松本 市立 病院。 病院事業管理者挨拶‐松本市立病院

松本市立病院|松本市立病院研修プログラム|民間医局レジナビ

松本 市立 病院

初産で利用しました。 個人医の産婦人科から紹介されて、実家から近くて道中信号も少ないため選びました。 まず、産婦人科以外の連携がよかったです。 妊婦健診で妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群との診断結果でしたが、同病院の内科受診もでき、産前産後も経過を診ていただくことができました。 入院中も担当医が病室まで来て気にかけてくださり嬉しかったです。 入院中では、同じ日に出産した方と同室にしていただく配慮があり、母子同室になってからの悩みや不安も一緒に乗り越えることができました。 また、助産師、看護師ともにとても対応がよく、親身になってケアしてもらえました。 お祝い膳や病院食も個人的には良かったなと思います。 あと、良かったのが面会時間です。 14時〜20時半までと夜が就寝時間直前までなので、仕事終わりに旦那が来てもゆっくり話せ、Babyと過ごす時間が取れたので良かったです。 この病院選んでよかったなと思うお産になりました。 家から近いという理由で選びました。 建物は正直古くて暗い印象でしたが、スタッフの皆さんは親切で丁寧な対応をしてくださいました。 私は出産予定日を過ぎても生まれる兆候が無かったのですが、処置の方針をとても丁寧に説明して頂き、安心できたせいか、初産にも関わらずビックリするくらいスムーズな出産でした。 体調や赤ちゃんのこと、母乳のことも気になることは助産師さんや看護師さんがわかりやすく説明してくださったので、気軽に質問することができてとても良かったです。 出産翌日から母子同室、沐浴も自分でやるので大変ですが、退院後の心配事も入院中に解消できることが多くて良かったと思います。 退院後も助産師外来などで相談することもできるので助かりました。

次の

松本市立病院(長野県松本市)の産婦人科の口コミ・評判|ベビーカレンダー

松本 市立 病院

長野県松本市の公的医療機関として地域の健康寿命延伸に貢献することが目標 松本市立病院は、長野県松本市波田にある公的医療機関です。 地元エリアを中心に医療を提供する、かかりつけ機能の高い総合病院として、人間ドックを提供しています。 当院がある松本市は、「健康寿命の延伸」を市政の柱のひとつとして掲げており、市立病院(公的医療機関)である当院の人間ドックは、地域密着型の予防医療の一環であり、地域に住む人々の健康を支える取り組みでもあります。 人間ドックの役割は、そのためのサポートです。 ただ現実の健康状態は、個々人のライフスタイルや経済状況などの社会的要因によって大きく変化するため、健康格差という言葉がささやかれていることも事実です。 当院は、そうした格差の是正につとめる公的医療機関の役目も意識しながら、人間ドックを提供しています。 受診者の快適性に配慮して個室の専用待合室を用意 松本市立病院は、人間ドックの基本的な検査コースとして「日帰りコース」を提供しています。 全身の健康状態の現状をチェックすることによって、生活習慣病やがん、心臓病、脳卒中など各種疾患リスクを調べます。 そのための検査項目として、胸部X線(レントゲン)検査や腹部超音波(エコー)検査、安静時心電図検査、血液検査などを実施します。 また、当院は、人間ドック受診者の待合室として、専用の個室を用意しています。 個室内には受診者の快適さに配慮する意味から、リクライニングチェアやロッカー、テレビなどが設置されています。 乳がんの検査は女性検査技師が担当 当院の「日帰りコース」では、女性向け・男性向けの各検査項目を設定しています。 女性受診者向けには、乳がんリスクを調べる乳房X線検査(マンモグラフィ)または乳腺超音波(エコー)検査、子宮頸がんを調べる子宮頸部細胞診を実施します。 マンモグラフィは40歳以上、乳腺エコー検査は40歳未満向けで、女性検査技師が検査を担当します。 また、男性受診者向けの検査項目としては、男性特有のがんであり近年は増加傾向にある前立腺がんリスクを評価するために腫瘍マーカー検査(血液検査)を実施し、PSAをチェックします。 心臓病・脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化を検査 松本市立病院は、施設内での宿泊をともなう「1泊2日人間ドック」も、検査コースとして提供しています。 日帰りコースの検査項目に追加して、動脈硬化の程度を調べる血圧脈波検査(ABI)、糖尿病リスクを調べるブドウ糖負荷試験(血液検査)を実施します。 糖尿病はじめ生活習慣病は動脈硬化を進行させます。 そして動脈硬化の進行は、心臓病や脳卒中の発症リスクを高めます。 そうした疾患が気になる人の受診を当院は特に推奨します。 なお、1泊2日人間ドックでは、肺がんリスクを調べる検査項目に胸部CT検査が設定されています。 胃カメラは経口・経鼻の両方式に対応し、受診当日に選択 当院の「日帰りコース」「1泊2日人間ドック」では、胃・食道・十二指腸に対する検査項目を、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)としています。 胃カメラは、内視鏡を口から通す経口方式・鼻から通す経鼻方式のいずれにも対応し、受診当日に選ぶシステムです。 当院では、痛みやおう吐反射に配慮して、経鼻方式では直径5ミリの内視鏡を用いています。 いっぽう経口方式は、観察装置のモニターにハイビジョンカメラを導入し、また、ポリープなどが発見された場合の組織採取に対応することなどの特徴を備えています。 脳血管疾患(脳卒中)リスクを調べることが目的です。 脳卒中はおおきく分けて、血管が詰まることで発症する「脳梗塞」と、血管が破れて発症する「くも膜下出血」があります。 日帰り脳ドックでは、頭部MRI検査を用いて脳梗塞を、頭部MRA検査によって、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤を調べます。 さらに頸動脈超音波(エコー)検査を実施し、頸動脈の狭い部分など脳への血流の障害や血栓(プラーク)の有無を調べます。 心エコー検査を用いて心原性脳塞栓症のリスクを検査 当院の「日帰り脳ドック」は、心臓超音波(心エコー)検査が検査項目に設定されていることが特徴です。 心エコー検査によって、心臓が原因となって発症し、脳梗塞のなかでも特に重篤とされる「心原性脳塞栓症」リスクを調べます。 心原性脳塞栓症は、心房細動(不整脈の一種)や弁膜症などによって発生した血栓が、血流に乗って脳に達することで発症します。 生命への危険や後遺症が残るケースも少なくないことから、俗に大梗塞とも呼ばれます。 心原性脳塞栓症は増加傾向にあると当院はみており、心エコー検査の結果を重視しています。

次の

松本市立病院|松本市立病院研修プログラム|民間医局レジナビ

松本 市立 病院

長野県松本市の公的医療機関として地域の健康寿命延伸に貢献することが目標 松本市立病院は、長野県松本市波田にある公的医療機関です。 地元エリアを中心に医療を提供する、かかりつけ機能の高い総合病院として、人間ドックを提供しています。 当院がある松本市は、「健康寿命の延伸」を市政の柱のひとつとして掲げており、市立病院(公的医療機関)である当院の人間ドックは、地域密着型の予防医療の一環であり、地域に住む人々の健康を支える取り組みでもあります。 人間ドックの役割は、そのためのサポートです。 ただ現実の健康状態は、個々人のライフスタイルや経済状況などの社会的要因によって大きく変化するため、健康格差という言葉がささやかれていることも事実です。 当院は、そうした格差の是正につとめる公的医療機関の役目も意識しながら、人間ドックを提供しています。 受診者の快適性に配慮して個室の専用待合室を用意 松本市立病院は、人間ドックの基本的な検査コースとして「日帰りコース」を提供しています。 全身の健康状態の現状をチェックすることによって、生活習慣病やがん、心臓病、脳卒中など各種疾患リスクを調べます。 そのための検査項目として、胸部X線(レントゲン)検査や腹部超音波(エコー)検査、安静時心電図検査、血液検査などを実施します。 また、当院は、人間ドック受診者の待合室として、専用の個室を用意しています。 個室内には受診者の快適さに配慮する意味から、リクライニングチェアやロッカー、テレビなどが設置されています。 乳がんの検査は女性検査技師が担当 当院の「日帰りコース」では、女性向け・男性向けの各検査項目を設定しています。 女性受診者向けには、乳がんリスクを調べる乳房X線検査(マンモグラフィ)または乳腺超音波(エコー)検査、子宮頸がんを調べる子宮頸部細胞診を実施します。 マンモグラフィは40歳以上、乳腺エコー検査は40歳未満向けで、女性検査技師が検査を担当します。 また、男性受診者向けの検査項目としては、男性特有のがんであり近年は増加傾向にある前立腺がんリスクを評価するために腫瘍マーカー検査(血液検査)を実施し、PSAをチェックします。 心臓病・脳卒中の発症リスクを高める動脈硬化を検査 松本市立病院は、施設内での宿泊をともなう「1泊2日人間ドック」も、検査コースとして提供しています。 日帰りコースの検査項目に追加して、動脈硬化の程度を調べる血圧脈波検査(ABI)、糖尿病リスクを調べるブドウ糖負荷試験(血液検査)を実施します。 糖尿病はじめ生活習慣病は動脈硬化を進行させます。 そして動脈硬化の進行は、心臓病や脳卒中の発症リスクを高めます。 そうした疾患が気になる人の受診を当院は特に推奨します。 なお、1泊2日人間ドックでは、肺がんリスクを調べる検査項目に胸部CT検査が設定されています。 胃カメラは経口・経鼻の両方式に対応し、受診当日に選択 当院の「日帰りコース」「1泊2日人間ドック」では、胃・食道・十二指腸に対する検査項目を、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)としています。 胃カメラは、内視鏡を口から通す経口方式・鼻から通す経鼻方式のいずれにも対応し、受診当日に選ぶシステムです。 当院では、痛みやおう吐反射に配慮して、経鼻方式では直径5ミリの内視鏡を用いています。 いっぽう経口方式は、観察装置のモニターにハイビジョンカメラを導入し、また、ポリープなどが発見された場合の組織採取に対応することなどの特徴を備えています。 脳血管疾患(脳卒中)リスクを調べることが目的です。 脳卒中はおおきく分けて、血管が詰まることで発症する「脳梗塞」と、血管が破れて発症する「くも膜下出血」があります。 日帰り脳ドックでは、頭部MRI検査を用いて脳梗塞を、頭部MRA検査によって、くも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤を調べます。 さらに頸動脈超音波(エコー)検査を実施し、頸動脈の狭い部分など脳への血流の障害や血栓(プラーク)の有無を調べます。 心エコー検査を用いて心原性脳塞栓症のリスクを検査 当院の「日帰り脳ドック」は、心臓超音波(心エコー)検査が検査項目に設定されていることが特徴です。 心エコー検査によって、心臓が原因となって発症し、脳梗塞のなかでも特に重篤とされる「心原性脳塞栓症」リスクを調べます。 心原性脳塞栓症は、心房細動(不整脈の一種)や弁膜症などによって発生した血栓が、血流に乗って脳に達することで発症します。 生命への危険や後遺症が残るケースも少なくないことから、俗に大梗塞とも呼ばれます。 心原性脳塞栓症は増加傾向にあると当院はみており、心エコー検査の結果を重視しています。

次の