コミック ファズ。 COMIC FUZ(コミックファズ)の特徴と利用方法、ラインナップ

芳文社初となる、公式コミックアプリ「COMIC FUZ」に、電子書籍統合ソリューション「PUBLUS(R)」が採用

コミック ファズ

沿革 [ ]• - が軍隊時代のだったとともに、前身となる 尚文館(しょうぶんかん)を設立。 出版の知識を得るためアドバイザーとして上法の親戚であるを迎え入れた。 - 『 』を創刊。 NHKアナウンサーのによる「誌上放送」が人気企画となった。 - 尚文館を継承するかたちで孝壽芳春が新たに 芳文社を設立。 - 日本初の漫画週刊誌『』を創刊。 現存するものとしては日本で8番目に古い週刊誌である。 - 日本初の青年漫画誌『』を創刊。 - 日本初の専門誌『』を創刊。 - 系漫画雑誌『』を創刊。 - が代表取締役社長に就任。 発行雑誌 [ ] 2015年4月現在、『週刊漫画TIMES』以外の定期刊行誌は全て月刊。 中高年向け漫画雑誌 [ ]• (毎週金曜日発売) 青年・ファミリー向け4コマ漫画誌 [ ] 主に2000年代中頃からは一定の割合で萌え系4コマを含む形で掲載しており、「まんがタイムきらら」系を補完する役割も受け持つ。 (毎月2日発売)• (1981年創刊、毎月7日発売)• (1982年創刊、毎月27日発売) 萌え系4コマ誌 [ ]• (毎月9日発売)• (毎月19日発売)• (毎月28日発売) 萌え系ストーリー漫画誌 [ ]• (毎月24日発売) ボーイズラブコミック誌 [ ]• (1994年創刊、毎月14日発売)• kyapi! (1953年-1961年)• 別冊週刊漫画TIMES(1959年-1990年,1998年-2006年)• 週刊漫画TIMES増刊• 漫画コミック(1968年-1982年 )• カラー小説(1969年-1970年 )• 長編漫画傑作集(1970年 -1988年)• 問題コミック(1979年-)• オールコミック(1979年-)• 大学マガジン(1979年-1981年 )• 特選麻雀(1980年-1989年 )• ギャグまん(1983年-1992年 )• 快笑ギャグ(1985年-1989年 )• (1989年-2019年)• (1994年-2010年 )• わんにゃんCLUB(1994年-)• (1994年-2011年 )• まんがタイムキッチュ!!(1994年-)• 週漫 young スペシャル(1996年-)• 小説花音倶楽部(1996年-1997年 )• 花音EXTRA(1997年-)• 別冊週漫スペシャル(1998年-2006年 )• 花音MAX(1999年-)• まんがタイムナチュラル• まんがタイムDash! (2004年-2015年 )• (2007年-2018年 )• (2007年-2010年 )• (1995年-2018年)• に移行。 書籍 [ ]• MYPAL BOOKS(刊行終了) コミックス [ ]• LOVINGコミックス(刊行終了) その他、に連載中の『』()の単行本発行もから引き継いで行っている(まんがタイムコミックスレーベル)。 コミックアンソロジー [ ]• いただきます幸せごはん 過去に発行していたアンソロジー [ ]• WEBコミック・マンガアプリ [ ]• 週漫電子• きららベース• まんがタイム彩 映像作品 [ ] ひだまりスケッチ以降、アニメの製作委員会に出資している。 まんがタイムきらら [ ]• その他 [ ]• アプリゲーム [ ]• (、との共同 ) 関連人物 [ ]• 代表取締役• 『まんがタイムきらら』グループ編集部リーダー• 加藤昱夫 『まんがタイムきらら』グループ編集部• 篠原猛 『まんがタイムきらら』グループ編集部• 久保田尋木 『まんがタイムきらら』グループ編集部• 桜井嗣治• 中目佳典 『花音』編集長• 尚文館共同設立者。 芙蓉書房元社長• 尚文館編集協力者。 学童社元社長• 平田昌兵 『漫画パンチ』編集長。 元社長• 塚田友宏(元社長) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• マイナビ 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 加藤丈夫『「漫画少年」物語 編集者・加藤謙一伝』、2002年、73頁• 国立国会図書館. 2018年3月6日閲覧。 公益財団法人野球殿堂博物館. 2018年3月6日閲覧。 東洋経済新報社. 2018年3月6日閲覧。 叡山電鉄. 2018年3月6日閲覧。 「コミックmagazine」、芳文社、1966年:• 「漫画パンチ」、芳文社、1966年:• 「まんがスポーツ」、芳文社、1985年:• 「漫画コミック」、芳文社:• 「カラー小説」、芳文社、1969年:• 「長編劇画」、芳文社、1969年:• 「漫画マガジン」、芳文社、1974年:• 「長編コミック傑作集」、芳文社:• 「長編コミック」、芳文社:• 「漫画ルック」、芳文社:• 「大学マガジン」、芳文社:• 「特選麻雀」、芳文社、-1989年:• 「まんがセブン」、芳文社、1988年:• 「ギャグまん」、芳文社、1983年:• 「快笑ギャグ」、芳文社、1983年:• 「Loving」、芳文社、1987年:• 「Mor love」、芳文社、1989年:• 「週刊漫画ゴールド」、芳文社、1990年:• 「週漫スペシャル」、芳文社、1994年:• 「まんがタイムlovely」、芳文社、1994年:• 「小説花音倶楽部」、芳文社、1996年:• 「別冊週漫スペシャル」、芳文社、1998年:• 「本当にあった 生 ここだけの話」、芳文社、2004年:• 「超本当にあった 生 ここだけの話」、芳文社、2007年:• 「Cita cita」、芳文社、-2010年:• 「Cita cita」、芳文社、-2010年:• コミックナタリー. 2019年3月31日閲覧。 コミックナタリー. 2019年3月31日閲覧。 PR TIMES. 2019年3月31日閲覧。 Press. 2019年3月31日閲覧。 PR TIMES. 2018年3月6日閲覧。 イーブックイニシアティブジャパン. 2018年3月14日閲覧。 文京ふるさと歴史館. 2018年3月4日閲覧。 『はだしのゲンはヒロシマを忘れない』、2008年、13頁• - 当社発行の雑誌で漫画家デビュー。 - 当社発行の「まんがタイムきらら」と「きらら」繋がりで「」のコラボレーション企画を実施。 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト.

次の

芳文社が初の公式マンガアプリ「COMIC FUZ(コミックファズ)」をリリース

コミック ファズ

今回のMarvelコミック『Captain Phasma』では、ファズマがどのようにしてスターキラーベースの爆発から生存したかが描かれています。 非常に面白いことに、先日発売されたファズマの小説によって、キャプテン・ファズマはファースト・オーダーに対して忠誠心がないことが判明しています。 小説ではファズマの過去に焦点があったのですが、今回のコミックは現在の出来事にスポットが当たります。 『Captain Phasma』 1のあらすじ• スターキラーベースが爆発するまでの20分間。 ファズマ視点で語られる。 トラッシュ・コンパクターの内部に穴が開き、ファズマはそこから脱出する。 スターキラーベースのシールド・ディフェンスを下げたのはファズマ。 その記録を削除する必要がある。 コンピューター端末の部屋に戻る。 15:10 — 15:12のログを消去。 端末にアクセスした人物が他にいるかをチェックする。 Sol Rivas大尉が事実を知ったことに気付く。 基地内は爆発によって混乱の中にある。 ファズマは逃亡中のRivasを発見する。 遠距離から狙撃をはかるが、爆発による振動で失敗する。 ファズマのアーマーにはフックとケーブルが装備。 それを使用してRivasを追いかける。 基地の出口。 ストームトルーパーたちがファズマに遭遇。 ハックス将軍が脱出したことを告げ、指示を仰ぐ。 ファズマは「指示があるまで持ち場を離れるな」と命令する。 基地の外。 カイロ・レンとレイの対決を目撃する。 RivasはTieファイターのハンガーデッキに入り、Tieファイターで離陸してしまう。 ファズマはTieファイターのパイロットに対して、Rivasが重大な反逆行為をおこなったと説明する。 ファズマとパイロットはTieファイターでRivasの追跡にあたる。 そのため証拠は全て隠滅する必要があります。 ファズマが『最後のジェダイ』にも登場することを考えると、おそらくSol Rivasの追跡は成功に終わり、彼はファズマによって消されることが予想されます。 ここで重要だと思われるのが、フィンと『最後のジェダイ』で初登場となるハッカーのD. ファズマがシールド・ディフェンスを下げた場面ではフィンもその場にいたため、ファズマが絶対知られたくない秘密を握っている人物が他にも生存していることになります。 そして、仮にフィンの証言が信用されない場合でも、D. がファズマにとって都合の悪いデータを発掘する可能性もあります。 この辺は面白い展開になりそうですね。 Source:.

次の

芳文社が初の公式マンガアプリ「COMIC FUZ(コミックファズ)」をリリース

コミック ファズ

特徴 時間経過によってで手に入る。 のに使用できる。 最初は枚までしか持てないが、を使ってを読むとが上がり、上限枚数が増えていく。 Silver で手に入る。 の代わりに使用できるほか、Silverでないとできないもある。 時に1,000枚もらえるほか、条件達成でもらえることもある。 購入時にSilverがでもらえるのでお得。 にの購入に使用するが、にを送ったり、連載作品を先したりもできる。 基本的にはで気になる作品の話をしていき、気に入った作品が見つかったらで購入する、といった使い方でいくといいだろう。 2つの形式 レンタル(話を読む) を消費して、を話で読むこと。 できるのはの使用から3日間で、それ以降は再度を消費する必要がある。 曜日ごとにされる連載作品や、あるに沿って不定期にされる特集作品はこの形式をとっている。 購入(巻で買う) を消費しての電子版を単行本で購入すること。 一度購入した作品はいつでもに返すことができる。 されていない話も含め、の作品ならだいたい購入できるようになっている。 月額プラン 額0円のに加入すると、『週刊S』『』『』『』『』の5誌の電子版を読めるようになる。 読める範囲は最新号を含めて分(週刊Sは10号分)。 また、版の発売日の午前から読めるようになるので、一刻もく雑誌をたい人にもオススメだ。 より高額のもあるが、やSilverがもらえるだけで読める雑誌の種類に差はない。 また、『』『! 』が読める(額円)もある。 関連リンク• 関連項目•

次の