うだつが上がらない。 うだつの上がらない人の6つの特徴とは?

うだつの上がらないの意味・語源と類語を紹介!うだつの上がらない人の特徴も解説

うだつが上がらない

スポンサーリンク うだつが上がらないの語源とは? うだつが上がらないの語源は、大きく分けて二つあります。 そもそも「うだつ」とは何なのでしょう? うだつとは漢字で書くと 「梲」もしくは「卯建」と書きます。 うだつは瓦屋根に付いていて、家の屋根と隣の家の屋根の間にある仕切りの様なもので、防火壁や装飾のこと。 火事になった際、隣に火が燃え移るのを防ぐ役割をしています。 昔は家と家との間がとても狭く、このうだつが必要だったんですね。 どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら徳島県美馬市や、岐阜県美濃市にある 「うだつのある街並み」のことですね! この辺りの地区では伝統的なこの街並みの保存に努めているそうですよ。 歴史的なものですから現在の建物にはありませんし、珍しいものなのですね。 うだつという言葉自体がわからないのも納得です。 そして 「うだつ」は、時代と共に役割が変わってきています。 室町時代には家の柱を支える梁と、屋根を支える棟木(むなぎ)の間に立てるものでした。 安土桃山時代になると上記にもあるように、うだつは防火壁としての役割へと変化します。 そして、江戸時代中期頃からは装飾として設置されることが多かったそうで、各家々では立派なうだつをつけるのがステータス。 立派なうだつをつけるにはそれなりの財力が必要で、比較的裕福な家に限られており、 立派なうだつを上げて財力をアピールしていたそうです。 つまり、 立派なうだつがある家=裕福な家「うだつが上がっている」となります。 その反対は「うだつが上がらない」つまり、 あまり裕福ではないという意味になるわけですね。 これが現代の意味に繋がる「いつまで経っても出世しない」「生活がよくならない」になるということです。 そしてもう一つの語源は、 「うだつ」が棟木に上から押さえつけられているように見えることから、上にいる上司に押さえつけられて出世出来ないという風に例えられ、「うだつが上がらない」となった、という説です。 例えば生活が苦しい様を、「 うだつが上がらない生活が続く」と表現するのに使います。 他には 「うだつの上がらない夫」、「あの人はいつまで経ってもうだつが上がらない」とか、 「うだつの上がらない男とは一緒になって欲しくない」など、少しネガティブな表現ではありますが、人物や経済的に苦しい様子に対して使う言葉です。 では、うだつが上がらないの類義語を紹介します。 似た意味で使用されることが多いのが 「甲斐性なし」これは「頼りにならない」様子を意味し、「甲斐性がない夫」などと聞いたことがある人が多いのではないでしょうか? 稼ぎが少なくて頼りにならない様子や、妻が苦労する様を表します。 他には 「ごくつぶし」で、「定職につかず、一人前に食事だけはとる役立たず」という意味。 現代的に言うとニートに近いニュアンスでしょうか。 親のすねをかじる、にも近いかもしれません。

次の

うだつが上がらないアラフォーのクズ夫エピソード

うだつが上がらない

言葉というのは面白いもので、一言で色々な意味を内包させてしまうようなものがあります。 また、中途半端で一言では表現できそうにもないものをあらわす単語も絶対にこの世には存在しています。 白か黒かを表現する言葉ならたくさんありますが、そういったわけでもない中間部分の単語の一つとしては「うだつが上がらない」と言う言葉があるのではないでしょうか。 うだつが上がらないと言う言葉にはマイナスなイメージがこめられていることは間違いありません。 ですが、だからと言ってどん底に酷いと言うわけでもない、とにかくパッとしない状態を表すのに使われる言葉です。 あまり普段の生活の中で頻繁に聞く単語ではありませんし、むしろ頻繁には絶対に聞きたくない単語だということもできるでしょう。 ですが、一度気になり始めると、うだつが上がらないと言う言葉については気になることがたくさん出てくるのではないでしょうか。 例えば、うだつが上がらないと言う言葉の語源、それから「実際にうだつが上がらない人間というのはどのような人間なのか?」という点などです。 はっきりとした意味を説明してくれと言われると、説明することが難しい単語である「」について、ここでは詳しく見てみることにしましょう。 ️「うだつの上がらない」の語源や意味、特徴をチェック! 小説の中ではよく見る言葉でも、実際に自分が使ってみるということは少ない単語もありますよね。 その中の一つに「うだつの上がらない」と言う言葉があるのではないでしょうか。 職場で何とも言えない情けなさを持った人のことを表現するのにつかわれるこの多い「うだつが上がらない」という単語ですが、考えてみると不思議な単語ですよね。 うだつの言うのはどういった意味なのか、そもそも何を語源にしているのかなど考え始めてみると、どういった日本語なのかということが気になってしまうでしょう。 普段の生活の中で頻繁に使う単語ではないために、今までは深く考えたこともないかもしれません。 ここでは、この単語の意味や語源、そしてその特徴について見てみることにしましょう。 「うだつの上がらない」とはどういう意味? そもそも、「うだつの上がらない」というのは、何を示している言葉なのでしょうか。 何かを形容しているような言葉のように思えますが、正確には「うだつの上がらない」ではなく「うだつが上がらない」というのが正しい言葉です。 「うだつの上がらない男」のように、名詞の修飾に使われることが多いように思われますが、様子を表すために「あいつはうだつが上がらない」という使い方をされることもあります。 意味としてはとても簡単で「パッとしない」という意味が大きいでしょう。 この「パッとしない」ところは、例えば仕事の能力もそうですし、金銭的な能力もそうです。 さらにもっと言えば、「パッとしていない」ために、「仕事で出世することができていない」「金銭的に恵まれることがなく貧乏である」というのも含まれていますね。 どちらにしても、世間的に印象の良い相手のことを指すわけではなく、同情や侮蔑の意味に使われることもあるようなマイナスイメージであることは確かでしょう。 うだつの上がらないの漢字 「うだつが上がらない」という言葉を下記言葉として使うことがないために気づかないかもしれませんが、この「うだつ」という言葉の部分は、漢字で書くとどのようなものになるのでしょうか。 実はこの「うだつ」はこれと決まってあるわけではなく、いくつかの説があるようです。 「卯建」「宇立」「梲」という三つがそれで、その漢字だけを見ても意味が分からないという人が多いでしょう。 また、あまり頻繁に使われることがない言葉だからこそ、小説の中や下記言葉の中で使われる際にも、感じではなく平仮名を使っていることが多いようですね。 実際に予測変換などを見てみても、漢字を利用せずに平仮名で「うだつが上がらない」という表記をしていることが多いように思えます。 「うだつの上がらない」の語源 ここでは「うだつが上がらない」と言う言葉の語源について見てみることにしましょう。 「うだつ」という不思議な言葉は現代ではほとんど使われることがありませんが、これは江戸時代に語源を為しています。 この「うだつ」は言えと家の間に建てられていた防火壁のことなのです。 江戸時代には家事の被害が大きかったことでも知られていますよね。 今のように鉄筋コンクリートではありませんし、延焼被害が大きかったのです。 また、火事が頻繁に起こっていたということもあるでしょう。 この火事の被害を少しでも防ぐために必要なのが、「うだつ」という防火壁だったのです。 これを立てられるような家は裕福であると言われていました。 ただしこれは、時代が進むにつれて、装飾的な意味も持つようになっていきました。 確かに考えてみると、どうしてもそこにあるのなら、綺麗なものにして飾りをつけたいと思うようになりますよね。 この豪華な「うだつ」をあげられるのは金銭的に恵まれているもののみ、そういったところから「パッとしない人間」「金銭的に恵まれていない人間」ということを表現するために「うだつが上がらない」という言葉を使うようになったのです。 漢字で書く「梲」は、この防火壁のことを漢字で書いたものになります。 「うだつの上がらない」の例文 聞いたことがあってもなかなか使う機会がないのが「うだつが上がらない」と言う言葉です。 うだつが上がらないような状態になりたくないので、できる限り人から言われたくない言葉の一つでもありますね。 この「うだつが上がらない」と言う言葉は、いったいどのようにして使われるものなのでしょうか。 実際に使われる際にはどのような文脈において使われるのか、「うだつが上がらない」を使った例文をご紹介します。 うだつが上がらない生活が続く 自分のパッとしない生活、金銭的に恵まれることのない生活を表現するとこに使われるのが「うだつが上がらない生活が続く」と言う言葉です。 「うだつが上がらない」というのは、完全に貧困にあえいでいると言うわけではありません。 語源から考えてみると、「住む家にも困るような状態」と言うわけではなく、「住む家はあるけれどうだつを上げられるような裕福な余裕はない」という意味になります。 つまり、この例文の中でも、どうしても困ってどん底に落ちてしまうような生活と言うわけではないものの、決して裕福と言うわけでもなく恵まれていると言うわけでもなく、仕事でもこれと言って特筆すべきことのない、そしてプライベートでも充実していると言うわけでもない、とにかくパッとしない生活ということが表れています。 うだつの上がらない夫 「うだつが上がらない」という言葉を使う際には、人に対して使うというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 うだつが上がらない夫というのは、やはり、仕事でパッとすることのない情けない夫というような意味になりますね。 完全にネガティブな意味で使われていますが、最低のどん底の夫と言うわけではありません。 これと言ってひどく悪いところがあって離婚を考えるほどではないけれど、男として特筆すべきところもない情けない夫という異様な意味が込められているかもしれません。 主婦同士での愚痴の中では頻繁に出てくることもあるかもしれません。 もっと欠点が大きければ、かなりひどい言葉で罵られるかもしれませんが、とにかく中途半端だけど評価としては低い方のカテゴリに入り、人生のパッとしない面白みのない男であるということ一言で表現するとすれば、「うだつが上がらない」と言う言葉になるのではないでしょうか。 ️うだつの上がらない人の特徴13個 ここまで見てきた中では、うだつが上がらない人間はマイナスなイメージが大きいというイメージなのではないでしょうか。 それでは、実際に「うだつが上がらない人」にはどのような特徴があるのでしょうか。 ぱっとしないという曖昧な定義が一番近いのが「うだつが上がらない人間」です。 ですが、そのパッとしないところにはどのようなものが挙げられるのでしょう。 ここでは、うだつが上がらない人の特徴について詳しく見てみることにしましょう。 もちろんパッとしないということはもちろんなのですが、パッとしない原因を生み出している人間性のマイナスな部分も一緒に見てみることにしましょう。 1、上司の悪口を言う うだつが上がらない人の特徴の一つとしては、自分のできないところに目を向けないというところにあるでしょう。 自分の内面にきちんと目を向けていれば、自分がどうしてうだつが上がらない存在なのか、何が原因でうだつが上がらないのかということを考えることもできます。 ですが、うだつが上がらない人間というのはそれをするのが嫌なので、自分でができていない原因を上の人間に求めてしまうのです。 確かに、うだつが上がらない用に育ててしまったのは上司の責任もあるかもしれません。 ですが、だからと言ってそこに本人の責任がないということは絶対にないでしょう。 上司の悪口を言ってばかりの人間というのは、本人は全くできていない人間である可能性が高いものです。 本当にできる人間は文句を言わずに自分の仕事をして、上司の悪口を言うようなこともないでしょう。 そういった意味では、上司の悪口ばかり言っているようなところは、うだつが上がらない人間の不偏の特徴と言えるのではないでしょうか。 他の誰かに注目してばかりいるようでは、自分の成長を望むことはできなくなってしまいます。 その意味では、しっかりと内面に目を向けられるようになれば、うだつの上がらない人間という特徴から逃れることができるようになるかもしれませんが、うだつの上がらない人間はそこから逃れることはできないものです。 2、「後で」「いつか」が口癖 うだつが上がらない人間は、「後で」や「いつか」を口癖としているものです。 自分の抱えている問題にすぐに向き合うことができればパッと華やいだ人生を送ることができるかもしれませんが、うだつが上がらない人間は、それを後延ばしにしてしまうことが多いのです。 後でやろうと思っていたことは、後からすると手遅れになってしまう可能性が高いものです。 いつかやろうと思っていたことは、できないままに終わってしまう可能性もあります。 うだつが上がらない人間はそうして自分が手にすることができるはずだったチャンスを無駄にしてしまっているのではないでしょうか。 他の人は運が良かったと言うわけではなく、自ら運を逃すような生き方をしてしまうのがうだつの上がらない人間なのです。 他の人から見れば一目瞭然の欠点ですが、うだつが上がらない人間はそれには気づいていません。 ただ自分を運が悪いだけだと思い込んでいる可能性もあり、それが落とし穴となって、人に追いつくことができない人生を歩むことになってしまうのです。 最初から走っていれば取り残されることもなかったでしょう。 3、不正直で不誠実 うだつが上がらない人間は不正直なところ、不誠実なところが目立つ人間であるという可能性もあります。 正直に何でもできる人間は、人間性的にも多くの人から好かれますから、助けてもらうこともできるでしょう。 誠実に生きていれば、人の評価を下げることもなくなります。 良い人間であると認めてもらうことができるのです。 ところが、うだつの上がらない人間は、不正直で不誠実なところがあるので、あまり人から好かれることがありません。 何かが起こってもそれを隠そうとするようなところがある、誰も助けてくれないという状況になるので、あまり良い結果を残すことができずにうだつが上がらない状態を続けることになってしまうのです。 きちんと正直で誠実に生きていれば、それが報われる日も来るでしょう。 ですが、それができないのがうだつが上がらない人間であり、むしろ「正直者が馬鹿を見る」と言う言葉を信じているようなところさえもあるのではないでしょうか。 どちらにせよ、人間的に褒められたものではないというところが、周囲の評価を「うだつが上がらない」というマイナスなものにしてしまっているのです。 もし、人間的に良い性質を持っているのであれば、うだつが上がらないという表現をされるのではなく「良い人すぎて損をしている」と言われるようになるのではないでしょうか。 4、言い訳が多く、責任感がない うだつが上がらない人間は、どこか言い訳が多くて責任感がないというところがあるでしょう。 そもそも言い訳が多い人間は、自分のしていることを真正面から見つめることができないという特徴があります。 きちんと真正面から見つめることができていれば、言い訳をせずに失敗をきちんと見つめることができるでしょう。 責任感がないというのも問題で、責任感をきちんと持っているということが、人間を育てることになるのに、そういったところで責任逃れをするから成長することができないのです。 また、そうして責任から逃れているからこそ大きい仕事を任せてもらうことができずに、うだつが上がらないような仕事っぷりになってしまうのです。 出世できなければ金銭的にも余裕が出ることがありませんから、そういった意味で人生がパッとしない状況になってしまうのではないでしょうか。 仕事を任されたようん時には、きちんと責任をもってそれを行わなければいけないのに、それができていないというのは、かなり問題がありますね。 人間性的にもマイナスなイメージになりますし、信頼されない人間として扱われてしまうでしょう。 5、時間にルーズ 時間にルーズなところがあるというのも問題かもしれませんね。 時間にルーズというのは、外国ではともかく、日本では全く好まれない性質のはずです。 日本の生活の中では、きちんと時間の中で行動できるというのが人間的な信頼性をあげることとなります。 信頼というのはとても大切で、同じような能力の人なら、信頼性が高い人を使うようになるのが普通でしょう。 時間にルーズな人は信頼という意味で他の人からポジティブな評価を得ることがないというのが問題です。 そもそも、この日本の社会の中で時間にルーズという段階で自己管理が甘いことが分かっていますし、そういった人間に大事な仕事を任せるような勇気のある人はいませんから、いつまでもうだつの上がらない人間として扱われるようになるのです。 本人はチャンスをもらえないと思っているかもしれませんが、チャンスをもらえるような信頼を稼ぐことができていないというのが問題なのでしょう。 無駄な時間を過ごしがち 時間にルーズな人は、無駄な時間を過ごしがちという特徴もあります。 時間は無限ではありません。 時間は確実に有限なものなのですから、その時間を結うように使うことができる人間の方がきちんと仕事ができるというのは当たり前の話ですよね。 きちんと自己管理ができているというだけではなく、そもそも稼働している時間が違うのですから、仕事のスピードも効率も違ってくるのは当たり前なのです。 集中力があるかどうかということはもちろんですし、無駄な時間を過ごしている人は、使える資源が偏ってしまうというのが問題なのです。 無駄な時間を過ごす時間が長い人は、自分の能力の100%を出すことはできていないのではないでしょうか。 自分の力を100%出すことができていないために、「俺の能力を分かってもらえていない」「能力をきちんと見てくれればもう少し上に行けるのに」と思う人もいるかもしれません。 ですが、無駄な時間をなくすだけでそのチャンスが与えられるものなのではないでしょうか。 6、視野が狭く、考え方が浅はか うだつが上がらない人間は、視野が狭いという特徴もあります。 きちんと仕事で結果を出しているような人は、視野を広く持って色々なところを見ている特徴があります。 自分の仕事には真面目に取り組んでいる人もたくさんいますが、それでもうだつが上がらないと言われてしまうということがあれば、それは、他の人のことを見てやることができないからでしょう。 視野が狭いというのは仕事で上に行くためにはかなり問題になる特徴ですね。 なぜなら、上の人になればなるほど、他の世界をきちんと見ることができなければいけないからです。 視野が狭いとそれができないので、上に行くにはふさわしくないと思われてしまうのではないでしょうか。 また、視野が狭いと、深く物を事考えるにも向いていません。 世界を広く持っている人は、色々な角度から問題を考えることができるので、深く考えた結果を出すことができます。 ところが、視野が狭い人は考え方がどこか浅はかになり、それが原因で上に行くことができないのかもしれません。 7、一匹狼 社会生活の中では人と強調して生きていくことも大切になります。 一部の職業を除いては、きちんと人と関わって生きていくことで結果を出すことができるようになることが多いのです。 一匹狼の人間は、人とのかかわりの中で得られる利益を手にすることができないので、結果的に自分の結果につながらないということになるのです。 個人の能力が高かったとしても、小さな力を重ね合わせた方が利益が大きいということもあります。 それを拒んでいるようなところがあると、「こいつは会社の中では使うことができない人間である」と思われてしまうことになるでしょう。 一匹狼というのは映画や小説の中ではカッコいい存在かもしれませんが、現実の世界の中ではあまり歓迎されるものではありません。 少なくとも、協調性を大切にしているような会社の中でその生き方を貫いていると「うだつが上がらない」扱いをされてしまって、格好良いどころか負け犬扱いになるかもしれません。 【一匹狼な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】• 8、気分屋で自分をコントロールできない うだつが上がらない人間が評価されない原因は、仕事にかけるポリシーというだけではなく、気分屋で自分のことをコントロールできないというところもあるからなのではないでしょうか。 気分屋というのは、自分で生きている分にも生きづらさを感じるかもしれませんが、それ以上に周りの人間に迷惑をかけてしまうことになります。 感情の波があるのは人間である以上は当たり前の話ですが、それをコントロールできるのが大人であり、社会人です。 社会の中では人に迷惑をかけずにきちんと生きているということが大切なのです。 自分の気分だけで人に迷惑をかけているような人間は、どんなに仕事ができても評価されることはないでしょう。 そんな人が上に行ってしまっては苦労することばかりになるからです。 うだつが上がらないとされているのは、自分をきちんとコントロールして、いつでも同じように仕事をすることができていないからなのではないでしょうか。 社会で評価される大人の基準に達していない人間だからこそ、パッとしない人生を歩まなければいけないことになるのかもしれませんね。 9、効率的な考えができない 効率的な考え方ができないというのもうだつの上がらない人間の特徴だと言えるかもしれません。 ある程度仕事の量が増えてくると、効率的に働かなければすべてのことをこなすことはできなくなってしまいます。 同じ量の仕事があるのなら、できれば短時間で大量の仕事をできる方を出世させたいですよね。 効率的な考え方ができれば、人と同じだけの労力を使って、寄り仕事を進めることができるようになります。 その意味では効率的な働き方をするというのは出世をする上で絶対に必要になりますし、出世する中ではきちんと身に着けておきたい技能だと言えるのではないでしょうか。 仕事を覚える中で、効率の良い働き方を下積み時代に学んでおくということが必要になります。 いつまでたってもそれができないので、うだつが上がらない、パッとしないと言われることになってしまうのです。 仕事だけでなく、生活の効率化もできない うだつが上がらないと言われるのは、何も仕事だけではありません。 自分の生活の中でも効率よく生きることができなければ、損をしていることが多いでしょう。 そのため、プライベートでも上手くいかないことが多いのではないでしょうか。 仕事に限らず、全てのことに置いてうだつが上がらないと嘆くような人生になってしまうかもしれませんね。 生活の中での効率化は、きちんと意識して覚えておかなければいけないところなのに、それができないというのは問題がありますよね。 10、人に厳しく、自分に甘い うだつが上がらない人間は、人望もない人が多いのではないでしょうか。 少しくらい欠点があっても人望があるというのは、人から助けてもらうことができますし、人の声がサポートとなって自分を高みに挙げてくれるということもある点ではとても大切なこととなります。 そのような人望がないのは、人に厳しくて自分に甘いようなところがあるからでしょう。 人に厳しくて自分に甘いような人は、基本的に他人から嫌われてしまう傾向にあります。 そういった人には人望がないので、仕事においても「この人に上に行ってほしい」という声が出ない原因となるのではないでしょうか。 11、学ぼうと言う姿勢がない うだつが上がらない人間は、学ぼうという姿勢がないと言ことも問題になるでしょう。 学ぼうという姿勢は、絶対に必要です。 仕事においても、基本的に向上しようという意識がある人には、その将来性を見込んで仕事を任せるというところがあるからです。 きちんと育ってくれるという人間のことは、育ててあげたいと思ってくれる人もいるでしょう。 ですが、そういったところがない様子だと、誰からも気にかけてもらうことができず、結局は育つことができずにうだつの上がらない人生となってしまうのです。 12、他人の成功を喜べない うだつが上がらない人間は、他人の成功をきちんと喜ぶことができません。 うだつが上がらない自分のことをしっかりと分かっているので、どうして自分はダメなのに、という気持ちになってしまい、人の出世を喜ぶことができないのです。 自分の友人や同期の出世のことをきちんと喜んであげることができるような人間は、自分の人生にもきちんと満足をしています。 自分の人生を満足していないので、人の成功を喜ぶことができないのです。 嫉妬深い うだつが上がらない人間は嫉妬深いというところもあるかもしれません。 嫉妬深いところがあって人のことばかり見ている割に、自分のことを見ることができないので、うだつが上がらない人間になってしまうのです。 「できる人間」のことを妬んで嫌ってばかりいるので、良いところを盗もうという気概もありません。 嫉妬深さは負けん気の強さになることもありますが、それがあまりに強すぎると自分の可能性を狭めてしまう原因になるかもしれませんね。 13、「どうやって?」まで考えられる余裕がない うだつが上がらない人間は、できる人間のことを観察しようという気概がありません。 どうやったらそれをできるようになるのか、自分ができないことをどうしてできるのか、それは時間が解決してくれる問題ではないのに、自分からは動くことができないからこそ成長することができないのです。 「どうやって?」というのを考えることができないのは、元々の素質もありますが、効率の悪い生き方をしているので、余裕がないという側面もあるかもしれませんね。 ️まとめ いかがでしたか? うだつが上がらないと言う言葉について深く理解することはできましたでしょうか。 うだつが上がらないと聞いても、その言葉に対するマイナスイメージの情景が思い浮かぶばかりで、その言葉について深く考えたことは今までなかったかもしれません。 ですが、考え始めると不思議な言葉というものはあるもので、うだつが上がらないと言う言葉の語源が防火壁から来ているというのは驚きですよね。 そんな言葉で表現されるような「うだつの上がらない」人間の特徴についても見てみました。 やはりネガティブなイメージを持っていることがないので、その人間の特徴について考えてみても、やはりマイナスなイメージを持っているものが多いですね。 それらをまとめてもやはり分かりやすいのは「ぱっとしない」というものなのではないでしょうか。 ぱっとしない、これと言って特筆すべきところがあるわけでもない、良いところがないわけではないけれど、パッと目立つような長所があるわけでもないような、全体を見ると評価が高くなりそうにもない人間というのが「うだつが上がらない」人間の特徴です。 できればこうなりたくないという人間の特徴のようですね。 幸いにも「うだつが上がらない」人間の特徴は全て抑えました。 こうなりたくないと思っている人は、ぜひ勇気をもって、うだつの上がらなさを克服してみてくださいね。

次の

「うだつが上がらない」の語源「うだつ」は屋根の部分の名称│街の屋根やさん所沢店

うだつが上がらない

「あの人は毎日一生懸命働いているのに、うだつがあがらない」のように、なかなか出世しない、またはいい境遇に恵まれないことを表す言葉です。 この表現に含まれる「うだつ」とは、屋根の両端につけられた防火壁のこと。 平安時代までは「うだち」と呼ばれていましたが、室町時代以降はそれがなまって「うだつ」と呼ばれるようになったそうです。 江戸時代までのうだつの役割は、屋根が強風で吹き飛ぶのを防ぐことでした。 江戸時代以降になると防火壁として隣家との境に設置されるようになり、さらに装飾が施されるようになったといわれています。 豪華な装飾のうだつを設置するにはそれなりの経済力が必要だったので、家の経済力を誇示するために立派なうだつを屋根に飾る人が増えたそう。 おのずと、立派なうだつを設置できない家は、出世していないということに。 そのような様子を「うだつが上がらない」と表現したと伝えられています。 そのほかにも、梁と棟木の間にあるうだつが上から押さえつけられているように見えるからという説や、掘り井戸の土台の枠が「うだつ」と呼ばれており、常に下積みになっている様子をたとえたからという説があるそうです。 ちなみに、豪華なうだつが施された住宅が並ぶ街が、岐阜県美濃市にあります。 として有名なこの町では、当時の豪華なうだつが建ち並ぶ住宅の数々を見ながら散策を楽しむことができます。 「ありがとうございます」など、お礼や感謝へ返す言葉として、よく耳にする表現ですね。 この言葉は、江戸時代から使われているといわれています。 例えば、江戸時代の滑稽本には、お茶をすすめられた時に「どういたしまして」と答える場面があります。 これは、「どうして私のためにお茶を淹れてくださる必要があるのでしょう」と遠慮する言い回し。 現代のように、感謝に対する返事だけではなく、遠慮や謙遜の意味でも使われていたようです。 「どういたしまして」という言葉を分解してみると、「どのように」「どうして」という意味の「どう」、「する」という意味の謙譲語「いたす」、丁寧語の「ます」、反問的な意味を持つ終助詞「て」に分けることができます。 これをつなげてみると、「(私はあなたのために)何かをしたでしょうか、いえ、何もしていません」という意味の言葉に。 そして「ですから気になさらないでください」という意味も含むものとなっています。 このような謙遜した意味合いを含むのは、日本語ならではであり、日本語の美しさといえますね。 ちなみに、「どうして」という言葉は、江戸時代には現代と同じように使われていたそうです。 しかし、「どうして」のみではぞんざいな印象を与えてしまうため、丁寧な表現として「どういたして」と変化し、やがてさらに丁寧な「どういたしまして」という言葉になったと伝えられています。 今回紹介した表現は、日本独特の文化を感じられる昔の住宅や言い回しが語源となっていました。 今ではあまり見られなくなった文化や言い回しが語源であっても、言葉自体は現在も残っているもの。 今もなお使用されているのは、日本語の妙といえるかもしれませんね。

次の