横浜 市営 地下鉄 遅延 証明 書。 遅延証明書

遅延証明書発行

横浜 市営 地下鉄 遅延 証明 書

・該当路線の各駅の窓口で受け取る ・該当路線の各駅で配布しているものを受け取る ・鉄道会社のHPに掲載されているものを印刷する ・自動改札機で発行する 遅延該当路線の駅では、駅窓口で遅延証明書を受け取ることができます。 また、遅延発生の時間帯によっては駅員さんが駅構内で配っていたりするので、それを受け取りましょう。 また、各鉄道会社のHPでは「遅延証明書」を掲載しています。 このページから印刷することでも入手できます。 通勤時間帯など混雑時は、遅延証明書を受け取るのに時間がかかりますから、鉄道会社のHPから入手するのもいいですね。 鉄道会社によっては自動改札機で遅延証明書を発行することが可能です。 例えば小田急電鉄では、一部の駅で自動改札機による発行システムを導入しています。 首都圏の鉄道会社の発行基準を調べてみたところ以下のようになっています。 ・JR東日本……JR東日本の対象路線でおおむね5分以上遅れたもの ・小田急電鉄……小田急線の運行が5分以上遅れた場合に発行 ・京王電鉄……京王電鉄の社線に5分以上の遅延時間が発生した場合に発行 ・西武鉄道……西武線の運行が5分以上遅れた場合に10分単位に切り上げて発行 ・東武鉄道……5分以上の遅れが発生した場合に10分単位に切り上げて発行 ・京成電鉄……5分以上の遅延時間が発生した場合に発行 ・東京急行電鉄……5分以上の遅れが発生した場合に発行 ・京浜急行電鉄……該当路線の運行が5分以上遅れた場合に発行 ・東京メトロ……5分以上の遅延に対して発行 ・都営地下鉄……5分以上の遅延が発生した場合に発行 基本的には、どの鉄道会社も5分以上遅れた場合に発行されるようです。 しかし、運行時間帯によっては遅延証明書が発行されない場合もあります。 例えば「小田急電鉄」の場合、24時以降の電車については対象外だったりします。 ただ基本的に遅延証明書が必要になるのは、通勤時間帯がメインだと思うのでそこまで気にすることはありませんね。 このときに受け取るパターンがまず一つ目です。 直接改札の窓口に行って発行してもらいましょう。 過去の遅延状況も確認することができるので、後々必要になった場合も安心です。 朝のラッシュ時などは遅延証明書をもらおうとする人で混雑しますが、これだとスマートに受け取ることが可能です。 こうした遅延証明書の受け取りパターンがあります。 可能ならば駅員さんから受け取り、とにかく急いでいるときはHPからダウンロードするなど、使い分けるといいでしょう。 どこまでさかのぼって発行してもらえるかは、鉄道会社によって異なります。 そこで、首都圏の各鉄道会社HPにある「証明書掲出期間」を以下にまとめてみました。 ・JR東日本……過去30日分 ・小田急電鉄……遅延発生当日から7日間 ・京王電鉄……遅延発生当日を含む8日間分 ・西武鉄道……遅延発生当日から35日間 ・東武鉄道……遅延発生当日から30日間 ・京成電鉄……遅延発生当日を含む35日間分 ・東京急行電鉄……遅延発生日を含め1カ月間 ・京浜急行電鉄……遅延発生当日を含む7日間分 ・東京メトロ……過去35日分 ・都営地下鉄……HPの掲載から35日間 最短で7日、最長で35日と鉄道会社によってかなりばらつきがあるようです。 掲載期間が短い鉄道会社の場合はできれば早めに発行しておくといいですね。 発行方法はバス会社によって異なりますが、 ・バス会社に問い合わせFAXで証明書を送ってもらう ・バス会社に問い合わせ郵送してもらう ・営業所や案内所で直接発行 といった方法が挙げられます。 例えば『京成バス』は、営業所窓口での発行のほか、FAXや郵送での発行を受け付けています。 利用しているバス会社が遅延証明書を発行しているかどうか、またどういった方法で受け取ることができるのかを、あらかじめ確認しておくといいですね。 バスは電車と違って道路状況などで到着時間が遅れたりしますから、遅延の確認などが必要となります。 その場ですぐに、という訳にはいかないようです。 ここまで、首都圏の各鉄道会社の遅延証明書の発行基準や掲載期間などをご紹介しました。 鉄道を利用して通勤、通学を行うという人は、もしものときのために覚えておくといいかもしれませんね。 遅延証明書は、いつどんなタイミングで必要になるかわかりません。 急に必要になって焦らないように、遅延証明書のもらい方と何分から発行されるのかをしっかり確認しておきましょう。

次の

遅延証明書発行

横浜 市営 地下鉄 遅延 証明 書

Web遅延証明書のご利用にあたって この証明書の発行対象時間は、始発電車から24時頃までの運行時間といたします。 この証明書は、ブルーライン(横浜市営地下鉄1・3号線)・グリーンライン(横浜市営地下鉄4号線)の運行が10分以上遅れた場合に発行いたします。 時間単位は5分単位に切り上げて表示しています。 また、61分以上の遅れが生じた場合は65分以上と表示いたします。 当日を含む7日分の情報を、始発〜10時、10時〜17時、17時〜24時頃までの時間帯別に発行しています。 情報は、10時、17時、22時に更新していますが、実際の運行状況と本ページの情報が異なる場合があります。 あくまで目安としてお使いください。 注意事項• この証明書は、最大の遅延時分を証明するもので、個々の電車の遅延時分を証明するものではありません。 また、お客さまがご乗車されたことを証明するものではありません。 この証明書は、横浜市営地下鉄各駅で発行している遅延証明書の遅延時分と異なる場合があります。 この証明書は、電車の遅延のみを証明するものであり、遅延によりお客さまに生じた障害等を賠償することを証明するものではありません。 なお、電車の運休、遅延等により他の交通機関にお乗りになれなかった場合でも、損害の補償等は一切いたしませんのであらかじめ、ご了承ください。 横浜市営地下鉄が発行した乗車券以外の乗車券・航空券・旅行券等の払戻しについては、当該券面発行事業者の規約・約款類によりますので、ご注意ください。 この運行情報を無断で転載・複写すること、また体裁を変更するなどしてホームページ等で公開することを固く禁じます。

次の

横浜市営地下鉄ブルーラインの朝のラッシュ時、小学1年生にはつらい...

横浜 市営 地下鉄 遅延 証明 書

延着証明書のご利用について• 5分以上の遅延が生じた場合、10分単位に切り上げて延着証明書を掲載します。 延着証明書は、「初発から10時」「10時から17時」「17時から終着」の時間帯において、その路線で発生した最大遅延時間を証明するもので、個々の列車の遅延時間を証明するものではありません。 また、お客さまがご乗車されたことを証明するものではありません。 延着証明書は、列車の遅延により、お客さまに生じた損害等を賠償することを証明するものではありません。 延着証明書は、各駅で発行している延着証明書の時分とは異なる場合があります。 延着証明書の掲載は、掲載日から35日間です。 2020年6月26日• 21:45現在• 2020年6月21日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月20日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月19日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月18日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月17日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月16日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月15日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月14日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月13日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月12日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月11日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月10日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月9日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月8日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月7日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月6日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月5日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月4日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月3日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月2日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年6月1日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月31日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月30日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月29日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月28日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月27日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月26日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月25日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月24日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電• 2020年5月23日• 始発~10時 10時~17時 17時~終電•

次の