. 10-21• 「瞳にやどる血」『格闘マガジン FIGHTER』2007年春号、、2007年5月1日、pp. 44-45• BoutReview• BoutReview 1999年9月6日• MMA to Z• BoutReview• BoutReview• BoutReview• BoutReview 2000年4月14日• BoutReview• BoutReview• スポーツナビ• BoutReview• BoutReview• BoutReview 2001年9月13日• BoutReview 2001年9月20日• BoutReview• BoutReview• BoutReview 2002年2月25日• BoutReview 2002年8月22日-27日• BoutReview 2002年8月29日• BoutReview 2002年11月25日• BoutReview 2003年6月18日• BoutReview 2003年7月9日• BoutReview 2003年8月11日• BoutReview 2003年10月1日• BoutReview 2004年1月21日• BoutReview 2004年2月17日• BoutReview 2004年4月24日• GBR 2004年5月6日• GBR 2004年7月29日• BoutReview 2004年8月16日• BoutReview 2004年11月1日• GBR 2004年11月30日• BoutReview 2004年12月28日• GBR 2004年12月29日• BoutReview 2005年1月7日• BoutReview 2005年4月24日• BoutReview 2005年6月27日• BoutReview 2005年9月1日• BoutReview 2006年1月4日• BoutReview 2006年5月18日• BoutReview 2006年7月3日• BoutReview 2006年9月12日• BoutReview 2007年3月7日• BoutReview 2007年12月30日• MMAjunkie 2007年12月30日• MMAPLANET 2008年5月25日• MMAjunkie 2008年5月25日• MMAPLANET 2009年6月14日• MMA Mania 2009年6月13日• UFC日本語版公式サイト 2009年10月13日• Five Ounces of Pain 2009年11月24日• MMAPLANET 2010年2月21日• GBR 2010年6月28日• SHERDOG 2017年1月17日• FOX sports 2014年6月17日• MMA Fighting 2014年9月19日• MMA Fighting 2017年1月17日• MMA Fighting 2015年7月29日• MMA Fighting 2017年1月17日• MMA Fighting 2017年1月17日• MMA Fighting 2017年1月17日• TMZ. SPORTS 2016年4月24日• 外部リンク [ ]• - Internet Archive• - (英語) 前王者 王座新設 初代王者 2001年11月3日 - 2007年2月25日 次王者.

次の