エレメント セイバー リンクス。 「エレメントセイバー」デッキは後攻ワンキルテーマ。回し方・優勝デッキ・構築論【遊戯王OCG】

【デュエルリンクス】エレメントセイバーデッキレシピ【キング帯で調整】

エレメント セイバー リンクス

「エレメントセイバー」デッキとは 「エレメントセイバー」デッキとは、フレイムズオブデストラクションで登場した、戦士族で統一されたデッキテーマ。 「エレメントセイバー」と「霊神」モンスターを使って、属性を意識しながら戦っていく。 フィールド魔法《霊神の聖殿》がかなり重要なキーカードになる。 そのため墓地のカードの属性が5枚の場合に特殊召喚できる「霊神」テーマとも相性が良く、墓地の属性を考慮するカードなどとも相性が良い。 ただし「霊神」モンスターには「表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする」というデメリットがあり、また初手での事故率も高いので、構築としては、「霊神」を採用したエレメントセイバーデッキと、「霊神」不採用のエレメントセイバーデッキがある。 今回は、 エレメントセイバーデッキの大会優勝デッキレシピの紹介、回し方解説、デッキ構築のポイントを個人的な主観を元に語っていきたいと思います。 「エレメントセイバー」優勝デッキレシピ 「エレメントセイバー」大会優勝デッキレシピ構築 一応公認優勝したエレメントセイバー サイドとエクストラはガバガバだったなぁ ヴァイオンと終末の騎士ワンキルが基本です。 サイドの見慣れない子達は彼岸とか対策とキルルート増やせる可能性あったのでテストで入れてました。 デッキからエレメントセイバー2枚を墓地に送り、《エレメントセイバーウィラード》を手札から特殊召喚。 つまり、 少ない初動枚数から一気に火力をあげることができる爆発力にあると思う。 採用率がどんどん上がっている手札誘発モンスターたちも、地属性の《増殖するg》、炎属性の《灰流うらら》、光属性の《幽鬼うさぎ》、闇属性の《浮幽さくら》と属性がばらけていることもあり、状況によっては自分の墓地のモンスターの属性の種類を増やしていくことができるので《霊神の聖殿》の底上げ効果にも寄与する。 そのため、この《エレメントセイバーウィラード》から一気に打点を作っていく構築の場合、手札誘発などを多めに採用し、 基本的に後攻をとっていき、一気に打点を作ることに振り切った構築にするのが一つのデッキ構築のヒントになるかもしれない。 「エレメントセイバー」と相性が良いカードとしてあげられるカオス要素の《カオスソルジャー開闢の使者》も、《エレメントセイバーウィラード》の効果で墓地に送った2枚のエレメントセイバーの墓地起動効果を使えば、容易に条件を満たすことができる。 つまり《霊神の聖殿》と《カオスソルジャー開闢の使者》2枚から召喚権を使わず、《エレメントセイバーウィラード》《カオスソルジャー開闢の使者》で5400打点まで作ることができるのだ。 もちろん墓地の属性の種類が超えていれば、そこから《霊神の聖殿》の効果で攻撃力をあげることができるのでさらに打点を作れる。 その点、「エレメントセイバー」は案外使いやすさがあり、ひょっとすると出張テーマになる可能性も持っているかもしれない。 相性の良いテーマ 機界騎士・召喚獣 「機界騎士」「召喚獣」系デッキとは相性が良いでしょう。 「機界騎士」は基本的に後攻をとるテーマ。 個々のステータスも高いので、一気に打点を作るという点においても「エレメントセイバー」デッキとの相性は良いかもしれない。 又、墓地のエレメントセイバーで属性を変更することも可能なので光属性の《召喚獣メルカバー》を作っていくこともできる。 相手の出方や状況に合わせて他の「召喚獣」モンスターにしていくことも可能。 その点、召喚獣デッキも、エレメントセイバーデッキと相性が良いでしょう。 最近の環境では、「機界召喚獣」デッキというのも流行っているので、「機界召喚獣エレメントセイバー」デッキというのも面白いかもしれないですね。 恐竜HERO系デッキ 墓地を肥やしていくテーマで、少ない初動枚数で、後攻からも一気にキル打点を作れる「恐竜HERO」系デッキとも相性が良いでしょう。 このデッキは、《V・HEROヴァイオン》もしくは《終末の騎士》から起動して《永遠の淑女ベアトリーチェ》《究極伝導恐獣》を出していく構築のデッキのこと。 又、《エレメントセイバーウィラード》で墓地に送った「エレメントセイバー」モンスターは、アルコンを出していくために使う《究極進化薬》のコストにもなることができる。 このように「恐竜HERO」デッキと「エレメントセイバー」は互いにシナジーがある相性が良いデッキとも言えるでしょう。

次の

「エレメントセイバー」デッキは後攻ワンキルテーマ。回し方・優勝デッキ・構築論【遊戯王OCG】

エレメント セイバー リンクス

エレメントセイバーが墓地にいれば好きな属性の召喚獣を融合できるので意識して立ち回りましょう。 盤面勝負に強い の裏返す効果や召喚獣のサイズ、耐性で盤面勝負で強く出ることが出来ます。 盤面を突破されてもプルガトリオで返すことが出来ます。 展開要因として採用圏内です。 使い勝手のいい罠として採用可能です。 裏守備にする妨害はで貫通しながら全体攻撃できるので、相性が良いです。 ドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、任意のカードをドローする。 このスキルはデュエル中1度しか使用できない。 キーカード解説 カード 詳細 このデッキの核となるモンスターです。 召喚魔術から繰り出される召喚獣融合モンスター達が強力です。 回収して使い回すことができるので、リソース面でも優秀です。 エレメントセイバーモンスターのメインアタッカーです。 1900と下級では最高峰の攻撃力を持ち、エレメントセイバーモンスターを捨てることで相手モンスターを裏返す強力な効果を持っています。 属性変更することもできるため召喚獣テーマと相性もいいです。 毎ターンリソース供給が可能なフィールド魔法です。 デメリットとしてバトルフェイズをスキップしてしまう点には注意してください。 エレメントセイバーモンスターの効果コストを疑似的に踏み倒せる点も優秀です。 コンボ解説 属性変更 召喚獣の強みである状況に応じた融合モンスターを盤面に繰り出すという点と、エレメントセイバーモンスターの属性変更効果は高いシナジーを持っています。 妨害に使ったエレメントセイバーモンスターを好きな属性に変更し、召喚獣融合モンスターを融合召喚して行きましょう。 回し方 モーレフを場に出す 霊神の神殿と合わせて6枚採用されているを場に繰り出しましょう。 召喚獣を駆使しよう とのコストにしたエレメントセイバーモンスターで融合し、状況にあった召喚獣モンスターを場にくり出しましょう。 召喚獣モンスターは様々な状況の盤面制圧に適しているので状況を見極め出す融合モンスターを決めましょう。 弱点と対策 メイン編 弱点らしい弱点はない エレメントセイバー召喚獣は丸いデッキのため弱点らしい弱点はありません。 しかし、尖った部分がないためデッキパワーやプレイで圧倒しましょう。 対策カード カード 詳細 霊神の神殿や召喚魔術に打ち後続を止めましょう。 エレメントセイバー召喚獣の中心となるモンスターが闇属性のため刺さります。 召喚獣融合モンスターを止めることで1ターン相手の強い動きを封じることが出来ます。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の

【遊戯王デュエルリンクス】いつからエレメントセイバーには聖殿が必須だと錯覚していた?KCカップ1st突破【デッキ紹介】

エレメント セイバー リンクス

こんにちは、つるぎと申します、よろしくお願いします。 今日はいつも使用している【エレメント】の紹介をします。 新弾メインボックスにて【BF】が強化、環境トップに出てきた事により【BF】に先攻後攻どちらでも対抗出来る【エレメント】が注目され対抗馬として環境に出てきました。 1【エレメント】とは? エレメントセイバーとを組み合わせたデッキです。 エレメントセイバー達は共通効果で墓地にいる場合属性を変更できます、この効果がと相性が良く盤面に適したを呼び出せる事ができます。 ゲーム序盤はモーレフ、ラパウィラで相手の動きを邪魔しつつ、ゲーム中盤からアレイスター絡めたビートで一気にライフを奪いに行きます。 2 使用するカード このデッキで使用するカードを紹介していきます。 そのモンスターを裏側守備表示にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 カナディア内蔵おじさんです。 相手の展開を妨害する仕事とコンセントレイトケアする為に自分を裏返してライフを守る等小回りが効く仕事をしてくれます。 その発動を無効にし破壊する。 墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。 魔法、罠1回止めるマンです。 魔法、罠を1回止められるだけで厳しいデッキには強いですが、発動無効なのでターン1制限が付いてるカードを止めた場合でも2枚目を握られていた場合貫通してしまいます。 現環境では堕天使の追放が良い例です。 エレメントセイバー・マロー このカードは墓地で属性変える効果と元々の属性が炎だから採用されており、場には出ないので説明省略します。 聖殿でサーチできるプルガトリオの素材になるカードです。 デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。 その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。 このデッキを代表するパワーカードです。 フィールド魔法1枚に攻守アップ効果、エレメントセイバーサーチ、エレメントセイバーのコストを手札の代わりにデッキから落とす効果を持っています。 つええええええええ!!! ただしサーチ効果使用した際のデメリットが重いので注意しましょう。 召喚師アレイスター、召喚魔術 説明不要のパワーカードです、なぜ出した。 墓地のエレメントセイバーの属性を変えて盤面毎に出すを自由に使い分けできます。 今回採用したはこの3枚。 コキュートス 相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない場持ちの良いカードです。 聖殿のサーチ効果を使用した次のターンに立ててバトルフェイズ出来ないデメリットを耐久力で誤魔化します。 また六武衆や罠ビートなどコキュートスを超え辛い相手にも積極的に出していきます。 後で画像添えて例を紹介します。 メガカ 打点、壁。 古代相手に横で置いて時間稼ぎとかワンキルする場合よく使います。 プルガトリオ 現環境最強のです。 自身が打点上昇持ち、全体攻撃、守備貫通など非常に強い効果を持ちます。 エレメントセイバーの弱点で数の暴力を捲れない問題を解決し、モーレフで裏返した相手に殴りかかり貫通効果で大ダメージが狙えるなどのもありこのデッキのフィニッシャーです。 なぜ出した?さん! メインで使用するカードの紹介を終えたので次は構築、別の採用カードの紹介をします。 3 デッキ構築 この構築はKC予選に持ち込んだ構築です。 キャラは闇遊戯、スキルは魔導招来。 仕事の都合で2日目から本格的に走り、3時間かからないくらいで予選通過出来ました。 聖杯とコンセントレイト入れ替えながら調整を行い最終的に聖杯採用した構築のが勝率が高かったので聖杯に落ち着きました。 どうしてこの構築に行き着いたのか解説していきます。 トグはコズミック撃たれすぎて泡吹いたので採用あきらめました。 3-1 モンスターカードの選択 モーレフ、アレイスターがデッキのキーカードなので最大枚数投入しました。 聖殿と合わせるとデッキ内に実質モーレフ6枚がある状態です。 ラパウィラは2枚採用。 どうして2枚なのか解説します。 先攻聖殿、ラパウィラ、1〜2伏せでゲームスタートせざるを得ない場合、相手のデッキがだった時 ラパウィラの効果をコズミックサイクロンで使わされてしまう場合、デッキから落とすカードがモーレフだと、相手がアレイスター引いていた場合は、マローだとプルガトリオ、ナルだとコキュートスの素材にされてしまうので、どのの素材にもならないカードが必要、そこで2枚目のラパウィラの存在が重要になったので2枚にしています。 最悪2枚引いても効果発動のコストにすればいいので2枚採用しました。 マローはプルガトリオの素材にしか使いません、デッキに入っているのが大事なカードです。 後攻で聖殿とアレイスターを引いている場合、聖殿からマローを引っ張り出してアレイスター通常召喚、召喚魔術で場のアレイスター手札のマローでプルガトリオ成立させて後攻ワンキルを狙う展開があります。 固定枠がモーレフ3、アレイスター3、ラパウィラ2、マロー1、召喚魔術、聖殿3枚の13枚と考えています。 3-2 魔法、罠カードの選択 上記で固定枠が13枚、次は7枚の自由枠のカードを紹介します。 コズミックサイクロン 今期はこのカード引いてないとゲームにならないので僕は3枚採用しています。 被ったらあまり強くないですが、引かないとそもそもゲームにならない場合が多く3枚欲しいと思いました。 このデッキはバックを踏み越える力が無いのと、黒い旋風、聖殿、ネクロバレーなど除去する為にも最大枚数採用が望ましいと思います。 またコストでライフ1000減らせるのが重要で、魔導招来を発動させる為のキーカードになります。 禁じられた聖杯 このカードはカードパワー自体はそこまで高くありませんが、現環境ではかなり重要なカードだと思いました。 何故採用したのかと言うと、KC上位に行くに連れBF、エレメント、純、堕天使との試合数が増加、どの相手にも打ち所が存在し、先攻ゲーに屈しないカードを探していた所、禁じられた聖杯に辿り着きました。 BF相手だと、エレメントミラーだと先攻モーレフへの解答、アレイスターのサーチを阻止、堕天使相手だとフリーで動ける堕天使が1体の場合無力化できます。 パワーカードではありませんが、小回りの効く便利なカードです。 狡猾な落とし穴 エレメントは序盤は、モーレフかラパウィラを立てるしか強い動きがなく、複数展開された場合狡猾じゃないと対応できない試合が多く発生したので狡猾は必須だと思います。 引けるか引けないかでゲームの難易度が一気に変わります。 4 実際の試合 KCで参考になりそうな試合、BF戦ですが画像乗せながら説明します。 時間出来たら動画もあげたいです。 BFが先攻 相手の動きが召喚旋風でオロシサーチ、ゼピュロス通常から旋風でゲイルサーチ、ゲイルし、ゼピュロスとゲイルでライキリ、ゼピュロスで旋風戻してターンエンド。 ここで見える情報が、相手の手札にはオロシと旋風が存在し、手札が1枚見えていない。 BFシンクロを立ててきたと言う事は手札にインチキを持っているかもしれないので、をケアしながら展開しましょう。 聖殿発動、聖殿起動しモーレフサーチ、モーレフ召喚、ここは効果起動せずにゼピュロス殴ってターンエンド。 相手ターンスタンバイ狡猾開いてライキリ起動される前に盤面処理します。 ここで先程未判明のカード1枚をセットしてこなかったのでクローズの可能性は薄くなりました。 ターンが帰ってきて、トップアレイスター、理想ムーブです。 このターンは聖殿のデメリットによりバトルが出来ない為、コキュートスを立てていきます。 BFはコキュートスを超える場合かなり大変なのでコキュートスを立てるとライフ守れる確率が一気にあがります。 相手にターン渡し、クリス召喚、旋風にチェーンでモーレフ起動、ここで相手サレンダー。 対戦ありがとうございました。 このような感じで旋風に反応したBFをモーレフで裏返して妨害、その後はアレイスター絡めて制圧かライフ一気に奪いに行く立ち回りで勝利を目指していくデッキです。 を軸にしたデッキには非常に強いです。 実際の対戦動画リプレイですがアップしました! 5 まとめ このデッキはを軸にしたデッキには有利をとる事が出来ますが、フリチェだらけの堕天使やモーレフが効かない霊獣相手はかなり厳しいので、この辺のデッキが増えると数は減っていくと思います。

次の