けい あい クリニック。 武蔵村山市の動物病院 けいあいペットクリニック

医療法人社団 天恵会 敬愛クリニック

けい あい クリニック

婦人科 西洋医学、東洋医学、代替医療など様々な分野の医療を取り入れた「統合医療」。 ただ単に症状だけを診るのではなく、体質やライフスタイル、心の状態なども含めて診ることで、その方に合った治療をおこなっていきます。 不妊・がん検診・妊娠診断・更年期障害・月経不調について(月経痛・月経不順など)・性感染症・中高年健康チェック(骨粗しょう症・脂質異常症)・避妊(ピル・リング)他 鍼灸 鍼灸とは「はり」「きゅう」を用いて、身体の表面にある「ツボ」に刺激を与え、それによって起こる生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、病気の予防・治療をおこなうものです。 鍼灸治療は東洋医学の中のひとつで、薬を使わず、その人が持っている自然治癒力に働きかけます。 肩こり・腰痛・肉体疲労などはもちろん、イライラやクヨクヨ考えすぎなど、精神的な症状にも効果があります。 一度、心も身体もスッキリさせてみませんか。 (鍼灸師:三浦由貴子)• 現代社会において、今までの西洋的発想のみでは種々の問題解決に支障をきたし、東洋的な優しさ、思いやりなどの必要性が再認識され、今求められています。 医療の分野においても同じような状況が生まれつつあります。 今までの西洋医学による治療のみでは、病める人を救うには不十分であり、心と身体をともに癒す治療が求められています。 文明が発達すればするほど、人は環境(生活・人間関係・職場など)に大きな影響を受けて、心(脳)と身体に歪みを生じ、その結果として神経症、心身症、アレルギー疾患など内因性疾患が増加します。 東洋医学は人を心と身体に分けずに、常に一体となり変化するものと考えます。 漢方治療は体の歪みを正常状態に戻し、その結果として病気を治す発想であり、漢方一剤で多愁訴がよくなってしまう経験はよくあることです。 また、鍼灸は経絡経穴という特異な治療点を介し、この部分の物理的刺激により自然治癒機構に干渉させます。 したがって生体防御機構や精神、自律神経機構の失調に起因するとみられる内因性の疾患治療に適します。 これらの東洋医学と西洋医学の合体、すなわち統合医療を用い女性の健康維持、不定愁訴の治療のため、少しでも力になれるよう日々診療しております。 慶愛女性クリニック 院長 真井 康博.

次の

医療法人 敬歯会|けいあいクリニック

けい あい クリニック

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、 午前9:00~13:00(受付終了12:30)を 風邪症状・発熱・体調不良の患者様 午後15:00~19:00(受付終了18:30)を 定期受診やケガ、予防接種や乳児健診をご希望の患者様 と外来時間を分けさせていただくこととなりました。 木曜日と土曜日に関しては、今まで通りの感染対策にて対応いたします。 詳細につきましては、受付窓口までお問い合わせください。 ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。 11月18日(月)より診療時間の30分前で受付を終了させていただきます。 月・火・水・木・金曜 午前:12:30 午後:18:30 土曜 :14:30 ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。 休診のお知らせ 当院が初めての方の予約について新規患者様の予約完了時に表示される仮患者番号と仮パスワードは、変更やキャンセルの際に必要となりますので、控えるか印刷して忘れないようにしてください。 予防接種をご予約される方 当日に乳児健診・予防接種を希望される方は、クリニックまでお問い合わせください。 接種できるワクチンのみが表示される便利なワクチン管理予約です。 接種間隔やお子さんの年齢から自動的に接種可能なワクチンのみ表示されます。 今までに接種した履歴の入力が必要になりますので、母子手帳を見ながら正確にご入力ください。 履歴のみを入力される時は、予約メニューの【予防接種履歴の入力】からお進みください。 ・なるべく事前に予診票を記載のうえ、お越しください。 ・必ず定期接種予診票と母子手帳をご持参ください。 ・ 予診票と母子手帳をお忘れの場合は接種できませんのでご注意ください。

次の

医療法人 敬歯会|けいあいクリニック

けい あい クリニック

婦人科 西洋医学、東洋医学、代替医療など様々な分野の医療を取り入れた「統合医療」。 ただ単に症状だけを診るのではなく、体質やライフスタイル、心の状態なども含めて診ることで、その方に合った治療をおこなっていきます。 不妊・がん検診・妊娠診断・更年期障害・月経不調について(月経痛・月経不順など)・性感染症・中高年健康チェック(骨粗しょう症・脂質異常症)・避妊(ピル・リング)他 鍼灸 鍼灸とは「はり」「きゅう」を用いて、身体の表面にある「ツボ」に刺激を与え、それによって起こる生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、病気の予防・治療をおこなうものです。 鍼灸治療は東洋医学の中のひとつで、薬を使わず、その人が持っている自然治癒力に働きかけます。 肩こり・腰痛・肉体疲労などはもちろん、イライラやクヨクヨ考えすぎなど、精神的な症状にも効果があります。 一度、心も身体もスッキリさせてみませんか。 (鍼灸師:三浦由貴子)• 現代社会において、今までの西洋的発想のみでは種々の問題解決に支障をきたし、東洋的な優しさ、思いやりなどの必要性が再認識され、今求められています。 医療の分野においても同じような状況が生まれつつあります。 今までの西洋医学による治療のみでは、病める人を救うには不十分であり、心と身体をともに癒す治療が求められています。 文明が発達すればするほど、人は環境(生活・人間関係・職場など)に大きな影響を受けて、心(脳)と身体に歪みを生じ、その結果として神経症、心身症、アレルギー疾患など内因性疾患が増加します。 東洋医学は人を心と身体に分けずに、常に一体となり変化するものと考えます。 漢方治療は体の歪みを正常状態に戻し、その結果として病気を治す発想であり、漢方一剤で多愁訴がよくなってしまう経験はよくあることです。 また、鍼灸は経絡経穴という特異な治療点を介し、この部分の物理的刺激により自然治癒機構に干渉させます。 したがって生体防御機構や精神、自律神経機構の失調に起因するとみられる内因性の疾患治療に適します。 これらの東洋医学と西洋医学の合体、すなわち統合医療を用い女性の健康維持、不定愁訴の治療のため、少しでも力になれるよう日々診療しております。 慶愛女性クリニック 院長 真井 康博.

次の