からいものを食べた後 下痢。 辛いものが無性に食べたいのはなぜ?身体に潜む意外な原因 | 女性の美学

辛い物を食べてお腹を壊してしまった時の対処法

からいものを食べた後 下痢

食後すぐの下痢・腹痛の原因は何? 食事を終えてすぐ、急にお腹が痛くなる・・・ そして、そのままトイレに直行。 これ、経験のある方も多いのではないでしょうか? かく言う私もその一人です。 昔からお腹が弱く、たびたび食後すぐにトイレに通っていました。 体質だから仕方ないのかな? とあきらめていたのですが、どうもそれだけが原因ではないみたいです。 食後すぐの下痢・腹痛には、しっかりとした原因があったのです! ここからは、あなたも苦しめられているかもしれない食後に襲ってくるこれらの症状の原因を徹底解明していきます。 特に、これから紹介する原因の一つは高齢者にも多いものです。 あなたの下痢や腹痛が危険なものなのか、そうでないのかをしっかりと確認してもらえたらなと思います。 原因と解決策 ここからは、食後の腹痛を引き起こす原因と、その解決策を書いていきます。 食事をしてすぐ下痢や腹痛が起こる これ自体が体の不調を示しているのですが、そのほとんどはいかに書いた6つの原因によるものです。 もし今同じ症状に悩まされている方がいれば、自分はどれが原因となっているのかしっかりと確認してみてください。 潰瘍性大腸炎 まずは、潰瘍性大腸炎。 名前の通り、大腸に潰瘍ができて炎症を起こしている状態です。 主な症状としては食後の腹痛、下痢以外に• 血便がでる• 排せつ物から白い粘液が出る• 食欲が湧かない• 理由のない体重減少• 急な発熱 があげられます。 もし出血が見られた場合には大腸がんなどの可能性も考えられますので、すぐに病院を受診してください。 また、お腹の特に左側が痛むという場合も要注意! 腸の大部分に炎症が広がってしまっている可能性が高いです。 とにかくすぐに病院へ行ってみてください。 また、腸に負担をかけないためにも、肉質中心の食事生活を送っている場合には、 野菜や魚といったヘルシーで消化吸収がしやすい食べ物を多く口にする食事形態へと切り替えていきましょう。 過敏性腸症候群 これは子供から大人まで広くあてはまる症状で、現代人には特に多いと言えます。 漢字で書いているため難しい病気のように思えますが、分かりやすく言うと『ストレスでお腹が痛くなる』というものです。 スピーチの前になると緊張してお腹が痛くなる• 彼女と初デートなのに、お腹が痛くて・・・• 試験当日になると、いつも下痢になってしまう このような経験がある方、多いのではないでしょうか? ちなみに私の腹痛はほぼこれでした。 昔から緊張に弱かったようです(汗 一言で過敏性腸症候群と言ってもその症状にはいくつかパターンがあるようで、• 便秘になる• 下痢になる• 腹痛に襲われる 等、様々。 いずれにせよ、緊張などからくるストレスが原因だといわれています。 一番いいのはストレスのかからない生活をすることです。 が、そうは言っても 常にストレスフリーな生活を送るというのは現代人にとってはかなり難しいもののはず・・・ 出来る限りストレスのかからないようしていくことから始めましょう。 また、 ストレスでお腹が痛くなるかも・・・と 思っていること自体がストレスになっていることも多いです。 整腸剤を持っていればそれが安心感につながり、ストレスも軽減されます。 緊張に弱いと自覚のある人は、飲む飲まないは別にして、万が一のための整腸剤を一つ所持しておくとそれだけで下痢や腹痛をある程度抑えることができるようです。 クローン病 特に若い人に多いのがこちらの疾患。 口から肛門に至るまで、ありとあらゆる消化器官に潰瘍や炎症が起こる病気とされています。 原因の特定はいまだ至っておらず、• ストレス• 免疫異常• 細菌・ウイルスによるもの 等と言われています。 未だその真相は明らかになっておらず、解明が待たれます。 主な症状としては、• 持続する腹痛• 食事をするたびにおへそ周りや下腹部に痛みが走る• クローン病患者の8割以上が泥状、あるいは水溶性の下痢を起こす• 急な発熱• 血便が出る• 体重の減少• 全身を襲う倦怠感• 貧血になりやすい 等があります。 また、左側の大腸や直腸にクローン病の症状がみられる場合には排便回数が多い傾向にあるようです。 こちらは病気ですので、 消化に良いものを食べるなどの治療で治ることは決してありません。 上に書いた症状が複数みられるときにはすぐに病院を受診しましょう。 食べ物の影響 こちらは、内臓機能の弱っている高齢者に特に多い症状です。 食べ物の影響は、私たちが思っている以上に大きいものです。 暴飲暴食• 刺激物の食べ過ぎ• 慢性的な野菜不足• 脂肪たっぷりの料理を連日食べる• アルコールの飲みすぎ• カフェインの多量接収• 炭酸飲料の取りすぎ• 冷たい飲みもの、食べ物の取りすぎ こういった 胃腸に負担をかけることばかりしていると、当然下痢や腹痛が起こりやすくなります。 食後すぐ下痢や腹痛に襲われる・・・と嘆いてみる前に、一度自分の食生活を見直すのもいいかもしれません。 胃腸の問題を手軽に解決したいという方に、オススメの飲み物を紹介しておきます。 それは、 森永製菓のおいしい青汁です。 興味のある方は、こちらで詳しい説明が見れますので、一度覗いてみて下さいね。 というのも、 高齢者の方の内臓器官も体と同様に老化し機能が低下しています。 そのため、若い時には何ともなかった脂肪たっぷりの料理も、少し食べすぎただけで内臓が負担に感じてしまい下痢や腹痛となって体を襲うこともあるようです。 原因としては、• 老化による内臓器官の衰え• 食べ過ぎによる胃腸の機能低下• 過労やストレスからくるダメージ 等が考えられます。 こうなると、食べたものがうまく消化・吸収されず消化不良を起こしてしまうことに・・・ その結果、下痢・不消化便となって体外に放出されてしまうのです。 解決策としては、 まず第一によく噛んで食べること。 細かく砕いて食べることで胃腸の消化吸収を手助けします。 また、食べ過ぎも厳禁です。 胃腸はもちろん、体全体にとっても負担となる行為ですので、腹八分目で食事を終えるよう心がけましょう。 肝臓病や膵臓病 肝臓や膵臓に病気がある場合にも、下痢や腹痛を引き起こす恐れがあります。 肝臓と膵臓は、どちらも脂肪の吸収を手助けしてくれます。 そのため、 これらの臓器が病気により機能低下を起こしていると脂肪の吸収をうまく行えないこともあるようです。 その結果として、腸が活動不順を起こし、脂肪が多く混ざった便ができてしまうことになります。 最終的には、下痢となって体外に排出されてしまうようです。 お腹の不調は早めに病院へ!! いかがだったでしょうか? 今回は 食後すぐに腹痛や下痢を引き起こす要因について書いていきました。 胃腸の不調や機能低下の場合は比較的症状は軽く、早期の完治が見込めます。 この場合、最も多いのはやはり食生活の乱れです。 食べ過ぎ• 飲みすぎ• 刺激物や脂肪分を多く含むものの食べ過ぎ 等はすべて下痢や腹痛の原因となります。 ついつい食べ過ぎてしまう気持ちは私も同じなのでよくわかりますが、健康を求めているのなら即刻辞めましょう。 しかし、 本当に怖いのはそれ以外の原因がある場合です。 どの病気も放っておくとどんどん重症化し、最悪の場合命の危機にも発展しかねない恐ろしいものばかりです。 下痢や腹痛や、日常生活でもよくある症状ですのでついつい甘く見がちです。 ですが、その症状はあなたの体があなたに向けて発している異常信号・SOS信号なのかもしれません。 普段と何か変わりはないか• 熱や体調不良はないか• 急激な体重減少はどうか という風に、ありとあらゆる角度から自分の体調を観察してみるのが早期発見への一番の近道です。 自分の体調を観察するのはあまりいい気分ではないかもしれませんが、 その行為一つで病気の早期発見・治療につながるのです。 自分の健康も命も、自分の目で見て守りましょう!!

次の

辛いものが無性に食べたいのはなぜ?身体に潜む意外な原因 | 女性の美学

からいものを食べた後 下痢

辛いものを食べたあとに 下痢になったという経験はありませんか? 私は高確率で辛いものを食べると下痢になってしまいます。 例えば火鍋を食べたあとは、どうにも腹痛が治まらず駅のトイレに駆け込むことになりました。 (すぐにトイレに行ける状況だったので本当に良かったです。 ) 他にはグリーンカレーやファミリーマートのスパイシーチキン、サイゼリアの辛味チキンなどでも下痢になったことがあります。 とはいえ毎回下痢になるわけではないので、体調にもよるようです。 下痢になるかもしれないのであれば、辛いものを食べなければいいじゃないかと思われるかもしれませんが、結局好きなものは食べたくなってしまうんですよね。 辛いものを食べて下痢にならない方法がわかれば、もっと気兼ねなく辛いものを食べられるなんて思いつつ、今回は辛い物を食べて下痢になる原因や対策について調べます。 Contents• 辛いものを食べて下痢になる原因 辛いものと言えば、わさびやからしなどもありますが、大抵の場合は唐辛子を使ったものを指しますよね。 唐辛子を使ったものを食べて下痢になった場合、それは唐辛子に含まれる カプサイシン の影響です。 カプサイシンは交感神経を刺激する働きがあるそうで、交感神経が刺激されると腸の働きが活発になります。 腸の働きが活発になるというと一見良いことのように思えますが、単純に動きが活発になっただけなので水分を十分に吸収する時間が取れないまま肛門へ送り出され、排出されてしまいます。 それが下痢という状態です。 また唐辛子などの辛いものは食欲を増進させたり、美味しさを際立たせてくれる素晴らしいものではありますが、体にとっては刺激物です。 そのため辛いものを食べたとき、体内でもその刺激を受けるため、胃にダメージを与えてしまい消化が出来ないまま排出されて下痢になるというパターンもあります。 余談ですが、中国で唐辛子そのものをバクバク食べている「唐辛子おじさん」なる人がいるそうです。 (テレビでみただけですが、本当に唐辛子をそのままかじっていました。 )健康を保つために唐辛子を直食いしているそうなのですが、その人は特殊だと思うので絶対に素人が真似をしてはいけません。 (通常であれば健康になる前に胃が荒れますね) ただ唐辛子に含まれるカプサイシンは血行促進効果などがあるため、美肌効果も期待できると聞いたことがあります。 唐辛子おじさんも肌はとてもきれいでしたよ。 辛いものを食べたとき下痢を防ぐ方法 腸内環境を整える 辛いものを食べたときに下痢が起こるのは、そもそも腸の環境が悪くなっており、少しの刺激に過敏に反応するようになっている可能性があります。 善玉菌を増やして腸内環境を整える工夫をしましょう。 便秘になると悪玉菌が増え、腸内環境が悪化してしまうので、便秘にならないよう食物繊維も積極的に摂ることが大切です。 最近は腸内環境を整えるという売り文句のヨーグルトや乳酸菌飲料も多いので、それらを試してみるのもよいでしょう。 辛いものをいきなり食べない・辛いものと他のものも一緒に食べる 辛いものだけを食べているとダイレクトに胃や腸に刺激を与えることになります。 野菜を一緒に食べたり、カレーなどであればラッシーなどヨーグルト飲料と一緒に食べるなど食べ合わせを考えて胃や腸への刺激を和らげてあげる工夫が必要です。 辛いものに体を慣れさせる 人間の体というのは面白いもので、刺激に慣れるように出来ています。 辛いものを食べることも例外ではありません。 辛いものが好きということであれば食べる回数を重ねていくごとに下痢を起こしにくくなるという可能性もあります。 ただ無理をして短期間でたくさんの辛いものを食べて慣れようとするのは胃や腸に負担をかけて逆効果になりかねないのでやめましょう。 (唐辛子おじさんみたいなのはNGですよ。 ) タンパク質と一緒に タンパク質と一緒に辛い物を食べることで、舌への刺激を減らし、胃などに与える負担も軽減してくれるそうです。 肉と唐辛子の組み合わせも美味しいものが多いのでこれは朗報かもしれませんね。 グリーンカレーなどを食べるときお肉と一緒に食べると確かに辛味が緩和される気がします。 「なるほど」といった感じです。 飲み物を一緒に お水がほしくなるように辛いものを食べるときには我慢せずに水分を一緒に摂りましょう。 熱くて辛いものを食べるとき、冷たい時よりも余計に辛く感じた経験が誰しもあると思います。 飲み物を一緒に摂ることで辛味を和らげ、食事をより一層楽しむことが出来ます。 辛みの感じ方とは別に食事の時に水分をしっかりとることで満腹感を得ることにもつながるそうなので、食事の時は飲み物もセットでとることで食べ過ぎ防止にもなり一石二鳥です。 辛いものを食べて下痢になったときの対処法 辛いものを食べた直後、下痢になってしまった場合、すぐに対処できる方法はトイレに駆け込むことしかありません。 我慢してもどうにもなりませんので、抗わずにトイレに向かいましょう。 (この場合は温めてもどうにもなりません。 ) 私の場合ですが辛いものを食べた後はお腹が外から触っても温かいのがわかるぐらいに熱を持つときがあります。 その時はたいていお腹が痛いので胃や腸が悲鳴をあげているんだろうなとしみじみ感じるのが常です。 お腹が痛くなったとしても辛いものを食べたときの腹痛は一時的で食べたもの(この場合は辛いもの)が体外に排出されてしまえば今までの痛みが嘘だったかのように簡単に治ります。 脱水症状に注意 下痢の時は水分も一緒に体外に排出されてしまうため、脱水症状を起こす危険もあります。 辛いものを食べるとき、汗をかいてしまう人は特に意識的に水分を取った方がよいでしょう。 刺激の少ない食事を 下痢を起こした時、胃はダメージを受けています。 その場合、また辛いものを食べてしまうと下痢と繰り返して胃が回復出来ません。 胃の粘膜が傷ついた状態、下痢が続くと胃腸炎などの病気になったり、ポリープが出来たりと病気になるリスクも上がってしまうので要注意です。 辛いものと下痢の関係ーまとめー• 辛いものを食べたとき、下痢になる原因は唐辛子の「カプサイシン」• 辛いものを食べたときに起こる下痢は腸が活発になって水分吸収が出来なかったからか、消化不良を起こしたから起こる• 腸内環境を整えたり、食べ方を工夫することである程度辛いものを食べても下痢を起こさなくすることは出来る• 辛いものを食べて下痢になってしまった場合は脱水症状と胃に優しい食べ物を食べるように注意する \ SNSでシェアしよう! / Hurray フレーの 注目記事を受け取ろう•

次の

激辛好きは要注意!辛いものを食べ過ぎるとどうなるの?

からいものを食べた後 下痢

辛い物を食べるとなぜ下痢になるのか 辛い食べ物を食べると、下痢や腹痛を引き起こしますが、原因は一つでは無い事をご存知でしょうか? もしかすると今悩まされている下痢は、辛い物が原因では無いかもしれませんよ。 香辛料の多くは、身体に良い効果をもたらします。 香辛料がもたらす体への影響には• 消化促進効果• 整腸効果• 腸のぜん動運動活性化• 発汗作用 などがあります。 胃腸の働きを良くする効果が目立ちますが、過剰に辛い物を食べると 胃腸の働きが「良くなりすぎて」下痢になる、という訳です。 辛い物の食べ過ぎは胃腸を傷つける トウガラシなどに含まれるカプサイシンという成分を見聞きしたことがあると思います。 そもそも、私たち人間は「辛味」という味覚は持ち合わせていません。 一般に言う辛味とは、カプサイシンなどが持つ強い刺激を「痛覚で痛み」として感じる事を指しています。 話を元に戻しましょう。 刺激物であるカプサイシンの過剰摂取は、胃や腸の粘膜を傷つける場合があります。 胃腸が傷ついてしまうと、機能が低下して下痢や腹痛を引き起こします。 前述した通り、香辛料には胃腸を活性化させる働きがあります。 傷ついて弱った胃腸に、「もっと働け」と命じる訳ですから、胃腸にとって辛い物の食べ過ぎはWパンチで負担がかかる事になる訳ですね。 辛い物を食べた時の水分摂取量 皆さんは辛い物を食べるとき、普段の食事よりも多量の水分を飲むのでは無いでしょうか? 辛さが強ければ強いほど、少しでも和らげようと水を飲むと水分の摂り過ぎが原因で下痢になる事があります。 つまり、辛い物をそこまで大量に食べた訳でも無いのに下痢や腹痛を起こしている方は、 【水分の過剰摂取】が原因かもしれないのです。 実は、 辛い物を食べた時に水を飲むのは逆効果。 カプサイシンなどの刺激成分は、脂溶性物質。 つまり、水には溶けない性質の成分です。 辛い!と感じて水を飲むと、辛い成分が口の中で広がるだけで、もっと水を飲みたいと感じてしまい、水分の摂り過ぎに繋がります。 辛さを和らげたい場合は、牛乳や少量のアルコールを飲む方が効果的です。 但し、牛乳もアルコールも下痢や腹痛を引き起こす原因になりかねませんので、飲む場合は量を加減して飲みましょうね。 辛い物による下痢はいつまで続くのか 辛い物による下痢で苦しんでいると、「一体いつまで続くのか」と不安になりますよね。 残念ながら、明確にいつまで続くと断言する事は出来ません。 強いて言うならば、 「胃腸の機能が正常に戻るまで」続くと言えます。 苦しんでいる最中、胃腸が回復するまで続くと聞いては「泣きっ面に蜂」状態ですが、少しでも胃腸の回復を早めるために出来る治し方や対処法を紹介しますので、参考にしてなるべく早く胃腸の回復を図りましょう。 辛い物による下痢の治し方や対処法 辛い物による下痢や腹痛の治し方とは、いかに「胃腸の機能を正常に戻すか」と言い換えることができます。 辛い物が原因で下痢や腹痛を引き起こしている場合、胃腸が傷ついていて機能が低下している可能性が高いからです。 辛い物による下痢や腹痛・治し方と対処法一覧 民間療法や対処療法など、様々な観点から辛い物を食べ過ぎた際の下痢や腹痛に効果的な方法を紹介します。 市販薬を服用する 辛いものを食べたると 刺激で胃酸が大量に出る一方で、胃の動きは弱まるので、胃酸過多となり胃粘膜が荒れてしまい胃が痛むこともあります。 によると、辛いものを食べた場合は大体これにあたるようなので胃酸を元からコントロールすガスター10などがオススメです。 引用元:Amazon ガスター10以外で購入する場合は、辛いものを食べたので胃酸過多で胃痛が起きるとネットで見たのですが、どの胃薬が良いでしょうか?と聞くのも良いです。 胃薬には3種類あり、• 胃酸が出すぎて粘膜を傷めている• 胃粘膜が弱って胃酸に耐えられない• 胃の動きが激しすぎて差し込むような痛みが出る 引用元: 辛いものでの胃痛は2番目にあたることが基本ですが、間違ったものを選ばないように、必ず聞いてみてください。 水分の取りすぎによる単なる下痢の場合は、正露丸などの通常の腹痛に効く薬で問題ないでしょう。 seirogan. html 安静にしてお腹を温める 辛い物を食べ過ぎて腹痛や下痢に悩んでいる時は、お腹を温める事を意識しましょう。 photo-ac. 腹巻やホッカイロなどでお腹を温めて静かに横になって回復を待ちましょう。 温めることで胃腸に血液がよく流れるようになり、回復が早くなるとも言われています。 お腹にやさしい飲み物・食べ物を摂る お腹を温めるだけでなく、身体を中から温める飲み物や食べ物を摂るのも良いでしょう。 温かく、身体を温める効果のある飲み物としておすすめは• ハーブティー• ルイボスティー• ホットミルク などがあります。 いずれの場合も 飲む時は必ずHOTで飲みましょう。 ハーブの香りには鎮静効果があり、副交感神経を刺激してくれます。 整腸作用を重視するなら、コリアンダーなどがおすすめです。 ルイボスティーも、ノンカフェインなのでおすすめ。 ホットミルクを飲む際は、飲み過ぎは逆効果となるため少量を少しずつ飲む様にしましょう。 辛い物による下痢や腹痛時におすすめの食べ物は、定番ですがやはり「お粥」など胃腸に優しい食べ物が良いでしょう。 下痢や腹痛がひどいと、食欲が沸かず大変ですが「水分補給」は意識して行いましょう。 特に、下痢の時は排便時に健康時に比べて失う水分量が多くなり、水分補給を怠ると脱水症状の原因となります。 上記で紹介した温かい飲み物を中心に、こまめに水分補給をしながら胃腸が回復するのを待ちましょう。 辛い物による下痢・まとめ 辛い物が好きな人に、「食べるな」とは言えません。 しかし、辛い物を食べるとすぐにお腹を壊す人は、食べる量を控えた方が良いでしょう。 どうしても食べたくて仕方がない方は、辛い物を食べる時に少し工夫をしてみてはいかがでしょうか?• 乳製品(牛乳やヨーグルト、チーズ)を一緒に食べる• 整腸作用のあるハーブティーなどを飲む•

次の