育休 社会 保険 料 免除。 育休中の税金、保険料の支払い免除

育休中に受け取れる給付金、社会保険料の免除について|ベルメゾン 暮らしのコラム

育休 社会 保険 料 免除

ボーナス月なら賞与分の保険料もダブルで免除 社会保険料の話をしても、自分の給与明細をあまり見ない方は、金額のイメージがつかめないと思います。 そこで、具体例を出してご説明します。 たとえば、月給36万円の人の場合。 社会保険料の基となる「ひょうげつ」が36万円だとすると健康保険料は1万7820円(2018年協会けんぽ東京支部)、厚生年金保険料は3万2940円(2018年)となり、合計した5万0760円が基本的には毎月社会保険料として給与から控除されています。 この金額が免除されるだけでも大きいですが、もっとお得にしたい場合は、ボーナスが支給される月に育児休業を取得すれば、ボーナスに掛かる社会保険料も併せて免除になるので、かなりインパクトが大きくなります。 育休取得のタイミングを計ることができるなら たとえば、ボーナスが6月10日に70万円支給され、育児休業を6月26日から30日まで5日間取得した場合。 賞与分の保険料が、健康保険料が3万4650円(2018年協会けんぽ東京支部)、厚生年金保険料が6万4050円(2018年)。 給与のひょうげつが上記と同じく36万円だと、通常の給与分の保険料は上記計算のとおりになるので、なんと合計して14万9460円も社会保険料が免除されるのです。 冒頭のYさんはいろいろ調べてボーナス月にタイミングよく育児休業を取得して、15万円ほど手取りが増えて喜んでいたわけです。 有給なのに育児休業給付金がもらえることも 育児休業期間に対して、雇用保険から支給される育児休業給付金。 給与額に応じて調整され、給与が全額支払われているような場合には給付金は支給されません。 大企業では特に男性の育児休業取得促進のため、最初の5日間は有給として全額支給されている会社もあります。 しかし、育児休業期間中に給与が全額支給されていた場合でも、一定の要件を満たせば給付金がもらえる場合があります。 実は、育児休業給付金は育児休業期間中に給与支払い日があった場合に限り、給与が支払われたものとして考えるため、育児休業期間に給与支払い日がなければ給与の支払いがなかったものとして取り扱われ、育児休業給付金がもらえるのです。 したがって、たとえば、上記ケースで6月26日から6月30日まで育児休業を取得し、その期間有給だった場合に、その会社の給与支払い日が6月25日だったケースは、あくまでも育児休業期間中に給与支払い日がないため、給与の支払いがなかったものとして、育児休業給付金が全額もらえるわけです。 つまり、有給で給与が全額支払われているのに、雇用保険から育児休業給付金がさらにダブルでもらえてしまうということです。 上記のケースだと社会保険料も免除になるので、ボーナス月だったとすると、かなりの恩恵を受けることになります。 冒頭のMさんも、社会保険の仕組みを知っていたら、育児休業の取得時期をもう少し考えたかもしれません。 ただ、育児休業は、そもそも、子の養育のためにお休みする期間であるので、休んだ日は当然しっかり育児に参加していただくのと、職場のみんなの助け合いによって休めることもお忘れなく。

次の

育休の社会保険料免除はいつまで?復帰日は月末か月初か…お得な復帰日はいつ?

育休 社会 保険 料 免除

社会保険料とは 私たちが会社から給与を支給される際、所得税と住民税の他に厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料が控除されています。 この厚生年金保険料と健康保険料をまとめて社会保険料といい、過去に支払われた給与から計算されています。 どのくらいの金額が社会保険料として控除されるのかというと、例えば次のようになります。 産休・育休中はこの社会保険料を支払わなくていいのです。 免除される金額 免除される金額は、社会保険料の全額です。 下記「免除される期間」の間、一切の社会保険料は支払う必要はありません。 だいたい月給24万円の額面で年間の社会保険料負担額は40万円以上にもなるので、その全額支払いが免除になると考えると大きいですよね。 免除される期間 原則 免除される期間は「休業開始月」から「終了予定日の翌日の属する月の前月」までです。 下記の例でみてみましょう。 育児休業は保育園に入れなかった等の特別な事情があった場合でも、法律で最大2歳までしか取れないと決まっています。 ただ、会社の規則として育児休業を3歳、4歳まで認める企業もあると思います。 この場合、会社を休んでさえいれば、社会保険料は3歳の誕生日の前日まで免除することができます。 免除を最大にする方法 上記のとおり、免除される期間は日にちで按分されるのではなく、月ごとで「休業開始月」から「終了予定日の翌日の属する月の前月」までです。 これを利用し、免除期間を最大限にしつつ、会社からの復帰前・復帰後のお給料をもらうには、 休業開始日は、月のできるだけ後半にし、かつ休業終了日は月末(最終日)にするということです。 そうすると、休業開始月は、お給料はほぼ丸1か月分もらえるけれど社会保険料はかからず、休業終了月まで社会保険料が免除されます。 パパが育休をとった場合は? パパが育児休業をとった場合も、パパの社会保険料が免除されます。 例えば月末から翌月の3日まで育児休業をとった場合等は、パパが育休をとることによる給与額の減少より、社会保険料免除の効果の方が大きく結果としてなぜか手取り額が増えるということもあり得るのです。 賞与が支給される場合は? 例えば産休・育休に入ってから、ママの会社から賞与が支給されることってありますよね。 この場合も通常控除される社会保険料が免除されます。 賞与60万とすると約8万円の社会保険料が通常引かれるところ、その月は控除されません。 但し、育休が月末を含む場合は社会保険料は免除されます。 極論、月末1日しか休まなかった場合でもその月の社会保険料が免除されることとなります。 例にしてみると、下記のとおりとなります。 将来もらえる年金額への影響 冒頭でも触れたように、私たちが払っている社会保険料は、将来もらえる年金額に反映されます。 簡単にいうと支払う社会保険料が多ければ多いほど、将来もらえる年金額は多くなります。 産休育休中の社会保険料は、免除されても、これを支払ったものとして、将来の年金額が支給されますので免除されることによるデメリットはありません。 免除に必要な手続き 免除手続きは勤務先の会社が行います。 なお、通常会社と従業員が半分ずつ支払っている社会保険料ですが、この免除期間、会社の支払い義務も免除されます。 ですので通常、何も言わなくても会社の方で免除手続きを行っているはずなのですが、心配な方は事前に会社に確認しておきましょう。 なお、被保険者からの申出を受けた会社が「産前産後休業取得者申出書」もしくは「育児休業等取得者申出書」を日本年金機構へ提出することで、免除申請が行われます。 <今回の記事を書くにあたり問い合わせた機関> 千代田年金事務所.

次の

育児休業中に臨時で勤務させる場合に育児休業給付は支給されますか?また社会保険料の免除は受けられますか?

育休 社会 保険 料 免除

社会保険料とは 私たちが会社から給与を支給される際、所得税と住民税の他に厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料が控除されています。 この厚生年金保険料と健康保険料をまとめて社会保険料といい、過去に支払われた給与から計算されています。 どのくらいの金額が社会保険料として控除されるのかというと、例えば次のようになります。 産休・育休中はこの社会保険料を支払わなくていいのです。 免除される金額 免除される金額は、社会保険料の全額です。 下記「免除される期間」の間、一切の社会保険料は支払う必要はありません。 だいたい月給24万円の額面で年間の社会保険料負担額は40万円以上にもなるので、その全額支払いが免除になると考えると大きいですよね。 免除される期間 原則 免除される期間は「休業開始月」から「終了予定日の翌日の属する月の前月」までです。 下記の例でみてみましょう。 育児休業は保育園に入れなかった等の特別な事情があった場合でも、法律で最大2歳までしか取れないと決まっています。 ただ、会社の規則として育児休業を3歳、4歳まで認める企業もあると思います。 この場合、会社を休んでさえいれば、社会保険料は3歳の誕生日の前日まで免除することができます。 免除を最大にする方法 上記のとおり、免除される期間は日にちで按分されるのではなく、月ごとで「休業開始月」から「終了予定日の翌日の属する月の前月」までです。 これを利用し、免除期間を最大限にしつつ、会社からの復帰前・復帰後のお給料をもらうには、 休業開始日は、月のできるだけ後半にし、かつ休業終了日は月末(最終日)にするということです。 そうすると、休業開始月は、お給料はほぼ丸1か月分もらえるけれど社会保険料はかからず、休業終了月まで社会保険料が免除されます。 パパが育休をとった場合は? パパが育児休業をとった場合も、パパの社会保険料が免除されます。 例えば月末から翌月の3日まで育児休業をとった場合等は、パパが育休をとることによる給与額の減少より、社会保険料免除の効果の方が大きく結果としてなぜか手取り額が増えるということもあり得るのです。 賞与が支給される場合は? 例えば産休・育休に入ってから、ママの会社から賞与が支給されることってありますよね。 この場合も通常控除される社会保険料が免除されます。 賞与60万とすると約8万円の社会保険料が通常引かれるところ、その月は控除されません。 但し、育休が月末を含む場合は社会保険料は免除されます。 極論、月末1日しか休まなかった場合でもその月の社会保険料が免除されることとなります。 例にしてみると、下記のとおりとなります。 将来もらえる年金額への影響 冒頭でも触れたように、私たちが払っている社会保険料は、将来もらえる年金額に反映されます。 簡単にいうと支払う社会保険料が多ければ多いほど、将来もらえる年金額は多くなります。 産休育休中の社会保険料は、免除されても、これを支払ったものとして、将来の年金額が支給されますので免除されることによるデメリットはありません。 免除に必要な手続き 免除手続きは勤務先の会社が行います。 なお、通常会社と従業員が半分ずつ支払っている社会保険料ですが、この免除期間、会社の支払い義務も免除されます。 ですので通常、何も言わなくても会社の方で免除手続きを行っているはずなのですが、心配な方は事前に会社に確認しておきましょう。 なお、被保険者からの申出を受けた会社が「産前産後休業取得者申出書」もしくは「育児休業等取得者申出書」を日本年金機構へ提出することで、免除申請が行われます。 <今回の記事を書くにあたり問い合わせた機関> 千代田年金事務所.

次の