せき とう おう りゃく せいらん し。 虹の七色の順番と覚え方!色が分かれる仕組みを図解で解説!

おふれのせきしつ

せき とう おう りゃく せいらん し

中国、浙江 せっこう 省北部、杭州 こうしゅう 市西部にある湖。 シー湖、銭塘 せんとう 湖、西子湖ともよばれる。 もとは杭州湾に通じる海湾であったが、砂州の堆積 たいせき により湾口がふさがれて湖となった。 南北3. 3キロメートル、東西2. 8キロメートル、面積6. 03平方キロメートル、うち湖面面積5. 66平方キロメートル。 湖の三面は山に囲まれ、南高峰、玉皇山、鳳凰 ほうおう 山などの諸峰がそびえる。 湖面には白堤、蘇堤 そてい の長堤が走り、この二堤によって外西湖、西里湖、北里湖、南湖、岳湖に分けられる。 湖の北部には、清 しん 代に編纂 へんさん された『四庫全書』を蔵する文瀾閣 ぶんらんかく のある孤山という島がある。 唐代に杭州刺史の李泌 りひつ が湖水を引いて灌漑 かんがい に利用し、宋 そう が杭州に南渡してのち山紫水明の地として知られるようになった。 「三潭印月 さんたんいんげつ 」「平湖秋月」「花港観魚」などの西湖十景はとりわけ有名で、周囲には霊隠寺、天竺 てんじく 三寺などの名刹 めいさつ や岳墳(南宋の忠臣岳飛 がくひ の墓)、虎 泉 こほうせん など名勝、旧跡が多い。 中国の代表的な景勝地として内外から多数の観光客が訪れる。 なお、中国には、ほかに福建省福州、広東 カントン 省恵州など、西湖とよばれる湖は30か所以上ある。 [林 和生] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

西湖(せいこ)とは

せき とう おう りゃく せいらん し

中国、浙江 せっこう 省北部、杭州 こうしゅう 市西部にある湖。 シー湖、銭塘 せんとう 湖、西子湖ともよばれる。 もとは杭州湾に通じる海湾であったが、砂州の堆積 たいせき により湾口がふさがれて湖となった。 南北3. 3キロメートル、東西2. 8キロメートル、面積6. 03平方キロメートル、うち湖面面積5. 66平方キロメートル。 湖の三面は山に囲まれ、南高峰、玉皇山、鳳凰 ほうおう 山などの諸峰がそびえる。 湖面には白堤、蘇堤 そてい の長堤が走り、この二堤によって外西湖、西里湖、北里湖、南湖、岳湖に分けられる。 湖の北部には、清 しん 代に編纂 へんさん された『四庫全書』を蔵する文瀾閣 ぶんらんかく のある孤山という島がある。 唐代に杭州刺史の李泌 りひつ が湖水を引いて灌漑 かんがい に利用し、宋 そう が杭州に南渡してのち山紫水明の地として知られるようになった。 「三潭印月 さんたんいんげつ 」「平湖秋月」「花港観魚」などの西湖十景はとりわけ有名で、周囲には霊隠寺、天竺 てんじく 三寺などの名刹 めいさつ や岳墳(南宋の忠臣岳飛 がくひ の墓)、虎 泉 こほうせん など名勝、旧跡が多い。 中国の代表的な景勝地として内外から多数の観光客が訪れる。 なお、中国には、ほかに福建省福州、広東 カントン 省恵州など、西湖とよばれる湖は30か所以上ある。 [林 和生] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し! : 今日の秋印

せき とう おう りゃく せいらん し

虹色と言われた時 どんな色を思い出しますか? 金色や銀色のようなちょっと特別な色 というイメージでしょうか。 虹色というと、様々な色が バランス良く混ぜられているので きれいでカラフルな色というと 納得しちゃう組み合わせですね。 そんな虹色の順番は 赤橙黄緑青藍紫 この 7 つの色が、この並びで 並んでいるというのが特徴 です。 音読みで覚えると 「 せきとうおうりょくせ い らんし 」 となります。 リズミカルで覚えやすいですよね。 実は虹が七色なのは、なんと 万有引力のニュートンが大元に なっているって知っていましたか? なんでもニュートンさんの時代 なんでも7と結びつかれているのが 大事なことであり流行でもありました。 今は虹を 7 色と判別するのは 知識が伝わった日本が中心で ほとんどの国では5色や2色など 7色以外と判別しているんですって。 虹はどの方向から見ても 全く順番が変わること無く 、 上から 赤橙黄色緑青藍紫の順番に 光の具合で作られていますよ。 どうしてそういい切れるのかというと 虹を作り出すことに必要な空気の水分 地球の空気の層と太陽の光などは 地球上のどこでも同じ方向にあるためです。 ちょっとむずかしい言い方でしたが 単純に光が当たる方向が同じなので 全く違う並び替えになることは 絶対に無い、というわけです。 もう一つ、 英語圏では 「 ロイジービヴ 」 という覚え方もあります。 R・O・Y・G・B・I・V つまり以下の通りです。 Red Orange Yellow Green Blue Indigo Violet これは日本語での色を英訳して、 その単語の頭文字を取ったものなんです。 英語が好きな人や慣れている人に かなり限定した覚え方ですが 語感は非常に良いですよね。 人名に似ている言葉なので 覚えやすいのですが、 英語に訳してあることを忘れてしまうと、 これなんだっけ? ということにもなってしまいます。 覚える人は、その元の言葉も 覚えておかないといけません。 虹色の覚え方?アフリカ 8 色、日本 7 色、米英 6 色、ドイツ 5 色、南アジア 2 色! 先程も触れましたが、 7 色として虹色を見ているのは 日本と韓国とオランダの 3 カ国 だけです。 それより 多い国はアフリカで 8 色 で す。 イギリスやアメリカは6色 ドイツでは5色 ロシアやインドネシアでは4色 南アジアや沖縄では、なんと2色! 2色の国では赤と黒の2色で分けられ 日本から見るとなんだか不思議な 感じがします。 この様に国や文化で大きく虹の色は 変わっています。 これは色の見え方の違いや 文化の違いによって、色を細かく 分類しない地域もあるためなんです。 見える色には差があるので どうこう言うことはできませんが それぞれの文化の差があって なかなかに面白いですよね。 色数が少ない国では、 虹色もそこまで派手ではない、 といったことがよくわかる比較と 言えるでしょう。 まとめ 虹の色の順番は、必ず決まっており 赤橙黄色緑青藍紫 と、 上から徐々に 暗くなっているようにできています。 この色の順番から、暗い色をまとめて 黒としてしまう国もありますが 色の順番自体は変化はありませんので 虹を描くときは注意が必要です。

次の