恋 は 続く よ どこまでも 二 次 小説。 #二次小説 #恋はつづくよどこまで 二人の時間【恋つづ二次SS】

#恋は続くよどこまでも #天堂浬 復習はきっと恋より甘い...

恋 は 続く よ どこまでも 二 次 小説

上白石萌音が主演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の第6話が放送され、平均視聴率10. 9%と番組最高視聴率を更新。 「このドラマは猪突猛進の新米看護師・佐倉七瀬(上白石)が、憧れの頭脳明晰なドS医師・天堂浬(佐藤)に憤慨しながらも恋と仕事に突っ走るラブコメディー。 第6話では、大阪で同じ部屋に泊まることになった二人。 七瀬がお風呂から上がると天堂は寝ており、キスをしようと唇を近づけるものの、直前で諦めて天堂の隣で寝てしまう。 ところが寝ているはずの天堂が目を開け、笑みを浮かべると寝息を立てている七瀬にキスをするといったまさかの展開。 これには『このシーン絶対みんな死んだ…ずるい!天堂先生』『佐藤健様のキスの仕方天才か…』といった胸キュンコメントがネット上で炸裂しました」(女性誌記者) これまでは世帯平均視聴率で二桁台を維持する程度で、大ヒットドラマとは思われていなかった「恋つづ」だが、ここにきて個人視聴率に大きな変化が起きているという。 「個人視聴率でみると、FT層(女性13~19歳)、F1層(女性20~34歳)、F2層(女性35~49歳)の視聴率が回を追うごとに急上昇。 合わせてM1層(男性20~34歳)、M2層(男性35~49歳)も歩調を合わせるように視聴率を上げています。 これは佐藤だけでなく上白石も支持されている証拠。 恋愛モノは視聴率が獲れないと言われる昨今ですが、この個人視聴率は快挙です」(広告代理店関係者).

次の

Paraviオリジナルストーリー「まだまだ恋はつづくよどこまでも」最終回には本編の豪華レギュラー陣総出演‼|プレミアム・プラットフォーム・ジャパンのプレスリリース

恋 は 続く よ どこまでも 二 次 小説

[chapter:天堂担..だろ?] 「408号室の田中さん、来生先生が担当の患者様ですが カテーテル検査を行ってその結果でオペする方向です」 朝のステーションの申し送り 主任からの申し送りを聞き逃さないよう必死に七瀬はメモとり聞いていた 「そこで、田中さんのカテ検査の介助を…」 「主任。 その検査介助、私が入りたいです」 同じく申し送りを聞いていた酒井が主任の言葉を待たず名乗り出た。 酒井さんなら安心だけど…」 一度酒井へ目線を向け微笑む主任に酒井は、安堵したように表情を緩めたも 「今回の検査は、佐倉さん。 あなたに介助をお願いするわ」 「へ・・?私、です・・か?」 メモを取っていた自分にいきなり白羽の矢が飛んできたことに驚き、顔をあげなんとも 間抜けな返事しか出せていなかった 「いいですよね? 天堂先生?」 「・・はっ?」 そのやり取りをステーションのPCの前に座って聞き耳だけたてていた天堂に主任が何やら笑みを浮かべながらわざとらしく聞いてみた。 七瀬と同じでいきなり自分に答えが回ってきたことに、天堂は一瞬七瀬に視線を向けるもすぐにフイッと視線をPCに戻した。 「主任、なんで・・。 私も一度は検査についたことはあります。 だから」 「そうよ。 みんなそうやって経験して一人前になっていくの。 だから今回は、佐倉さん。 頑張って?」 「へぇ~、佐倉ちゃんが俺の介助か。 お前はとっくに俺のもんだろ』 ふふ・・。 では皆さん業務に戻って」 来生の言葉によからぬ妄想の世界に入り込み、ひとりニヤニヤと百面相する七瀬の姿に、一同は「また始まった・・」となかば恒例行事になりつつ七瀬の妄想をスルーするように主任の一声で持ち場へと動きだそうとした 「じゃあ。 一緒に頑張ろう、佐倉ちゃん」 ひとしきり妄想に浸った七瀬は、来生の声でハッと我に返り、慌てて高らかと右手をあげ 「は、はい! 佐倉七瀬、看護師として成長すべく頑張ります!!」 その宣言を聞いた来生は 「それじゃ、一緒に回診お願いできるかな?」 と、七瀬に声をかけると、七瀬も来生について行くべく慌ただしくワゴンに手をかけステーションを出て行った 慌ただしくステーションを出て行った佐倉と、遅れてステーションにやってきた小石川は来生の後ろを追いかける佐倉の姿と、不機嫌そうにしている天堂の顔を交互に見て 「あれ、天堂くん。 絶対わざとだな。 とさっきまでのめんどくささを一変した。 「おい来生。 そいつみたいな岩石介助につけたら、苦労すんのはお前だぞ」 「なっ・・!!」 コートを脱いで、ダイニングに腰掛けながら天堂は来生に魔王の口ぶりで問いかけると、慌てたように七瀬が一番反応した 「相変わらずひどいな、天堂は。 そんなことないと思うけど?佐倉ちゃん、意外と吸収早いし」 来生のフォローにぱぁぁっと目を輝かせる七瀬にも苛立ち 「・・どうだか。 いいよ!何事も心意気も大事だからね! その調子で本番も頑張ろう。 何かあったら俺がフォローするから」 「はいっ!!」 ・・・ったく、ほんとばか。 来生のフォローに何の抵抗もなく笑顔振りまく七瀬にも苛立ちがつのる ソファーで肩を並べて教科書を眺めるその後ろ姿にもイライラする 近いっつーの。 もっと離れろ。 来生です。 そう・・。 わかった。 じゃあ今から戻るわ」 ピッと終話させると、申し訳なさそうに来生は 「ごめん。 ちょっと病院に戻ることになったから。 あとは復習頑張って」 と脱いでいたコートを手にし部屋を出る準備を始めた 「はい。 大丈夫です! 来生先生、ありがとうございました!」 病院に戻る来生に七瀬は一礼すると 「がんばれ~こーじ!」と、酔っぱらった流子も見送った途端、バタンっと机に突っ伏したと思ったら、すぐに規則正しい寝息が聞こえてきた 「ふふ・・。 流子さん、寝ちゃった・・。 」 「・・いや・・それは・・」 ぐっと、抱きしめられる腕に力がこめられ、身動きもとれないほどの力と熱がこみ上げる 「お前がどれだけ成長、したか。 「ほら、早く答えねーと、姉貴が起きるぞ。 5.4.3.2・・」 いじわるな天堂の舌に、ううっと身震いするのを何とかこらえ 「か、冠動脈の狭窄・・や、閉塞を確認して・・ 冠動脈疾患の確定診断と じゅ、重症度把握と治療方針のけってい・・」 答える最中も容赦ない天堂の吐息に、とぎれとぎれになりながらも七瀬は何とか言葉を吐き出した 「よし。 次 カテーテル検査のアプローチの種類は」 「んっ・・!! ちょ・・。 」 一つ目のきわどい悪戯に耐えたと胸をなでおろしたのもつかの間、表情は見えないも 今、とっても悪戯心むき出しな天堂の表情が読み取れる・・と 左の首筋に今度は天堂の唇が移動してきたので、七瀬は再びグッと肩に力が入った 「ほら、もたもたすんな。 と、橈骨動脈せんしほう・・、じょ、上腕動脈穿刺ほう んっ・・だ、大腿動脈穿刺法・・」 絞りだした答えとともに、這っていた天堂の唇もその場から離れ はぁ・・っと荒い息が七瀬から漏れた 「じゃあ、最後」 や、やっと最後・・。 」 「どうした。 「はぁ、はぁ・・」 肩で息をして、なんとか流子が起きず耐えた・・と七瀬は外された胸元を抱えながら 散々悪戯を楽しんでくれた天堂にムッとした視線を送った 「先生のバカ・・。 」 「よくできました。 しっかり復習できただろ?」 フッと悪戯に微笑む天堂に七瀬は涙目になりながら 「今ので全部吹っ飛びましたよっ!!もう!!」 と抗議の視線を送ると、天堂はそっと七瀬の頬に手をあて 「俺を妬かせた罰だ。 」 「あ、来生先生!今日はありがとうございました!!」 昼休みに声をかけてきた来生に、七瀬は慌ててベンチから立ち上がり、来生に一礼した 頭をあげて来生に目線をむけると ふっと、来生の手が七瀬の制服の左襟のところを少し持ち上げた その来生の行動に何だかわからず、「ん?」と首をかしげながら左首元に手を置くと 「復習・・。 初めてのカテで首痛めたんか?」 不自然すぎる七瀬と、その首から肩に覗く湿布薬に首を指しながら沼津が声かけた 「あ・・いや・・ちょっと寝違えちゃて、はは」 「若いのに大変ね~」 首筋をさすりながらなんとか誤魔化し、ははは・・と苦笑いを浮かべると ふと、ステーションの端でPCに向かう天堂が視界に入った 七瀬のそんな姿に気づいた天堂は、ふっと視線を七瀬にむけると 『ばーーか』 と、声には出さず口の動きだけで七瀬へ不敵な笑みをむけた 「!!」 それに気づいた七瀬も、こんなあからさまには見えないけど、気づくくらいの場所にキスマークをつけたあげくに、 バカともらす天堂の姿に 『やっっぱり魔王!!』 と、同じように声にならない言葉を返した Fin.

次の

柚望

恋 は 続く よ どこまでも 二 次 小説

「なるほどね、そういうことだったの。 勇者ちゃん、ちょっと人たらしではあるから…」 「まあ、そこが彼女のいいところでもあるといいますか」 「そうねえ、女性版来生先生って感じ。 良くも悪くも」 「あぁなるほど、ミス来生。 的を得ている」 始まりは結城と小石川のこんな井戸端会議だった。 先日のストーカーの一件で、元患者の田沢を問いただしたところ、きっかけは佐倉七瀬が退院時、彼に渡した減塩対策の一冊だった。 彼女の看護師としての気遣いを、彼はいち女性の好意として受け取った。 入院時にも家族以外の女性が見舞いに来なかった独身の彼にとって、七瀬の行為は甲斐甲斐しく尽くす妻のように映ったのだろう。 彼の独りよがりな想いは暴走し、その結果があの怪我。 大事に至らなくて本当によかった。 看護師としては良い心意気だし、患者様に愛される事に関して彼女は非常に長けている。 しかしそれも一歩間違えたら大変なことになると、彼女に伝えなくては。 そう結城医師と話したことが、忙しい小石川の頭の隅に残っていた。 だからつい、七瀬を前にしたとき、口からポロっとこぼれたのだ。 「佐倉さんは、ミス来生だからねぇ」 「…え?」 その言葉にクエスチョンマークを浮かべたのは七瀬だけでなく、その場にいた沼津や来生、天堂もである。 しまった。 「いや、この間結城先生とね、佐倉さんは来生先生みたいに、皆から好かれているなあ…って」 慌てて取り繕った小石川に 「なるほどなあ、勇者の人の懐に入り込む上手さは確かに来生先生みたいや。 あとは単純にミスするしな、勇者。 ダブルミーミングやん。 よっ、勇者改めミス来生!」と沼津が煽る。 「えぇっ、そんな、恐れ多い上に来生先生に申し訳ないです…」 と七瀬が焦ると 「人の懐に入り込むとは人聞き悪いな。 でもまあ、佐倉ちゃんなら許そう」と来生が笑った。 天堂だけが視界の端で「くだらん」とコーヒーを飲み干していたのを覚えている。 それで終わるはずだった。 [newpage] そんな七瀬の思いに反して、"ミス来生"が流行った。 ほとんど循環器内科の中限定で。 「ミス来生、これガーゼ替えといてな」 「それ終わったら休憩入って、ミス来生」 来生本人も「紛らわしいなあ」と笑いながらたまに七瀬の事を"ミス来生"なんて呼ぶ。 ただし、天堂については相変わらず「バカ」「岩石」たまに「佐倉」と。 七瀬自身はずっと"恐れ多い"と恐縮しながらも、皆から慕われている来生医師の名前を冠したニックネームに、こそばゆく、少し誇らしくも思っていた。 そして"勇者"のようにいつかこのブームも過ぎ去るのだろうと。 そしてその日はいきなりやってきた。 「あー、来生先生とミス来生、やっと帰ってきた!こちら、この間退院された患者様の奥様。 お礼にって菓子折持ってきてくれはって」 来生と七瀬が揃ってナースステーションに戻るなり、沼津が声を掛ける。 「わ!ありがとうございます!」 「すみません、遠いところお気遣い頂きありがとうございます」 二人が同時にペコリと頭を下げる。 その様子を見て、沼津の横に立っていた年配のご婦人が微笑んだ。 「まあ、主人がお世話になったと言っていた看護師さんはあなたね、佐倉七瀬さん。 どうもありがとう。 今は来生さんって名乗ってらっしゃるの?来生先生もずいぶん若くて可愛いらしいお嫁さんをもらわれたんですね」 その言葉に、その場にいた全員の目が点になり、2秒後には笑い声がナースステーションに響いた。 「こらあかんわ!確かに知らん人が聞いたらそうなってまうよなあ」 「ほんと、紛らわしいですねぇ」 「俺は歓迎だけどね?佐倉ちゃん」 「またまた、先生まで!」 あらあら、まあ、ごめんなさい、私てっきり。 と女性が手を口に当てる。 いえ、こちらが悪いんですすみません。 そういって和やかに終わったと思っていたのは七瀬だけ。 気付いたときには"ミス来生"は"新妻"に進化していた。 [newpage] 「おい新妻、旦那様が探してはったで!」 仕事の流れでなんとなく昼食を共にしていた七瀬と天堂の横を沼津が声をかけながら通りすぎる。 「あっ、はい!ご飯終わったら確認しときます!」七瀬が慌てて返事を返すと、天堂が思わず眉をひそめた。 わぉ、怖い顔。 「…お前、いつの間に結婚したんだ?」 「あぁ!違うんです!話せば長いんですけど…」 七瀬が苦笑いしながら続けた。 先日の一件を面白がった看護師緒先輩が七瀬を今度は"新妻"と呼び始めたこと。 それが来生本人にも飛び火してしまったこと。 さすがに本人を目の前にしては言わないにしても、天堂が影で魔王と呼ばれているように、来生は"旦那"になってしまった。 「来生先生も悪ノリしちゃってて…最近じゃ心なしか院内の来生先生ファンの視線が痛いんですよー」 そう言いながら背伸びをして、立ち上がる。 来生先生、なんで探してたんだろ。 行かなくちゃ。 「それじゃ、お先に失礼します、天堂先生!」 "夫"に会うべく駆け出した七瀬の背中見送りながら、天堂は「小学生かよ」と悪態をついた。 [newpage] この一連のニックネームの件で、来生と七瀬の距離感は一気に縮まったと七瀬は思う。 その結果、弊害が出始めた。 本来"天堂担"であるはずの七瀬に、来生関連の業務がまわってくることが圧倒的に増えたのだ。 そうなると影響が出るのは天堂の業務の方である。 七瀬を呼びつけようとするとあわただしく動いている最中であったりと、ここ最近は目に見えて機嫌が悪い。 その代わり、天堂は酒井に仕事を頼むようになった。 悲しいかな、その方が仕事自体はスムーズなんだよなあ。 ナースステーションでパソコンに向かう天堂の横顔を見ながら、七瀬がため息をつく。 そこに沼津が声を掛けた。 「そういや午後イチで来生先生に書いてもらってくれって頼んだ書類、渡してくれたか?」 「え?あぁっ!さっきロッカーに寄ったときに置いてきちゃいました!すみません!」 あわわわ、と慌て始めた七瀬の肩に、来生が優しく手を置いた。 「すぐ書くから、持ってきて」 「おいおい!しっかりしろよぉ、新妻」 沼津がオーバーに頭を抱える。 「大丈夫大丈夫、俺の奥さん苛めないであげてね」 「来生先生もごめんなさい!今すぐとってきます!!」 沼津を嗜める来生に七瀬が勢いよく頭を下げると、すぐにロッカーに向かって走り出した。 「歩いて!走らなくていいから!」 来生が七瀬の背中に向かって声を張り上げる。 「来生先生もあいつに甘すぎと違いますか。 僕がやったら怒られてるやつですやん」 沼津が来生を軽く睨むと 「ごめんごめん、佐倉ちゃん可愛くてつい」 と来生がカラカラ笑った。 その様子を見て、天堂が二人にクレーム入れる。 「…おい、あいつはいつから来生担になったんだ」 おやおや。 と来生が肩をすくめる。 「いつからも何も、佐倉ちゃんは天堂担になるために看護師になったようなものでしょ。 最近は俺のところにいる方が多いから、誰かさんは面白くなさそうだけど」 「分かってるなら人のもん奥さん呼ばわりすんのやめろ」 「いつの間に佐倉ちゃんは天堂のものになったかねぇ」 あからさまに機嫌の悪い天堂に来生が苦笑いを返す。 「…いまのは言葉のあやだ。 それよりも業務に支障が出るようなあだ名は止めろ、勇者の方がまだマシだ。 俺はともかく、酒井も迷惑被ってる」 その場にいた全員の視線が酒井に移る。 思わぬタイミングで注目を浴びた酒井が、ばつが悪そうに視線を逸らした。 小石川の手拍子が鳴る。 「はいはい、そこまで。 確かに、彼の言う通り、僕たちも悪ふざけしすぎだ。 じゃあ、今日から佐倉さんは再び勇者ということで、解散~」 そう言ってその場をたしなめると、「そこは勇者に戻るんやな」と沼津が小声でつっこみを入れた。 そもそもどうしてこうなったのかねぇ、と頭を掻く小石川を横目に、天堂が ふん、と鼻を鳴らしてその場を去った。 入れ違いにパタパタと響いた七瀬の足音に、皆が振り替える。 「あ、勇者おかえり」 「ほんっとにすみませんでした!…えっと…なんですか、この空気、私またなにか…」 「大丈夫、佐倉ちゃんは悪くないよ」 七瀬の手から書類を抜き取ると、来生が微笑みながら 「佐倉ちゃん、悪いけど、天堂のフォロー頼める?多分まだそのあたりにいるから」と続けた。 「すまんな勇者」 「勇者ちゃん、ファイト」 「がんばれ」 根岸に続いて他の看護師もガッツポーズを作る。 状況を飲み込めていない七瀬だけが「え?え?えぇ?」と言いながらまた廊下に駆けていった。 [newpage] 「天堂先生!」 先を歩く天堂を七瀬が呼ぶと、天堂は振り返らずに「なんの用だ来生の嫁」と返す。 「えぇ…先生まで!大丈夫です、天堂先生がお嫁さんにしてくれるまで、誰とも結婚しません!」 「聞いてない。 廊下で叫ぶなやかましい」 「うぅ…なんでそんなに冷たいんですか」 完全にとばっちりじゃないか…そう思って落ち込みながら天堂を追いかけると、どすん、と、天堂の身体に七瀬がぶつかる。 天堂がいきなり振り返ったのだ。 「あたた…先生、急に…」 「おい、佐倉」 「はい?」 突然名前を呼ばれて見上げた七瀬の左頬を天堂がつねる。 「いひゃい!」 「お前はなんでここにいる」 「えっ?よく分かんないんですけどフォローしてきてと来生先生に…」 また来生か、と天堂の眉間に皺が一段濃くなった。 「そうじゃない。 お前は何でここで働いている。 立派な看護師になるんだろうが。 苦笑いでも俺を笑わせるんだろうが。 お前が見返したいのは誰だ。 ぼやぼやしてよそ見をするな、バカ!」 びっ。 天堂に勢いよく引っ張られた頬を擦りながら、七瀬は天堂をきっと睨んだ。 「ぼ…暴力反対…先生の人でなし!」 「よその男に奥さんとか呼ばれて平気なお前の方がどうかしている!」 「キスは優しいくせに!」 「…職場で余計なこと言うな、バカ岩石!治療の一環だと言ったろ!」 ぎゃいぎゃい言いながら再び二人で歩き始めた時には、天堂はすっかりいつも通りに戻っていた。 「あれだね、お気に入りの子分を盗られて拗ねたジャイアンって感じ?」 「あー確かに。 独占欲まるだし」 ナースステーションで、小石川が呟いた言葉に、来生が腕を組んで頷く。 「酒井さんも悪かったね。 天堂とペアが多くて疲れたろ?」 来生が続けてそういうと、一人黙々と作業をしていた酒井の方を振り向いた。 「いえ…指示が的確で仕事自体はそんなに。 ただ…機嫌の悪い天堂先生は正直めんどくさいです」 「それは…とっても迷惑を掛けてしまった、申し訳ない。 酒井さん新人なのに優秀だからつい甘えちゃってごめんね。 今度なにか奢るよ」 酒井のきれいにまとめられた頭を、来生がポン、と軽く撫でて立ち去ると、彼女は少しうつむいて唇を噛む。 「こういうところが…人たらしなんだよなあ」 残された小石川が一人、少し早い春の空気にあてられていた。

次の